※人気ブログランキングに参加しています

【オカルト】(転載不可)ダヤンさん|本当の死亡日、池田大作、エリザベス女王、キッシンジャー、ヒラリー、

Sponsored Link

2017-03-22 本日もお越しいただきありがとうございます。

転載させていただいてます。

【片目のダヤン氏寄稿】第三次世界大戦はおこるのか⑦

http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/deb42754170ee126ee0e47e7f2c6cd99

やっと、見えてきました。このイルミナティ創立には、あの「タクシス家」が深く関与している。

そうすると、このイルミナティにあの「フリーメイソン」を融合・合体させた人物は、誰なのか?私はアメリカ人の「アルバート・パイク」と踏んでいます。

次回は、仕事の合間に専門資料を読み込むので、少々お時間を下さい。勿論、次回もお楽しみ(All in good time!)。

 

追記

やっと、西の大悪党3代目デイヴィット・ロックフェラー(101歳)の死去が公表されましたネ。

実はこの男、8年前の2月20日に死去しているのに。そうすると、東の悪党の横綱「池田大作」の死去の公表も年内中かしら?

(以上)

 

Sponsored Link



 

【モサド把握情報(ダヤン)】池田大作は2012年2月20日に死亡した、転載フリー – 伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」

伏見顕正 様

いつも楽しくブログを拝見しています。また、連日連夜の疾風迅雷を思わせるブログに感謝申し上げます。お久しぶりです。ダヤンです。標題につき、佐伯徳仁君の来年の運命・宿命は、貴殿の推察通りなることに同意します。

一方、以下の内容は、世界最強の情報機関ことモサド(モサッドの方がヘブライ語の発音に近い)が、既に把握している情報。従って、彼らはそのダブル(代役・成り済まし・そっくりの人)として、未だ生存・活動しています。但し、皆一様に「耳」「ヒタイ」「首」の形がビフォー・アフターで完全相違。これは、前後の写真で識別可能。

★なお、池田大作のダブルは存在しなく、北朝鮮製の特殊ガラスケースの中でミイラとして保管・熟成・整形中とのこと。その保管場所は、【信濃町の聖教新聞社内地下室】が今のところ有力説。

著名人名                          死去日
① ヘンリー・キッシンジャー(Henry Kissinger)         2010年12月7日

※耳が違いますね(でれでれ草)

 

② ヒラリー・ローダム・クリントン(Hillary Rodham Clinton)       2011年5月18日

※ヒラリー1号

※ヒラリー2号・大統領選のさなかの911追悼式の最中にリタイア。

※ヒラリー3号・上沼恵美子似のヒラリーでした。大統領選を戦いました。

③ 池田大作(ソン・テジャク)               2012年2月20日

④ ジョージ・ソロス(George Soros)              2013年7月25日
⑤ パパ・ジョージ・ブッシュ(Papa George Bush)         2014年1月14日
⑥ エリザベス女王(Elizabeth II)                                                        2015年6月11日

(以上)

 

2015年06月3日、BBCがエリザベス女王崩御と誤報を流したそうですが、、、実際危篤状態になり亡くなってたのかも。

<英紙ガーディアンの調査報道で、今年90歳のエリザベス女王については60年代から死去の際の行動計画が練られていたことがわかった>

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/03/post-7185.php

イギリス史上、国王として最も長い在任期間を誇るエリザベス女王。その女王が死去した時は、機密通信である符牒が流される――「ロンドン橋が落ちた」。

このメッセージで、10日間にわたる綿密な葬儀が幕を開けるのだ。

大多数のイギリス人にとって、エリザベス女王は生涯唯一の国王だが、政府関係者や報道機関は、女王の死去のしらせに不意を突かれることがないよう長年準備を進めてきた。

英紙ガーディアンが今週掲載した調査記事によると、コードネーム「ロンドンブリッジ」と呼ばれるこの行動計画は、1960年代にはすでに存在し、今世紀に入ってからも2~3回の更新が行われている。

(以上)

 

「ロンドン橋が落ちた」いつ、流れるんでしょうね。

 

無事で何より

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。