≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


ホロスコープ|生稲晃子さん

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

ホロスコープ|生稲晃子さん

めっちゃ賢い人らしいけど、なぜか無回答で炎上

本日もお越しいただきありがとうございます。炎上してるので、占ってみました。

生い立ち

東京都[8]小金井市出身[9]。地元のジュニアサッカーチーム「小金井フットボールクラブ」に所属し、全国大会優勝した時のメンバーである。

小金井市立緑中学校→私立吉祥女子高等学校 → 恵泉女学園短期大学英文学科卒業[10]。高校は芸能活動禁止であったが、生稲の成績が非常に優秀であったため、「トップの成績を維持すること」と「大学を受験する事」の2つを条件に芸能活動が特別に許可された。(略)

高校での成績は優秀だったものの、芸能活動をしているという理由で大学入試の際に学校からの推薦が得られなかった。1987年になると、芸能活動を控え、『夕やけニャンニャン』にも約1ヶ月ほど出演せず受験勉強に専念した。1987年4月に恵泉女学園短期大学(英文学科)に入学。

 

まとめると

学校の成績がよかった。おにゃんこクラブに入るまでは、オーデションを受けたりして芸能界には関心はあったみたいですね。「おにゃん子はブスが多いからオーデション受けるのは嫌だ、興味ない」というものの、「時給五千円とファンだった田原俊彦さんのレコードをあげる」につられて、おニャン子クラブのオーデションを受けたら合格。その後はメンバーとして活動。解散後も芸能人として活動は続けており、CMプロデューサー(現在は鉄板焼きのお店を経営)と結婚、出産、乳がん発覚、美容院関連の会社の役員になり、今回参院選に出馬。

 

賢いはずなのに、無回答で炎上

政治公約と言うか主張は安倍ちゃんそのまんま。安倍派に入るみたいですが、清和会安倍派が全力で押してるにに引いてる人多いらしい。ぎりぎり受かりそうという話ですが、この方とは関係ありませんが、知人が「自民党はいいかげんにしろや。囲いたいなら自費でやれ。御手当て代わりに選挙に出すな」って言ってたよ。

 

生稲晃子さんのチャート:開運期というより紛争期、婚期というより恋愛期、

火星に支配される次期

内円:先天のチャート(生誕時刻が不明なので月は無視してください)

外円:投開票日

開運期というより紛争期であり、婚期というより恋愛期

・先天の火星(女性から見た恋人、夫、紛争、スポーツ、闘い、ベンチャー事業、訴訟)と進行のドラゴンヘッド(人生のテーマ)と天王星(変化、革命)が0度の合

・先天の太陽と進行の火星が合

女性から見たら夫は太陽、愛人彼氏が火星なんですが、火星が二重に影響してますね。開運期というより紛争期、恋愛期のチャートかな。と思ったりした。火星は夫というより彼氏を意味し、恋愛に縁がある時期っぽい。

既婚されているらしいので、婚期とは違うのでしょうけど、下手すると離婚訴訟が勃発する可能性があるので、ご注意いただきたいと思う。

火星(男性、女性から見た恋人、紛争、闘い)がキーになりそうですが、今回、ゴリゴリ押して推薦してくれた方は、自民党のどなただったのかな?

三原じゅん子のように、「男性お友達」のゴリ押しで受かるんやろうか。

上手く議員になってもその後、家庭や党内で揉めそう。

 

先天的に恵まれているが、「女の子」で勝負できなくなったら終わるタイプ

先天のチャートを見ると、星が二か所に星が固まりになり、それぞれが隣接してます。星同士が悪い相をつくらない配置でもあり、180度衛などの凶相もほとんどない、苦労や困難にあいにくいという意味で、恵まれたそうだと思う。

しかし、その結果、人格や精神性を鍛錬する機会が少ないというリスクもあります。学校の成績がよかったのに、今回、質問に対して無回答だった理由がなんとなくですがわかります。小池都知事と同じで、加齢して「女の子」でなくなったり、「女性として」勝負できなくなったら、困るタイプなのかもしれない。

火星の力・男性群の力でゴリゴリと推されて議員に受かる可能性はありますが、家庭や党内で揉めそう。「天王星が太陽やドラゴンヘッドと0度」とかだと「転換期」なんでしょうけど、火星と天王星で0度合なので、紛争という意味が強まると思う。

 

ネオリベラリズム無罪の時代の終わり

小泉以後、長く、ネオリベラリズム無罪が続いていました。しかし、時代は変わり、アメリカのスパイでDSの兵隊だった、スーチーさんは有罪となり実質終身刑に、エリートたちの性犯罪に協力していたモサドのスパイで大富豪の娘・ギレーヌさんが懲役20年の有罪判決、サル痘をパンデミックに認定しないという判断、など、世界が変わりつつあります。

日本における、DS=ソロス=世界経済フォーラム=ネオリベラリズム派(清和会・安倍・小泉・)が今後どうなるのか。平家のようにブクブク沈むのか、力を保持し続けるのか・・・・・今回の選挙、特に、この方が受かるかどうかで、判断できそう。