※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ
https://blog.goo.ne.jp/derederegusa


秋篠宮家|再検証|イタリア訪問とハンガリー訪問②羽田空港

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

話はすこしずれますが、10年以上前のことですが、「石原慎太郎と関係の深い宗教団体に所属している人から聞いた話」を思い出しました。

その方の知人が「オカルト的な面で、皇室の運営にかかわっている方」だそうで、たしか、風水師みたいな方だったと思います。

その方によると、

・遷都の準備が着々と水面下で進んでいる。

・皇族が公務にでるときは、必ず、風水や遁甲をつかって日程を決める。

・天皇家の血を残すことが使命であるので、必ず、ひとつの地域に全員が固まらないようにスケジュールを組んでいる。天皇が東京にいる間は、誰かが、地方や海外にでているはず。

という内容でした。ふと、思いだいました。

つまり、311の後、「本物の皇族がた」の全部あるいは一部が、放射能をさけて疎開されていた可能性は高そうです。

ちなみに、遷都先は、茨城県のつくばになるという噂が高いですね。大本の予言にもあったと思います。

で、秋篠さまに話を戻しますが、、

 

Sponsored Link



 

 

イタリア訪問

10日 羽田空港

(ナレーション)秋篠宮家がイタリアへ向かわれたのは5月10日。羽田空港からドイツを経由して、ローマへ、、

左目が、内側による癖がありますね。

歯をむき出しにして笑わない紀子様です。婚約会見のときのカップルですね。

ご婚約時代から、今に至るまで、①目の細い、歯を見せて笑う紀子さんと、②ぜったいに歯を見せない紀子さん、がいました。妙に印象が違うので、不思議でしたね。

親王妃の笑顔

高円宮妃久子さんも、

①大耳で歯をむき出しにして笑う下品な久子、と

耳が大きく顔の下部についています。

 

②三女の納采の儀にでてきた、小耳で歯を見せないで上品にほほ笑む久子さん、がいました。

この納采の儀の人は、憲仁親王とご成婚した、顔の上部に耳がついている小耳の久子さんで、長女のツグコちゃんの生母の方かもしれませんね。

末端宮家も、複数体制で運営しているようです。

※高円宮久子の謎

 

筆頭宮家の秋篠宮妃に話を戻しますが、、、

①アーチ形の眉、左目に涙袋、歯を見せて笑う紀子さん

アーチ形の眉、左目に涙袋があり、左目が若干大きいです。

本気で笑うと、下の歯をみせて笑う紀子さん。上の歯の歯並びに特徴がありますね。歯先のならびが内側に向かって狭くなってます。

 

②直線型の眉。下の歯をみせないで、顎を引き、口角をあげてはにかみながら笑う人。

「左の目のみに涙袋」という感じではなさそう。両目の大きさも同じに見えます。

 

➂小柄で、顔の幅が狭くて、顔のパーツが中心に寄り気味な人、

佳子様の母上かもしれないですね。

 

➃耳の丸い紀子さん

長身だと思うんですね。

即位式

 

 

番外編 ちょっと微妙

②と➃が同じかなと思ったりするんですが、ほかに探せばほかにもおられるのかもしれませんが、、

ま、とりあえず、大ざっぱに分けてみました。

 

続きます。

 

このネコさんは、デブい

cat make GIF

 

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

伏見ブログ|真島久美子の脅迫、ほか、

伏見ブログ|井沢満=BB覚醒日記=トド子、ふぶきの部屋の正体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です