※人気ブログランキングに参加しています

世界の闇と真実|②フランスに招待された徳仁皇太子と元FBI支部長の暴露

Sponsored Link

続きです

コメント欄より

「国境なき子どもたち」・・・。

皇室の現状を鑑みると、なんだかグローバルな子供の人身売買組織を連想してしまいます。

もう20年以上前アメリカに住んでいたことがありますが、スーパーに並んでいる牛乳のパッケージに行方不明の子供の顔写真がズラーっと印刷されていて、それがどの牛乳も全部違う子供で、行方不明の子供の数の多さに驚いたことがありました。

日本人はよくお菓子売り場に子供を置いて買い物をしたりしますが、「さらわれるから絶対に子供を一人にするな」と現地の日本人から言われました。

(その州では、そもそも13歳未満?だったか、子供を一人にしておくと親が逮捕されました。学校もスクールバスだし、習い事も親が車で送り迎え、留守番させる時もベビーシッターが必須でした。)

実際近くのスーパーで日本人の親が目を離したすきに子供がいなくなり、トイレが騒がしいので駆けつけると子供が全く別の服に着替えさせられて泣いていて、服を変えてパッと見わからないようにして店から連れ出すつもりが騒がれたので諦めたのだろうという事件がありました。(そこの日本人会で教訓として語り継がれていました。)

当時はお花畑で、「どこのうちの子供かわからないで誘拐したら、身代金も取れないし、なんで?」などとマヌケなことを考えていましたが、今にして思えば、その時からすでに大規模な子供の人身売買組織があったのでしょうね。

トランプさん、人身売買で大勢逮捕しているようですね。

これからも人身売買ネットワークの撲滅に頑張ってほしいです。

以上

 

ありがとうございました。

やっぱり、トランプさん、アメリカを、「グローバル派=ウォールストリート派=ロックさん(中国共産党と一体化している)=イルミちゃん」から独立させようとしているのかな。

 

Sponsored Link



 

何度も取り上げさせていただいてますが、、

天皇即位日の5月1日は、ドルイドの祭り「ヴァルプルギスの夜」、イルミナティの創立記念日、共産主義圏の祝日、

ヴァルプルギスの夜(独: Walpurgisnacht)は、4月30日か5月1日に中欧や北欧で広く行われる行事である。

Beltaneはメーデー(五月祭)のケルト名であり、やはり太陽神 Belの火という意味

バール信仰は、生贄をささげる信仰でしたね。

イルミちゃんの脱会者で高位の魔女だったシスコさんが脱会した後も、「ヴァるプルギスの夜」、に参加するよう脅迫を受けていたそうです。

5月1日は、イルミちゃんにとって、重要な祝日のようです。

 

【皇室】コメント欄より、即位日・5月1日の謎

 

生前退位動画は、「日本を共産化=イルミ化」を宣言したのかもしれない

コメント欄より

5月1日はイルミナティの設立日というのを読んで

生前退位の時、陛下の右後ろに目玉のような不自然な置物があります

 

以上

ありがとうございました。

 

そして、皇族に化けた工作員が、次々とメンバーチェンジをしています。

311の後、すり替わったイルミ系中国人だったであろう秋篠宮夫妻はそのままですが、愛子、ナル、雅子、眞子、佳子、など、おそらくは、北朝鮮創価系から、イルミ系中国人に変ってるのではないかな、、と。

気になるのは、こちらの動画。アラモード様がリンクを貼ってくださった先にあったものですが、、

動画 元FBI支部長がイルミナティを暴露 1987年

https://ameblo.jp/souldenight/entry-12226372878.html

※以下、翻訳された字幕を転載します。

私はかつてカリフォルニアLAのFBI支部長でした。

1979年3月に引退して間もなく、ジェフリー・マクドナルド事件の捜査を私的に頼まれました。

約2年前までこう何度も言ってきました。

「この国では、麻薬、小児性愛虐待、ポルノ、売春、腐敗そのほかに絡むゆるやかなネットワークが活動している」と。

2年前、コトはもっと深刻であることを調査結果から確信しました。

「穏やかなネットワーク」以上なのです。陰謀です。

ご存知のようにマスコミは我々を追いかけまわします。

陰謀という言葉に大騒ぎですが勝手にしてほしい

実際に陰謀があることを、私は皆さんにこの場で保証します。

ここで本日皆さんに、それを証明してお見せします。

私に確信と闘志を抱かせたことは、、、

ちなみにこの陰謀が関係しているのは、ポルノ、麻薬、腐敗、小児性愛虐待、児童誘拐組織網、ワシントンの組織、CIAによる隠蔽、世界規模の自動人身売買のための秘密工作、テロリズム、銀行口座、その他諸々と続きます

お願いです。あとで、失踪した子供たちに関する私の調査結果をまとめた本を買ってください。

講演でも触れますが、ワシントンの組織は実はCIAが牛耳っています。

これは子供の国際人身売買と関連している秘密工作です。

私の本には、米国税関の公的なレポートが載っています。

お願いです。たったの10ドルです。

そして、買ったら必ず沢山複製を作って知り合いに送ってください。絶対にお願いします。

著作権、そんなものは私はどうでもいいです。

大事なのは教育、教育、教育(広めること)です。

我々はこの国で起きていることを知る必要があります。

ですから買ったらお願いですから、複製を作ってください。

 

2年前、私の講演後のある出来事から、これは緩やかなネットワークではなく陰謀だと確信しました。

1人の男性が、私に本をくれました。

私の講演はマクドナルド事件のことでした。

「この本に真相が書いてあります。読んでください」といわれました。

これがその本「Pawns in the Game」です。邦訳「闇の世界史」

この本をご存じない人はぜひ読みましょう。

著者はウイリアム・カーというカナダ人です。

私と同様、米国と世界で起きていることを突き止めようとしていました。

彼のリサーチ結果がこの本です。

 

1773年、ヴァイスハウプトは、ロスチャイルド家の1人から、イルミナティという組織を作るよう任命され、1776年5月1日に成し遂げた

イルミナティという人たちがいます。

1776年 アダム・ヴァイスハウプトが設立しました。

1773年、ヴァイスハウプトは、ロスチャイルド家の1人から、イルミナティという組織を作るよう任命され、

1776年05月01日に達成したんですが、その日付は、共産主義圏の祝日です。

かなり話を端折らなければなりません。

全部はなすと4時間ですが、1時間15~20分しかないのでね。

彼が任命された目的は全部で25項目

①人々を善ではなく悪に向けさせろ

 

②リベラリズムを説け

③自由の概念を使って階級戦争を起こせ。

まさに実行中です。

 

④イルミナティの目標達成の為なら、どんな手段も惜しまないこと。

 

⑤イルミナティの権利は力の中にある

 

⑥我々の富の力は表面化しないように保たなければならない.どんな狡猾さ、力によっても損なわれない強さをえるまでは、、、、、

たしかについ最近まではずっと表には見えませんでしたね。イルミナティのことをしっている人は本当にごくわずかです。

 

⑦群衆心理をつかんで、大衆を捜査しろ

 

⑧酒、麻薬、退廃的モラル、あらゆる悪徳をつかって若者のモラルを組織的に低下させよ

これは実例をださなくてもわかりますね。しかしここにCIAの麻薬作戦が絡んできます。

麻薬は国内に入ってきて武器が海外に出て行っています。

私の話が信じられなければ、テリー・リードや、チップ・テータムに聞いてみてください。

去年、米連邦政府の大物捜査官による麻薬捜査の公聴会がありました。

私も観ていたのですが信じられないことに、麻薬作戦のことを何も知らない人ばかりが証人として呼ばれていました。

テーマは、CIAによるカリフォルニアへの麻薬輸送の件でした。

個人的かつ直接的な知識がある16人の名前を私は公聴会に送ってやったのですが、返事もなく、誰一人として呼ばれていませんでいた。

私はオクラオマ市にも報告書やFAXを送りました。

オクラホマ市爆破事件の重要情報でしたが何の返事もありませんでした。

 

⑨どんな手を使っても不動産を没収せよ。

これも日々起きています。

農民、会社員、不透明な嫌疑で逮捕された人々が不動産を差し押さえられています。

こちらの女性も、何もかも無くしました。

家が2度も捜査にあったそうです。

結婚前に購入したご自身の名義の家が差し押さえられたのです。

 

➉心理戦争として「自由、平等、博愛」などのスローガンが大衆の口から出るようにさせよ。

いやはや、これは初耳でした。ビル・クリントンが使っています。

彼はひどいですね。

ある元議員によれば、女好きのほら吹きらしい。

この第10に当てはまります。

 

⑪戦争をしかけよ

1773年にヴァイスハウプトが書いた政策が1937年に公式発表されたんです。

1937年に英米によって公式発表されました。

どちらの側の国々も夫妻を抱え込むよう戦争を実行させよ。

また和平会議では双方が領土を獲得しないようにせよ。

ヤルタ会談がいい例です。スターリン、ルーズベルト、チャーチル、、、、

 

⑫我々は財を活用して、要求に大人しく従い、陰で操る者たちのゲームの駒となる候補者を議員に選ばなければならない。彼らの助言者たちは、幼少のころから、世界情勢を支配するための訓練を受ける。

 

⑬メディアを支配せよ

主流メディアが、有力者、インチキ政治家、官僚たちにコントロールされているのは、疑いの余地がありません。

今日はなんだか鼻がかゆいな。

メデイアの件については、私の本でも実例を記録してあります。

 

⑭エージェントたちはトラウマを生む状況を扇動しながら、終わった後、大衆の救世主として現れる。

LAの暴動がありましたね。

 

絵を描く象

 

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

7 件のコメント

  • もう、30年近く前になりますが、ニューヨークに住んでいました。
    ハドソン川を挟み隣のニュージャージーにヤオハン(大きな日本食スーパー)があり、日本人駐在員と家族が利用するのですが、そう言えば度々子供の誘拐事件(未遂も含めて)があっていました。日本総領事館から注意喚起されていたように記憶しています。アメリカは物騒だから位にしか考えていませんでしたが、日本にも魔の手が伸びて来ているのでしょうか?

    毎回コロコロと顔の変わる偽物愛子様にタレ目からつり目に変わった悠仁様。登場しては闇へと消えてゆく多数の偽物愛子様とタレ目の悠仁様。

    国境なき子供たちが児童売春や人身売買に関わっているという情報もあり、このNPO法人が皇室に関わり出した経緯は高円宮久子が紹介した不要な偽愛子の引き取り先と新しい愛子様の供給先だったとしたら?ゾッとします。
    子供を生け贄にするカルト宗教の存在についてはトンデモ本の世界だと思いたいですが、皇室にいかがわしげな外国勢力(イルミ?)が関わっているのは否定できないので、とすれば安全な筈の日本だからとたかをくくっているのはどうなのかしら?とも、、。
    皇室が今や実質外国同様と化しているなら、ヤオハンの子供誘拐事件も皇室では日常茶飯となっているのかもしれないです。

    • ありがとうございます。転載させていただいてます。
      >国境なき子供たちが児童売春や人身売買に関わっているという情報もあり、このNPO法人が皇室に関わり出した経緯は高円宮久子が紹介した不要な偽愛子の引き取り先と新しい愛子様の供給先だったとしたら?ゾッとします。
      何かの本で読みましたが、昔のカンボジアは本当に貧しくて、道端で、子供をつれて座っている親にいえば、子供を買い取ることができたそうです。
      カルトにとって、草刈り場になっていた可能性もありますね。
      例のNPOが、脱税とは別に、過去にアヘンとのかかわりの深かった土地というのも気になります。
      偏見かもしれませんが、偽物を会見に出してくるところで、疑われて当然だと思います。

  • 長文失礼します。
    元FBI捜査官の動画は以前拝見したことがあり、表と裏の動きが連動してるな・・・と胸熱でした。
    善と悪の戦いですね。

    いる茶情報
    先日、偶然知ったのですが、いる茶が公式会員をネットで募集してます。
    リンクは恐くて貼れない。普通に検索で出てきました。
    英語サイトなのでぐーぐる翻訳(サイトページで右クリック)でザックリ読んでみましたら、まるで宗教の勧誘サイトで何も知らなければ、すごく良い団体だと思うでしょうね。
    公にしている石屋さんその他エホバの証人、そうか、Kの科学と似ています。
    エンブレムをアクセサリーとして身に着けたり、仲間にだけわかるマーキングで非会員と区別していました。
    石屋さんも指輪やハンドサインや握手の仕方で仲間を見分けます。
    このあたり、石屋さんや宗教が「仲間同士だけは仲良くする・組織の裏切り者にはすさまじい制裁を嬉々として加える」点もきっと同じなのではないかな。
    名前が違うだけで根っこは同じなんだろうな。

    自分の結論としては、イルミちゃんが有名になってきたので大衆の目をごまかす & 会員勧誘なのでは。
    それに、どんな組織でも末端会員信者は、組織が本当は何をしているかなんて知りませんよね。
    ただ、ここ数年急に石屋いる茶さんたちが入会者集めを公に行う背景は、もしかすると会員が激減しているのでは。
    または、2012年以降いくつかに内部分裂したので、独自に会員集めを始めたとか。
    そんな妄想をしてしまいました。

    ちなみに、公式サイトをなめるように読んで回った2日後、PCが乗っ取られました。汗!
    まあ、サイト閲覧とは関係ないとは思いますが。
    何度か初期化を繰り返しましたが、カーソルの誤作動は続きます。

    クッキー収集を一方的に承諾させられる最近の風潮は異常ですね。
    あからさまに監視がどんどん強化され、当たり前になっている。

    ちなみに、南海トラフ、今夏どうなのでしょう?
    8月5日だったか?に浜にイルカがうち上げられたそうです。(浜の名前は忘れました。すみません)
    過去のデータだとイルカが打ち上げれれてから1~2週間でスマトラと311が起きました。
    あおりではなく、用心として、8月中旬(811~819)頃要注意なのかな?
    地震発生時間も分単位で設定できるようなので、石さん茶さんたちは「いつどこ」も知っているのでしょうけど。
    きっと「仲間以外には教えてはいけない掟」があるのでしょうね。
    ちきゅう号がここ数年どこを掘削してたか、で震源地も推測できるか?
    時間がなくて調べれません・・・

    備えだけは最低限行って、後は開き直って、いつも通りの素直に神様と英霊と名も無き国士らと、ご先祖様達にお祈りと感謝をしています。
    災害が起きないのが一番良いのだから!

    • 連投すみません。

      > ⑥ 我々の富の力は表面化しないように保たなければならない.どんな狡猾さ、力によっても損なわれない強さをえるまでは、、、、、

      > 「どんな狡猾さ、力によっても損なわれない強さをえるまでは、、、」

      数年前までは、石屋茶屋の名前を出すことすら難しかったですよね。
      でも、最近はネットで都市伝説として広まり、急激に市民権を得ている。
      日本だと、やりすぎ都市伝説、高須クリニック、須藤元気、鳩山ゆっきーお・・・ その他

      石屋の上とされていた茶屋まで堂々とサポーター会員を募集し、聖書と称して茶屋書籍をネット販売し、着々と一般人への洗脳を始めていますね。(今は書籍は英語版のみでした)

      つまり、準備が整ったということなのでしょうか?

    • 追記
      ネット上で日本人の会員を見つけて、公式サイトをのぞいたのがきっかけでした。
      先日、その人のUP情報から分かったこと。
      ・あの公式サイトは本物である。(ネット上で都市伝説系の動画配信者が偽物断定していた事への解説として)
      ・本物だが、公募している会員は「公式ファンクラブ(オフィシャル・サポーター)」みたいなもので、階級とかは与えられない。

      なるほどでした。
      偽物認定したyoutuberはシナリオに沿って火消しや情報撹乱・大衆先導の要員みたいですね。
      最近、工作員みたいな発信者が増えましたね。
      知っているのか、知らずにやらされてるのか。
      しかし、罪は罪ですからね。
      関係者もろとも魂のエネルギーレベルで選別されちゃうのにね。

  • 10番の「自由、平等、博愛」の三つ目の「博愛」が
    くせものらしいですね。
    日本人は根本が優しいので、「博愛」という言葉を
    作って、翻訳語としてあてましたが、
    本当の意味は「同士愛」に近く、目的が異なるもの、
    非賛同者は敵とみなす、という物騒なニュアンスらしいです。
    ベルばらでもパリ市民たちの結束が感動的に描かれていたのに、
    革命後はギロチンの嵐なので、博愛をうたってるのに何で、と
    いう疑問が一気に氷解いたしました。
    旧権力を倒させたあと、結束して強大化しないように
    疑心暗鬼、無駄な装備や情報戦で疲弊させ、経済力を
    つけさせない。ロシア革命も同じ流れに見えますね。

    日本について誤算があったのは、勤勉で
    「万が一にそなえて貯蓄」という気質でしょうかね。
    あと天変地異があると、困った時はお互い様と
    助け合ったりするところだとか。
    キリスト教もイスラム教も共産主義もハマると
    研究して熱心にとりこむけど、いつのまにか日本向けに
    各国料理のようにアレンジして、独特のおおらかさ、
    なあなあ、まあまあというノリになってしまうとか、かなと。

  • このクリントン元米大統領の写真、頭蓋骨の形と長さが常人のものに見えません。
    髪をのぞけば、宇宙人ものSF映画などに出てきた「コーンヘッド」そっくりです。

    今から15-6年前のある講演会の後、ゲストとの一人として来たこの元大統領の2mくらいの距離に偶然立っていたことがありますが、こういう頭ではありませんでした(オーラというのか周囲に発散するエネルギーが常人離れしているな、と思いましたが)。

    ダブルなのか光学迷彩のようなバリアがあったのか、今にして思えば何らかの説明が可能なような気がします。
    実は人間じゃなくて宇宙人みたいな「何か」かも、という可能性は、今までまるで考えたことがありませんでしたが。

    この夫妻の財団、現在「国境なき医師団」などが関わる、人道援助や環境保護目的の事業に使われるという触れ込みで、現地活動プログラムや衛星画像データ処理ほかのボランティア活動に、スポンサーとして出資していたりしますが、本当の目的は何なのでしょうね…。そういう事業はもちろん、発展途上国の子供たちの居住地やインフラの所在なども関わってくるのですが。

    記事のような「支配」のためには、ターゲット諸地域現地での諸活動の感触とフィードバックや基礎データの取得は、もちろん重要でしょう。

    それとヨーロッパで、現在そうしたボランティア団体(NGO等)には、寄付金を集めても送金・納付の期限が法律上規定されていないため、無期限でプールが可能だという指摘も聞いたことがありました。外部からの資金(?)受け取り、送金の手続きが不透明だと、マネロンにも使われそうな…?

    「地獄への道は、善意で舗装されている」という格言、実は何重にも意味があったのかもしれませんね(そんな地獄は要りません!)。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。