※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


大嘗祭前夜③お祓い

Sponsored Link
影武者制度、タブーなど 皇室記事一覧はこちら

※大嘗祭前夜②からの続きです。

大嘗祭

14日午後6時半から、

大嘗祭の中心儀式「大嘗宮の儀」のうち、「悠紀殿供饌(ゆきでんきょうせん)の儀」

15日午前0時半から

「主基殿供饌(すきでんきょうせん)の儀」

内容は前例を踏襲するが、招待者は670人程度と、前回より約230人減る。

伊勢神宮参拝

22日、23日

伊勢神宮(三重県)を参拝。

その際、ナルちゃんは馬車、雅子は車に乗る(馬アレルギーのためwwww)。

 

「天下大祓」は天皇陛下が即位した後に一度だけ行われる、特別なおはらい

即位後に一度だけの特別なおはらい、大宮氷川神社で天下大祓 青年神職が奉仕、令和の発展と安寧を祈る

https://this.kiji.is/540343014305137761

埼玉県さいたま市大宮区の武蔵一宮氷川神社で30日、令和の時代の発展と安寧を祈る「天下大祓」(てんかおほはらへ)が行われた。

 天下大祓は天皇陛下が即位した後に一度だけ行われる、特別なおはらいの伝統儀式。

・この日は県内だけでなく、全国各地で青年神職が、正午から同時刻におはらいを奉仕した。

・氷川神社では県内各地から集まった約20人の青年神職が舞殿に上がり、祝詞を奏上。約120人の参列者へ切麻(きりぬさ)をまき、大麻(おおぬさ)でおはらいを行った。

 

大嘗祭、14日夜から皇居で 皇位継承の重要祭祀

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00000144-kyodonews-soci

皇位継承の重要祭祀「大嘗祭」の中心儀式「大嘗宮の儀」が14日夜から15日未明にかけ、皇居・東御苑に特設された大嘗宮で、「皇室の公的行事」として催される。

大嘗宮の儀は、14日夜の「悠紀殿供饌の儀」と15日未明の「主基殿供饌の儀」がある。いずれも秘儀とされ、核心部分は非公開となる

・天皇陛下は祭服を着て、悠紀殿と主基殿と呼ばれる社殿に入り、新穀などを供え、御告文を読み、自らも食べて五穀豊穣や国の安寧を祈られる。装束姿の皇后さまも別の社殿で拝礼する。

・安倍晋三首相ら三権の長や閣僚、全国の知事、各界代表ら675人を招待。

 

13日 大嘗祭 儀式を前に「大嘗宮」を報道陣に公開 皇居

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191113/k10012176121000.html

天皇陛下の即位に伴う伝統儀式、「大嘗祭」(だいじょうさい)の中心的な儀式が14日から15日にかけて行われるのを前に、皇居に設営された「大嘗宮」(だいじょうきゅう)が、報道陣に公開されました。

「大嘗宮」のおよそ90メートル四方の敷地には大小30余りの建物が建てられている。

中央の左右には天皇陛下が入られる「悠紀殿(ゆきでん)」と「主基殿(すきでん)」が配置。

この奥には天皇皇后両陛下が身を清めたり、着替えられたりする「廻立殿(かいりゅうでん)」。

大嘗宮は一部の建物の規模や敷地の面積が縮小されたほか、「悠紀殿」と「主基殿」の屋根は前回のかやぶきから板ぶきに変更。

13日午後

「大嘗宮」では儀式を前に建物などを清める行事も行われました。

皇室の祭祀(さいし)をつかさどる掌典(しょうてん)らが古式ゆかしい装束姿で、「悠紀殿」や「主基殿」のほか、四方に設けられた「神門」(しんもん)などを米や塩などをまいて清めました。

このあと掌典が祝詞(のりと)を読み上げ、儀式がつつがなく終わるよう祈っていました。

以上

 

お祓いも大切なんすが、払われるべき穢れの大元が、あの2人なわけでして、異教徒だわ、偽物だわ、工作員だわ、これ以下はないという人間性だわ、無駄じゃないのかな。

※霊写真注意、閲覧注意、呪われた徳仁親王

【皇室】心霊写真集 閲覧注意

※続きます。

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

無料キャンペーン中

 

関連記事と広告