※人気ブログランキングに参加しています

【2017年皇室外交】皇族王族要人に偽物がいるのが「普通」の時代

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

コメント欄より一部抜粋

今日(18日)の朝日放送系列夜11時20分からの放送、
「激レアさん」の中のコーナー、「歴レアさん」にて、
1965年のビートルズ来日時に、ビートルズを全く知らない古美術店(アサヒ・アートと言う名前でした。)の店員さん2人が、その知らなさ過ぎをジョン・レノンに気に入られて、ホテルまで古美術販売に行かれた話をされてました。

彼らの部屋まで三重のチェックをされて、入室すると、
そこにはビートルズメンバーの影武者がウヨウヨ居たらしいです。
話の感じからすると、、メンバーは4人ですので、
少なくとも二組8人の影武者がいたのではないでしょうか。

影武者は当たり前、と言えば当たり前なのかもですが、
そこに躊躇や疑問が関係者に無く、影武者さん達は泰然とそこにいらしたらしいので、
歴史が長く、御指南役もいるのでしょうね。

以上

 

Sponsored Link



 

ありがとうございました。皇室外交の過去記事の投下がつづいていますが、読み返していると新たな発見とかがありますね。

1996年

王や天皇は相手国のサッシュと首飾(ある場合)、妃はティアラと相手国のサッシュ、本来なら、こうあるべきなんだろうなと思う。たぶん。

 

2016年ベルギー王来日 晩餐会

・天皇は相手国のサッシュ、ベルギー王は相手国の顎飾、ベルギー王妃はティアラあり、サッシュあり、美智子はティアラなし、サッシュなし、

ナルちゃんもサッシュなしでした。日本語がはなせない徳仁3号だと思います。いちおうは皇族としてそだった徳仁1号や2号ではなく、後期補充組だと思います。

ナルちゃんだけではなく、2016年に来日したベルギー王もそうですが、しかるべき場で、サッシュしてなかったり、してたりバラバラしてますね。こうした決まりごとは、柔軟性があるものなのかもしれませんし、変ではないのかもしれませんが。

が、もしかして、サッシュしてないのは王族でもダブルなのかもしれないかも、と「ふと」思ったりしました。あくまで「ふとした」思いです。

眞子様の偽物たちや、紀子様の偽物と思われる女性が中指に指輪をしていたのを思い出します。

・相手国のサッシュをしている

・自国のサッシュをしている

・サッシュなし

それぞれランクがあるのかもしれません。例えば

・相手国のサッシュをしている⇒本物、あるいは本物扱いされているダブル、

・自国のサッシュをしている⇒ダブル、あるいはベテランの職員、

・サッシュなし⇒代理の職員、あるいは新入り、

例えばの話ですが。

 

ちなみにこちらは、トンガ王国即位式のナルちゃん夫妻

ナルちゃんは周さんかな?サッシュなしですね。雅子はサッシュしてますが、いつものように衣装ストーカーをやってます。

 

2017年に来日したスペイン王が、どうもおかしかったなあ、と今になって思いました。

・妙にきょどる王。王妃のほうが落ち着いている

・偽物のナルちゃんと目配せするスペイン王

・スペイン王とナルちゃん夫妻のプライベートな時間に歓談

2017年スペイン王夫妻のための宮中晩さん会

・明仁さんは、メインのエビス顔の人とは違うと思う。

・天皇、スペイン王が自国のサッシュ。これは、問題ないのかもしれないが、偽物であるという暗号であるなら妙に納得がいくことが多い。

・美智子は安定のサッシュなし、ティアラなし。

偽物を使う時の決まりがあるのかもしれませんし、そうでないのかもしれませんし、気のせいかもしれませんし、よその国のことですから深入りしないほうがいいのかもしれませんが、、。

 

カバの歯磨き。歯ブラシがおおきい

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

9 件のコメント

  • 宝島社のカレンダー「日めくりカレンダー 佳子さま」がコンビニにありました。表紙はきれいですがバーチャルな顔立ちですこし怖かったです。

  • 私生活が忙しく、ラムはしておりましたが、久しぶりにコメさせて頂きます。

    王族だけでなく、政府要人などにもダブルがいるので、日本の皇室だけいない、ということはないですよね。

    問題は、ダブルがどこから調達されたか、ダブルとしての役割を全うできているかだと思うのですが、ミテコ、後退氏、秋篠宮家のダブルを見てると単に皇族の安全の為だけとは思えません。

    そして、いくらダブルでもサッシュなし、ティアラなしはどうなのか、と。
    その姿を報道されるわけですから、日本の国体にも影響するのではないかと心配しています。

    しかし、ダブルを用意するならいい意味で、そしてすぐにバレるようなダブルはやめて欲しいです

  • In Deep様の記事のリンク先に、カトリック教会(バチカン)の黒い動きを告発するサイトがありました。

    “護教の盾”と言うサイトです。
    http://gokyo.web.fc2.com/index.html

    以前にもコメント致しましたが、パウロ6世替え玉説は、
    カトリック教徒にとって知られている事で、
    早い時期から、いろんな方面から検証されていたようです。

    また、ミサの状況も1960年代から簡素化・改悪化されている事が年代別に記されていて、興味深かったです。
    ジェームズ・ブラウンや、アレサ・フランクリンが好きな私としては、
    アメリカの教会音楽、ゴスペルのノリノリのサウンド化は、洗脳のひとつ、戦略のひとつとして、ローマのフリーメーソンの指示書の通りの行動だった事がわかって、、
    ちょっと呆けてしまいました。

    ただ、確実に、様々なパターンの経験・データを培った上で、現在は王族や皇族方の差し替えが行われているのだろう
    という思いは強くなりました。
    そのノウハウを金で買っているグループもいるかもですし。
    問題は、ご本人がおられる上で影武者である内はまだ良いけれど、
    替え玉にされたら、ご本人はどの様な扱いを受けるのか、、
    です。 
    闇に消すのは簡単でしょうが、
    やはり、過去の記憶の蓄積を全てコピーなんて(多分、現在は‥です。)出来ないので、
    オリジナルは、病死とかで無い限りは生かしておくのでは‥‥?と考えてましたら、
    シスター・ルチアの記事がありました。

    ファティマの予言を直接聞かれたシスター・ルチア
    が1962年くらいから別人にすり替わっていた様です。

    シスター・ルチアは、バチカンにおいては、
    実の姉妹も、立会人同席の元、格子越しにしか会えず、家族として2人きりで合う事、話す事もかなわなかったそうです。
    それ故、別人ではないか?の告発は、公開写真を見た第三者から始まったようです。
     
    検証記事から抜粋です↓。
    『司祭” パチェコがかつて1990年代に会議のために私達の修道会を訪れた時、彼と話す機会を持った。“司祭” パチェコは兄弟マイケルに、「シスター・ルチアには何か非常に奇妙なところがある。彼女は自分の人生についての単純な質問にさえ答えられないようだ」と言ったのである。』
    (抜粋、以上。)

    プライベートな活動や、幼なじみなどの成長過程に関わりを持った方との接触が少ない場合は、
    オリジナルからの知識の拝借はせずともOKな感じです。

    明仁さんや、徳仁さんみたいに、友人がいないタイプ、
    奥さんとばかりいるタイプは、
    オリジナルが(この世に)いなくても替え玉は作り易そうです。

    知的活動をされていたり、ご公務が多岐に渡り、
    関係者とお言葉を交わす事の多かった秋篠宮様は、
    オリジナルか、幼少期から一緒に育ったかもしれない影武者さんはどこかにいらっしゃるのでは‥‥と思います。
    しかし、それも、替え玉の期間(キャリア)が長くなり、
    オリジナルの必要がなくなるまで、時間があまり残されてない気もします。
    儀式簡素化、式次第の変更を急いでいる間は、
    まだ、ご存命だと思います。
    再来年の明仁さん退位・新天皇即位式後が心配ですね。
    2019年5月1日は、2+0+1+9+5+1=18です。
    6+6+6=18で、6が3つ隠された数字、日程の様です。
    裏で別な儀式とかされないか、と危惧してます。
    そんな事が行われない為にも、「雅子さんは立后出来ない」予言を信じたいです。

    ・これは、全くもって身内話です。
    シスター・ルチアに関して、
    「彼女は自分の人生についての単純な質問にさえ答えられないようだ」
    を、見た時に、雷に打たれました。

    先に書きました様に、第三者は「検証しやすい」のです。
    身内は「わからない」のです。
    そんな事を少しも「疑わない」と言うか。。
    愛は盲目と申しますが、家族愛もどうかすると盲目になるのかもしれません。
    身内に、20数年間行方不明になっていた人がいます。
    そして、ある日突然帰って来ました。
    駆け落ちだったので、駆け落ち相手を通じての連絡でしたが。
    久しぶりに帰って来たその人は、面差しが変わり、
    昔話をしても、「そうだったかな‥。全部忘れた。」
    と、涙の再会後も話があまり盛り上がりませんでした。
    戸籍や住民票が無い生活だっただろうから、
    多分、苦労したのだろう‥‥と思ってましたし、家族皆そう思ってました。
    しかし、、あまりにもの変わり様に、「そんなに全部忘れるものかしら」と不審に思ってました。
    ちょっとしたきっかけで、記憶喪失患者も記憶のページが開かれる事もあるのに。。

    今日、気付きました。 これが、いわゆる『背乗り』なのかもしれません。
    先の戦後のドサクサで、各地であった(かも)と言う。。

    急な帰郷は、年金がもらえる年齢になったからですが、
    老親への愛はイマイチだし、同級生と会おうともしない。

    幸いと、それまでの親不孝を兄弟が許しておらず、
    家への勝手な出入りはまだ禁じております。

    DNA検査をしなければなりませんね。
    明日は家族会議です。

    • 家族会議、頑張ってください。
      修道女さん、よほどバチカンにとって都合の悪い予言を聞いてしまったのですね。
      ベネディクトさんの次で終わりという、マラキの予言があたるのかもしれませんね。

  • スレチで失礼します。
    本日、やりすぎ都市伝説を見てました。

    すると、人体冷凍保存の話がありました。

    その中で、ロシアの施設の中に
    日本人のミチコという数年前に亡くなった女性が
    冷凍保存されてると言ってて、
    すぐにあのミチコさんのどれかかな?と
    勘ぐってしまいました。

    あの番組自体、どのくらい信憑性があるのか疑問ですが、
    興味深いです。

    • たしか、日本人男性が一体冷凍されているそうですが、やはり、正田美智子と徳仁1号か本物の明仁さんかもしれませんね。
      DNA鑑定の時に利用するのではないでしょうか、

  • 3人の秋篠宮様は全くの別人ですね。清子さんと、ご学友の黒田さんは気付いているでしょうね。やりすぎ都市伝説では冷凍人間の話がいちばん興味深かったです。あばれる君のコーナーでは、過去の天皇譲位や女性天皇が取りあげられていて、いかにも現代の生前退位やアイボン即位を肯定するように視聴者を誘導するような感じでした。

    • テレビをみれば、何をしたがっているのか、どこに連れていきたがっているのかがわかりますね。
      なるちゃんのように、宮様も予備の宮様がいたことは、黒田さんは知ってるでしょうね。斜視か白髪かは不明ですが親友でしたから。
      学習院ってこういう話がやまほどあるんでしょうね。
      昭和天皇を襲った難波某が、じつは学習院の学生で、久邇宮良子さんと付き合っていて婚約をしていたとか、それを裕仁さんが横取りしたとか、いかった難波が復讐しようとして死んだとか、深く恨んだ難波の父親が餓死という自殺をとげたとか、、、難波が例の田布施の近くに戸籍があったとか、、、。
      闇が多すぎます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。