※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


今昔・飛ばし記事|美智子と雅子(前)

Sponsored Link

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③朝鮮系と思われる女工作員が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら

今昔・飛ばし記事|正田美智子と小和田雅子の場合

本日もお越しいただきありがとうございます。

皇太子の妻になった正田美智子も、小和田雅子も、本来は皇太子の妻になれる身でも何でもなく、明仁親王には、北白川家の肇子さまが、徳仁親王には、旧宮家の久邇晃子さまが内定していましたが、マスコミのスクープによって、本来のご縁談が、ぶち壊しになりました。

幼少時より耳にピアスをしているのが確認できる美智子はカトリックで中国人、正田家は被差民出身でした。妹が新潟水俣病の企業主に嫁いでいます。

雅子は朝鮮系で創価学会であり、父方は3代前からさかのぼれない上に、北朝鮮系と言われています。

さらに、母方の祖父は、水俣病の被害者様たちをやくざを使って弾圧し、写真家スミス氏に暴行させた、責任者であり、たった数十万の設備投資を惜しんだため、公害が広がり、大量虐殺と環境破壊の責任者です。さらに、母方は同族のタレントが、部落だったとカミングアウトしています。

今の時代、被差別民であっても問題はないと思うのですが、問題は、2人とも、神道の祭祀王である天皇家に嫁ぐには不適切な、排他的で一神教的な宗派の異教徒であること、さらには、家系に犯罪性が高いこと、日本人ではなく、外人であることが、問題です。

これ以下はないという女が皇太子の妻になりました。

明仁親王妃内定の場合

1959年

ニューズウイーク「明仁皇太子妃に正田美智子」

1959年

11月17日 ニューズウイークが皇太子妃決定の配信「テニスコートの恋」

11月24日 宮内庁公電をもって館林=正田家に通知

11月27日 皇室会議

1960年

2月6日 国会 昭和34年内閣委員会議事録より

「国会も何ら御結婚について知らされておりません。」

皇室会議が開かれたのは(昭和34年 注33年の誤記か?)十一月二十七日でございますが、その前十一月二十四日に、宮内庁は公電をもって【館林=正田本家、正田醤油】に通知しております。

皇太子妃決定に関して小泉信三・田島前長官などが先頭に立ち、総理大臣はその報告を受けるだけで、なんら疑問をさしはさむ余地がなかった。

それでも「信仰」の問題は気になった。(岸信介元総理大臣)

国民も国会も何も知らされておらず、しかも皇室会議が一度だけ開かれたのみ。

結局皇室会議を一度開きまして、決定をやったのは既成事実をただ承認しただけ、椎熊前副議長などに聞きますと、その日に正田家の家系その他いろい ろ書類を渡されて、それにただ無言で賛成しただけだというふうにも聞いておるのであります。

要するに、「正田美智子さん」という人について、実は国民も総理大臣も、どんな出自の人でどんな考えを持ち、どんな性格なのかという事を全く知ら されていなかったんですよ。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/031/0388/03102060388005a.html

(ここまで)

 

1959年

4月10日 明仁皇太子ご成婚

 

1960年

2月23日 第一男子浩宮徳仁親王

駆け寄る新聞記者(佐伯晋?)に、親王をみせる美智子夫人。

「あなたの子供よ」「万事順調よ」といわんばかりの、この表情。そして、周辺は魔物だらけ。

【皇室】心霊写真集 閲覧注意

魔物が祝福する親王誕生です。

なんだかんだで、ママのボーイフレンドによく似ているナルちゃんが(あるいは、その偽物が)、「即位」してしまいました。

日本の浄化力は、どう始末をつけてくれるんでしょうね。

 

徳仁親王妃の場合

1993年

ワシントンポスト

「徳仁皇太子妃に小和田雅子」

報道協定に縛られない外国報道機関であったため、記者東郷茂彦が皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚決定をスクープした。

1月19日 8:30分(19分で終了) 

皇室会議 小和田雅子に内定

同日 婚約記者会見

【高円宮家再検証②】人気抜群、博愛の女王、承子殿下、転載フリー – 伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」より

そうして、徳仁と小和田雅子の密会の現場は主に高円宮邸となったのです。

そして、婚約発表の日は、皇太子徳仁を高円宮邸から密かに車に乗せ、何と運転は、雅子の母の小和田優美子がハンドルを握って、記者会見場に連れて行ったのです。

そしてその場で「いきなりの婚約発表」宮内庁に恥をかかせて、婚約という既成事実を強引に作り上げたのです。

気の毒だったのは、知能、容貌、身長おとり、「皇太子妃候補に全員逃げられた、哀れな浩宮さまに嫁げるのは私しかいない」と宮内庁からから頼まれ、使命感すら感じ、家族で輿入れの準備までしていた久爾晃子さまです。香淳皇后のご実家の旧久爾宮家に当たり、名門島津家の血が流れています。

皇太子とはまた従兄弟に当たります。ネット上では、明瞭な顔写真が残念ながらありませんが、彼女は、皇太子ご成婚後、学習院大学を御卒業後、東大理Ⅱに学士入学され、更に日本で最も狭き道といわれる理Ⅱから、医学部に進学して、今は精神科医を開業しています。

未だ独身のようです。婚約直前で、汚い手でうっちゃられたも同様です。

久爾さんは、他の妃候補が駆け込み結婚をしたり、留学で逃避する中で、学習院の【常磐会】がブロックして、押さえていたんです。それは、最終的には最後の切り札として【常磐会】が推薦するカードだったからです。

母方祖父の日本生命会長の弘世現氏も乗り気でした。もし、久爾さんが、皇太子妃だったら、知恵おくれの皇太子でも、お言葉の下書き、外交親善でもぼろの出ないように、完璧にフォローして、「徳仁親王が実は手の付けられないバカだった」という事を諸外国にばれずに済んだでしょう。

皇后としては大変でしょうがね。

久爾さんという方は学習院大学の哲学科の御卒業ですが、同級生の人の話によると、皆がだべっているときに、ニューヨークタイムズを一人で読んでおられるような方で、流暢な英語を話す人だそうです。比べて雅子肥は、英語はスラングぐらいしか話せないそうです。

以上

 

4月12日 納采の儀

末広を帯の中央に指す雅子さん。

 

マスコミによるクーデターまがいの結婚

①海外のマスコミのスクープ

②マスコミが「おめでとうございます」記事で埋め尽くし、スクープを現実化するため上書きする。

③皇室会議

④ご成婚

この手順を踏んで、クーデターまがいの陰謀を成就させてきました。

皇室典範 第十条

立后及び皇族男子の婚姻は、皇室会議の議を経ることを要する。

小和田雅子に決定、正田美智子に決定、

これらは、 皇室会議や国会をすっ飛ばして、海外マスコミがリークしました。

そして、その嘘が世間に拡散し、世論となって実在化し、会議が開かれ形が整い、皇太子が、旧皇族から外人異教徒の最下層の女にすり替わり、ひっくり返りました。

※続きます。

今昔・飛ばし記事|美智子と雅子(後)

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

関連記事と広告