※人気ブログランキングに参加しています

【オカルト】イル美ちゃんの計画と第二次世界大戦はオカルト大合戦

Sponsored Link

2015年

今も昔もオカルトな人たち

スカル&ボーンズ アメリカ

アメリカの秘密ではないけど結社のスカル&ボーンズは、エール大学とかかわりが深く、創立にブッシュ家が関わってましたね。ナチスの白人至上主義的な思想とも関係が深かったはず。

今も昔もブッシュ家の方々は正式な会員らしいのですが、シャーマンや王だった死者の頭蓋骨を使って、まじないをするとか口よせをするとか、、、

ジェロニモ酋長の頭蓋骨を返せ、とか、子孫の方から訴えられてましたね。

エール大のエリートが、真面目に頭蓋骨を前になにやら儀式とかしてるんでしょうか。

古代からのオカルトの技術を継承しているはずのイル美ちゃんの最高位に近い魔女が、真面目にブードゥー教の呪術をしているというのも、なんかアレですが、エール大のエリートによる頭蓋骨つかった何かにも似たものがあると思います。

 

英国では、第二次世界大戦でも、ブリテン島の魔女&魔術師があつまって、なにかやってたらしいですね。その後、呪詛が効いたのか、ヒトラーの判断がおかしくなりました。戦争に勝った後「いつもの通りしたまでですよ」とか魔術師が言ってたみたい。スペインの無敵艦隊を破った時も、おんなじことしてたんだろうな。

 

Sponsored Link



 

第二次世界大戦は霊能者大合戦

第二次世界大戦に関していえば、霊能者大合戦でもありましたけどね。

連合

・英国・アメリカ・フランス(ユダヤ+イル美ちゃん+石屋さん+スカル&ボーンズ)

・ソビエト(フルストイとかいう石屋さんと連携していた時期もあるカルト集団があるそうです。そもそもソビエト連邦ってカルトそのものですからね)

枢機

・日本(紅卍道教会+大本教)

・独逸(ナチスドイツ+チベット)

・イタリア(バチカン)

実はオカルト大合戦だったんですよね。

 

ナチスドイツなんか、オカルトそのものでしたからね。シンボルマークの黒逆カギ十字はチベットでみつけたものだし、チベットに研究員を多く派遣し秘儀を取り込んでいたのは有名なことです。

日本とかかわりの深かった地政学のハウスホーファー博士もいましたね。このひと、めっちゃ好きなんですけど。最後は割腹自殺でなくなったはずです。

ベルリン陥落時、ナチスドイツの制服を着たチベット人が遺体で見つかってますね。緑の男といわれたそうで、オカルトの指南士官みたいな存在だったはず。

戦後のチベットの弾圧に関して、パワーエリートたちが容認しているのはこの辺からきているのかも。

 

ヒットラーもオカルト

ナチスドイツは、ヒトラー自身が霊媒でしたからね。

光り輝く存在にいろいろ教えてもらってたそうです。その霊?がおそらくは金髪碧眼あだったので、ああも「金髪碧眼長身のゲルマン人を絶対美とする価値観」にこだわったのかもしれません。わざわざ、金髪碧眼の子供をポーランドなんかの征服した国から誘拐してきたくらいですからね。

霊能者ばっかりあつめた会とか主催して会合とかしてたし、その雰囲気が帝国に広がり一般人の間にも「墓地で性交して授かった子供は、ゲルマンの英雄の魂をもつ立派なゲルマン人になる」とか言われてて墓地で風俗紊乱なことしてた人もいたらしいし、それはそれは、ナチスはめっちゃオカルトでした。

こちらは、独逸訪問時の秩父宮さま、妃殿下のお姿も拝せます。

www.youtube.com

霊媒ヒトラーが生涯で唯一恐れた人間。それは霊能者シュタイナー。

シュタイナーは学校を焼打ちされたり弾圧された末に毒殺されましたが、教育界のパラダイムシフトを変えることができる人だったかもしれません。惜しいことをしました。

 

2012年 ロンドン五輪もオカルト

これはこれで、やっぱりオカルト。

英国卿はEU離脱しますが、「開催した国は10年後に裁かれる」五輪の呪いって本当に当たりますね。

五輪はもともと神捧げるための神事から来ているんですね。

そのせいもあってか、開催する資格のない国が開催しちゃうと、ほぼ10年後に国が破たんするという呪いだそうで、強制的に劫の決済が始まるみたいね。徳をつんでいる国は栄えるのですが、そうでない国は、、、、。

・ベルリン⇒敗戦、

・モスクワ⇒ソ連崩壊、

・ソウル⇒IMFのお世話になりました、

・ソチ⇒経済が実はやばい、

・アテネ⇒ギリシア危機、

・北京⇒もうすぐガラガラポン、

・ロンドン⇒EU離脱、

・リオ⇒恒例のデフォルト近し、

でしょうか、

この呪いが外れたのは、ミュンヘン五輪のドイツと、東京五輪の日本、あとは、カナダとか国のカルマがあんまりない人畜無害そうな国。

最近は五輪開催しても借金が残るだけだし、五輪開催地はアテネで固定というのが一番いいのかなと思います。

 

イル美ちゃんのピラミットと今後のプラン

イルミちゃんのピラミット

しかしながら、ダヤンさんのおかげで何となくですが、イル美ちゃんの世界や未来予定図が見えてきましたね。

イルミちゃんの事情

1 黙示録や霊能者の予言や賢い人のレポートを基に計画をたて人材を用意する。

例)21世紀の米国大統領は女性⇒ヒラリーみたいに駒になる女性を用意する

2 イル美ちゃんや石屋さんの上にもう一つピラミットがある。

それが、タキトゥス家、シェルバーン家、サヴォイア家、

3 ロックさんやロス茶さんは、営業部長みたいな実行部隊の長のような存在。

4 このイル美ちゃんの上のピラミットの人たちが、日本、アメリカ、中国、英国、EU、など列強を巻き込んでの世界大戦を企画している。

5 世界大戦を起こして列強を共倒れにして破産させ、そのあと、スイス・フラン、もしくはロシア・ルーブルで世界統一し「人間牧場をオープン」予定?

でしょうか。

 

英国の植民地支配は外道ぶりは凄かったのですが、ほぼ世界征服したかと思えたその時、天罰でしょうね、ヴィクトリア女王の血統に遺伝病が立ち上がりましたね。血塗られた財産や王位継承は、血統で相続していくので、やはり負のカルマは血統に添ってでるんでしょうね。

 

デレデレの「こうなったらいいなあ」

管理人は霊能者ではないので正確な予言はできませんが、

外道ぶりが半端なかった大英帝国のヴィクトリア女王の血統に、やっかいな白血病の遺伝病が立ち上がりました。

イル美ちゃんの計画が達成される寸前に、イルミちゃんの上にあるピラミットの方々の間に、やっかいな遺伝病が立ち上がるに1000点をかけたいと思います。

人間であれ牛であれ、共食いすると狂牛病になるといわれています。

あの方たちは儀式で人肉たべているらしいので、狂牛病みたいな病ではないのかな、と。

 

おっとっとと、、、

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

4 件のコメント

  • チベット弾圧の容認はナチスと関わったから…有り得る線ですね。もしそうだとしたら、ユダヤはつくづく己と首を締めるのが好きな民族だと思います。神の御前に控えるには業が深すぎてかつて天に在ったサタンのようです。矢張り偽ユダヤなのでしょうか。
    第二次世界大戦=スーパーオカルト大戦だった辺り、高次元界隈で何があったのか気になるところです。

    • 拉致被害者のめぐみさんを日本に返せない理由の一つは、北朝鮮を知りすぎているのではなく、北朝鮮と日本の政界とのつながりを知っているからだと思っています。
      だから、日本の政治家側が今ひとつやる気がないのかな、、と思ったりして。
      中国が欧米公認のもとチベットを弾圧している理由の一つが、戦勝国のトップが闇の世界の裏ではナチスと実はつながっていたことを隠したいからという陰謀論もありますね。
      アウシュビッツは実は、アメリカの会社の工場だったとか、あくまで陰謀論ですが。
      このあたりが地雷だと思います。

  • いつも楽しくドス黒い世界の話読んでいます。
    日本の神宮や大きな神社が、祟り神(もしくは祟った天皇)を祀ったものという話を聞くと、大和朝廷や天皇家は長いこと世紀末ヒャッハーだったんだなと遠い目になります。
    えげつない方法も取っただろう事は、祀り方で逆算できそうです…orz
    そこまで政敵を倒しては死後も恐れて、神様にしちゃった昔の人々を思うと、多神教の便利さは呪いや祟りを抑える目的もあったのかもしれません。

    そんな前置きで、イルミちゃん記事に書き込んだのは、オカルト陰謀ピラミッドのメンバーさん方って怖くないんでしょうかね?という素朴な疑問です。
    大和朝廷かてビビって神様にするわ神社作るわなのに、えげつない所業のオンパレードなイルミちゃん達は一神教で逃げ場が無いのに精神的に辛くないんでしょうか。
    平家にあらずんば的な心境なので平気なんでしょうか。
    違う生物だから問題ないとか言っても、性奴隷ちゃんと楽しめるのでしょうか。彼ら的には獣○にならないかと…。

    つまり、イルミちゃんかて人の子。飽きるほど金があって、オカルト使って陥れて、ドス黒い陰謀で世界を何百年も支配しても、所詮人間とあんまり変わらないのでは?と。

    ということは、大和朝廷がガチ怯えしたのと同じく、イルミちゃん達が犠牲者の怨念に晒されてるのは確実で、だが、彼らに沈める方法はない。呪ったりはできるけど、神様に祀って慰めることは出来ない。精神的逃げ場がない。刹那的快楽で忘れる以外、生きていること=一族の所業という。
    (このタイプ覚えがあるなと思ったら、雅子ちゃんにピッタリでした。雅子ちゃんは頭のつるつるっぷりで平気だったけど、確実に病んでしまったのが、逃れられない証左のように思えます)
    この違いを思うと……イルミちゃん、詰むんじゃない?と思えてしまいました。

    今現在のイルミちゃん作戦として偽物やクローンを用意する技術も、もしかしたらメンバーに必要だから研究した結果なのかもしれません。
    恨みをやり過ごすため、祟りから逃れるため、もしくは一族に異変が起きて必要になったから。
    そんな妄想をしてしまいます。

    イルミちゃん、石屋さんへの管理人様の空想が現実になり増すよう。夢が叶うお祈り、私もしたいと思います。

    • >そんな前置きで、イルミちゃん記事に書き込んだのは、オカルト陰謀ピラミッドのメンバーさん方って怖くないんでしょうかね?という素朴な疑問です。
      脱退者の証言によると、イルミちゃんたち、多重人格みたいですね。
      なので、恐れを知らない平気な人格が頑張っているみたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。