※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


バイデン5号とG7

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ





公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら

Sponsored Link

Sponsored Link

バイデン5号とG7

ほとんど北朝鮮のプロパガンダ化しているキムタク一家のごり押しに、日本中がうんざりしていますが、伏見氏の本「四柱推命 ジャニーズ帝国」の本によると、あの一家の我が世の春は、来年(2023年)と再来年(2024年)で終わるだろうとのことでした。ああ、よかった。

 

KOKIさんのトリック

片足を半歩前に出して写真を撮りますが、出した方の足を長くのばして貼り付けてるんですね。

 

加工した脚を隠せば、本当の足の長さがわかります。

 

修正しないとこんな感じ。脚が曲がり過ぎ。顔大きすぎ。

 

ガルちゃんより「KOKIちゃんは足りない子」

1024. 匿名 2020/02/11(火) 01:30:50

親も悪いと思うけどこの子の自分の見えてなさも怖いよね

普通高校生くらいになれば自分をある程度客観視できるようになるじゃん

私がコキちゃんだったら自分がランウェイモデルできるスタイルじゃないことくらいはさすがに気づくよ

やっぱりちょっと足りない子なんだね

 

1035. 匿名 2020/02/11(火) 01:42:00

インスタのフォロワーもいいねも、金で買える

どこの板見ても、90%以上がサゲコメなんだよ?

消費者舐めんのもいい加減にしな

 

1038. 匿名 2020/02/11(火) 01:44:33

希望的観測の公称身長、身長詐称、画像動画修正加工、のモデル? 詐欺じゃんか

>>1034

コキちゃんは台詞が覚えられないレベルのIQなんじゃないかな…

>>1034

インターのみだし、日本語力はないはずだよ。

日本人家庭なら自宅に英語の家庭教師雇い、日々英語はガンガンしないと追いつかないと思う。

だからまともな日本語教科書も読めないし、漢字も知らない、書けない、読めないから役者は無理だね。

キムさん夫婦が安易にインター入れた付けが娘にきてる。

姉さんは頑張って日本の音楽高校に行けたね。

広尾に西町インターがあるが、中々入れないが幼稚園から中学生まで、日本語と英語の二頭馬車で凄いインターあります。

キムさん夫婦の子供さんは無理だったから、適当なインターに行ったと思う。だからコキは英語話しても内容なくて、日本語も英語も半端なはずです。親の安易な選択で可哀想だね。

日本の大学は受験資格ないから無理、だが英語の実力ないからアメリカの大学も無理。芸能界も役者は無理、でモデルになったんじゃないかな。

 

1060. 匿名 2020/02/11(火) 02:17:09

どっかでコキは学校の成績は落第スレスレって見た

確かにインター行ってて成績良ければ国内外問わず一流大学行ける可能性あるわけで

普通だったらそっちを選ぶよなあ

静香もキムタクも学歴コンプありそうだし

一流大学進学の見込みがないから学業よりモデルの仕事優先させてるんだろう

 

1062. 匿名 2020/02/11(火) 02:17:52

この馬鹿母子の「モデルごっこ」のために、マテヨは必死で稼がんとな

以上

 

世界は連動してますから、それはすなわち、トランプ復帰もあるのかな、と思いましたね。その余波で、木村一家のような、怪しげな人々が衰微し撤退する何かがあるのでしょう。

アリゾナ州で、大統領選の再集計が行われています。結果がひっくりかえりそうなんですね。

 

逆転する気配のあるアメリカとG7

3 つの異なる州がアリゾナ州監査を見学

Jack Hikuma アメリカ国旗LA在住(日本国旗日本人)jackteam.com
@jack_hikuma

Jack砲😱すごい展開だ。3 つの異なる州がアリゾナ州監査を見学

:6月8日火曜日の午後、ジョージア、アラスカ、コロラドの代表者が施設を見学した。

バージニア州、ウィスコンシン州、そしてコロラド州、ネバダ州、ペンシルベニア州が監査を見学済。

雪崩式で投票用紙の精密監査に恐怖する民主党😜ざまぁー

正式発表をまだだがアリゾナ監査は20-25%無効票(不正投票)完全トランプ勝利になるとの話が出ている。

ジョージア州も同様で投票用紙が単なるバイデンと記名したコピー用紙だったとの証拠も出ている大爆笑楽しみが止まらん。

機械監査はもう証拠隠滅を図らているが投票用紙監査だけはキツイはず舌を出してウインクしている顔ざまぁー

以上

 

ホロスコープからみると、今年の8月に何かありそうです。その後、トランプ復帰に連動して、おそらくは安倍ちゃんが復帰しそう。

ホロスコープ|復帰は?政権交代はいつ?

 

キムタク一家のガラガラポンは、すでに始まっている第三次世界大戦「イギリス」VS「中国」のたたかいの結果の余波だろうなあ、と、思っちゃうんですよね。

 

植民地アメリカ

アメリカは覇権国家ですが、今も昔も、イギリスの植民地であることは変わりません。馬渕さんによると、第二次世界大戦のさなかですら、作戦はイギリスが立っていたそうです。

先の米国大統領選は、アメリカのロックフェラーと一体化した中国を中心に、数か国が介入したクーデターでした。

アメリカという植民地をめぐって、

①トランプ・・・イギリスのロスチャイルド CIAの右派、ペンタゴン

②バイデン・・・中国とロックフェラー、CIA、FBI、ビックテック、

①と②の戦いでしたね。

アメリカのロックフェラー家が中国共産党と一体化し、ロスチャイルド(イギリス)と対決した世界の覇権争いでもあります。

トランプさんは、何度もイギリスのロス茶さんに、助けてもらってますから、背景はイギリスでしょう。トランプさんが、大統領選に出るということで、協力したのは、CIAの右派とペンタゴンでした。

2016年、ヒラリーが大統領になるのを恐れたペンタゴンは、クーデターを考えていたけれど、トランプが出馬するということを知り、協力したのです。トランプ政権は、最初から最後まで、事実上の軍事政権でした。

2020年、米国大統領選は、不正選挙丸出しの選挙で、世界中が見守る中、クーデターが完遂したかにみえましたが、事情は複雑で、ペンタゴンはいまだバイデンを認めておらず、独自に外交、政治を行っています。

バイデンはペンタゴン(国防総省)に認められていないので、エアフォースワンにも乗れず、ビーストにも乗れません。

ボコボコの車、ジーンズをはいたSP

ジーパンのSPに、ボロボロの車、大統領専用機航は民間の中古、核のボタンが入ったカバン持ちもいない。ペンタゴンへ行っても観光客あつかい、それが、バイデン大統領。

 

マイク・フリンの弟が太平洋軍司令官に

Jack Hikuma アメリカ国旗LA在住(日本国旗日本人)jackteam.com
@jack_hikuma

Jack遅出し砲🙏💥

マイク・フリン将軍の弟が太平洋軍司令官になったぞ!チャールズ・フリン将軍は、兄のマイケル・フリン将軍と同じくらい大きな愛国者。将軍は 90,000 人の強力な軍隊を掌握し「開かれた自由なインド太平洋」を維持することを約束した

以上

 

バイデン政権とは別に、国防総省ペンタゴンが、軍事と外交を仕切っています。

 

おさらい 4人のバイデン

 

①上院議員のバイデン めっちゃ剥げている

 

②副大統領のバイデン ほとんどマフィア

比べると別人だとわかります。

左:バイデン1号(上院議員)、中:バイデン2号(副大統領)、右:バイデン3号(大統領)

③大統領になったバイデン ボケている、撫で肩(左)

④ゴムマスクのバイデン大統領、肩幅が広く長身で宣誓した饒舌な人だが頭は悪い(右)

 

⑤ペンタゴンのバイデン 本物のホワイトハウスでスガーと会談した。がっしりしている人

骨格が、ボケてるバイデン、ゴムマスクのバイデンとは違いますね。頭蓋骨の奥行きが広いですね。

 

エアフォースワンとバイデン

バイデンもカマラも、本物のホワイトハウスには、入れていません。カマラとスガーの会見の最中や、報道官の会見の最中に、航空機の爆音が遮るというのは、撮影場所が、ワシントンDCではないことがわかります。

大統領専用機のコードがエアフォースワンですが、今まで一度も、発信されたことが無いそうです。

しかし、G7のために欧州へ飛んだ飛行機が、エアフォースワンのコールサインを発信したそうな。

「ペンタゴンのバイデン」が乗ってるんでしょうね。

 

初めてエアフォース・ワンのコールサインを見た

藤原直哉@naoyafujiwara
·
6月9日

バイデンの欧州行き、初めてエアフォース・ワンのコールサインを見た

以上

 

予想通り、G7に行ったのは、骨格は顔からみて、スガーと会談した「ペンタゴンのバイデン」だったようです。

 

この人ですよね。

外交は、ペンタゴンが仕切ってるのでしょう。

今度のG7の主題は、「中国の脅威に団結しよう」ですから、安心ですね。

※続きます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?