※人気ブログランキングに参加しています

世界の闇と真実|①フランスに招待された徳仁皇太子と元FBI支部長の暴露

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

例の、気味の悪いスイスの開通式ですが、、。

コメント欄より

管理人様

「 ‎緋色の女」というのは新約聖書の黙示録に出てくる「大淫婦バビロン」のことだったかなと思って検索し直してみたところ、ウィキペディアですが「ババロン (Babalon) – 緋色の女、太母(グレートマザー)」とかいうものも見つけて驚きました。

アレイスター・クロウリーの解釈らしいのですが。

どちらにしても聖徒の血は飲むは、富を集め倒錯にふけるは、地の王たちと姦淫するは、あらゆる民族、国民、群集、言語の上に座るは(水がその全てのシンボルらしいのですが)、争いとカオスを司るは、と非常に芳ばしい設定のキャラのようです。

「緋色の女」は十本の角を持つ獣に倒されるとか、獣は実は「緋色の女」の配偶者(クロウリーの解釈)とか諸説ある模様。

こんな厨二病状態のカルト信者達、人類を「支配対象」などとみなされているようですが…。

人類はそんなカルト無しでもやっていけますが、カルトの方は人類に寄生しないと存在自体が維持できないみたいですね。

この「一応秘密にしているけど、でも見て見て!」と倒錯した自己顕示欲の塊、正体特定のためのヒントをばらまいているのでは?

自分達「だけ」で宇宙の果てにでも行って、永久に引きこもっていた方が、誰のためにもいいような気もしますけど。

以上

ありがとうございました。

 

Sponsored Link



 

イルミの創立記念日の5月1日に即位するナル。

これから日本をイルミが完全に占拠し、共産化すると宣言するかのような、生前退位の映像。

コメント欄より

5月1日はイルミナティの設立日というのを読んで
生前退位の時、陛下の右後ろに目玉のような不自然な置物があります

 

皇族に化けている工作員も、その関係者も、北朝鮮創価系から、中国人イルミ系へ替わっていっているように見ます。

 

キムコムロ米国へ出発

ANN 何度も会釈を…小室圭さん アメリカに向け出発

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133527.html

 

 

 

 

画像がブレブレですが、わざとじゃないでしょうか。修正が間に合わなかったのかな、、、と。

土台になっている人の、目、アゴ、鼻が、キムコムロと、違うんじゃないでしょうか。

週刊誌や動画などで、コムロ関係の記事が多く上がってますが、、、

管理人は、竹田氏の「小室の母の出自がいくら調べてもわからない」以外は、嘘だと思ってます。

 

小室の母の借金、宗教、小室の女性関係、小室がどこの店に行ったとか、母親が猥雑な葉書をおくったとか、秋篠宮夫妻がああいったとか、眞子様がこういったとか、眞子さまはショックを受けているとか、結婚の意志は固いとか、秋篠宮邸に行ったとか、芸能ネタっぽい脚本や記事は、全部まるごとフィクションではないかな、、と。

眞子様と小室との間には交際実績もない、証拠になる写真は一切出てこない。でてきたのは、修整加工だらけで主演が佐藤睦という売れない女優をつかった「電車でデート」の写真一枚だけ。

そもそも、いまだにコムロは秋篠宮家には入れてもらっていないし、ICUに入学卒業した形跡もない、メガバンクに入社した形跡もないし、大学院に通った形跡もない、小室のトモダチとして出てくるトモダチは佐藤睦の仲間の創価の芸能班だし、小室母子についているSPは宮内庁や国がつけているSPではなく、エキストラ劇団員の使いまわしのインチキSPだし、そもそも、婚約内定者ではあるが、婚約者ではない人間に国はSPなんかつけません。黒田さんにはSPなんかつかなかったはずです。

こういうことを書いた週刊誌は絶無でしょう。

 

マスコミの飛ばし記事と宮内庁内の工作だけで、交際実績も面識のない、日本で最高に高貴な女性と、正体不明の下賤な男の婚約内定が実現したのです。恐ろしいことです。

クーデターまがいの婚約内定を実現させたマスコミの報道や、週刊誌の報道を信じることはできませんね。

ああした動画やゴシップは、小室母子と創価とのかかわりや、偽物を使った皇室乗っ取りなどの、深い陰謀を隠すための煙幕でしょう。

 

朝日 小室圭さん米国留学へ出発 「いってらっしゃい」に無言

© 朝日新聞 米国に向け、搭乗口に向かう小室圭さん(中央)=2018年8月7日午後6時8分、千葉県の成田空港、黒川和久撮影

 

秋篠宮家の長女眞子さま(26)との婚約が内定している小室圭さん(26)が7日、米ニューヨークのフォーダム大学ロースクールに留学するため、成田空港から米国に向け出発した。眞子さまと離れ、3年間の予定で米国で弁護士資格の取得を目指すという。

午後6時10分ごろ、集まった報道陣に数度会釈し、早歩きで搭乗口を通過した。「いってらっしゃい」などと声をかけられたが、無言だった。

転載以上

 

SPは創価の芸能班の売れないエキストラタレント、ギャラリーも、創価芸能班の売れない外人タレントが混じってる感じでしょうか。

顔でかすぎ、顔に比べて足がちいさすぎ。顔を貼ってるのかな。

そしておそらく、ほんもののキムコムロより背が高そうです。顔がぼけていますが、わざとでしょうね。

時間をおいて、修正した画像映像が上がるんでしょうかね。

留学するのは別人だと思います。この顔に近い人でしょう、たぶん。

そして帰ってくるのも別の人でしょう。

 

北朝鮮創価系のヒラメから、中国系の工作員に変ったと思われる、偽眞子。

いつみても、修正崩れの顔は、邪悪すぎる。

留学するコムロは、ブラジルに言った偽眞子さんと同じく、英語の達者な中国系の人かもしれませんね。

 

偽ナル、フランスから招待される

皇太子さま、9月にフランス訪問 日仏友好160周年で

皇太子さまが9月7~15日の日程でフランスを訪問することになり、7日の閣議で了解された。日仏友好160周年の機会に、フランス政府から招待された。皇太子さまのフランス公式訪問は初めて。療養中の雅子さまは同行しない。

7日に羽田発の政府専用機でリヨンに到着。8日にリヨン市長主催の昼食会に出席するなどし、10日に政府専用機でパリに移動。13日に日本文化を紹介するイベント「ジャポニスム2018」を見学し、エッフェル塔の点灯式に出席する。(多田晃子)

以上

 

顎ナルかなと思ったんですが、、耳が後ろすぎませんか、この人。縁取りのように白い縁があるんですが、光線の関係なのか、切り抜いたのか、、、。

粗いなあ、、、。

今まで、外交からシカトされていたナルちゃん夫妻。

フランスに招待ということは、ロス茶さん側の人なのかもしれませんが、皇太子家のメンバーが、創価北朝鮮系から、イルミ系へ替わったのかな。

晩餐会があるのかはわかりませんが、晩餐会がある場合は、ナルがサッシュをしているかどうか注目ですね。

サッシュをしていたら、なんらかの儀式に参加して認知されたナルで、ナル夫妻も、イルミ系に替わったのかもしれません。

フランスの待遇で判明しますね。

 

フランスの王といえば、ロス茶さん。

ロス茶さんがダム・ヴァイスハウプトに命じてつくらせたのが、例の「イルミナティ」こと、イルミちゃん。

続きます。

 

animals being jerks GIF

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

12 件のコメント

  • でれでれ様、こんにちは。

    ナルは9月にフランスに行くのですね。
    高円宮絢子様と婚約内定の守谷慧の周辺、守谷治(経産省時代にパリ駐在)、国境なき子供たち(フランス人ドミニク レギュイエ創設)の日本代表寺田朗子(フランス留学経験)と息子航平の経営する寺田倉庫は高級フランスワインを保管する事業をしており、と背後にフランス系のイルミでも介入して来ているのか?そうか煎餅工作員に変わる工作員連中にシフトしたのか?ブラジル偽眞子様もチェンジしたようですし、、で、小室もチェンジ??(私には小室が別人とは見抜けなかったです。)

    昨日の小室報道では”眞子様と婚約内定″をやたら強調し、こちらは結婚が2年延期なら実質破談と思っているのに、将来結婚するとか眞子様の婚約者の小室とか国民に刷り込みたいマスコミの魂胆見え見えじゃないですか。

    マスコミの節操の無さと宮内庁の無能さには本当に腹が立ちます。正式婚約もしていない素性も怪しい小室の紛らわしい報道は一切してくれるなと宮内庁にメールしました。

    • >昨日の小室報道では”眞子様と婚約内定″をやたら強調し、こちらは結婚が2年延期なら実質破談と思っているのに、将来結婚するとか眞子様の婚約者の小室とか国民に刷り込みたいマスコミの魂胆見え見えじゃないですか
      これなんですよね(笑)
      最後のあがきなのかもしれませんが、おそらくはイルミが予定していた計画を、創価がハイジャックしたオトシマエはつけられるのかもしれません。

  • 度々失礼します。
    ナルは政府専用機でフランスへ行くのですね?
    9月からOECDのCRSの日本施行だったと思うのですが、まさか金塊をフランスから政府専用機に積んで来たりしないですよね?
    国境なき子供たちの寺田朗子がフランスがらみなのと、寺田倉庫がフランス高級ワインや美術品など繊細な物を保管する事業に力を入れているのが気になっています。

    • インターポールがあるところと被るみたいですね。
      ナルと小和田家が、皇室の財産をヤフオクにだしたのは売れ残った皇室財産だったみたいですが、ティアラなど売りさばいた皇室財産はどこで保管してるんだろうと思うと、、、、気になりますね。

  • 何度もお騒がせします。

    寺田朗子は東京外大三年生時、フランスのグルノーブル大学に1年間留学しています。
    グルノーブルはリヨンから100㎞、パリからも直通TGVで約3時間だそうです。
    皇太子は来月の訪仏で政府専用機でリヨンに入り、さらに政府専用機でパリに移動予定ですが、寺田さんはパリもリヨンも現地の事情に詳しいと思います。

    • 仮に、寺田氏と「フランスの黒い何か」とのかかわりがあったとしたら、それは、NPO成立より古そうですね。
      履歴を読んでいくと、ご成婚した久子や、例の緒方貞子を連想します。

  • 毎日の更新をありがとうございます。
    水分の取り方に気を付けて、平成最後の夏を無事に乗りきって参りましょう。

    皇室のイルミ化ですが、ここでとても引っ掛かることがあります。
    雅子父がスイスで幽閉された件、あの大金は何に必要だったか。
    雅子父の耳には、イルミの首領ロス茶が亡くなる情報が入っていた。
    その時に、日本のお札の発行権が宙に浮く。という以前聞いた話しがありましたが、
    そのお札の発行権を買おうとしたのではないかと思いました。
    本当に憶測です推理小説のネタとして、おもしろいこと言う人いるねと扱っていただけたらと思いますが、なんだか時系列が成り立つのですね。
    雅子父が、金で権利を買おうとしたけれど、引き出せずに幽閉される。
    失敗をして、裁判官を辞めた。
    と共に朝鮮系が失脚。
    そして、皇室のイルミ化。
    そして、オリンピックは、イルミのサタンへの宗教儀式なので、真夏でないといけません。9月なんてとんでもない。
    サマータイムの導入についても片目マークのサンケイ新聞の発表、共同通信のごり押し報道でした。
    朝鮮系マスコミは何も言いませんでした。
    イルミが、主導権争いに勝ったのかもしれませんね。
    大まかに私の頭で理解している情報をパッチワークして書いたため、ここ違うからっ!ということ多々あるかと思いますが、笑って許してくださいませ。

    • 東京五輪大丈夫なんでしょうかね。
      いまのまま開催すると、気候のこともあり、死人が出ると思います。
      朝鮮中国がらみの戦争がおこるので、開催できないという説もありますが、、、、、

  • 》》政府専用機でリヨンに到着。8日にリヨン市長主催の昼食会に出席

    「リヨン」が肝かもです。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A8%E3%83%B3
    (参照。)
    『1989年以降は国際刑事警察機構(インターポール、ICPO)の本部が置かれている。』

    『フランスにおける金融センターのひとつであり、多くのフランスの銀行の本店が置かれる。永井荷風が横浜正金銀行の社員として滞在したこともある。すでに中世からヨーロッパ各地の手形交換所として機能していた(飛脚#西洋の飛脚)。』

    ダヤン様が、インターポールの本部がここにあるとおっしゃってました。
    世界のトップオブトップを教えてくれたその記事内に、
    郵便でのし上がった家系の事も書いてらっしゃいました。
    西洋飛脚に通じるのがリヨンのようです。

    かつて、船舶が海外との主要交通手段の時は、マルセイユ↔リヨン↔パリ、だったと思います。
    マルセイユ領事館の記事をもう一度貼りますね。
    http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/jp/annai/presence%20japonaise%20%C3%A0%20Marseille%20-%20M.%20JeanPierre%20BOEUF.html
    (これより参照。)
    『戦間期のマルセイユ日本人社会は、人数も少なく、笠戸氏が代表していた。
     すでに述べた「たかせ」氏、「まつなが」氏、「さとう」氏の他にも、幾人かの日本人を知ってはいるが、これらの人々がどのようにしてマルセイユに来るようになったのかは承知していない。
     「ふじわら」氏は笠戸氏同様、マルセイユに来る前にアレクサンドリア(エジプト)に腰を落ち着けた。行商をしてマルセイユに寄港する日本船舶の船員に香水を主とした無賃持ち込み商品を売っていた。市内アンドゥームにあるバーを拠にしており、フランス人女性と暮らし、娘が一人いた。
     「かんたろう」氏は、大工であった。
     「おおえだ(当館注:原文ではOwedaと表記)」嬢は、マルセイユのとある家庭の家政婦をしており、私が知る限りでは、当時マルセイユにいた唯一の日本人女性であった』

    このOwedaと言う女性は、発音はわかりませんが、オワダかも‥‥と思ってます。

    (また上記サイトより参照。)
    『在マルセイユ日本総領事館の開設に伴い、1930年代、日本人社会は大きくなった。マルセイユの初代総領事は私の知る限り山下芳郎氏で、氏は、従前肩書きこそなかったが実質上の名誉領事を務めていた笠戸氏ととても仲が良かった。笠戸氏を介して私も山下氏やその家族、すなわち令室と二人の子息「かずお」と「あきお」、及び二人の令嬢「さだこ」と「さよこ」と親交を得た。
     戦争が始まり一家が帰朝するまで私たちはしばしば会ったが、特に笠戸氏が郊外に持っていた別荘で日曜日を過ごすことが多かった。
     戦後、私は幾度も山下「かずお」君にマルセイユやパリで、また日本に出向いた際に会う機会を得た。
     山下かずお(和夫)君は、パリで、その後に仏語圏アフリカ諸国、最後はスペインで外交官としての輝かしい経歴を積んだ後、徳仁親王の(東宮)侍従長を務めた。
     かずお君は、NHKの記者であった弟「あきお」君の没後数年の1996年5月25日に逝去した。二人の姉妹は今も東京にお住まいである。』

    • うーん。凄いですね。
      フランスの「小和田」と、徳仁の侍従長がつながるところが凄い。
      ダヤン氏が、皇室の財産を売っぱらった脚本を書いたのは、インターポールと書かれてましたね。
      繋がっていくのが、スゴい。
      このつながりは、1世代2世代どころではなく、古そうですね。

  • 皆さんの推考素晴らしいですね
    NYに着いた途端にマスコミに囲まれてるのを見て、もっとやれやれ~と思っておりました。
    カメラを向けられているのに、品もなく胸のあたりをボリボリかいていたり
    追っかけまわせば色々ボロを出しそうです。
    スイスの開通式は大人が学芸会のノリの様に見せておいて
    なかなか見てるとくるものがありますよね、邪悪さにおいては美智子の乗車写真(後ろにドロドロの蛇のやつです)に次ぐ物があると思います。直視きついです。

  • インターポールですが、、
    2016年11月から、機構の総裁は中国人、副総裁にロシア人が選ばれてます。
    Wikipediaより、
    『総裁に中国共産党党員で中国公安部副部長の孟宏偉(中国語版)が選出されたため、アムネスティなどから人権問題や政治利用を懸念する声があがった[10][11]。また、副総裁にはロシア連邦のアレクサンドル・プロコプチュク(ロシア語版)警察少将が就き、中露ともにICPOで要職に選ばれるのは初めてであった』

    それによる、いろいろ懸念の記事。
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/12/post-6481_1.php

    プーチン大統領が、日本に来日されて、昭和天皇の即位式の大太刀を安倍総理に手渡したのは2016年9月。
    ちょっと時期がズレるけれど、、
    徳仁夫婦のお宝売却に(ダヤン様が書かれているように)インターポールが噛んでいるのなら手に入れるのは容易いですね。
    また、翌年、2017年9月のウラジオストク会談では、
    妖刀「村正」を、プーチン大統領は安倍総理に渡されたそうです。。
    これは、ニュースになってましたでしょうか??
    私は知りませんでした。

    昭和天皇の即位式大太刀の一般公開記事に書かれてました。
    https://www-sankei-com.cdn.ampproject.org/c/s/www.sankei.com/life/amp/171116/lif1711160051-a.html?usqp=mq331AQECAEoAQ%3D%3D

    因みに、インターポールの事務総長(総裁)は、
    フランス政府から外交特権を与えられてるそうです。
    そう言えば、最近、プロヴァンスで中国のお金持ちさんが謎の事故死をされてました。
    まさかやりたい放題とは思えませんが、、
    地域局のある場所も偏ってますね。
    「リヨンに事務総局、ハラレ、アビジャン、ナイロビ、ブエノスアイレス、サンサルバドルに地域局、バンコクに連絡事務所がある」とあります。

    少し話がズレますが、
    フランス南部にもかつて阿片ルートがありました。
    「フレンチコネクション」と言う映画をご存知でしょうか。
    マルセイユや南仏を舞台とした麻薬取引を追うストーリーですが、事実を元にしたノンフィクション映画です。

    こちらは、本気のフレンチコネクションのWikipedia
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
    1970年代に大々的に取締りが行われ、現在はクリーンみたいに書かれてますけれど、
    2013年に「フレンチコネクション3」が公開されてるらしく、、麻薬ラインも燻っているようです。

    本気のフレンチコネクションの記事より、
    『ランソワ・スピリット含むミリュー・コルス(milieu corse)(ユニオンコルス(英語: Unione Corse ))はヘロインの国際取引のアメリカ市場への侵入を練り上げていた。アメリカンマフィアのボス、ラッキー・ルチアーノは利益の少ない酒の密売から麻薬販売に方向転換をしていた。ただし米ユダヤ人のイーディッシュコネクション(別名 コーサ・ノストラ/Jewish mob)と専売をしていた中国の犯罪組織「三合会」に限定していた。これらのネットワークをフレンチコネクションと呼んだ。』

    1960年代まで、ほぼ政府も黙認状態だったようで、
    フランスの組織と、中国・華僑社会との親和性もありました。
    地下茎では現在までずっと繋がっていたのかもです。
    最新作の映画「フレンチコネクション3」ではオランダ、ベルギーも舞台になってるようです。(詳しくはわからなくてすみません。)
    地下組織は、1970年代に一旦息を潜めて、しかし、経済活動を隠れ蓑にして再び力を得てるようです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。