※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

※人気ブログランキングに参加しています


世界の闇|マザー・テレサの真実④

Sponsored Link

続きです。

マザーテレサ伝説の作り方

1979年 ノーベル平和賞受賞

 

1983年 ヨハネ・パウロ2世との謁見

 

Sponsored Link



 

1995年 マザー・テレサの暴露本が出版

イギリス人ジャーナリスト

クリストファー・ヒッチンズ氏

「The Missionary Position: Mother Teresa in Theory and Practice」
マザー・テレサを厳しく批判。

 

1996年 マザーテレサに、アメリカ名誉市民賞受賞

過去の受賞者一覧

1963年受賞:ウィンストン・チャーチル (受賞翌々年没)

1981年受賞:ラウル・ワレンバーグ

(1945年失踪、1947年没?、ナチス・ドイツからのユダヤ人救出)

1984年受賞:ウィリアム・ペン

(1718年没、ペンシルベニア植民地建設・アメリカ社会への思想影響)
1984年受賞:ハナ・キャロヒル・ペン(英語版) (1726年没、同上)
1996年受賞:マザー・テレサ (受賞翌年没)
2002年受賞:ラファイエット侯爵

(1834年没、アメリカ独立戦争への貢献)
2009年受賞:カジミエシュ・プワスキ (1779年没、同上)

青字が生前授章した方、合計2名。

マザーテレサと、チャーチル卿。

ダヤンさんがご指摘されたように、それぞれ、授章した翌年、翌々年に死亡していますね。

 

1997年 マザーテレサ死去

ばれたから、用なしになったのかな??

列聖の審査が始まる

通常は死後5年を経ないと始めることはできない規定。

テレサの場合は生前から聖女の誉れが高かった。

彼女の業績を極めて高く評価していたヨハネ・パウロ2世が前倒しを強く求めたため。例外的に5年を待たずに始められた。

例外は、2005年4月に帰天した当の教皇ヨハネ・パウロ2世自身にも適用された。

 

2003年 映画「マザー・テレサ」制作

バチカン側も頑張ります。

映画「マザー・テレサ」制作

オリビア・ハッセーさん主演

12月 福者として、列福

バチカン側も頑張ります。

福者として、列福

ヨハネ・パウロ2世法皇はテレサを列福し、福者であると宣言。

 

2015年 聖人として、列聖

バチカン側も頑張ります。

聖人として、列聖

フランシスコ法皇により、列聖されることが発表。

 

一方では批判も出ます。

 2016年04月 インド人によるマザーテレサを批判記事

インドの方も頑張ります。

ハフィントンポストにて、インド人によるマザーテレサを批判記事を掲載。

インド出身のアソシエイトエディター、クリティカ・ヴァラグールは2016年04月にハフィントン・ポストのアメリカ版でマザー・テレサを批判した。

特別で優秀たる白人が有色人種を助けるのだというイメージをインド人や西洋人に植えつけたと主張し、マザー・テレサの崇高なイメージは脆弱化したカトリック教会によって行われたメディア・キャンペーンの結果であると述べている。

www.huffingtonpost.jp

2016年の9月4日にマザー・テレサが聖人に列せられる。これは驚くことではない。2003年に彼女は福音に列し、列聖への道を一直線に進んでいるようだ。だが、彼女は聖人ではない。

(略)

彼女を何か特別なものにしようとする教会の熱烈なキャンペーンもあった。

このキャンペーンは彼女の存命中にスタートした。中絶反対を唱えるイギリス人ジャーナリストのマルコム・マゲリッジが、大きな十字架の前で祈るパブリック・イメージを作りだし、マザー・テレサのイメージを広めた。

最初は1969年の聖人伝ドキュメンタリー、次は1971年の著書だ。

彼は人々に、マザー・テレサは歴史上ではなく「神話の域」にあると位置づけた。

彼女は死後、(聖人に次ぐ)福者の地位になったが、、それはルールを破っても捕まりたくない人が熱烈に支持したからだ。

教皇ヨハネ・パウロ2世は通常、必要な死後5年というプロセスを放棄し、死後1年で手続きを開始した。素晴らしい功績があるとされるひとりの女性には、非難されることなどないと思っているかもしれない。

だが、マザー・テレサは生前、悪名高き独裁者と親交があった。

ハイチのジャン・クロード・デュヴァリエ(マザー・テレサに1981年、レジオンドヌール勲章を授与した)と、アルバニアのエンヴェル・ホッジャ労働党第1書記だ。

こうしたものはどれも特に目新しくはない。

ほとんどは彼女が列福した2003年に浮上した。

クリストファー・ヒッチェンスの著述と、タリク・アリのドキュメンタリー「地獄の天使」の中で示されている。これは死者の悪口を言うためのものではない。

しかし、マザー・テレサが時間を経ずして聖人になるのはかなり腹立たしい。

私たちは神を想像し、自分たちに似た人の中に神聖さを見いだす。

この中で、マザー・テレサのイメージは西側至上主義、白人至上主義の残像として映る。

彼女の栄光はインドの精神の犠牲の上に成り立っている。

また、10億人のインド人と、分離した人々の犠牲がある。

彼らは、自分たちを助ける白人は特別で優秀だとの概念を強制的に植え付けられた。

改宗など大したことではないと思わされた。

ノーベル賞を受賞した5人の「インド人」のひとりが病気の人を死なせる女性だったという、とんでもない事実を受け入れざるを得なかった。

貧困は美しくない。マザー・テレサは時を経て白人にとっての聖人となっても、褐色の肌にとっての聖人とはならないだろう。

(ここまで)

※詳細はこちらから

http://www.huffingtonpost.jp/krithika-varagur/mother-teresa-was-no-saint_b_9658658.html

 

 

「ほとんどは彼女が列福した2003年に浮上した。」

2003年 映画と出版により神話の人物へアセンション

2003年 映画「マザー・テレサ」制作

オリビア・ハッセーさん主演

 

同年12月 福者として、列福

ヨハネ・パウロ2世法皇はテレサを列福し、福者であると宣言。

「最初は1969年の聖人伝ドキュメンタリー、次は1971年の著書だ。彼は人々に、マザー・テレサは歴史上ではなく「神話の域」にあると位置づけた。」

 

前世期では「神話」をつくるための手段が、出版だったのね。

今も、テレサ本は結構売れているらしい。

今世紀で、バチカンが、ネットを抑えてなかったのは致命的だったと思うわ。

風化することもなく、ひたすら事実の散がつづくのね。

カトリックの聖人聖女が、いかにして作られたか、その手法がわかりますね。

パナマ文書の公開って明日ではなかったかしら。

マザーテレサの団体が入ってたら、笑うわ。

 

話を戻すけど、、、

マザーテレサは、旧ユーゴスラビア出身とされる

(She hailed from old Yugoslavia)。

 

マザーは何度も危篤を乗り越えてきているのね。

もしかしたら、正田美智子のように、複数のマザーテレサが駅伝スタイルで繋いでたのかも。

被布をかぶっているから耳の検証はできないけど、比較していったら、いろいろと明らかになるのかも。

ミッチ―のこともそうだけど、結局、マスコミが作り出したイメージしか見てなかったのよね。

「自己犠牲に基づいた愛」

売り出し方がおんなじなのが気になるわ。

 

コメント欄より

続いての記事、面白く拝見いたしました。

>>西側至上主義、白人至上主義

ずばり、その通りですね。
植民地時代から無知な有色人種を宗教で騙して搾取する白人のやり口を忠実に踏襲してますよね。マザーテレサは。

マザーテレサを告発したのがイギリス人というのが面白いです。
イギリス人の縄張りだったインドを荒らしたからでしょうか。

イギリスって、植民地時代のカトリックの宣教師のやり口と人種差別満載の価値観を赤裸々に描いたミッションという映画を作っているんですよね~。

英国国教会というカトリックと対立する宗教観からか、それとも世界の紛争の半分の原因を作り出した自分達の罪をごまかすためかもしれませんが。

エリザベス女王の美智子さんへの塩対応といい、その動機を妄想するのは楽しゅうございます。

コメント欄より

以前、マザーが日本人を指して心のない人たちだと批判していたのを記憶しています。
もしかして白人至上主義が入り込めなかったので(民度、豊かさ)負け惜しみをいったのかもしれませんね(笑)
とにかく当時は変なことをいう人だなと思いました。

 

ネコ科の画像

http://amenities-news.com/wp/wp-content/uploads/2014/11/wpid-Z9eoG2O.gif

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

伏見ブログ|井沢満、BB覚醒日記、トド子、ふぶきの部屋の正体

➀「同窓会」井沢満の研究と中国工作員疑惑・・☞最初から一覧

➁高知出身・岡林秀和・バランス工房の謎・・☞最初から一覧

➂復刻・銀蠅トド子とBB覚醒の正体・・☞最初から一覧

 

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

13 件のコメント

  • derederegusaさま

    子供の頃、角川映画の「復活の日」にオリビア・ハッセーが出演されて初めて知ったのですが美人でしたね。アルゼンチンとイギリスのハーフというのが個人的に珍しくて覚えています。当時は反日オリビア・ニュートン・ジョンも人気があったので、ふと思ったのですが、アグネスがかわいかった頃、アグネス・ラムというグラビア系の方もいましたね。同じ名前の人が同時期に活躍するような、そんなシステムがあるのかな?とちょっと思ったのですが、他にそんな例は思いつかないので、考えすぎですね。
    さらに余談ですが、ハッセーは一時期、布施明の嫁でしたね。息子さんがプールでおぼれて、布施氏が救急処置をしている中、パ二クリながら救急車を呼んでいる音声がワイドショーなどで話題になっていたことがあったなあ、と思い出しました。

    オリビア・ハッセーの名前をほとんど聞かなくなって久しいのに、なぜ当時マザー・テレサの役に抜擢されたのか気になり、wikiを確認してみたら

    >>2003年、映画『マザー・テレサ』で「この役を20年間待ち続けた」というマザー・テレサの役を演じ、スクリーンに復活を遂げた。「シェイクスピアのジュリエットを演じ、聖母マリアを演じ、マザー・テレサを演じることができたなんて幸運としか言いようがない」

    抜粋以上。

    68年「ロミオとジュリエット」でジュリエット、そして77年「ナザレのイエス」で聖母マリア、それから26年後マザー・テレサ。何この三部作?という感じですが、最後がなんともしょぼいですね。
    それにしてもなぜ20年待ち続けたのでしょう。そのころに「将来マザーの映画を作るからそのときはお願いね」と打診でもあったのでしょうか。2003年の20年前となると83年前後? フォークランド紛争があった頃ですね。 
    77年にマリアを演じておよそ20年ということかもしれませんが、その頃まだ存命で活躍中のマザーの役をやりたい!と思うだろうか、とちょっと不思議に思いました。

    同じ売り出し方、ということはまさかまさかの「美しすぎる美智子様~慈愛の上皇后~」とか映画化の予定があったりしないだろうか・・・。不安になってきました。一本眉になってもOKの女優さん、誰だろう・・・。妄想失礼しました。

    • >さらに余談ですが、ハッセーは一時期、布施明の嫁でしたね。
      たしか、来日した時、布施さんが出演しているCMをみて、一方的に好きになって結婚し、一方的に分かれたそうですね。
      ジュリエットも、肉食系だなあと思いました。
      すばらしすぎる美智子様、テニスコートの恋は、もう食傷ぎみですね。
      またか、という感じで、どうでもいい存在になってきているようです。

  • でれでれ草さま こんばんは。

    久しぶりにマザーテレサの記事を拝読しましたが、秀逸ですね。
    バチカンの、集金マシンとしてのマザー。優秀でした。
    キリスト教の根付かぬ野蛮な国(仏教でさえ栄えなかったけど)、インドで献身的に働くマザー。
    いくら貧しくとも、カトリックの国ではインパクトが違ったのでしょうか。
    ブラジルでもメキシコでも良さそうに思いますが。

    以前読んでいた皇室ブログの主の方とスピリチュアルな話をコメ欄でした時に
    沖縄在住のスピリチュアル系の方のブログを教えてもらい、時々チェックしています。
    有名人の前世などもリーディングしている方でした。
    マザーテレサの事は絶賛していた記憶があります。
    批判があるようだけど、とんでもない!みたいな書き方でした。
    キリスト教系のスピリチュアル世界が見える方なのでしょうね。

    • マザーテレサの活動にスポットがあてるのは、あまりにひどかった英国のインド統治や、食いつぶされたインドの貧困の要因から目をそらすためでしょうね。
      マザーテレサ、といい、今の皇室皇族といい、結局実在をみないで広告をみているだけなんでしょうね。。
      虚像の信仰って、後世から見ると、滑稽に見えると思います。
      数世代経ったら、後世のひとたちは、偽物皇族に手をふり旗を振っている大衆をみてわらうでしょう。

  • >日本人は、そろそろ“地縁・血縁”の互助会に戻るべきでは、、、と思います。
    同意します。
    >「複十字シール」活動。結核予防活動への寄付金ですが、強制的に徴収されます。 ほぼ上納金です。
    こういうお金が皇族とその閨閥に流れ、そして、スイスにたまってるんでしょうね。

    • 晩年、悪魔つきになり、御祓いを受けてますね、
      効果があったのかはわかりませんが。

  • 世界の隠し金庫の役割がスイスからアジアにかわったんでしょうね。
    ティアラも、そして、ダイアモンドの三連ネックレスも保管しているのだと思います。
    美智子は、ティアラなし、サッシュなしはいつものとおりでしたが、1連だけのこしてあった大粒のダイアモンドのネックレスをつけてませんでしたね。
    もう御所にはなにも価値のあるものは残っていないでしょう。
    皇族にばけているコンパニオンたちは、皇室を廃止して、日本から搾れるだけ搾り取ったお金や財産をわけるのが目的なのだとおもいます。

  • 何しに来たのか今一つ不明な王族が多いですね。春にやってきた、スペインもそうでしたし、今回のルクセンブルク大公は宮中晩さん会やってましたね。
    「友達だから、親しいから」でしょうか。
    トランプさんは安倍ちゃん主催の晩さん会。国賓待遇は無し。
    「気に入らないから」でしょうか。
    何考えてるんでしょうね。
    皇族の、国家の私物化が目に余ります。

    • >引受人が欧州にいる。→これは、基本確定だと私は見ています。先回の秋篠宮両陛下(ニセですけど)の南米への行き方を見ても絶対です。
      偽秋篠宮家は、カトリック、バチカン、南米、
      偽天皇夫妻は、欧州、スイス、、、しかし、ベトナムに移行、、、でしょうか。
      偽天皇夫妻の引受人が、本物あつかいされているミッチ―4号かもしれませんね。
      なので、今、美智子役をしている人は、偽物扱いになってしまい、サッシュも許されないのかも。
      盗賊が皇族に化けているという前代未聞の時代ですね。

  • マザーテレサも、ダイアナも、偽物のアイコンでしたね。
    美智子もそうですが、あるいは、昭和天皇もそうかもしれません。
    マザーを告発したジャーナリストさんが、問題は、理想の偶像をもとめている我々側にあるとかかれてましたが、その通りだと思います。

  • とある陰謀系の考察サイトさんの記事で見たことなんですが、
    所謂英雄や聖人と言われている人ほど実際は凶悪人で、また凶悪人と言われている人ほど実際は聖人であることが多いと。
    例えはナチスのヒトラーのガス室によるユダヤ人大量虐殺は嘘だったとか、皇室やマザーテレサの件もそうですよね。
    メディアがゴリ押しする裏には重要なことが隠されていると思ったほうがいいですね。

    • アウシュビッツのガス室が地雷みたいですね。
      落合信彦さんや、柘植久義さんなど、これを書いたジャーナリストや作家さんは、そのあとタコ殴りにあって干されてます。
      常に、逆張りをすれば、正義にたどりつけるのかもしれません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です