※人気ブログランキングに参加しています

【つれづれ】9月22日 天皇の「正統なお血筋」の意味

Sponsored Link

本日も拙ブログへお越しいただきありがとうございます。

いうまでもなく、皇室も、どこの国の王室も王位継承の条件ではずせないのはお血筋の正しさだと思います。皇族としての特権も、王族としての特権も、基本はお血筋による相続です。基本はそうです。

英国では、英国王太子妃の条件が処女であること、皇太子妃を寝取った男は死罪になることなど、それなりのハードルと刑罰を用意してお血筋がかわるのを封じています。

しかしながら、チャールズ皇太子の長男であるウイリアム王子のお妃さんは処女ではなく、そのことを別に問題にはしていませんでした。ウイリアム王子の結婚式には、王子とキャサリン妃の元カノ、元カレをよんだといいますから一般人とかわりませんね。今、あらためてウイリアム王子の結婚式の写真をみると、厳格さが蒸発してしまい、一般人カップルがコスプレしている軽薄さがあります。

英国だけではなく他の王室も、卑賎婚をする王位継承者がふえつづけて権威が溶解し、国の象徴というより「幸せな家族」の写真を配布するだけの存在になりつつあるのではないのでしょうか。

 

Sponsored Link



 

英国王室の将来

先日ダイアナさんが事故死して20年がたったそうで、特集を組むメディアが多かったですね。

うちは親が緩い左翼なので毎日新聞がきますが、紙面のなかでウイリアム王子の王族らしくないグチを掲載してましたね。

要約すると

・ママが突然死んで哀しかった。

・哀しいのに、何百万人もの人にみられてつらかった。

・子供をそんな目にあわせるのは、おかしい。やめるべき。

この方、公人の自覚がないんですね。というより理解できてないのだと思います。相当頭が悪い方のようです。容姿も頭もダイアナさんに似たのでしょう。

王位継承者の一人という究極の公人なのに、立ち位置と視線は一般人なんですね。王族としての自覚がゼロです。アホです。

王室の権威と特権を享受しながら、一般人の気楽な生活やプライバシーを要求する。まるで我が国の平成の皇族たちのようです。

ま、さすがに、王子は、托卵でもなければ偽物ではないと思いますが。

 

いうまでもなく、特権と個人の人権は並立しません。一般人のもつ人権や自由がほしいなら王族をやめるべきです。

模範的な家庭の家長という役割を演じたいのかといえばそうではなく、拒食症になった妻と子供を置いてスイスに遊びに行き、アホ丸出しで呑気に踊っているところが動画で拡散しました。ちなみに、公務を放棄してのスイスへ勝手に休暇へ行ったそうです。

英国の徳仁といっていいとおもいます。

ウイリアム1世で始まった英国王室は、ウイリアム5世でおわるのかもしれないな、と思いました。

 

正統な天皇皇族の先祖は、皆天皇・皇族

話はそれますが、人には守護霊団がつきます。

人数は人によって違いますが、徳の高かった先祖霊で構成されている場合が多いそうです。

やはり、先祖は、子供を守る親の気持ちで子孫をまもるので加護も強烈だとか。当人がアホなことばかりして高級神霊が見放しても、最後まで見捨てないのが先祖霊だそうです。

守護霊団のリーダーになる霊は、守護霊の中でも格別に生前徳を積んだ庄屋さん、学者さん、お坊さん、神主さん、お武家さん、お公家さん、などが守護するとのことですが、なかには、前世でご縁の深かった霊が守ることもあり、天皇皇族、藩侯、ローマ帝国時代の軍人、中国の賢人、イスラムの聖職者、欧州の学者、など直接血縁関係がない霊が守護することもあるそうです。

 

正統なお血筋なら、壮大な家系図を形成する天皇家の直系傍系先祖の加護を得る

日本と欧米では、神の定義がちがうのですが、日本人では、先祖の大先祖が神、という感じで、神と人間との間に連続があります。

欧州では、創造主、絶対神と人間と決して交わることのない次元にわかれて二元化していますが、でも、人間を直接まもっているのは、徳を積んだ霊位のたかい人間だった霊なわけで、そのおおくが先祖霊なわけです。

 

日本の天皇をはじめ皇族、皇統の方々の場合、先祖が全員天皇なんですね。そして、皇統につらなる門跡や公家さんたちです。

天皇家は貧乏な時代が長かったですから、皇位継承者でない親王は出家させられ、内親王がたも門跡になることがおおく、半ば強制的に信仰と文化活動を半ば強制されてきた方々が多くおられました。還俗のまま残られている方も、歌を詠み、嵯峨天皇のように華道などの文化を極め、同時に、神道や仏門に励む生活をすることになるので、最高の文化人でかつ最高の聖職者としての生活をされていたようにみえます。当然徳分も高く積みます。

なかには、恨みを残して祟神になったり、後醍醐天皇のような異端の天皇もおり、天皇にもいろいろな方がおられましたが、それでも、天皇になるに相応する運を持っていた方だったわけです。天皇、皇族としてうまれた以上は、文化の研鑽と信仰が一部になった人生になります。当然、霊力もすごいでしょ。

 

先祖が全部天皇、皇族、これ、すごいですよね。

祈れば、歴代の天皇や皇族たちの霊が無条件で呼応するのです。しかも、2700年続く系統です。

国の運はトップにある人の運に添いますので、「王」としては最強だと思います。

 

正統なお血筋なら、神々に命じる立場であり天皇の命に日本の神々がそれに従う

さらに、古事記にもありますが、日本の神々は天照大神の子孫に従うという契約というか誓約があります。

いいかえれば、正統なる子孫でない場合、この契約は動きません。もちろん、歴代天皇家の皇祖霊も、個人を個別で守っている場合以外は動きません。

また聞きですが、天皇は神社に参拝しても頭を下げてはいけないそうです。

なぜなら、神々に「国家の安寧と平和」などを命じる立場にあるからだそうです。

あらためて申し上げるまでもなく、天皇家は神道の祭祀王です。

お血筋の大切さのなかに、正統な皇統のかたであるなら、ご当人が凡庸でも、あるていど愚昧でも、最初から神からの守護が約束されていることがあるとおもいます。そこに、正統な皇統の方の強みがあり価値があります。

役割ではなく、血統が問題なのはそのあたりの事情があるとおもいます。

天皇にしかできないわけでもない、必要でない「御公務」にやってきて手を振る人間が必要なわけではありません。別に皇族がお成りにならなくても、行事式典はできるのですから。国賓を迎えるための晩餐会や式典も、祭祀王の役割にくらべると重要ではありません。晩餐会など、首相がやってもいいくらいです。

祈ると歴代の天皇とその連枝が呼応する、さらには神々も従う、それができる方が天皇であり、天皇としての条件であり価値があるのだと思います。その資格のある方々が、皇籍を離脱した旧宮家、皇別摂家に120名おられます。

※詳細はこちら⇒ 

天武天皇系の時代の危機と疑惑

話はすこしそれますが、奈良時代の天武天皇の系統は仏教(当時としては異教)に傾倒しました。

天武天皇は天智天皇の弟で皇太子だったとされていますが、生年が不明だそうです。のちの天皇になった後に焚書をおこない都合の悪い記述を削除させた形跡もあります。

本当は天智天皇の弟ではなく、天智天皇の母の連れ子だったのではないのかという説もあり、その後の天武の系統の陰惨さをみるに信憑性があります。

天武の妃には、兄とされている天智天皇の娘たちが異様に多く、持統天皇など、天智の血を引く娘や孫娘が皇位につくと安定しますが、息子になると短命、不遇の死を遂げるものばかりで、「天武の血を残さない」という運命の意志を感じます。これは、明治帝のお子様の事情にもつうじるものがあります。あれだけの数の側室がはべっていたのに、虚弱な大正天皇しか親王は残せませんでした。内親王もおおくが夭折しています。

 

天智天皇の死も不審なことがおおく、天武天皇の即位後、草薙の剣がたたったので御所から移動させたとありますから、天武には三種の神器に祟られるわけがあったのでしょう。

仏教狂いは天武系の特徴ですが、おそらくは、天武天皇は正統な皇統ではなかったからだとおもいます。ゆえに異教に傾倒したのではないでしょうか。そのながれで、天武系の皇統の末期には奈良の大仏をつくりました。

文化遺産としてのこってますし観光資源として利を奈良県に落としていますが、当時は、莫大な費用と労力をつかって民を苦しめ、さらには、水銀などの汚染による公害病が発生し民をくるしめています。怨嗟の声があがってたはずですが、それでもお構いなしに建設しました。

 

しかしながら、大仏のご利益は薄かったようです。アルカイックスマイルを浮かべるだけで、天武天皇系のためには何もしなかったようにみえます。そして、道鏡事件をおこした女帝を最後に天武系は絶えました。スキャンダラスな終わり方でした。

その後、天智系で臣下にくだっいた官僚が皇籍に復活し天皇となるというウルトラCで皇統は継続され、さらには皇統は天智系に戻り少なくとも孝明天皇までは確実に続きました。

何度も書かせていただきましたが、平成の皇室と奈良時代の皇室が被りますね。

 

完全に工作員ととってかわられた「平成皇室」

美智子様

 

ナルちゃん

 

愛子さん

女性天皇になろうとしている子が、金正男の長男に酷似しているのよね。正男は日本に同じ年頃の娘がいるという噂。

 

文仁親王

 

紀子さま 

上段は川嶋紀子さん。下段は、、、、不明。

 

眞子様

 

悠仁親王

明仁さんも、佳子様もたぶんそうでしょう。

 

コンパニオン化した皇室

天皇夫妻、皇太子夫妻、内親王、筆頭宮家の一家、全部偽物。しかも敵国・朝鮮系工作員。

公務やニュース映像の撮影の時に集まってくる、どこの国のどこの人かもしれない人間による「皇室コンパニオンチーム」。

そんなもの、およびじゃないのよ。

そんな連中に、日本の神々や、皇祖神が呼応するわけないでしょ。祭祀を放棄しがちなのは、たぶん口伝でつたわるはずの何かがわからず、古装束を着せられて送られても、実際、何をしていいかわからないので暇で無意味に感じるんだと思うわ。

祭祀王不在、天皇家不在になったために、禍を小さくできないために災害・人災をこうむりつづける国民のことを考え、国と国民の幸を願うのなら、偽物の親王3人は皇位継承を遠慮して旧宮家を皇籍復帰させて禅譲するべき。

それが嫌なら、天武系を範として、さっさと滅んでちょうだい。

 

 

 ◆人気ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

7 件のコメント

  • でれでれ様、こんにちは。
    よくよく考えてみると明治維新で士族を支配層から外し、華族制度廃止で旧宮家旧大名家を外し、地租改正?で大地主を外しと着々と連中から日本社会を解体されて来たのかなぁ、、と思います。
    廃仏毀釈でそれまで渾然一体となっていた神道と仏教を分け、国家神道で天照大神を一神教化してやしないか(キリスト教化)?と疑い始める今日この頃。
    昭和帝の母親のクェーカー教との関係疑惑や美智子のカトリック疑惑、、。
    明治から西洋を有り難がり憧れるような風潮。日本にも既に江戸時代までで立派な歴史と文化があるにも関わらず、自国の事を卑下するような風潮。
    日本の繁栄が都合悪い勢力があり、とことん妨害されるのでしょうか?その為には皇室に外国の工作員を皇族としてなりすまさせ、日本の霊的中枢から蝕み腐らせようとしている、本当に恐ろしい事です。
    明治以降日本人は単一民族であると言われ出したようですが、私は日本人は色々と混じりあっているというのが本当だと思っています。だからこそそんな日本人の要として天皇を仰ぎ大切にし国のまつりごとを行い、統合の象徴として天皇制を支えて来れたと思います。
    皇室問題は国の根幹に関わる問題であり、そろそろ真剣に天皇とは?皇室とは?と国民皆が考える時期に来ていると思います。
    日本が自らの個性を大切にし日本の良さを世界に向けて発信していくのか、或いはアレラから侵食されるに任せ魂まで手渡してしまうのか選択を迫られていると感じています。

    • 日本は、日本であり続けるか、溶解するのかの分かれ道にきているとおもいます。
      なんだかんだで、生き延びてきましたが、今度は中枢の天皇家が不在のじょうたいなので危険だとおもいます。
      神威が現れるのをしんじています。

  • 英国といいスウェーデンといい、日本以外でも貴賎結婚が見られるように
    なりましたね。
    日本もある程度は東宮夫妻の怪しさに気づかれた方も増えましたが、
    英国ではチャールズ皇太子よりもウィリアム王子の方が国民からの人気があり、
    今でもダイアナ信仰が残っているので
    エリザベス女王も今死ぬわけには行かないのでしょうね。
    だから影武者を用意されておられるのかなあと。

    話を日本に戻しますが時代が時代だったとはいえ、
    急な東京への遷都、明治以降に大きな戦争に巻き込まれ続けたことや
    短いスパンで震災があったこと、
    昭和帝の2人の親王にはお子が成せないことなどを見ると
    やはり皇祖神さまのお心は現在の皇族をお守りするつもりはないのでしょうか。
    ただ、本物の秋篠宮様御一家には武将の霊がお守りしていて、
    悠仁様がお生まれになる際の瑞兆があったので、
    どこかで本物の宮様たちがご無事であればと祈りたい気持ちもあります。

    ただ、ついにマスゴミですら悠仁様を天皇にすることを言及し出したので、
    おそらく今の悠仁様は偽者にすり替えられていると考えられます。
    一刻も早く本物を復帰させ、旧宮家を皇族にすることが
    いいのかもしれません。

    • >おそらく今の悠仁様は偽者にすり替えられていると考えられます。
      一刻も早く本物を復帰させ、旧宮家を皇族にすることが
      いいのかもしれません。

      同感です。悠仁様即位の報道がでてきてますので、今の悠仁さまはにせものでしょうね。
      本物がご無事なのを祈っています。

  • いつも記事を楽しく読ませていただいています

    >そんな連中に、日本の神々や、皇祖神が呼応するわけないでしょ。祭祀を放棄しがちなのは、たぶん口伝でつたわるはずの何かがわからず、古装束を着せられて送られても、実際、何をしていいかわからないので暇で無意味に感じるんだと思うわ。

    なるほど。そして、資格が無い者が強力な霊力の集中地点や流れにしゃしゃり出て、必要なするべきこともできないとなると、誓約と血統で従っていた「神々」から、「罰」というか反撃を受けそうな予感…(水俣ほかの件もありますが)。

    それと一点、気になったことがあったので、お尋ねです。
    >読売
    >紙面のなかでウイリアム王子の王族らしくないグチを

    イギリスの報道では、次男のハリー王子がそのような発言をしており、長男のウイリアム王子は沈黙を守っていました(長男夫婦はパパラッチに追い回され、フランスの雑誌に休暇左記のヌード写真を勝手に掲載されて訴訟を起こすなどの歴史があり、マスコミ嫌いでも知られています)。

    読売のほうは目を通していませんが、誤植あるいは事実誤認があったのでしょうか?

    • ご指摘ありがとうございます。
      発言の件、ちょっと調べてみます。
      ウイリアム王子の画像が掲載されてましたが、半分眠りながら新聞をよんでましたので勘違いかもしれません。

  • でれでれ草さま

    皇統簒奪を狙う黒い集団との戦闘には、絶対、負けません。
    神威を信じていますので。

    とにもかくにも、本物の悠仁親王殿下に、今上の譲位前、東宮の即位前に、速やかにお戻りいただくのが肝心です。

    ニセモノは不要。
    日の本の瑞穂の国は今、危機的状況にありますね。

    ニセモノだらけの集合写真は、戦慄 & 噴飯ものです。
    この人たちのことを身近な会話の話題にしたくありません。

    表舞台から速やかに去り、二度と姿を見せないか…
    または、いつか吊るされる日まで、のうのうと生きながらえるか…二者択一ですね。

    でれでれ草さまに同感します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。