※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「元ヒーラーの覚え書きブログ」が再開しました。ぼちぼち続けていきます。

※拙ブログの画像を勝手に使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。



皇室外交⑪天皇夫妻とオランダ王家の友情

Sponsored Link

皇室外交⑪徳仁、雅子夫妻と、オランダ王室との友情

本日もお越しいただきありがとうございます。

秋篠宮妃がご懐妊後、ヤケクソになったナルマサが、勝手にオランダを私的に訪問したのは、オランダの植民地だったインドネシアが独立した日だったそうな。このとき公私のけじめがないと非難されましたね。

顰蹙を買うことばかりしているナルちゃんに対して、オランダ王家は寛大でしたね。

白い朝鮮と揶揄される反日国オランダ

来日時の晩餐会のスピーチも、日本の植民地がどうの、責任がどうのと、のたまわったオランダ王。

植民地経営の仕方は、オランダが一番悪質だったんですけどね。

日本の植民地支配を非難する癖に、戦後、旧植民地を奪回するために軍隊をアジアに送り込んだフランスやオランダ。オランダ軍とたたかい独立を支援したのは、旧日本帝国軍の残留した兵士たち。結局、最強だった日本軍にぼこぼこにされ敗走し、キレたアメリカに叱られて、植民地の奪回はあきらめました。

昭和天皇の葬儀には、第二次世界大戦後、植民地を手放さざるを得なかった国からも要人がきましたね。国内世論のことを考えてか、イギリスは王配、オランダは外相、オランダと親密なデンマークは王配をこしました。生まれながらの王族は来ませんでしたね。

「白い朝鮮人」と揶揄されるオランダなど北方の欧州人の潜在意識の深い部分には、肉食狩猟人種の独特の野蛮な本能と並んで、朝鮮民族の恨ににたものがあるのではないでしょうか。

 

即位の礼、お茶会

オランダ王妃

オランダ王妃、雅子を心底バカに仕切っている様子がわかります。

デンマーク皇太子妃

ほかの国の王太子、大公妃がのきなみボイコットして参列を見送ったのに、夫の王太子に従い参列しました。内心では、軽蔑しきっているであろう黄色人種でかつ下賤な雅子に膝を折って見せたデンマーク王太子妃。

国のため、夫のため辛抱したのはお偉いと思います。しかし、このかた、豪州の平民出身で正体不明のオランダ王妃とは親友だそうですね。良くも悪くも、なにかをするときのハードルは貴族出身のお妃より低いかもしれません。

しかし、雅子のドレスは、本当にプロが作ったものでしょうか。結婚式のベールガールなど6歳の女の子が、何かの役のために着てちょうどいいデザインではないのかな。

55歳が着るとなると、正気を疑われるデザインだったのではないのでしょうか。

 

オランダと雅子の父、小和田恒の犯罪

防衛省OB太田述正メルマガ

「小和田恆さんいい加減にしなさい。」

皇太子殿下の嫁の実父という立場にある君は恐れ多くも、皇太子殿下を利用し、次から次と悪事を働いて来ましたね。

ある時は、後藤田正晴氏と組んで想像も付かないような恐ろしい悪事を企てましたね、

元日銀総裁の三重野康氏を使って実行した事は日本国の信用を著しく損ねたのみならず、皇室の尊厳を著しく傷つけました。

それに懲りずに今度は武藤敏郎日銀副総裁(当時)、飯島勲(元小泉総理秘書)、等と組んで小泉純一郎氏を巻き込み某国大統領にまで手を延ばして、恐ろしい事をしましたね、その時も恐れ多くも、皇太子殿下を欺いて利用しましたね。

察することができるのは、小和田恒が、

・アホの徳仁を騙して、事業や借金の保証人になる契約にサインをさせた。

・アホの徳仁を騙して、不正、横領に加担させた。

・アホの徳仁の皇室特権を利用して、小和田、小泉たちは、まんまと逃げきった。

支配民族として有色人種を見下している白人王族さんたちは、アホのナルマサを利用して、小和田と同じことをやろうとしてるのかな。

アホのナルマサに地雷をアホほど踏ませても、日本政府は、皇室と日本の対面を守るために、日本の国家予算をつかって補てんするだろうと、踏んでいるのかも。

ニタニタニタニタ

そういう疑惑を持ってしまうじゃありませんか。

※皇室外交⑪天皇夫妻との友情(2)へ続きます。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です