≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


山口県3区&4区の仁義なき戦い「下関の合戦」

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

山口県3区&4区の仁義なき戦い「下関の合戦」

エルサルバトル山口

調べれば調べるほど、山口県って、日本離れしてる秘境っぽいとこあるんですよね。田布施みたいな陰謀の都もあるし。

「手りゅう弾注意」という看板があるらしい麻生太郎坊ちゃんの福岡や、キワモノ政治家ばかりの群馬県もそうですが、どこの国の、いつの時代の話よ、というエピソードが多い。

 

安倍自宅に火炎瓶でカチコミ・乗用車が半焼

500万の報酬で選挙の手伝いをしたのに、300万しかくれなかった、約束の報酬を払ってくれなかったという理由で、安倍ちゃんの山口の自宅に火炎瓶を投げ込んだのは、昨年、会長が死刑判決を受けた「日本一狂ってる」暴力団工藤会。

現役総理が、なんで、暴力団にものを頼むかな、と思うし、それはスキャンダルになって辞任問題になってもおかしくないのですが、そのままスルーされ続けている不思議なエルサルバドル山口県。

 

安倍側の被害が確認された最初の事件は2000年6月17日に発生、下関市内の安倍の自宅の車庫に火炎瓶が投げつけられ、乗用車3台などが全半焼した。

事件はこの1件だけではなかった。2000年6月から同年8月までに、安倍の自宅や後援会事務所などいずれも下関市内で火炎瓶を使った以下の5件の事件が連続発生していた。 (中略)

いずれの事件もけが人はいなかった。事件は深夜に実行されており、出勤してきた後援会事務所職員によって翌朝、未発火の火炎瓶が発見されることもあった。

https://bunshun.jp/articles/-/48756?page=2

当て逃げ事件

パーティーから帰宅中の飲酒した林夫妻を乗せた車が、停止しているタクシーに衝突。そのまま逃亡。

一説によると、ボイスレコーダーに、林さんの声が入ってたらしいけど決して、責任を取ろうとか、申し訳ないことをした、言う内容の会話ではなかったらしい。さらに、車は車検が切れていたという説もある。

さらに、エルサルバドルなのは、被害者であるはずのタクシーの運転手さんが林さんの事務所に呼び出さされて、加害者であるはずの林さんの運転手さんに暴力を振るわれ恐喝されたという、山口県社会の理不尽さ。このとき、林さん側の運転手は酒臭かったらしいから、林夫妻を乗せて当て逃げした運転時も、飲酒してた可能性があるらしい。

それに加え、当て逃げされた被害者なのに警察に連れていかれて尋問を受け、過去の職歴などを徹底的に調べられて尋問され苦痛を味わって怖かったらしい。

結果として、林さん側が和解金を払って解決を見て被害届を取り下げたものの、なんだかんだで、林さん側は、まるごと不起訴になったらしい。

どこの国の中世の話よ、中南米かいな、と思うことが普通にあるのが山口県。

 

2022年夏の参議院選

今年の夏に参議院選があるのですが、仮に、キッシーがここで衆参同時解散をうつとどうなるのか。支持率が安定しているので、今のままだと可能性がありますね。

今度は、林さんの山口県3区、安倍ちゃんの4区が合区になりますから、安倍ちゃんか林さんのどちらかが、自民党の公認から外れます。宏池会の領袖のキッシーが、同じ宏池会のナンバー2で、次の首相と言われている林さんを外すとは思えないんですね。解決法としては、

1 安倍ちゃんが衆院比例に回る(今の比例の杉田水脈は捨てる)

2 安倍ちゃんが参院に回る(首相にはなれない)

3 安倍ちゃんが参院の比例に回る(首相にはなれない)

4 安倍ちゃん、林さん双方を公認しないで衆院選挙を戦わせ、勝利したほうを公認する。負けた方は比例復活すらできない。

どうするんでしょうね。

安倍ちゃんは、反対が多かったのにも関わらず、無理やり細田派の派閥の長になりました。派閥の長は、選挙の時は、全国に散らばる派閥の子分の応援に行かなくてはなりません。安倍ちゃんの派は最大人数をかかえるので、大変でしょう。

こういう場合、派閥の領袖の奥さんが地元に残って、地盤を守るのですが、アキエちゃんは、入院して体調がよくないらしい。選挙の本番、果たして夫を支え地盤を守れるでしょうか。派閥の長ではない林さんと比べると、安倍ちゃんは、圧倒的に自分の選挙は不利な状況です。幹事長だったのに落選し、辞職した甘利さんのようになる可能性もあります。

同時解散しなければ、しばらくは、このままなのですが、いずれは、林vs安倍の決戦は避けられません。

 

そして、下関の決戦

過去の下関市長選は、林家と安倍家の代理戦争状態で、凄かったらしい。

林芳正氏と安倍晋三氏の対立 地元下関ではタクシーや料亭も両陣営に色分け

https://www.news-postseven.com/archives/20220118_1719945.html?DETAIL

林家と安倍家は3代にわたって地元で政治的ライバル関係にある。

・下関は料亭や喫茶店、理髪店、タクシーまで両陣営に色分けされている。

・利用する喫茶店や料亭まで別の店で、安倍陣営の会合があるときは女将が気を利かせて林陣営のお客さんは入れないほど徹底していた

・県議や市議も両派に分かれている。

林派vs安倍派で、源平合戦、赤組vs白組、みたいに、真っ二つに割れてるみたいですね。

今の山口では、林さんのほうが有利だそうですね。安倍ちゃんはもう過去の人。次は林さんという波が来てるらしい。ドミニオンみたいなものを使えば別ですが、まともに戦えば、林さんが勝つらしい。

 

東大卒・林夫人が「安倍ちゃんの四区」のフグ初競りに登場

夫婦そろって東大卒、ご夫婦で米国留学し博士号をとった左脳優位夫妻、

戦いは新春から始まった。今年1月4日、下関市の新年恒例のフグ初競りで、林氏の東大の後輩でもある裕子夫人が来賓の挨拶に立ち、関係者を驚かせた。

「山口4区の下関は、今は芳正さんの選挙区ではない。それなのに表に出たがらないことで知られる裕子夫人がわざわざ初競りに出席したのは、次の選挙で安倍さんから下関を奪い返すつもりだからでしょう」(林系市議)

https://www.news-postseven.com/archives/20220120_1719990.html?DETAIL

 

「林さんの三区」に安倍事務所が設置

夫婦そろって右脳優位夫妻、夫婦そろって家系がまるごとネオリベ、新自由主義。

一方の安倍氏も「3区の山陽小野田市に事務所開設準備を進めている。林に対抗するための出城です」(安倍系市議)と応戦体制をとっている。地元ではまさに一触即発の状況なのだ。

https://www.news-postseven.com/archives/20220120_1719990.html?DETAIL

 

安倍ちゃんとこは、田布施のアレでアレだけど、林さんは、江戸時代からの名家なので、家の格式は上らしい。

 

ちゃんと仕事してるじゃん

日米2+2、防衛協力強化へ研究開発協定

https://sankei.com/article/20220107-4UBTJFS3HJO63GOOZBPGPGE3UU/

会合には日本側から林芳正外相、岸信夫防衛相が参加。米側からはブリンケン国務長官とオースティン国防長官が出席した。

 

ネトウヨ=安倍派が、親中だの外交できてないだの、ブーブー叩いているけど、こつこつ地味に仕事をしてるのが宏池会らしいなと思う。ただ、本当に宏池会の政治家さんって、政策にせよなんにせよ、説明する気がないのね。

林さんの公式HPのプロフィールとかみたけど、年表とか2019年で止まってて更新してない。ツイッターもほったらかし。「ポピュリズム、なんぼのもんじゃい」というエリートの鼻息が伝わってくるし、国民に理解されたいとか、好かれたいとかいう気がまるで無くて、無関心なのが全力で伝わってくるわ。エリートってそうなのかもしれないけど。

安倍ちゃん派としては、キッシー政権、特に林さんに対して、親中派というレッテル貼りをして何としてでも潰したいのだろうけど、林さんの場合、夫婦そろって米国留学して博士号を取ってるくらいなので、親中より親米の可能性の方が高そう。

それに、林さんの場合、ハーバート大大学院卒といっても、ビジネススクールではなく、行政大学院なんですね。ここでの濃い人脈も作ってると思われ。普通に、ケネディ家なんかの、大物エスタブリッシュメントと連絡が取れるとちがうのかな。

 

世襲の最後

林芳正さんに安倍ちゃん。お二人とも、世襲させる息子がいないみたいなんですね。世襲と言うのは、娘はなんとか一代持つけど、娘婿の場合はその先が続かないらしい。林さんとこは、もしかしたら、親族に適当な男子や甥がいるのかもしれませんが、公式HPを見る限りは、お嬢さんだけだと思う。安倍ちゃんのところは、もともと子供はいないし、甥は安倍家も地盤も継がないと言ってるそうな。

最後の決戦になるのかな。

とういうか、世襲政治はろくでもない場合が多いので、もう終わりにしてほしいと思ってるんだ。

 

※関係記事

群馬県と山口県

 

仁義なき山口県の戦い「宏池会・林」「清和会・安倍」