※人気ブログランキングに参加しています

日本のセレブの正体|止まらない樹木希林の神格化の怪(前)

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

定点観測として、、。共同通信が、ブログ名を出しましたね。

共同通信|「軽い気持ちで」「今は後悔」 参加者に聞く 弁護士への懲戒請求、激増の謎(2)

2017年、弁護士への懲戒請求は例年の数十倍に上った。実際に懲戒請求をした男女2人に話を聞いた。取材に対し、ともにブログ「余命三年時事日記」の呼び掛けに応じた、と答えた。

転載ここまで

 

余命が犯罪性の高いヘイトブログであるということに関しては、異議はありませんが、これを理由に、一部の人たちに都合の悪い、まっとうな保守ブログや研究者のブログが、一方的に「ヘイトブログ」として認定され、強制閉鎖や削除につながるのかも、と、ちょっと危惧しております。

 

Sponsored Link



 

そしてキムコムロ

「小室圭   でれでれ草」の画像検索結果

・キム・コムロが留学ビザをとってなくて、いったん帰国したらしい。

・キム・コムロの名前が、名簿から消えたらしい

などの情報が出てきてますが、管理人はもともと、撮影だけのエア留学だとおもうんですけどね。そもそも、キムコムロは英語、話せないでしょ。もし流ちょうに話せるのなら、それを、これ見よがしに報道していたはず。バイオリンもしかり、ピアノもしかり。エア留学、よくても、通訳付きの留学なんじゃないんでしょうか。

 

内田家の人々

打ち止めしようと思いつつ、、内田家のネタが尽きませんね。マスコミ総出で、樹木さんの神格化を進めていますが、やっぱり、何かあるんでしょうかね。

樹木希林「聖女伝説」

樹木希林さんの葬儀中に突然、現れたアゲハ蝶

台風24号が襲った9月30日、樹木希林さん(享年75)の本葬儀の取材で東京・光林寺(南麻布)に行きました。そこで信じられないような不思議なことが起きました。

ちょうど娘の内田也哉子さんが“積年の親とのわだかまりが解けた”と語る挨拶をしているときでした。開式までぐずついていた空模様がうそのように、そのとき晴れていました。希林さんも生前に見た樹齢300年という立派な桜の木そばに、アゲハ蝶が姿を見せたのです。昆虫専門家でないので厳密にアゲハではないかもしれませんが、そっくりの大きな蝶でした。

希林さんとは、ひょんなことから交流が生まれ、多くの時間を過ごす機会に恵まれました。一番強烈な思い出は訃報を伝える追悼記事にも書かせていただきましたが、式の間、それとはまた違った記憶が次から次によみがえってきて、仕事中なのに心が乱れ始めました。ヤバい、と思いました。

アゲハ蝶がくる前、小さなかわいい茶色っぽい蝶がチラチラ飛んでいました。もっと大きい蝶が来たらいいのに…などと違うことを考え、気を紛らわせていたら、うそのようにアゲハ蝶が視界の右の方からやってきたのです。何度もまばたきをして確かめたので間違いありません。

しかも、その蝶はゆっくり視線を横切ると、ふわふわと希林さんの遺影がある方に行ったのです。そしてUターンしてきて再び桜の木に近づいてきました。この蝶は希林さんかもしれない、と勝手に思いました。

この日の朝、式場に着いて希林さんの遺影を見たとき、胸が苦しくなりました。私たちメディアに見せていた豪快さとはずいぶん違って寂びしそうな表情に見えたからです。遺影を正視せず、焼香して帰ったら、希林さんは怒るだろうな、などと考えていました。その心の中を見透かしたかのように、アゲハ蝶は飛んできたのです。

そして、「遺影」を巡って希林さんと話した記憶がその時、よみがえってきました。自分の父が、誰にも言わず遺影を撮って逝ったことを話したことがありました。それを家族が知るのは、葬儀会社からの連絡でした。新聞記者は、毎日飽きるほど写真と接しながら過ごしています。しかし、遺影として使われる写真を撮るとき、一体どんな気持ちでレンズを見ていたのだろう、と想像すると言いようのない寂りょう感に襲われたのです。

たくさんの人を取材しながら、結局、自分に一番近いはずの親の本質的なところをまったく知らなかったこと、理解しようとしていなかったこと…。そんなことを希林さんに話したと思います。すると「結局、そんなものじゃない? 家族だろうと。すべて理解するなんて、そんなのできないわよ、できるわけないじゃない」いつものあの口調で返されたことを、思い出しました。

晩年の10年間ほどでしたが、希林さんとは取材と関係ないことばかりしゃべっていたように思います。これからも、ふとしたとき、いろんな記憶がよみがえってくるでしょう。あのアゲハ蝶は希林さんからのメッセージと受け止めました。取材が落ち着いた後、遺影をしっかり見て焼香し、少し涙をふいて、次の加藤剛さんのお別れの会のあった青山葬儀所に向かったのでした。(内野 小百美)

※詳細はこちらから

 

次は、「霊夢にあらわれお告げをした」「生き返った、復活した」でしょうか。

 

コメント欄より

モックンはインタビューの時自分の義母と義父のことを希林さんとか内田さんとか言ってる。大の大人がオカシイって誰も言わないというか言えないのかな。内田家とは婿養子になったものの他人行儀なんですね。

以上

ありがとうございました。

重いので別けます。

ご飯ちょうだい、ご飯ちょうだい、ご飯ちょうだい、

sea lions GIF

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

1 個のコメント

  • アゲハ蝶ですか。まるで夜の蝶みたいですね。樹木希林という女性は芸能界でドン的な存在だったのでしょうか?本木雅弘がいつもへりくだったような態度で樹木希林に接していました。
    也哉子さんとは2012年からロンドンに住んで玄兎くんは2歳からロンドン住まい。長女はインターナショナルスクールを出て12歳からイギリスの寄宿学校へ長男はスイスのセレブ校ル.ロゼに。年間1500万かかるそうです。日本的な感覚が薄くなりそうです。
    そこがよくてこの家族が久子さまに目を付けられたのかもしれません。日本的なものを徹底的に排除するのが求められているのかもしれません。キムコムロもそんな感じですね。
    今後偽悠仁様が英語がペラペラで出てくるかもしれないですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。