※人気ブログランキングに参加しています

愛子さまの記録㉒@2017年の「愛子さま」

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

3月の卒業式、4月の入学式にお出ましになった「愛子さま」。

あたりまえのように、別人でした。本物の愛子さまはどうしているのか、が気になりますが、、、。

 

Sponsored Link



2017年08月16日

https://www.excite.co.jp/News/society_g/20170816/Asagei_86653.html

愛子さまの体調が心配されたのは昨年秋。育ち盛りのお年頃にもかかわらず、一部女性誌が、「体重が30キロ台にまで落ちた」と報道するほど、健康状態が案じられていた。

「中学3年になった愛子さまが、公務が増えたことなどにより、カメラ映りをだいぶ気にされるようになったことが大きな原因です。昨年秋には炭水化物ダイエットを取り入れ、白米をほとんど食べずに、ヨーグルトやサラダ、煮物などを中心とした食生活を送られていました。愛子さまは皇太子妃・雅子さまに似て、完璧主義なところがあり、徹底したダイエットを続け、お昼のお弁当を残すこともあったようです。思春期だけに、ご学友などの間で交わされるダイエットの話題に夢中になってしまったようです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 

こいつかな。2015年12月01日 お誕生の挨拶に参内する「愛子さま」

 

08月30日

http://www.jprime.jp/articles/-/10531?popin=recommend_image

8月30日の午後4時半ごろ、10日間の那須ご静養を終えた皇太子ご一家は、那須塩原駅から新幹線に乗って帰京された。

「小雨がぱらついていたのにもかかわらず、ご一家は傘を差さずに、駅前のロータリーで待っていた約100人のためにゆっくりと歩かれてお手ふりしていました。

愛子さまは爽やかな淡いブルーのワンピースにベージュのアンクルストラップサンダルをはかれていましたよ」(居合わせた地元住民)

愛子さまも「夏休み」の終盤をエンジョイされたようで、少し日に焼けていた。

昨秋に体調を崩してからおやせになっていた愛子さまは、今年4月以降も学校を休みがちでした。しかし現在は体調も回復されて体重も戻り、もう心配はないと聞いています」(宮内庁関係者)

 

さいきん、よく出てきているこの子。ダミー愛子かな、と思ったんですね。口が小さいのですが。

目力がありますね。人に対して恐れがありません。だれか、あるいは何かに視点を合わせているのがわかります。御てふりもふつうに右手できます。

ダミー以外の新顔の愛子さまかもしれませんが。

 

2017年12月の愛子さま

16歳のお誕生日のときの公開映像の愛子さんですが、、、この角度だと、橿原影子ににているのですが、

橿原影子

真正面から見ると、金影子だなあ、、と。複数の人間の顔を使って作成してましたね。

金影子

 

拡大すると、塗りが荒さが目立ちます。向って右側がとくに、モザイクになっています。

荒いですね。

 

ダミー愛子

ダミー愛子は、愛子さまに一番よくにていたダブルでしたね。

右の学習院でチェロを弾くふりをしてたダミーは、肩幅がはっていて、太ましくなりつつありました。借り物であろう学習院の制服がぴちぴちしてますね。

 

愛子さま

愛子さまは首がながくてなで肩でしたが、

 

ダミー愛子

ダミー愛子は、首が短くて、横に広く肩幅が張っていた子でした。

Aが愛子さま。Bがダミー愛子。

 

愛子さま

愛子さまは、御てふりができませんでした。

ぼーっとした感じは中等科にいかれてもかわりまんでした。

 

報道されている愛子さま

2015年12月以降に、影子と完全にすり替わった後のダブルたちは、影子に似たダブルでした。そしてダミー愛子は消えたのですが、最近になって、ダミー愛子が復活したのかな、、とおもいました。はい。

そして、こちらの愛子さま。

ホクロはどうしました?かき忘れたのでしょうか。ホクロがありませんが、、修正しすぎたのかな。

向って右顎のあたり、輪郭を大きくするために塗ってませんか。こんなもんでしょうか。首と顔のつながり方が変です。

顔と背景の境界線に違和感があります。

肩と背景との関係も変、塗ってますね。エリのところも、なんか変。

後ろの人、、どうなってるのでしょうね。

愛子さまの指も変。この曲がり方はないわ。

愛子さまの歯並び

高等部の愛子さまのお写真だそうですが、歯並びに隙間がありません。糸切り歯があります。愛子さまは、歯の矯正をしたのでしょうか。

それにこの愛子様、胴体があまり太くないですね。さらに、太ましくするためにわざと顔を塗ってる感があります。

こちらもダミー愛子ですが、歯並びが似ていますね。歯のはえかわりなどで変化があるとは思いますが、この年頃になると、一番早く抜けることが多い上の前の歯の配列は永久歯にかわるのではないのでしょうか。

ちなみに、こちらの愛子さま=橿原影子も糸切り歯があります。

金影子にもあります。

 

中等科入学式の愛子さまの歯並び

愛子さまの歯は、ガタガタです。

愛子さまが、歯を整えた可能性もありますが、まなざしや、骨格が違うように見えます。

 

ぼんやりした愛子さま

逆さバイバイで手を振る、ぼんやりとした愛子さま。つねにぼんやりした視線の愛子さま。

まなざしに関しては、なにかが改善されたのかもしれませんが、本物の愛子さまは、首がながめで、なで肩をしておられます。

思うに、高等科にすすまれた後に報道などにでてくる「お太りになった愛子さま」は、本物の愛子さまとは違うように見えます。

 

報道されている愛子さま

この愛子さまは、首が猪首とまではいかなくとも、前へ傾斜気味です。目力があり、黒目が愛子さまより小さいと思います。影子の顔を貼り付けているか、影子を横に伸ばしたのかな、と最初みたときはおもいました。ニューフェイスか、あるいは、複数の人間のよせあつめのキメラかもしれません。

髪の毛が細めですね。鼻先、小鼻、鼻の穴、どうなってるんでしょう。目の周りのモヤモヤが気になります。

目と口は別の人間に見えますね。すくなくとも2人の顔をつなげているふうに見えます。

目はダミー愛子、口とアゴは影子、そんな風にみえます。あくまで印象ですが。

違和感のある指してますね。とくに薬指が変。この被写体になった方の指が極端に長いので、修整の段階でカットしたのかも。

 

髪質も違う感じですね。左はダミー愛子。右はキメラ、、、かな??

 

プライムに掲載されている愛子さま

一瞬見ると本物っぽいのですが、これ、いつの写真でしょうか。

可能性としては、

1本物の愛子さまの高等部のお写真

2本物の愛子さまの顔のお写真を、別の人間に加工してはりつけている。

ちなみに、こちらは、12歳の中等科の愛子さま、角度によっては老け顔でした。

 

週刊新潮の愛子さま

こちらも、唇を見ると愛子さまっぽいのですが、、、

本物の愛子さま。

本物でしょうか。

 

ストレスなどで変わることがあるにせよ、髪質が3年でこんなに変わるもんでしょうかね。

本物ならそれは問題ないのですが、宮内庁公開映像の愛子さまと違うというのが問題です。

口だけ金影子に似せてで統一していますが、英国留学後、「見違えるほどスマートになった愛子さま」として宣伝するのでしょうか。

「英国留学中の愛子さま。朝鮮系男性と恋愛発覚。英国王族も祝福」とか書かせるんでしょうね。

いずれにせよ、謎の多い愛子さまでした。

 

びっくりしたネコ

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

3 件のコメント

  • 過去に、ザウルスさまのブログにあったコメントも合わせて言いますが。アイゴさんの前歯の隙間がなくなっているので、確かに歯の矯正はしたかもしれません。もし、していたならば、これまでに何度か銀歯のような歯を見せていたはずですが、そういった画像がないので、透明の矯正器具を使用した?ひとつ引っかかるのが、私の周りにも糸切り歯や、八重歯が突き出ていて、なんだか邪魔そうだし、噛み合わせが悪い人います。ザウルスさまのコメントの中に、歯の矯正をする際、当然、突き出た歯は邪魔なので、容赦なく抜いて、空いた部分を塞ぐようにして、並べていくとか。これが正しければ、欧米人から嫌われる八重歯を内親王に残しても平気というのはおかしいし、歯の矯正をした歯科医師もヤブ医者ですよね。唇の形が同じなのが本物で、八重歯ありが偽物と判断していいと思います。間違いなく、アイゴさんは二人いますね。

    • 歯の裏に装置を付けるタイプの矯正もありますが、以前、一列に歯が並んでいないことや糸切り歯が強制されていないのが気になりますね。
      複数いるのはまちがいなさげですが、本物が生きておられるかは不明ですね。

  • あいぽんの偽者!
    何とも賤しい口もと、鼻のデザイン(でれでれ様の特許を拝借W~)眼は邪気をはらんでいます。
    最近の肥り気味の偽者は、とても内親王としての価値を見出せません。
    貧しい手縫いのような洋服で出てこられてもね。まったく恥の上塗りとしか言いようがないのです。
    本物さんは、邪気のないところが内親王として、一応通用するかも?とは思います。
    試験管ベービイというところが、なんとしても、お気の毒でなりませんが….。
    罪なことをしたものですね。

    神の意志に反した皇室もどきは、消えて行く運命なのかもしれません。

    次なる旧宮家復活を期待してやみません。
    日本の混迷を糺すには、まず皇室から粛正しなければ、
    日本は浮かばれないのではないでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。