でれでれ草|令和最初の一般参賀と創価の動員数

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

2018年12月 明仁天皇最後の一般参賀

天皇陛下、在位中最後の新年一般参賀 早朝から長蛇の列

 

ちなみに、こちらは、グレイの20万人コンサート。

 

新天皇の即位祝う一般参賀へ、早朝から長蛇の列 皇居前

陛下「世界の平和願う」 令和最初の一般参賀

これが、現創価学会の総動員数MAX+一般人の数。 少ない!!!!密度がスカスカ。

ちなみに、こちらは、グレイの20万人コンサート。

令和最初の一般参賀14万人は、嘘だと思うわ。

 

雅子は、池田大作の隠し子といわれていますから、創価の王女が、日本国皇后(実際には立后会議をえていませんので、天皇のツマ、なのですが)になったにしては、どうも、テンションが低いのが気になります。

 

美智子もそうでしたが、海外のニュースでも、エンペレスとは表記されていないですね。

妻の雅子、とされていて、私的な妻、というあつかいは、続くようです。

 

雅子。若いですね。朝見の儀の人とは違うと思います。

右の人かな。

誰なんだろう、この人たち。この場で、黄色を着てくるということは、この雅子は、やはり生粋の朝鮮人か中国人かもしれませんね。

黄色は皇帝の色なので、朴槿恵は、中国に行くときは黄色い服を着ていったそうです。

美智子も、黄色い服を着て訪中しました。天皇の前をさっそうと歩く美智子。こういう、現在ではどうでもいいことに、こだわるようです。

 

明仁さんも、即位したての頃や、皇太子時代とは人が変わってますし、

 

 

 

例えば、美智子が少将なら、明仁さんの偽物は大佐、といった具合に、美智子の方が、工作員としての格が高いのでしょう。

 

顔が長いですね。フランスに行った人かな。

 

 

フランスを訪問し、大統領がなるちゃん主賓の夕食会を開いたものの、大統領も、ナルちゃんも偽物だったという話。

鼻違う、顎違う、耳違う、別人ですよね。

左:フランスでナルちゃんをもてなした大統領の偽物、右:本物のフランス大統領

 

フランスにいったものの、ナルちゃんは、皇太子としてもてなされていませんでしたね。

まるで、CGのような映像。儀仗兵の大きさがおかしい、向う側の儀仗兵には影がない、手前の儀仗兵と、ナルちゃんと大統領の影があわない、嘘くさい赤いカーペット。など、不思議な絵です。

影が床に添っていない。3人のシルエットを切り抜き、貼り付けたかのよう。大統領の奥さん、こんな人でしたか?

 

昼食会も酷かったですね。

日本の皇太子を迎える服装が、これ。

事務仕事から抜けてきました、という服装。

本当に、将来の天皇を迎える気があるのかどうか、疑われる扱いでした。

まさに、ギャグでした。

 

ご成婚パレードのナルちゃん。

 

 

違う人だと思うんですけどね。口が違う、黒目と黒目の間の距離が違う、指違う、顎の長さ違う、眉毛の位置が違う、頭蓋骨の大きさがちがう、顔のパーツの配置が違う、、。

指も違うし。なんで、短くなるんだろう。

 

「雅子の人格が否定された云々」この人は、宮内庁公認のダブルでしたね。幼少時より、確認できます。

丸いおでこ、タラコ唇、顎先が右に歪む、色黒、剛毛くせ毛、の、ちょっとは知性のあるナルちゃんでした。

しかし、腸のポリーブの手術をして退院したあたりから、姿を消しました。察するに、腸癌だったのかな、、と。

左が徳仁2号、右が徳仁1号ですね。

※こちらは皇室全般画像掲示板で拾ったものです。出典元は、不明です。

同時期に、2人の徳仁、美智子がいることが確認できます。

徳仁親王とは、複数の美智子が産んだ男児のことのようです。

徳仁2号も、今の人とは、違う人だと思うヨ。

 

誰なんだろう、こいつ。

正体不明の、この二人に、はたして、世界の要人たちは敬意を示すのでしょうか。

ひざを折るのでしょうか。

それとも、即位式、饗宴までに、タブセ以来の始末をつけてくれるのでしょうか。

ああ、楽しみ。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

関連記事と広告


ニセモノが天皇に即位?