※人気ブログランキングに参加しています

【皇室】北朝鮮発・ダサい脚本と大炎上

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

朝鮮半島では、しばし、斜め上の発想と言動で我々日本人の度肝を抜きます。そのほとんどの着地点がギャグになってしまうのですが、だれも笑わないギャグに人生や民族の存亡をかけるところが凄いといえば凄いと思います。

平昌五輪パフォーマンスの白眉 人面鳥。国家的予算をかけて披露する価値のあるものしょうか。

「韓国 人面超」の画像検索結果

 

フジツボ状態の北朝鮮の高官、センスが凄いと思う、缶バッチっぽいのがまた、、。

 

ダサいことこのうえなし。21世紀と思えない。統一教会や創価学会のマスゲームと被るんですよね。

「金正恩 gif」の画像検索結果

 

朝鮮伝統文化とは、他国の文化を盗み「韓国製」のレッテルを貼ること。しかし、劣化が凄いのでギャグになります。

朝鮮茶道 

真面目腐ってやってるところに、ギャグを超えた哀れさがあります。

 

全ての朝鮮系の方にみられるわけではないのですが、たとえ民主的な国で生まれても、周り近所すべて同族というような閉鎖的な家族制度や狭い集落や環境で育ったり、中途半端に資産や地位があった場合、その思い込みやゆがみを指摘されたり矯正されたりする機会を失ったまま成人してしまう人がいます。

その場合、現実を認識する力が一段と弱くなるのかな、という例が顕著に見られますね。意味のない楽観性からくる偏見と自信、明日のことを考えないその場限りの思い込みのまにまに突進するので、他人や他国を巻き込んでの悲劇を招くようです。

 

朝日新聞「北朝鮮はこの世の天国」

昭和の頃、労働不足に悩んだ北朝鮮。

その悩みを解決するために、国会議員に化けた朝鮮系のヤクザである稲川会政治部門小泉組の組長が「祖国に帰還しよう」と旗を振り、「北朝鮮はこの世の天国」と朝日が煽った結果、在日さんの北朝鮮の帰国事業がおこり、おおくの気の毒な在日の方が騙され北朝鮮に帰還して、どえらい目にありました。

帰還した方は、そこそこ現実に関する認識が甘かったということになりますが、甘かったのは、北朝鮮がわも甘かったようです。

 

『将軍様の錬金術』  金讃汀

P68~

清津市の人民委員会の中堅幹部だった彼——李鎮植は日本で迫害と貧困に苦しんだ在日朝鮮人が祖国に帰還してくる、暖かく出迎えようという当局の指示を信じ、埠頭で帰還歓迎者の群れに加わった。

多くの北朝鮮市民が、歓迎のため詰めかけていた。李は極寒の北朝鮮に帰還してくる在日朝鮮人が、貧しさのために防寒服も持って意なのではないかと考え、軍隊除隊時に持ち帰った、古びた綿入りの軍用オーバーを帰還してくる貧しい在日の人々にプレゼントしようと思い、オーバーを小脇に抱えて待機していた。

やがて在日帰還者たちが下船してきたとき、彼らを見て李鎮植は驚いた。彼らは皆貧しいどころか、とても豊かに見えた。北朝鮮ではよほど豊かでなければ身に着けていない腕時計を総べての人が腕にはめ、ウールの新品のような暖かそうな防寒服やオーバーに身を包んでいるのを目の当たりにして、伝えられていた貧しく哀れな人たちという状況とあまりに違う光景に、ただ驚いた。

自分の持参した古びた軍用オーバーなど恥ずかしくて、とても差し出せず、そのまま持ち帰ったと語っていた。そして言う。在日が皆貧困で、その日の障子にもこと書いている、という政府の宣伝がいかに間違った認識だったのかを初めて思い知った。

しかし、当時の北朝鮮ではこのような在日認識は李だけではなく、指導者も含め、一般市民もみな持っていた。たしかに在日は貧しいが、それは日本社会の生活水準と比較してのことであり、日本と北朝鮮のあいだには住民の生活水準で各段の差があった。その経済格差を在日も北朝鮮側も正確に認識していたなかったことから、予期せぬ出来事や、さまざまな混乱や悲劇が生じた。

転載以上

 

北朝鮮に帰った方々の悲劇は言うまでもありません。

祖国のためにと帰還した技術者たちも、優れた技能があっても生かす場がなく、財産は没収され、結局、世界最貧国の最下層に押し込められて貧困と差別の中で亡くなることになります。多くのかたが極寒の強制収容所で、帰国を後悔しながら命を落としました。

亡くなるときは、本来は北枕にして葬るのですが、帰還した方々は、頭を日本の方角である東にむけて埋めてくれ、と言い残して亡くなったそうです。

 

Sponsored Link



 

伝説の「2012年MORE3月号」

2012年MORE3月号が、韓流おしがひどすぎて炎上したことがありました。

韓国特集を組んだのはいいのですが、その内容のあまりの貧乏くささに読者さんが呆れはて、結果炎上となりました。

今読むとギャグなんですが、いきなりこれを持ってこられるとテロだと思いますよね。

http://news.livedoor.com/article/detail/6295012/

「親友、アズサと新大久保のマッコリバーへ」

マッコリバーで飲みながら、エイジのことを考え中。

 

「飲みすぎた翌日は、韓国のりが朝ごはん。あ~んまいっ♪」

 

例の女の子がヨンボに告っているところに遭遇

 

「お天気もいいし、朝鮮人参エキスも飲んで、元気いっぱいにデート♪」

ウサ晴らしと韓国語の勉強を兼ねて、韓流ドラマみます

 

カスタマーレビューが大炎上

 

トップカスタマーレビュー

tohka

 3,518人のお客様がこれが役に立ったと考えています. 

アマゾネス

た立ち読み立ち読みしましたが、これは酷い。
嫌悪感が湧いてきた。
今まで付録目当てで買いましたが、もう買いません。

マチノアカリ

今回は手に取る人が普段よりも多かったはずですよね?集英社さん。
それを見込んで韓国特集にしたのかどうかは分かりませんが、
滅多にファッション系の雑誌を買わない人たちに
「こんな酷い見え透いたステマ、洗脳の手先になり下がってる雑誌」
と、編集部の誰かが世間に知らしめたかったのなら、大成功ですね〜
普通に韓国特集なんて組んだら立ち読みで誰も買わないでしょうから、苦肉の策か、してやったりか。売上に利用された人物や付録など、何かを目当に購入した人は雑誌の内容なんて確認して買いません。
私もその一人でした。購入して付録と必要な記事だけ切り抜いて、後は読まずにポイ。
後からこの騒動を知って、どうでもいいものを目にしなくて良かったと思いましたが、
これからはどの出版社も韓国特集するときは「人気の付録」、「人気の人物」の抱き合わせで発行するのか、
開き直って年中韓国特集で押してくるのか…見ものです。

 

若い女性を、どこに連れていきたいのかは理解できるのですが、だれも共鳴させられたなったところに、文化力の限界があるようです。

これに近いものが、2017年05月の一報からはじまり、今もダラダラ続いている小室圭と眞子様の報道ですね。
しかしこちらは、炎上することなく、さーーーーーっと国民が白けきり完全に無視されている、サイレントクレーマー状態です。
あるいみ、MOREに対する扱いや反応より酷いと思います。

 

北朝鮮発 小室圭・偽眞子様ご婚約報道

婚約報道の一報から一貫して、小室圭と眞子様にかんする報道は、貧乏くさい、レベルの低い内容で白けきりました。

内親王がSPもつれず、ユニクロのワンピース??

 

小室圭と偽真子、婚約延期後

週刊誌では相変わらずですね。

・小室圭の母親に借金発覚!新興宗教にはまっていた母親!

・小室圭に二股疑惑!

・秋篠宮家で家族会議。眞子様「絶対結婚する」

・小室圭が秋篠宮家へ陳情へ、秋篠宮様門前払い、、、

・眞子さまは引きこもりになられて、毎日スマホでメールでやりとり、、

小室と眞子様の「物語」の人物設定、脚本、エピソード、、、

小室という正体不明の巨大なウソと巨大な陰謀を隠すためのゴシップ記事なんでしょうが、内容がアホらしくて、リアリティがないので、伝説のMORE三月号のように、日本社会から隔離されているような人か、日本に住んでいない人間がかいているんだな、、とわかります。

 

素朴な疑問として、、、

・もともと小室と眞子様は交際実績がないんじゃないのか、とか、

・交際しているならそれなりの写真やメールが公開されていいのに、そんなものでてこないとか、

・コムロと眞子様が一緒にうつっている写真は「電車でデート」の一枚だけとか

f:id:e-vis:20170527060241j:plain

・そもそも電車での移動がデートといえるのか、とか、

・「電車でデート」の写真は加工だらけなのはなぜか、とか、

・しかも女性が眞子様ではなく佐藤某という女優ではないのか、とか、

※詳細はこちら

・写真を他社に提供できないのは、捏造画像だからではないのか、とか

※詳細はこちら

・佐藤某という女優とエキストラチームが、眞子さまになりすまして活動していたことと関係あるのか、とか、

f:id:e-vis:20170601092556g:plain

・ようするに、眞子様がヒラメ顔の顔の巨大な下品なデブの偽物とすり替わったとか、

・小室圭は海の王子とキムコムロと2人いるとか、

・小室の父親と祖父が連続して河原で不審死して保険がおりなかったらしい、とか、

・それは犯罪性があるのではないのか、とか、

・同居している祖父は血がつながってない別の意味での小室母のパパなのではないのか、とか、

・この母子が日本戸籍を持っているのか不明、とか、

・母親の名前は当初、佳与、圭与とされたが、与がつく女性の名前は朝鮮の名前ではないのか、とか、

・イスラエルでキムコムロと報道されたとか、

・ベトナムでは、ベトナム人と韓国人のハーフとして報道されたとか、

・コネであっても片親で、しかもあの学歴ではメガバンクに就職はもとより、丸の内勤務はありえないとか、

・本当に正社員で採用され勤務したのか、とか、

・そもそもICUに入学したのか。IUCではないのか、とか。

・というか、IUCにいった小室圭と同一なのかすら疑わしい、とか、

・小室がほんとうに英語が堪能なら、ここぞとばかりにマスコミはその卓越した発音と英語を収録し拡散し披露するだろう、

・あるいは、英語の論文を掲載するだろう、とか、

・それがないのは、英語が話せないのではないのか、とか。

f:id:e-vis:20170522211119g:plain

・なぜ大学在学中の写真や友人が、なかなかでてこないのか、とか

・やっとでてきたのはいいが、どうもコラ臭いとか、

・そもそもメガバンクにつとめたことがあるのか、とか、

・勤務経験があるのなら、なぜ勤務期間中の写真や勤務先の上司や同僚がでてこないのか、とか、

・授業のある時間に美容院にいっているところをみると大学院にいってないんだろう、とか、

・あきらかに司法試験を受けてないよな、こいつ、とか、

・法律事務所の開いている時間を知らなかったとか、ありえないとか、

・それゆえに通勤していないのがばれたとか、

・ジャケットのボタンを全部しめてきていた小室圭、シャツの第一ボタンをあけてネクタイをしめていた小室圭、

・スーツの着方がおかしい、お辞儀ができないところをみると就活もしてないだだろう、とか、

・どれだけ調べても小室の母親の過去と経歴が不明であるとか、、、、

・キモイ小室を、王子、王子ともちあげるのは創価学会系だけ。もしかして、小和田雅子のように隠れた池田大作の血族ではないのか、とか、、

・なぜ、偽物の眞子が、総連の要人ににているのか、とか

・そもそも、この二人は本当に25歳なのか、どうみても30代後半より若くはみえないのはなぜだ、とか、

・ずばり、おまえら北朝鮮の人間ではないのか、とか、、、

 

書く度胸のある週刊誌はなさそう、、、。ま、期待してないけど。

 

※すり替わった眞子様と小室圭との婚約の詳細はこちらから

 眞子様のご婚約騒動最初から一覧

 

週刊誌側もヤケクソになっている感があり、どうせやるならMOREのように極めてほしい。

眞子様ネタも、あと数年たてばギャグになるでしょう。

 

朝鮮人のかたや企業が失敗する要因として、あまりに自意識が巨大で認識不足でかつ傲慢なので客観的に自らを見ることができず、結果として大恥をかき失敗する傾向がありますが、こうした傾向は、チーム小和田家にも影響していると思います。

 

立ち上がる猫

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

26 件のコメント

  • ブルー花柄のユニクロワンピが、違和感を持った最初でした。ユニクロの中でもリバティプリントで肌触りも良くかわいい夏物だと思いますが、そっくりな色柄のレリアン(紀子様ゆかりの婦人服)のワンピースをお持ちの内親王が、値段10分の1のユニクロをあえて着ようというときにまったく同じに見える水色の小花柄を選ぶでしょうか。本物(か、そちらに近い替え玉)にイメージを重ねようというムツミズ側の計算で、女優に着せたのではないかという気がします。

    • 海外公務でもお召しになった似たような柄のワンピースがありましたね。
      誤解させるために、綿密に調べ上げているのが気持ち悪いです。
      でも、予算がエコなんですね。
      脚本を書いているのは北朝鮮・総連系かもしれませんね。予算がないそうです。

  • モアの特集には呆れました。ヨンボだとかゾッとします。ファッション雑誌はある意味ライフスタイル提案でもあるので、真に受ける人がいたらどうするんでしょう。当時は韓国男性とつきあったりするのが、おしゃれというか最先端みたいなメディア誘導のウソ流行があったように思います。以前、Eテレでハングル語口座をチラ見したのですが、スキットの設定は、日本女性が韓国に嫁いで夫の親や小姑と同居しているというゾッとするものでした。

    • >日本女性が韓国に嫁いで夫の親や小姑と同居しているというゾッとするものでした。
      やたらテレビやマスコミが、そういう方向へ持っていこうとしてましたね。広まりませんでしたが、、、。
      統一教会は、日本の女性信者を嫁の来ない韓国男性に、売りとばしていると聞いています。
      韓国発祥のキムチ料理すら、家庭には定着しませんでした。
      文化力とは、そんなもんかもしれません。

  • 仕事がら、電車で移動するから、どうしても新大久保と高田馬場を通る。決まって、乗車してくるのが、クローン化した女(実のところ日本人JK)、アニメキャラ化した男。得に男は、王子をイメージしたようなポワーンて感じのが多い。こういうダサいのが、日本人のJKを喰っているから、お姫様願望の強いバカ女に成長する。昨日、どう見ても三十路のシングル女が、電車内で恋愛シュミレーションゲームに熱中してて「はあ?」でした。深夜の時間帯にやってるアニメもバカ王子系のキャラクターばかり出てるし。恥ずかしいんだけどね、日本人として!ダサい病を日本にばら蒔くな!

  • 私はスキー部での表彰式の写真で「?」がつきました。
    これ誰?って感じでしたから。
    ICU、桜がとても綺麗なんです。
    でも今回の騒動であまり魅力がなくなってしまいました。

    • 表彰台で、内親王が中指に指輪でピースしてましたからね。
      あと、紫色のパーカーをきた「眞子様」たちの合宿の写真のレベルの低さがアウトでしたね。
      ICU,ロック4世さんが留学した学校でしたね。
      ここの創立がなにやら陰謀臭いので、なにがあっても驚きません。

  • ポンコツ過ぎる。
    はじめ股子のニセモノガー記事になったときに、
    「またまたあ、あんなポンコツに偽物がいるわけないっしょ。あんな世の中に二人といないポンコツ女に似た偽物、用意できるわけないじゃん」と半信半疑で読んだものでした。
    済みません。検証記事を読むと本当に偽物はいたのですね。それも家族単位で、海外赴任時代から用意されていたとは。
    しかしゴユーシュー伝説に沿った育て方をしたのでしょうが、伝説があまりにもゴユーシュー過ぎたのか。
    途中から筋書きを本人に合うように、変えようとは思わなかったのでしょうか?
    本人があまりにもポンコツだったのでゴユーシュー伝説は崩れ去ったのですが、それはまだネットの中だけなのかも。
    60代の知り合いがたくさんいるのですが、みんな慈悲深いミッチー伝説を信じていたり、股子さまが皇后になってもいいけどさなんて言っています。
    そして週刊誌に載っている範囲の、ヒラメマココムロの結婚話だけに興味があって、ヒラメマコキムコムロの結婚によって我々の税金から支出される一億円以上のお金には興味がない。
    もしかして、お金の単位が大きいから想像が出来ないのか。税金から出されるとは思っていないのか?謎です。
    彼女たちはポンコツ皇太子よりも、天皇の血が濃い人物がいるなど絶対知らない。
    お願いだからネットをやってくれよ、キムの経歴なんて山ほど載っているし私に何度も聞かないでくれ。
    ポンコツ皇太子が天皇に全然似ていない謎も分かるし、あんた達が大好きなファッションリーダーミッチーが、カリメロみたいな変な帽子をかぶっているところとか出てきて「この人変」と思うこと請け合いだよ。
    ネットをしない世代はやっかいですね。ネットをしていても、安倍憎しの記事しか読んでいない、ウーマンリブ運動の先導をしていた知人が一番考えが凝り固まっていてやっかいです。

    • 雅子に関しては、あんまり興味なかったんですね。
      皇位継承とは関係ない人ですし。
      ただ、雅子、をやる人間が、どれもこれもポンコツなのが神威発揮の結果なんでしょうか。
      ある時期に、日本中に嫌韓が一気にひろまりまししね。それまでは、一部のネットでしか韓国の危険性を認知していませんでしたが。
      皇室問題も、おなじように、なにかの時期に一気に真相が拡散し広がると思っています。

  • でれでれ草さま

    確か佳代さん、最初は圭与でしたね。圭与からの佳与→佳代。まるで三段活用。最初名前が出たとき、息子に父親の名前から一字ならわかりますが、母親の一字を与えるか?と話題になりました。
    婚約内定会見の写真、二人とも落ち着きがあるのとは違って、老けてますよね。26歳には見えません。

    女性誌なんて若い頃『mcSister』(RICACOや今井美樹がモデルをしていた頃)を買ってたくらいで他は知りませんでしたが、『MORE』ってこんなこと書いてたんですね。そりゃ伝説になりますわ。カスタマーレビューの一番最後のが個人的にツボです。いやあ、真剣にあの内容を書いていたとしたら編集者の良識どころか正気を疑いますし、OKした編集長もどうかしてます。この炎上のあと責任問題になったんでしょうか。そっちも気になります。

    • >確か佳代さん、最初は圭与でしたね。
      そうでしたね。訂正しました。カリアゲの妹も与がつく名前でしたね。
      一目で朝鮮系だとわかる名前をだしてきたところが、荒いですね。
      例のファッション誌は、ハニトラとお金と脅迫の結果、ああいう記事になったのかなと想像してますが、洋服を提供しているブランドや、スポンサーの反応がしりたいですね。
      しかし伝説の3月号は、笑えます。

  • 日本には煎茶道もありますから、急須を使うなら、まあ笑ってあげてもよいでしょうが、写真にあるのは急須でさえなく、土瓶ですからねぇ。漢方薬や焙じ茶を淹れるものですから、笑うというより憐れんであげるしかないでしょうね。

    そう言えば、20年位前でしょうか、NHKが、茶道の茶室は韓国の住宅様式がルーツであるという番組を放送していました。当時は、「ほう、そうなのか?」という程度でしたが、今にしてみれば「なるほどねぇ」(笑)

    食べ物を例にとってみると、日本では外国の食文化を初期にはかなりアレンジ、デフォルメして受け入れますが、それが定着すると、オリジナルの姿はどんなものなのかを知ろうとします。オリジナルは真上に仰ぎ見るべき存在で、外国の文化を憧憬こそすれ、元祖を詐称するなど思いもよらないことです。

    片や、オリジナルの下から斜め上に躍り出て、太極旗で覆ってしまう韓国。
    これは、一種の「背乗り思考」といえるのでは?

    • 急須が安っぽいのが、ギャグなんですよね(笑)
      茶道は総合芸術で、お道具も芸術であるのがわかってないのが、やはりギャグですね。
      日本のように他国から仕入れた文化を加工練磨できないので、すぐにばれてしまいます。
      まだ続けるのでしょうか。

  • でれでれ様、こんにちは。

    眞子様電車デート写真のお相手男性の第一印象は、内親王のお相手に相応しくない軽くて育ちの悪いお兄ちゃんオーラで、眞子様がこんな下品な男と付き合うわけないだろって思いましたね。
    第一報から登場するコムロの女友達たちのお軽さや、婚約内定を祝う街の若者の声も軽薄な内容で皇室の慶事に相応しい内容とは思えませんでした。

    コムロの法律事務所前にての囲み取材や、皇室との御縁組のわりには表に出て来ないコムロ母にコムロの職場の長、、なんか変だな?という感じでした。

    最近、秋篠宮邸に150分にわたり御説明に伺ったコムロが報道されていますが、自分サイドの不祥事の釈明をする目的で宮邸を訪れたにしては、相変わらず宮内庁から回して貰った車で出向き、、とコムロ本人及び報道する側の見識の無さには呆れるというよりは白けきってます。

    結局、この騒動元々からエアーでフェイクなんでしょう。真実味現実無がまるで感じられません。
    今後も続々とコムロのボロが出まくるのでしょうが、出る度にコムロが粘れば粘るほど逆効果になるだけだと思いますね。

    この騒動を仕掛けた側の軽薄さとおつむの軽さ、一般日本国民のレベルをあまりにも低く見すぎている等々、これからじわじわブーメランとなり仕掛けた者、黒幕に向かうことでしょう。

    • 小室使っている宮内庁の車は、偽眞子がつかっている偽の宮内庁の車みたいですね。
      ナンバーがちがうようです。
      眞子様の、車、SP,側近などを調べ上げ、似ている人間を、創価芸能プロダクションの人材バンクを駆使してあつめたのが佐藤睦とゆかいな仲間たちのようにみえます。
      しかし、舐められたものですね。
      どう決着がつくのか、楽しみでもあります。

  • アイボンに続いて偽マコにも直感的に気づきました。いつの間に前髪があんなに伸びたの?蛇のような邪悪なオーラが出まくり。だからキムコムと相思相愛になっても何の不思議もありません。どちらも日本人ではないですから。
    明治以降皇室も正統ではないようなので、今の中韓に乗っ取られた偽物劇団は総退場、大勢の不法滞在する同胞もろとも、然るべき裁きを受けて国外退去させるべき。非力な一国民は皇祖神さま、どうか悪しきものからわが日本をお護り下さい、と祈るばかりです。
    余談ですが、私もこのユニクロ・リバティーのワンピースの色違いを持っています。気に入って長く着ようと思っていたのに、この写真のせいでお蔵入り。外に着て出られないばかりか、家の中でも気分が悪くてもう袖を通す気が失せました。服に責任はないけれど、残念で、以来ユニクロやリバティーのイメージが大幅にダウン。会社としても訴えてやりたいレベルでしょう。ホント、偽物はクオリティ低すぎ!
    写真の比較検証がとても興味深いです。こんなにはっきりしているのに偽物でないと主張する人は目と頭が悪いか、あちらの方でしょう。これからもたくさん勉強させて頂きたいです。

    • 偽真子の邪悪なオーラがすごいですね。
      蛇のようなあの目つき、だれも真似はできません。
      ヒラメが河童に化けそこなったかのような、大きく裂けた口。妖怪のようです。
      偽真子と小室の婚約で、観念が外れた方が一定数いたと思います。
      大室ではじまった陰謀が、小室で敗れるのかな、、と。

  • 確か、そもそも皇族は電車に乗らないんですよね。
    遠くへ行く時に新幹線などには乗車する事があるけど、普通の電車にはまず乗らないし
    一歩でも外を出る時は、公人なのだから必ず付き人・SP・皇宮警察など護衛がつくはず。
    移動は車が基本でしょう。
    明らかにそういった基本の常識を知らない人が捏造した記事だなと思いました。
    それなのに週刊誌やテレビでは嘘を喧伝する。
    この時に本当に日本のマスメディアは支配され操作されてるんだなと確信しました。
    反面教師で、そういった意味では日本国民みんなが疑問を抱いただろうから良かったかもしれませんね。
    それにしても眞子さまの偽者はブスですね。顎デカくすりゃいいってもんじゃない
    似せて整形するにしても美的感覚もっと何とかならなかったのかしら
    美容整形した医者もどうせあっちの人だろうし日本人の感覚なんて分かんないんだろうな

    • 電車にのるのは、御公務の時に移動するくらいでしょうね。
      それも厳重な警備体制のなかの移動でしょうけど、内親王が電車に気軽に乗って移動はないですね。
      平成になるまえは、水も漏らさぬ脚本で動いてましたが、平成になっていきなり共産国家っぽくなり荒くなってきました。
      あまりにばかばかしすぎて、わかりやすいので、助かりますが。

  • “朝鮮人参”で吹いてしまいました(笑)。
    私流・野菜ジュースとか、自家製ヨーグルトとかも御法度の
    特集だったんですね。        
    モデルさん、可愛いのに。。
    文章と全くあってないです。

    「豊かさを知らない」‥‥でふと思い浮かべたのは、
    梶原一輝原作の漫画、『愛と誠』。
    早乙女愛は3代続く資産家・早乙女財閥のお嬢さん。
    そのお家のシーンで、
    100畳ほどの応接間に暖炉があり、
    そこに8畳分くらいのソファ&テーブルセットが描いてある。
    残りのスペースは、ただただ広いだけ。
    宮殿の様に高い天井と絨毯以外何も無い。 
    お金持ち家の描写しようとして、思わず自分が育ったレベルが出てしまった感じ。
    (お金持ちの生活空間の想像が出来ない。)
    劇画を描いたのは別の方ですが、原作者も編集者も書き直しさせなかったのは、バックグラウンドが似たり寄ったりだったのかな。(ゴーストライターの噂も多いですが。)
    でも、本当に、
    不意に『愛と誠』を思い出してしまうくらい、
    何とも変な釣り合いの誤婚約報道でした。
    彼らにとっては、最上級のお嬢様が身分違いの相手を追いかける、、って、胸熱になるような設定のストーリーなのかもしれません。

    因みに、梶原一輝氏を改めて検索してみたら、
    いろんな非行や事件もさることながら、
    お父様が、山本実彦(やまもとさねひこ)の出版社、
    “改造社”にお勤め。編集者をされてました。
    ちょっと、いろいろと考えてしまいます。

    梶原一輝氏の弟さんは、麻原彰晃に空手を教えていたとか。
     梶原一輝氏の祖父が熊本出身、
     劇画を描いた方も熊本出身、
     麻原彰晃も熊本出身。。
    それと、「○○の藩士・武士だった」が多すぎですね。
    百姓も、細工師も、商売人も居たでしょうに。
    なかなかそう言うご先祖様の表記が無いですね。

    話がズレてしまいましたが、
    ありえへんストーリーは、劇画だけにして欲しいものです。

    小室圭が、「君のためなら死ねる」
    みたいな発言をしたら、
    ストーリーテラーの出自がわかりますね。

    • 群馬や福岡に何かがあるように、熊本に巨大な何かがあるんでしょうね。
      梶原さん、たしか空手バカ一代の原作者だったと思います。
      モデルになった空手家の大山さんは、普通に朝鮮系だったと公表してますし、サークルや人間関係をみるとごく普通に朝鮮から来た方だったんじゃないでしょうか。
      ヒット作を多く出してますので、斜め上からの立ち位置ではぐくんだ想像力がうまいこと働いたのだとおもいます。

      >小室圭が、「君のためなら死ねる」みたいな発言をしたら、ストーリーテラーの出自がわかりますね。

      そういえば、自分と偽真子を太陽と月になぞらえてましたね。同じ題名の韓流ドラマがあったとか、、、。
      脚本をかいているのが、伝説のMOREのコピーライターのセンスと被ります。
      日本で生まれ育った方たちでは無さげですね。
      小室劇場も、一生懸命、脚本の挿絵になる写真をとるために、宮内庁の車に偽装した車に乗り、秋篠宮邸へ行く写真を撮影してますが、秋篠宮邸から出入りした写真はいまだ上がらず。
      宮邸には入れてもらえないんでしょう。
      普通、婚約者や母親にはSPなんかつかないのに、インチキSPを出してきてワライモノになったこといい、ここまでくると、ギャグですね。
      どういう終わり方をするのか楽しみでもあります。

  • 平たいお顔の眞子様が朝鮮総連議長と被りました。小室氏との経緯が納得できました。
    以前から雑誌MOREでも北朝鮮や韓国化を促していたのですね。しかし日本で生まれ育った日本人の若い女性は易々とは騙されませんね。文化とはそういうものです。
    キムチ料理は何を食べても同じ味がするのです。たまに食べると美味しいですが、やはり日本人には何となく外国の食べ物という感じがしています。日本の伝統文化からは易々とは替えられないのです。朝鮮半島には半島の良さがあるのでしょうが、やはり日本のものとはまるで違います。
    いつも興味深い記事を有難うございます。皇室など見つめなおす良い機会になっています。

    • 頭の悪い人間が頭のいい人間をだませないように、韓流ブームも無理がありましたね。
      日本ではいいものは積極的に取り入れ、日本にあうものにして定着しますが、キムチをはじめ、韓国文化はなじめませんでしたね。

  • でれでれ様。こんばんわ。今、野党&マスゴミが全総力上げて
    倒閣運動していますね。関西ユニオン生コンガサ入れには
    決して触れないメディア。印象操作しまくり!(怒)
    本当に日本が好きな日本人ならお花畑は脱しないとダメですね。野党ばかり悪いわけでなく思考を失ったお花畑の責任も
    重大ですよ。
    偽マコさんの電車写真、違和感だらけですよ。
    秋に販売の雑誌だったのに夏服、ダサイ指輪、安いワンピーに
    小さなお胸。SPが居ながらあんな変な撮影ありえません。
    また震災ボランティアも内親王が身を隠してどうするの?
    って感じです。

    • 生コン強制捜査は、オウム真理教への強制捜査と重なります。
      同じ意味を持っているのではないでしょうか。

      電車の眞子といわれているあの写真、大笑いですね。
      交際していたと思わせる物証が、あれだけですからね。
      あまりに、貧相すぎます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。