※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

令和即位の礼②赤坂から皇居へ

Sponsored Link

①からの続きです。

雅子が赤坂から皇居へ

即位礼正殿の儀」 皇后さまが皇居へ(19/10/22)

22日に行われる「即位礼正殿の儀」に向けて皇后さまが皇居に向かわれました。

即位礼正殿の儀は午後に行われます。天皇陛下が即位のお言葉を述べられ、安倍総理大臣がお祝いの言葉を述べます。参列者は安倍総理から案内状が届いた人に限られていて、国内から約1600人、海外から約400人が参列して両陛下の写真などの記念品が配られるということです。

レポーター

「現在の浅坂御所の様子なんですが、えー、雅子様が今、見えましたね。車の中に城を服を着て、雅子様、乗っていらっしゃるのが見られます。今、沿道にいる人たちにでしょうか、お辞儀をされながら、赤坂御所をでて皇居に向かわれる様子が、こちらの映像から見ることができます。今日は即位礼正殿の儀が午後おこなわれ、天皇陛下が即位のお言葉をのべられ、安倍総理がお祝いの言葉を述べます。

参列者は安倍総理から案内書が送られた方にかぎられて国内から約1600人、海外から約400人が参列して両陛下の写真などの記念品が配られるということです。

つい、さきほど、赤坂御所を出る雅子様のニュースがとらえられました。

そしてこのあと、天皇陛下が赤坂御所から皇居に井戸される予定です」

22日当日にライブで放映された動画なんですが、「22日に行われる、、」って普通書くかな。

だれなんだろう、どこから連れてきたんだろう、このおばちゃん。

髪質も変わりましたからね。

果たして、北朝鮮は、祝砲を撃つだろうか。

沿道に駆り出されているであろう創価学会の学会員は、歓喜して学会旗を振るのだろうか。

 

Sponsored Link



 

ピンクの袴「美智子様のセンス」が受け継がれたのか、あるいは伝統なのか

袴がピンク色なのは、平成のときと同じなのですが、昭和天皇のときも、この色だったのかな。昭和天皇以前も、桜色の袴を天皇がお召しになる決まりだったのだろうか。

ご成婚した雅子2号は、体のゆがみがひどかったですね。ナルちゃんは、右肩が長くて、右手が長い、軽い奇形のある浩宮。

この雅子は、ご成婚した雅子2号に似せるために、わざとひじを、はってるのだろうか。あるいはご成婚のお写真をもとに、フォトショに頑張ってもらって作ってるのだろうか。

ご成婚した人と、今の雅子は、似てないんですけどね。

 

「黄丹袍(おうにのほう)」

平成2年11月12日 即位礼正殿の儀のナルちゃん

 

平成3年2月23日立太子の儀のナルちゃん

立太子の礼に臨まれる天皇陛下=平成3年2月23日、皇居・宮殿「松の間」

立太子の儀の前に、黄丹袍(おうにのほう)をお召しになってますよね。

もちろん、秋篠宮皇嗣殿下は、今回の即位礼正殿の儀に、黄丹袍(おうにのほう)をお召しになるのよね。

https://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/shiryo/tairei/pdf/shiryo301219-2.pdf

眞子様、佳子様、ツグコちゃん、三笠宮家の両女王の装束は、平成の時のおさがりなのね。

秋篠宮様ご一家、お出ましになるのが、本物だったらいいなあ。

そして、国賊朝敵、やましいものが登ると、登ったものも、その背景もガラガラポンにしてくれる、高御座と御帳台。

これで、創価も、朝鮮半島も、終わるでしょう。

はり切って、登ってもらいましょう。

続く。

 

Sponsored Link
Sponsored Link