※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


鬼塚史観と皇室問題|托卵と貰い子でつなぐ近代皇統(4)

Sponsored Link

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③朝鮮系と思われる女工作員が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら

本日もお越しいただきありがとうございます。

③【鬼塚史観】「明治・大室王朝」から「昭和・西園寺王朝へ」

【鬼塚史観】初代:昭和西園寺天皇

ほんとうに、昭和天皇の実父が西園寺八郎(旧姓毛利)だったとしたら、ここで明治・大室王朝が絶えます。そして西園寺王朝の始まりです。

西園寺八郎は、毛利家から養子に来た方なので、実質的には毛利王朝といえるかもしれません。

 

【鬼塚史観】西園寺王朝二代目:今上天皇

もらい子だという噂が高いのですが、とりあえず2代目にカウントさせていただきます。

皇太子時代の明仁さんとは、耳が違いますね。頭蓋骨も違います。顎の長さ、頭蓋骨の奥行き、、、、別人でしょうたぶん。

 

Sponsored Link




 

明仁さんは、複数の「正田美智子」と婚姻関係を結びました。「正田美智子」というのは、明仁さん専用の喜び組の屋号です。

※美智子様の影武者

 

同時期に複数の美智子。この時期は「美人ミッチー3号チーム」ですね。

美智子だけではなく、明仁さんも同時期に複数いるようです。頭身も身長も顔も違います。屋号化したのかもしれません。

今の皇族とは、複数の正体不明の人間による屋号化したチームです。それぞれの明仁さんの父系が不明であり、正確には西園寺朝といえるかどうか不明です。

後日、それぞれの妃を取り上げますが、似た者通し、同種で引き合い結婚することが多いですね。つまり、妻をみれば夫がわかるのではないでしょうか。

 

正田家は群馬の部落から成り上がった家ですが、正田美智子は、正田家の長女ではなく、西武グループの創立者である堤康次郎の隠し子だといわれています。じっさい、正田美智子は、堤家のひとびとご風貌が似ていますし、あきらかに明仁皇太子家は堤家と連携していました。

※美智子様の真実

 

堤家は、滋賀の部落に住み着いた朝鮮人を発祥としているといわれています。そこを総会屋に恐喝されていましたから、朝鮮系の滋賀の部落からなりあがったのは事実でしょう。

明仁さんの出生にまつわる噂として、秩父宮が陸軍にはいり地方に駐屯しているときに、売春婦にはらまして産ませた子供だという噂がありました。

仮に真実なら、その売春婦は朝鮮系だったのではないでしょうか。そして父親は本当に秩父宮だったのでしょうか。

 

【でれでれ史観】佐伯王朝初代:徳仁天皇(予定)

偽王朝は3代以上は続かないみたいですが、西園寺(毛利)王朝も続きませんでした。

長男徳仁さんが、思いっきり托卵でした。

ご成婚した正田美智子が産んだ徳仁親王は、なぜか、朝日新聞の正田美智子担当だった新聞記者にそっくりです。成人後、英国へ留学しますが、そのときに鼻を明仁さんににせてワシ鼻にしています。

徳仁も複数いますが、いちおう本物あつかいされている徳仁さんを徳仁1号と呼んでいます。ご成婚した正田美智子がうんだこどもだとおもいます。

ご成婚した正田美智子は、第二子を懐妊するも胎児がブドウ状に奇形化して掻把の手術を受けます。その後、半年間の長期静養に入りますが、その後行方がわかりません。

自殺をほのめかす電話を友人にかけまくった形跡があり、自殺したと思われます。

ご成婚した「美智子様」は、低身長でひどい猫背でしたが、

御静養後、あらわれた「美智子様」は、背丈が10センチは伸び、小顔、小さな耳、まっすぐな脚の美人にかわっていました。不思議なことです。

 

話をナルちゃんに戻しますが、②耳が下部についているナルちゃんを、徳仁1号と呼んでいます。ご成婚した正田美智子の子供と思われます。

若いころのナルちゃんは、若いころの佐伯氏に似ています。

 

同時期に複数の徳仁、複数の美智子が確認できます。

左:徳仁2号、右:徳仁1号、

 

上段:徳仁1号、色白、ストレートヘア、丸顔、

下段:徳仁2号、色黒、剛毛くせ毛、丸いおでこ、落花生のような頭蓋骨

 

A≠Bですね。そしてBは徳仁2号と思われます。

正田美智子の生んだ徳仁以外にも徳仁はたくさんいるところをみると、こちらも早くから屋号化していたようです。

正田美智子が産んだ、いちおうは皇族として認められていた徳仁さんは、2017年1月の宮中行事を最後に今は行方不明です。尿パックの着用と、尿漏れが確認されており、死去したと思われます。その後、徳仁を務めているのは、風貌が似ているだけで中国人の労働者臭い、手の荒れた下品なにせものです。

口唇口蓋裂のあとがある徳仁もいます。いずれの徳仁さんも、発音が中国風で、おかしいことが指摘されています。

本当に、この偽物が即位するのでしょうか。

※詳細は「皇太子の影武者」へ

続きます。

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

関連記事と広告