※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

皇室|眞子さま アラブ・アフリカ諸国チャリティーバザーに

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

眞子さま アラブ・アフリカ諸国チャリティーバザーに

朝日新聞デジタル 9/30(月) 10:33配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00000057-kyodonews-soci

「日本中近東アフリカ婦人会 第20回記念チャリティーバザー」で、民芸品を手にとる秋篠宮家の長女眞子さま=2019年9月30日午前10時40分、東京都中央区、代表撮影

秋篠宮家の長女眞子さまは30日午前、東京・日本橋のホテルで、日本中近東アフリカ婦人会が主催する第20回チャリティーバザーを視察された。

婦人会は中東やアフリカに在住経験や関心がある女性の集まり。バザーは同地域の26カ国の在日大使館が参加して特産品や民芸品、料理を販売し、収益は女性や子どもたちのために寄付される。

 眞子さまは着物姿で各国のブースを回り、商品について質問したり、試食したりした。

バザーは2年に1度開催され、皇后さまや上皇后美智子さまも出席している。

 

Sponsored Link



着物姿の河童口の眞子様

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00000057-kyodonews-soci.view-000

裄丈が短いのかな。サイズがあってないんじゃないんでしょうか。

最近のニュースや、宮内庁公式の映像は、皇族の肉声を流さなくなりましたね。

今回の「眞子様」も、頑として肉声は聞かせないんですよね。

 

眞子様の偽物って、頭が大きい人が多いですよね。

雑なのが気になります。

 

左はエルサルバトルを訪問した本物と思われる眞子様ですが、よくよくみると、右手でバッグをお持ちですね。本物も、左利きの可能性がありますね。

左のエルサルバトルの着物と比べると、右のチャリティの眞子様の着物は生地がペラペラに見えますが、気のせいでしょうか。こんなもんなのかな。

振袖の裾を切れば訪問着になるタイプの着物でしょうか。この辺は詳しくないのですが。

頭大きい。眞子様より低身長、でも、着物が小さめ。ってことは、本物の眞子様の着物を着ているわけではなさそう。もしかして着物は、レンタル??

右の低身長の人。頭が大きい、河童みたいな眞子さん。宮内庁公認のダブルですよね?

小室とのご婚約が解消されたら、本物の眞子様とチェンジされるんですよね?

そして、気になるのは、ここ。

「眞子さまは着物姿で各国のブースを回り、商品について質問したり、試食したりした」

(雅子は別ですが)晩餐会や午餐会などは別として、人前で皇族が試食するのって、珍しいのでは?

 

ロシア製のダブル

左は2007年のナルちゃん。悠仁様ご誕生の翌年ですね。雅子が、六本木で遊び倒していたころだと思います。

https://www.fnn.jp/posts/00048251HDK/201909200650_reporter_HDK

 

左は2019年のナルちゃん。右は2007年のナルちゃん。たしか、2007年のナルちゃんは、腸のポリープの検査で引っかかり入院した人ですよね。最近見ませんが。

この時期に、東大が保管しているカルテが紛失し、そのなかに、ナルちゃんのものもあったとされていますが、、、

 

ロシアの人体冷凍保存

ロシアの研究所に保管されている日本人女性ミチコ。もう一人日本人男性が冷凍保存されているそうな。

平成以後「美智子」や「ナルちゃん」が次々変わり、サイクルが早いのが気になります。クローンって寿命が短いらしいですね。

もしかして、ここのロシアの研究所で大量の「美智子」が生産されているのだろうか、とおもうのは私だけではないはず。

ここで保管されているのは、ご成婚した美智子と、オリジナルのナルちゃん親王ではないのだろうか。

以前書かせていただきましたが、北朝鮮のブーちゃん。ロシア製の可能性があるかな、と思ってます。

2019年5月8日|北朝鮮飛翔体「ロシア製に酷似」 韓国専門家 改良弾道ミサイルか

https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201905/CK2019050802000138.html

北朝鮮が発射した飛翔体は、一部の外見や発射車両がロシア製の高性能短距離弾道ミサイル「イスカンデル」に酷似し、これを改良した新型兵器と推測される。イスカンデルの高度は五十キロとされ、北朝鮮が発射した飛翔体の一部とも合致する。イスカンデルと同等の性能であれば、迎撃が難しい上に推定射程は韓国全土に及び、韓国や在韓米軍に深刻な脅威となる恐れがある。

 

「いまの北朝鮮は、言ってみれば「プーチンランド」と化してます。」

【週刊現代】金正恩氏「急遽作った極秘ルート」で最後はロシアに亡命か

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52983

中村 いまの北朝鮮は、言ってみれば「プーチンランド」と化してます。

近藤 プーチンランド? 何だかディズニーランドみたいですが。

中村 そう。ディズニーランドに行けばミッキーマウスに会えますが、北朝鮮に行けば、随所にロシアの「痕跡」が見られます。もはや金正恩政権は、ロシアの傀儡政権と言っても過言ではない。

近藤 たしかに、解放記念日(8月15日)の『労働新聞』に、金正恩委員長がプーチン大統領を称えた書簡が大きく掲載されていて驚きました。

中村 私もロシアの有力紙『モスコフスキー・コムソモーレツ』(9月7日付)を読んでいて、興味深い記事を発見しました。17kmあるロ朝国境近くに位置するハサン村のルポで、村の事務所には、金日成・金正日・プーチンの3人の写真が、並んで掲げられていたのです。

近藤 平壌最大の目抜き通り「栄光通り」が、「スターリン大通り」と呼ばれていた時代を髣髴させますね。そもそもソ連極東軍88旅団所属の金成柱を、ソ連が「金日成将軍」に仕立て上げて平壌に連れてきたのが、北朝鮮の始まりですからね。

中村 フフフ……。

近藤 意味深な笑いですね。何か大事な訳でも?

中村 再度言いますが、ロシア極東山岳建設の最も得意な分野は、地下トンネルの建設です。おそらく鉄路の地下に、有事の際、金正恩一族が亡命するためのトンネルを建設したのだと思います。

中村 ロシアもそのあたりは熟考したはずです。

それでロシアの結論は、金正恩ファミリーを、ウラジオストクから北極海に面したムルマンスク軍港まで軍用機で運び、そこから約1000km離れたスヴァールバル諸島に、亡命先を用意してあげることだったのです。

この任務を担うロシア保安庁(旧KGB)の特殊部隊RSBが、すでに金ファミリーのボディガードを務めています

近藤 スヴァールバル諸島?

中村 北極海に浮かぶ群島です。第一次世界大戦の頃、ロシア、ノルウェーなど、多くの国が領有権を争ったため、大戦終結後のパリ講和会議で、スヴァールバル諸島を、永久非武装地帯としました。

このスヴァールバル条約には、ロシアやアメリカなど40ヵ国以上が加盟していますが、島内にはロシア人居住地区があり、ロシアの法律が適用されています。

近藤 いまから100年近く前の条約ですね。

中村 そうです。1920年代から’30年代にかけて各国が加盟しました。

ところが昨年になって突然、このスヴァールバル条約に、ロシアの後押しを受けて、北朝鮮が加盟したのです。

近藤 北朝鮮は北極海になど、何の縁もないのに。金ファミリーの亡命目的としか思えない……。

中村 そうでしょう。しかも現在、島内のロシア人居住地区で、大邸宅の建設が始まっていることまで分かっているんです。

続きはこちらからhttp://gendai.ismedia.jp/articles/-/52983

転載以上

(前)ロシア製?北朝鮮ブーちゃんと「屋号・美智子」の廃業

北朝鮮と金王朝はロシアに背乗りされている可能性があるってことですね。

前にも書きましたが、金正男が暗殺されたのは、兄弟同士の確執ではなく、KGBかロシアによって、「本物の金一族」が粛清されたのかな、と。

ロシアなら、愛子さん、悠仁さん、皇族のクローンを一揃え用意してても不思議はなさげ。

昔から、不凍港が欲しくてたまらないのがロシア。

ロシアにとって朝鮮半島は、住んでいる人間はめんどくさいけど、地形的には垂涎の的の領土でしたからね。

皇族の偽物や、ダブルたちは、タビストック製の可能性もありますが、ロシア製の可能性もありますね。

一日も早く、オリジナルのナルちゃんの死去が公表されますように。

本物のナルちゃんのための「大喪の礼」お待ちしてます。

以上

 

Sponsored Link
Sponsored Link