※人気ブログランキングに参加しています

日本のセレブの正体➄|不思議な家族(3)マスコミがノータッチにしている女性

Sponsored Link

続きです。

マスコミがノータッチにしている女性

黒柳徹子さんもそうですが、本木氏の奥さん以外にも、そういう女性がいますね。

ふしぎとそういう女性と婚姻した男性は、「爆発的に出世し」「賛美され美化され」「全てのエピソードや発言は美談に帰一する」「一切の非難が許されない人物」になります。

 

Sponsored Link



 

松井秀喜氏の奥さん

マスコミがノータッチにしていますね。いっさい触れません。写真も出てきません。非公開コメントに戴いてますが、本木氏の奥さんもそんな感じです。結婚前の写真がでてこないらしいですね。

松井氏は、ワールドカップの日本代表に参加しなった理由は、日本国籍をもってないから、といわれています。

本来なら、巨人の4番を務めてた人なので、恩返しも兼ねて巨人の監督になるべき人なんですが、日本球界に貢献するつもりはさらさらないらしく、アメリカで、元ヤンキースのチームメイトだったジーター氏とビジネスに励んでいるそうな。

ちなみにジータはイチローを馘首にした憎たらしい奴。もしかして、イチローを首にした件に関しては、ジーター氏の「親友」松井が裏で糸を引いたたんじゃないのかと疑う人もいたはず。

向うの新聞もこちらの新聞も、反日、親中・韓の論調ですが、決まって松井氏のことを「礼儀正しい」など大絶賛されています。その反面、イチローの様な天才中の天才や、野茂さんに関して、向うのマスコミによる辛い記事や、日本野マスコミによるバッシングの激しさを考えると、正直違和感があります。何かあるのかもしれません。

 

その松井氏が、国民栄誉賞を師匠の長嶋茂雄氏と、なぜか一緒に受賞しました。長嶋氏はわかるにせよ、なんで、こいつか?と思った人がおおかったとおもいます。

しかも、師匠の長嶋氏をさしおいて、受賞日を松井の背番号にあわせて5月5日にしたそうですから、相当優遇されていますね。長嶋氏の受賞は、松井氏の受賞のオマケのようにみえます。

 

芸能界では、工藤静香さん。

キムタクと結婚した時は、大物同士の結婚だと大騒ぎしてましたが、、、管理人には、ヤンキー同士が結婚したという以上の感慨はおきませんでした。工藤さん、何度も芸能人の覚せい剤事件の背景に姿が見えるのに、これにふれるマスコミはないですね。

過去に付き合ったと噂される男性(とんねるずの片方、光GENJIの諸星、Xジャパンの某,SMAPのキムタク、など)をみるに、工藤さんは、「キムタクをゲットした運のよい元アイドル」というより、「芸能界でのぼりつめた男性が、今の地位を固めるために欲しがる何か特別なものを持っている女性」なのかなあ、と。

キムタクは、この人と結婚したことが追い風になり、SMAPも、「解散がNHKのニュースになる国民的アイドルグループ」までいったんじゃないかと思ってます。あくまで想像ですが。

乳がんでなくなった、さくらももこ氏。

工藤静香さんが、現役のアイドルだった時分に、工藤静香について『久しぶりに本物のアイドルのパワーを感じた』というような内容で、工藤さんをエッセイで絶賛していたのを覚えています。

さくら氏が、自主的に書いたというより、頼まれて書いたな、という感じの内容でした。いずれにせよ、相当、コネや力があるんだと思います。

 

キムタク夫妻のお嬢さんが、モデルデビューしたそうですね。

いずれ、パリコレに出したり、「日本のスターのサラブレット、話題になるのは間違いなし」として海外の映画のオーデションにだしたりして売り込んだりするんでしょうが、、。

しかしながら、キムタク自身が「どこの学年にも一人はいる『カッコいい先輩』レベル」の容姿のタレントで、人気がでたのは、マネージャーと事務所の力で、継続的にテレビに出てたから、そして、SMAPのファンが継続してヒットチャートに乗せるためにCDを買い続けたこと、だと思ってるんですね。

お嬢さんも、たしかにキムタクににてるんですが、平凡な子だなあという印象のうえに、今は両親がきらわれているので、ファンの気持ち離れていて親のファンの応援は期待できず、思惑通りにいくか微妙ですね。頼りは同年代の支持、でしょうか。

 

スター誕生

三田佳子は松下幸之助、浅野ゆう子は細川元首相、沢口靖子は堤義明、の愛人だったとされていますが、ようは、番組のスポンサーの大手企業のオーナーの愛人か、大物政治家の愛人を、ドラマの主役にするんでしょうかね。

今はテレビの力が没落してますが、昔は、テレビに出ている人が人気者になり、稼ぐ仕組みになってました。

なので、テレビに出れさえすればよかったわけです。生まれ持っての容姿の良し悪しや、本人の努力と才能、人格はもとより、演技力や人気などどどうでもよく、松下幸之助クラスの愛人になればいいわけです。

そのタレントも、在日か創価、同和が異様に多いということは、同種で引き寄せる法則上、そのパトロンもまた、その血筋や仲間ということになります。堤家も、松下家も、実際、そういううわさが絶えません。

大企業や政治家のルーツが在日や同和であること、それは別にもんだいないのですが、芸能界は風俗業界の頂点であり、昔から、法の外にいるヤクザなどの闇の世界の支配下にあります。

ヤクザなどの闇の世界の住民の出身が、同和、在日がほぼ9割を占めるといいますから、表の在日同和出身の支配層と、裏の在日同和出身の闇の支配層が、芸能人などを介在して、つながりやすくなるのが問題です。

 

話を内田家に戻しますが、、

松井氏や本木氏に共通しているのは、出自や血筋はどうであれ日本で生まれ育ち、日本の社会の恩恵を受けて出世したものの、結婚後は、海外にベクトルを向け、日本とのかかわりを漂白し消毒している方向性にあることが気になります。

キムタクの子供たち、内田家の子供たち、にも、共通しているのは、親が日本社会の恩恵を受けながらも、日本の文化や社会の影響を負と考え、できるだけ感染させずに育てる方針であるようにみえます。

子供は、インターナショナルスクールに通わせ、海外留学、海外で活動、というケースが多く、つまり、日本人の文化や社会の関わりをもたせないこと、感染させないこと、そういう教育をあえて選んでいること、でしょうか。

「日本人を脱皮して、国際人にアセンション」

こうした家族を聖家族や聖人のように誤解させ、日本の大衆にとって「到達するべき目標」としたいんでしょうか。

 

しかしながら、、、

イチローにせよ、黒沢監督にせよ、鳥山明氏にせよ、手塚治虫にせよ、宮崎駿にせよ、世界がみとめる日本人ってのは、そういう人ではなく、日本人としてのアイデンティティや文化的特色を最大限に伸ばし達成した人なんですよね。

最高の国際人になりたければ、最高最良の日本人になればいいわけです。

ダヤンさんなみに実力と語学力が、両方あれば理想的ですが、語学力があろうとなかろうと、最高の日本人になろうとして達成し形にした人が、外人に勝てる最高の国際人になるわけです。作品であれ商品であれ、文学であれ、芸術であれ、かたちにできるものがあれば、コミュニケーションの問題は、腕のいい通訳をつければいいだけの話ですから。

 

松井氏も、内田家も、キムタクの家族も、そして、今の皇室もですが、、、目指している方向性が、非日本人の視点で設定しているので違和感満点なんですね。

この人たちのお子さんたち、結局、日本人にもなれず、白人とも一線を引かれ、中途半端なアジア人になり、糸の切れた風船みたいに、日本から飛んで行ってそのまんま、ということになりそう。

 

snow surfacing GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

3 件のコメント

  • でれでれ草さま 皆さま こんにちは

    樹木希林さん家族の記事、興味深く拝見しました。
    「自宅を出発した故・樹木希林さんを見送る家族」の手に数珠も何も無かったのは確かに違和感ありました。
    無宗教なのかなって思いましたが、樹木希林さんは「希心会」という法華系の宗教に帰依していらしたようです。
    (樹木希林の「希」はここから頂いたとか。)
    そして、ご葬儀は光林寺。

    『光林寺 (こうりんじ)は東京都港区南麻布にある臨済宗妙心寺派の寺院。慈眼山光林寺。所在地は東京都港区南麻布四丁目11番25号。 光林寺は、延宝6年10月(1678年)盤珪永琢によって麻布市兵衛町に創建、元禄7年(1694年)5月に現在地に移る[1]。
    10000平方メートル余の広大な境内は奥に向かって丘陵地となり、駐日フランス大使館の敷地に接している。そこにある多数の墓の中には、ヘンリー・ヒュースケンの墓もある。 当寺は明治通りに面し、東京都バスの光林寺前停留所がある。』ウィキペディアより。

    臨済宗のお寺さんで、ご葬儀されるのですね。
    希心会はデータが余り見つからないのですが、
    ご家族は本人が信じていた宗教で送ってあげたくないのでしょうか?
    ここにも ちぐはぐ感を感じます。

  • 中途半端な日本人。確かに…テレビをつければ80年代そのままのダサイアイドルに下手な歌手。覚醒剤打たれてる芸能人達に胡散臭い天皇一家。
    希林さんの夫婦関係は確かに美化されてますよね。いつも旦那が嫌々話していて別れてあげればいいのに、見苦しい。何か弱味でも握られてるんだろうなと思っていました。ハッキリブログに書いてくださって、ありがたいです。

  • 松井秀喜氏のお父様は教会の牧師なんですよね。
    ご商売的にはあちらの方かな?と・・・。

    スレチの私見で恐縮ですが、7月にイギリスのハント外相が中国人の自分の妻を間違って日本人と言ったニュースと、今月ウィリアムズ王子が「ジャパンハウス」のオープニング式典で中国と日本を間違えたニュースが、頭に引っかかっています。
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000136306.html

    自分の奥さんの国籍を間違えるとか普通に考えてあり得ないし、ウィリアムズ王子も「ジャパンハウス」とわかってて出席して間違える?もし間違えてもすぐ訂正してるのに、そんなことわざわざニュースにする?と思って、ふと3・11の時の「雅子様・愛子様はご無事」のテロップを思い出しました。
    もしかして、これはわざと間違えて報道させることで、「これからは「日本」と「中国」の立場を入れ替えるよ」という、イルミちゃんの暗号だったのではないか?という考えが頭をよぎりました。

    以前でれでれ様が「イルミちゃんは最終的には日本の側につくはず」と書かれていたのと、親中派だったアメリカの民主党までが最近中国に強硬姿勢を取り始めたこと、「あの」アムネスティがウィグル族への人権弾圧で中国を批判し始めたこと等、ちょっと流れが変わって来たような気がしています。
    イルミちゃんたちは方向転換したのでしょうか?
    最後に勝つのは日本だと信じたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。