※人気ブログランキングに参加しています

【皇室】(8)岩崎弥太郎にしかみえない明治天皇の肖像画

Sponsored Link

続きです。

昭和天皇のお后は、久邇宮家の長女、良子女王でした。実母は島津家の七女です。

明治40年(1907)年、三菱の岩崎小弥太(29歳)は、島津孝子(20歳)と結婚しています。

孝子の父は、旧薩摩藩主島津家の分家の出で、島津久光の4男珍彦。

媒酌人は伯爵松方正義。

貧乏な久邇宮の邸宅を、「皇太子妃にふさわしい邸宅」にするため、久邇宮邸の建築費をもったのが三菱といわれています。

旧久邇宮邸は、聖心女学院が購入した後、宮邸は重要文化財に指定され保管されています。聖心女学院から正田美智子が出たのは因縁を感じますね。

 

『日本の本当の黒幕』 鬼塚英昭

P182~

あの花御殿も「台湾から節のない檜を買い付け、天井や唐紙には当代一流の横山大観、、、、、、」とあるのは、田中光顕がデザインしたと思われるのである。古渓荘のような手の入れようを想起させる。

貞明皇后に最初に久邇宮邦彦王の娘・良子を皇太子の妃にするように説得したのは田中光顕であったと思われる。田中光顕こそは貞明皇后の生みの親にひとしいからだ。島津家と三菱の岩崎小弥太の意向を受け、ひそかに久邇宮良子を貞明皇后のもとへ連れていく。そして、皇太子に会わせる。それは誰も知り得ぬ秘め事だった。そのとき、田中光顕は貞明皇后に言ったに違いない。こんな言葉だ。

「締盟皇后、今は麹町一番街のわびしい邸宅ですが、あなたが、私の申し出を承知してくだされば、三菱が金を出し、私がデザインをし、日本一の邸宅をつくり、そこから良子女王を嫁がせますが、、、、、、」

この申し出があってから間もなく大山巌は死ぬが、大山捨松は生きていた。「貞明皇后、松方正義と牧野伸顕もぜひともといっています」といったに違いない。

ここに島津家と岩崎家は皇室と血閥を形成するのである。そこに良子女王の色盲問題がおきた。

転載以上

 

Sponsored Link



 

宮中某重大事件

良子女王の色盲問題がおき、宮中某重大事件といわれる事件になります。

山県有朋が、良子女王の家系に色盲の遺伝子があることを理由に、良子女王の皇太子妃内定に非を鳴らしたものの、皇太子自身が良子女王でいい、という意志をみせたため、皇太子妃に良子女王の内定は動かなかった、山県は権勢を失った、、。

正直、何が「某重大事件」なのか、いまだによくわからないところがあります。

元老だった山県有朋が敗北した、一種のクーデターだったといわれていますが、、、、

 

良子女王の微笑み

ここで、良子女王のお人柄に触れてみたいと思います。

欧州旅行では、良子女王の笑顔を「エンペレススマイル」としてたたえられましたが、良子女王は、いつも笑っている印象があり、御公務でも、たいてい良子女王は笑ってます。素晴らしいことだと思います。

敗戦後、進駐軍が本国におくったレポートでも、「皇后はいつも笑っている。幸せそうに笑っている」と書き送っています。

国が焦土になろうと、何があっても笑顔を絶やさないというのは、偉大なことですが、この方の母上の島津家の7女であった久邇宮妃は、生涯、しゃべれない人でした。

さらに、良子女王が生んだ皇女のなかで、かるい知的しょうがいがあったのかも、と思われる方もいます。

 

良子皇后のエピソード

①手袋をしたまま、手ぬぐいに洗面器の水を浸して絞ったというエピソードがあったと記憶しています。貞明はそれをみて、「ぶさいくなことね」といったとか。

➁戦争中、敗戦の色が濃くなってきた時期、昭和天皇は眠れず部屋を歩きまわっていた。それを「うるさい」と叱ったのが良子さん。空襲があろうとなかろうと、.良子皇后はよく眠れていたらしい。

③これは、また聞きですが、、、早稲田大卒の中学教員が「皇后陛下(良子さん)は恐ろしい人だ」と授業中に言った。

その理由は、玉音放送のあと、皇后陛下は「おやつはケーキがいいかしら、それともクッキー?」と内親王たちに向かって聞いた。ただし、この教員は、バリバリの日教組で左翼だったので、信憑性は疑問視される。

 

良子女王が、天然なのかは、軽い知的障がいがあったのかは微妙ですが、それに似た傾向があるのは普通に知られており、「知的障害の遺伝」、山県有朋は、本当は、そこを問題にしたかったのではないかと、最近の管理人は想像してます。しかし皇室につながる宮家にむかってそのようなことはいえず、「色盲」の遺伝子、として抗議しましたのかな、とか。

あくまで想像です。

 

Sponsored Link



 

そして、虎ノ門事件ですが、、、

虎の門事件と時系列

1918(大正7)年

久邇宮邸 日本館竣工。

同年6月に竣工した西洋館がわずか1年余りで焼失。

1920年

06月 裕仁皇太子と良子女王の婚約がきまる。

良子女王は、学習院を退学し、お妃教育をうけるため、選ばれたご学友とともに花御殿へ。

1922年

1922(大正11)年

3月、久邇宮邸、焼失した西洋館跡に御常御殿が起工、

09月 皇太子裕仁と良子女王、納采の儀

1923年 

関東大震災発生、予定されていたご成婚は延期。

1923年

12月27日、虎の門事件、

衆議院議員の難波作之進の息子で、社会主義者の難波大助が、裕仁皇太子を虎ノ門で暗殺しようとして失敗。逮捕される。

1924年

01月25日 皇太子裕仁と良子女王ご成婚。

赤坂の東宮御所に住まう。裕仁親王との関係はこの頃より円満で、当時も手をつないで散歩をしていたという。

11月13日

難波は逮捕された後、大逆罪で起訴され死刑判決を受ける。

11月14日

皇太子と皇太子妃〔香淳皇后〕は裁判判決文を受け取る。

11月15日、

難波大助の死刑を執行。

12月

久邇宮邸、御常御殿が起工。

1925年

5月25日

息子の大助の処刑以後、絶食していた難波作之進、餓死

以上

 

wikiより

1923年12月27日、大助が虎ノ門において皇太子・摂政宮裕仁親王を狙撃するという事件を起こす(虎ノ門事件)。

銃弾は外れ、皇太子は難を逃れるが、作之進は即日衆議院議員の辞表を提出。地元へ帰り蟄居した。

周防村の村民は、難波家を見れば目が汚れる、と周りに高い土手を築いたといわれる。

また、難波家は毛利輝元から拝領したとされる刀と感状などの文化財を多数所蔵していたが、持ち主の分かるものについては全て返還している(この時津山立石家との間で交わされた1925年4月8日付の葉書が残っている)。

大助は1924年11月15日に死刑を執行された。作之進は遺体の引き取りを拒み、自邸の門に青竹を打ちすべての戸を針金でくくって、三畳間に閉じこもり食を断ったという。

その後、約半年後に餓死した。61歳没。選挙の地盤はのちに松岡洋右が引き継いだ。

以上

 

「大助は1924年11月15日に死刑を執行された。作之進は遺体の引き取りを拒み、自邸の門に青竹を打ちすべての戸を針金でくくって、三畳間に閉じこもり食を断ったという。」

半年かけて怨念を膨らませながら生き、そして亡くなった作之進。

また一つ、怨霊が誕生したのではないでしょうか。

 

11月14日 皇太子と皇太子妃〔香淳皇后〕は裁判判決文を受け取る。

どんな顔で受け取ったんでしょうか。

しかし、尋常でない事態でも平然とし幸せに暮らせる良子さま。菩薩だったのか、天然だったのか、高貴すぎるお生まれの方はこうなのか、あるいは、ちょっとおかしかったのか、判断に迷うところです。

ともあれ、良子女王は、三菱の金で敷かれたレールに乗り、めだたく皇太子妃になりました。

 

話を久邇宮邸にもどしますが、「皇太子妃に相応しいような家を建てた」、、どっかで聞いた話ですね。そうです、隠れ北朝鮮系の小和田家雅子です。

小和田雅子の正体を語るには4枚の画像で十分かもしれません。

一家ぐるみの北朝鮮系工作員であること

朝鮮系であること

 

創価学会会員であること

 

北朝鮮から犬を下賜されているキタの工作員であること。

おそらくは、皇太子一家が東宮御所で大切に飼われていた犬は、北朝鮮の書記に送られた2頭の珍島犬の最初の子供でしょう。

 

小和田一家は、ずっと職員宿舎に住み続け(次官レベルの家族が住むのは違反なのですが)一軒家に住んだことがありませんでした。

「皇太子妃に相応しい実家」として整えるため、小和田雅子の母の親がもっていた田園調布の土地に、やっつけで物流倉庫のようなコンクリート御殿をつくりました。雅子が皇太子の妻になった後、売りに出しましたが買い手がつかないまま、雅子の妹の節子が住んでいたそうです。

当時、売れっ子霊能者だった藤田女史に「皇太子妃になれる」と予言されていた雅子の学歴を、皇太子妃候補に相応しいものに整えるため、福田首相は部下で秘書だった小和田を昇進させ続け、ハーバートの付属女子大の教授にし、バカの雅子を子弟枠で女子大に入学させています。

小和田の教授就任にいたっては、某財閥からお金が動いたと書き込みが会った記憶があります。事実だとして、それが三菱かどうかは不明ですが、、、、、、、。

※コードネームは小和田家・4人の雅子

※小和田雅子 疑惑の家系図

 

追記へ続きます。

 

猫の表情がいい

cat hug GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

14 件のコメント

  • 》》小和田の教授就任にいたっては、某財閥からお金が動いたと書き込みが会った記憶があります。事実だとして、それが三菱かどうかは不明ですが、、、、、、、。

    すぐに、サイトを見つけられませんが、
    確か三菱でした。
    だから、ロシアに関わりが(ハニトラもありますが)深いのか‥‥と、思った記憶があります。

    • ありがとうございます。
      転載させていただいてます。
      三菱、よくもわるくも、ロス茶やロックさんのように、事実上の植民地「日本」の提督なのかもしれませんね。

  • https://omugio.exblog.jp/22219296/
    より、

    【倉富日記 大正12年11月09日

    宮内官僚西園寺八郎
    御婚儀延期の事も皇太子に言上する前に新聞に出てらるより、殿下は婚儀を延ばす事は予は承知しおらずと言われ、東宮太夫珍田捨巳は殿下は延期の思召なしとて困りおりたるゆえ、予より殿下に謁し、「数万の死者あり、数百万の罹災者ある央に御婚儀を行わせらるるは穏当ならざるゆえ、珍田を召してその旨を御申し聞けなさるる方よろしからん」と言上したる結果、かの運びとなりたるものにて、殿下はたいそう善事を為したるように御考えなされおる様なり。
    倉富◆かの事は実に結構なりしが、遺憾は御婚儀を延期せられたるも、その時すぐに挙行の期を予定せられたる事なり。予定せられたる為せっかくの思召が形式のみとなりたる感あり。
    西園寺◆その通りなり。】

    昭和天皇(当時、皇太子)は、良子様とのご婚儀を
    関東大震災があったのに、延期する気はサラサラ無かったようです。
    また、高みからの慈善行為の様に
    ご婚儀延期を施しと思い、
    すぐ次年度でご婚儀日取りを決めているのも、
    廷臣から「いかがなモノか‥」と思われてたご様子。

    同じページの冒頭には、良子様の潮干狩り写真掲載問題も語られてます。
    当時としては露出的なお姿でした。
    全て、“系譜は続くよどこまでも”、、、。
    私達の勝手なイメージを投写していただけですね。

    • ありがとうございます。転載させ戴きました。
      >全て、“系譜は続くよどこまでも”、、、。私達の勝手なイメージを投写していただけですね。

      同感です。
      日本国民は、今まで、何を見てたんでしょうね。
      もちろん、維新前の皇室皇族が、無私の聖人であるとは思いませんが、いつのまにか、天皇という祭祀王が、神そのものにされて崇められていた宗教になってましたね。

    • ありがとうございます。
      転載させていただきました。
      冷静に見ると、聖帝でもなんでもない裕仁さんの姿がありますね。
      戦前は、今日の雅子や愛子さんの事情をしるように、多くの人たちが明治、大正、昭和の皇族の正体に気が付いていたんでしょうね。

  • でれでれ草様。
    ご返事有難うございます。
    倉富日記を読んでますと、少数派である方達が
    “もがる”ので(これって方言ですかね?大声で異議を唱えてジタバタして、自分の主張を通す事です。)、
    事態が良識派の予想を超えた展開になり、
    「一体どういう事だ?」と、眼を白黒させている様が浮かびます。

    記事内より、
    》》話を久邇宮邸にもどしますが、「皇太子妃に相応しいような家を建てた」、、どっかで聞いた話ですね。》》

    久邇宮邸、『花の御殿』と言われてたのですね。。

    久邇宮邦彦王の死後(55歳没)ではありましたが、
    俔子妃が、松永安左衛門の妹婿、熊本利平氏に、
    茶室『花雲亭』を下賜されてます。
    熊本利平氏は、朝鮮半島内での大農場経営で富を築いた富豪でした。
    暮らし向きが苦しくなって、熊本利平氏に無償の援助をもらい
    (お米や農産物を無償で納めたのでは、と言われてますが、現金なのか産品なのかは、はっきりしません。)
    その御礼に‥‥と、なってます。

    が、思うに、小和田邸が売りに出た様に、
    風情ある茶室なんてのは、利用価値がなく、、、
    て言うか、そんな素養も無く、
    持て余してたので、義理を押し付けて代金踏み倒したんじゃないかしら‥‥?と、
    今回の一連の記事で想像します。

    ご下賜されたのはされたけど、解体・輸送・移築工事
    の代金は熊本氏負担だったと思います。

    この『花雲亭』は、大阪の水無瀬神宮にある灯心亭の写しで、灯心亭は、後水尾上皇が水無瀬神宮にご下賜された茶室です。

    でも、ちょっと、、お金を出した三菱が、
    わざわざ後水尾上皇好みの茶室にされたのも
    意味深ですね。
    後水尾上皇もいろいろありましたし。

    ちょっと豆知識でした。

    • 内親王の館の名前はたしか、若竹だったと思いますが、竹はわかるにしても、『花の御殿』良子さんの教育所として作った建物の名前だったと思いますが、名称に「花」をつけるのは、なにか風俗っぽい感じがしました。気のせいかもしれませんが。
      当時の感覚でいうと、未来の皇后を教育する塾の名前にしては、ちょっとふさわしくないのかなと思ったりします。

    • 》》『花の御殿』良子さんの教育所として作った建物の名前だったと思いますが、》》

      そうでした。未来の皇太子妃に選ばれ、
      選抜されたご友人と修学された建物
      (花嫁塾?)が『花御殿』でしたね。
      早とちりでした。
      すみません💦

    • ただ、将来の皇后を育てる建物が、花御殿というのも、なんかなあ、と言う感じがします。
      花、というのが、風俗っぽいというか、、妓生養成所みたいな印象です。
      あくまで印象ですが。

    • 》》後水尾上皇もいろいろありましたし。

      後水尾天皇は娘に譲位されてます。(女帝)

    • 数百年をかけて、女性天皇、都合のいい男性を配偶にして易姓革命。
      明治以降、最後は、そこに着地点をおいていたようにみえます。

  • 連投すみません。
    豆知識ついでに。

    『花の御殿』、、、。
    『花雲亭』、、、。

    自分で書いたコメントから、ふと、思い出しました。

    私、旅行好きで、高級旅館から木賃宿みたいな安宿まで
    観光地や温泉宿、沢山宿泊利用させていただきましたが、
    『花○○』や『さくら』とかの名前がついたお宿は、
    たいていハズレが多かったです。

    飲食店も然り。

    会社名も、イメージ先行で由来がわからない会社も、
    要注意でした。

    日本人は言霊が根源にあるのか、
    そのものズバリ!って避ける傾向にあります。
    また、命名には気をつかいますので、
    自分の名前や生地、ご先祖など、なにかしら由来をからめた命名が多いと思います。
    あー、でもそんな名前の付け方も、
    昭和から平成始めまでかもしれませんが。

    とりあえず、
    私の勝手な経験上の思い込みですが、
    安易に『花○○』とか『○○花』とかの名前をつけてるお宿は、良識ある(日本人の)経営では無い‥‥と思っておりました。

    ただ、私が出会わなかっただけで、良識あるお宿やお店もあるかと思います。。。
    お腹立ちされてしまった方がいらっしゃったら、申し訳ありません。

    • >安易に『花○○』とか『○○花』とかの名前をつけてるお宿は、良識ある(日本人の)経営では無い‥‥と思っておりました
      花ってすぐに散ってしまうイメージがあるので、永続的な繁栄や関係が大事な業種なんかには、厭われるのかもしれませんね。

  • >女の子の名前に、華とか麗とか姫とか妃とか大胆だな~と(笑)
    画数を強くしすぎると早くに運が枯れてしまうし、あんまりごてごてとした感じを使うと、名前負けするんですけどね。
    御子さんに、夢を託し過ぎて失敗するケースが増えそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。