※人気ブログランキングに参加しています

皇室|鍋島藩の謎3|島津家の場合、コメント欄より

Sponsored Link

続きです。

お血筋の謎・島津家

コメント欄より

でれでれ草様。

記事に書かれていらっしゃる内容とは関係無い事柄なので、公開・非公開はお任せ致します。

今現在、様々に画策されている事柄等は、誰かが急に思いついたり、裏組織の独創的な一か八か的な計画であったり、、、では無いと、多分にお考えであると思います。

いくつかの試験的行為をした上で、実行する側が、まるで会社での日常業務を遂行する様に、確実に成功するフローチャートにのっとって動いているのだと思います。

江戸末期・明治初期の福岡藩黒田家を調べていて、薩摩藩島津家の藩主・島津重豪(しまづ・しげひで)が、そもそもの始まりではないか‥と感じております。

学校で習った近現代日本史は、私が知らなかっただけかもですが、本当に上っ面だったようです。

『蘭癖(らんぺき)』と言う言葉からです。

Sponsored Link



 

蘭癖

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%98%AD%E7%99%96(Wikipediaから参照↓)

「鎖国」等と同様に、明治以降になって普及した後に、それ以前の「蘭癖」的人物もこの語で形容されるようになったものであろう。

吉雄耕牛・平賀源内・大槻玄沢らは、オーストリア領オランダ(ネーデルラント連邦共和国)が滅亡した1795年正月に、オランダ正月と呼ばれる太陽暦で祝う正月行事等の西洋式習俗を恒例行事としてスタートし、欧州にオランダが存在しない事を日本国内で隠し続けた。

そして、蘭癖の上級武士は、雇い主を失ったオランダ商館の存続を偽装し、さらには滅亡したオランダ国旗をアメリカ船に掲げさせて入港させ、オランダ国が存在しない期間、他の日本人を欺いて日蘭貿易を偽装した(詳しくは黒船来航を参照)。

このような蘭癖の存続と拡大は、オランダ商館長と最も密接な関係にあった島津重豪(しげひで)の画策を助けた。その画策とは、オランダ商館長であったヘンドリック・ドゥーフ著『日本回想録』によると、娘を将軍の正室として嫁がせることで幕府と薩摩藩を結合させ、諸侯を服従させようというもの。

 

蘭癖大名の分布としては、主に九州の外様大名が多い。

これはオランダに開かれた港・長崎が近く、蘭書や輸入品の入手が容易だったことと無縁ではないだろう。

その点、関東に所領を持つ譜代大名の堀田正睦はかなり例外的である。

このような蘭癖大名の典型例として知られる代表的な人物として、シーボルトと直接交流のあった長崎警固を勤めた福岡藩主の黒田斉清や薩摩藩主・島津重豪が挙げられる。

重豪の子である奥平昌高・黒田長溥や、曾孫の島津斉彬もまた、重豪の影響を受けたためかそれぞれ蘭癖大名と称されるほどであった。

(参照終わり。)

 

まずは、長崎のオランダ貿易のオランダ東インド会社が、1795年のオランダ連邦共和国滅亡の後、解散しているのに、それを隠していたのが日本人側だった事が驚きでした。

そしてキーパーソンの島津藩主重豪(しげひで)

 

島津重豪

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E6%B4%A5%E9%87%8D%E8%B1%AA(Wikipediaから参照↓。)

老いてますます盛んな重豪は、曾孫の島津斉彬の才能を高く評価し、斉彬と共にシーボルトと会見し、当時の西洋の情況を聞いたりしている。なお重豪は斉彬の利発さを愛し、幼少から暫くの間一緒に暮らし、入浴も一緒にしたほど斉彬を可愛がった。

ちなみに重豪は、ローマ字を書き、オランダ語を話すこともできたといわれている。会見したシーボルトは、「重豪公は80余歳と聞いていたが、どう見ても60歳前後にしか見えない。開明的で聡明な君主だ」と述べている。
天保3年(1832年)夏から病に倒れ、天保4年(1833年)1月、江戸高輪邸大奥寝所にて89歳という長寿をもって大往生を遂げた
(参照終わり。)

 

“シーボルトは、「重豪(しげひで)公は80余歳と聞いていたが、どう見ても60歳前後にしか見えない。開明的で聡明な君主だ」と述べている。”

※島津重豪筆ローマ字

この、島津重豪(しげひで)のWikipediaに出ている単語・人名を検索してみたら、この島津重豪(しげひで)「ものすごく若すぎ」記述はあちこちにあります。また、若干、出自がはっきりしてないようです。(両親共に早死。)

美智子さんの様に複数の島津重豪(しげひで)がいたか、途中で誰かと入れ替わった感があります。

 

性豪で、側室も多く、とりあえず数えたら庶子男女26人はいましたが、奥平昌高は、重豪(しげひで)の息子が養子に入り、大分県中津藩藩主になりました。

『蘭癖(らんぺき)』検索にも、出てきますが、昌高は、オランダネームまで持ってました。

また、中津藩は福沢諭吉の出身地です。

黒田長溥は、同じく重豪(しげひで)の息子が福岡藩へ養子縁組。

同じく蘭癖(らんぺき)です。

 

黒田長溥

http://nagaoka.blog.jp/archives/2308384.html(上記より参照。)

海防の見張り所を置き、志賀島など10カ所に砲台を急造して自家製の大砲を据え、守りを固めた。軍艦も大小130余隻をそろえ、これに大砲を積んで“無敵艦隊”を編成した。ところが、相次ぐ軍備拡充で兵隊が足りない。

目をつけたのが無給で使える農民だ。かり集めてにわか兵士に仕立て、連日大砲射撃の猛訓練を始めた。

 

島津家や、島津家から養子に行った福岡藩黒田家は、財政苦しい中、精錬所や近代軍隊を編成、訓練をしてました。その為、藩の武道師範・指南役の多くが職を失いました。

そして多分、“相次ぐ軍備拡充で兵隊が足りない。目をつけたのが無給で使える農民だ。かり集めてにわか兵士に仕立て、連日大砲射撃の猛訓練を始めた。”

 

とあるように、これが、先祖を遡れない“下級藩士”なのではないでしょうか。

財政逼迫で、石高も上げたいのに、農村にそんなに余剰人員がいるはずもなく、、近代軍隊のにわか兵士は、剣道の心得が無くてもなれるので、被差別部落民が多かったのでは、と想像します。

多分佐賀県鍋島藩ほか、外国からの脅威を感じて(表向き)近代軍備に走った諸藩は多かったのではと思います。

これを(表向き)としたのかは、多分、来るべき体制大転換に備えて、確実に江戸幕府を倒す為に国内有志を武装させておこうと、海外プランナーがそそのかしたと思ってます。

また、このブログ記事の下の方に、戦後、恨みに思っていた人達から、福岡市千代にある黒田家の墓が荒らされたとありますが、そこには、トタン屋根に石を乗せた住宅が広がる、「明日のジョー的」風景・世界が最近まで残ってました。

 

曾孫の島津斉彬は、、、その可愛がり様から、本当は島津重豪(しげひで)の息子ではないか‥‥と思います。

69歳になっても子を成したとありますし。

 

そしてWikipedia他、参考文献にありますが、

ヨーロッパ人から見た島津重豪(しげひで)

(Wikipedia)

オランダ商館長であったイサーク・ティチングの日本についての情報収集に貢献していた事が、フランスの博物学者で旅行家のシャンパンティユ・コシーニュ著「ベンガル航海記」に記載され、オランダ東インド会社が解散した1799年にパリで出版された。

そこには、将軍の義父がティチング氏と始終文通を行い、ティチング氏の目的に必要なあらゆる知識と情報を好意的に与え、日本に関する彼のコレクションを増加させているとある[5]。

島津重豪は、娘を将軍の正室として嫁がせることで幕府と薩摩藩を結合させ、諸侯を服従させようと企てていることが、オランダ商館長であったヘンドリック・ドゥーフ著『日本回想録』に記されている

以上

 

島津重豪(しげひで)、ほぼほぼ、売国スパイ活動に思えます。

時の将軍・徳川家斉の正室の茂姫(広大院)も島津重豪の娘。(でも、母親は家臣の武家のお手伝いさん)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%A4%A7%E9%99%A2

検索の枝葉を進めると、、陰謀を感じますが、島津重豪(しげひで)一人のアイデアでは無いと感じます。

プランナーがいて、仕込まれてる感じです。

後に、久邇宮家に俔子(ちかこ)妃が島津家から嫁ぎ、良子(ながこ)様がお生まれになりました。

鹿児島県の方々や誇り高い歴史をおとしめる意味ではなく、突然変異的な島津重豪(しまづしげひで)は島津家らしくない感じです。

薩摩藩は他国人や国境警備に厳しいところと思ってましたら、重豪(しげひで)がどんどん他国人を入れ、女も他国からどんどん嫁にもらえとか、急にちょっとあり得ない政策を取っています。

まるで竹中平蔵のようです。

 

その後の調所広郷笑左衛門(ずしょひろさとしょうざえもん)の藩財政立て直し策、、も竹中平蔵っぽいです。

英米は、まず、九州の諸藩の背乗り→乗っ取りをしていたのではと思います。

西郷隆盛も二人説がありませんでしたか??

長い長い戦いのようです。

今になって、出口わ仁三郎氏の日月神事の言葉が理解出来ました。

以上

 

ありがとうございました。

「調所広郷笑左衛門」

島津家は、琉球=沖縄に侵攻し、それはそれは苛酷な「砂糖地獄」をつくりましたが、やり方が、インドにおける英国支配や、インディアンの弾圧などに匹敵するほど、あまりにえげつなくて、日本人離れしてます。

北海道開拓を担ったのは、北海道におくられた囚人であり、そして、旧同和地区の方々だったそうです。募集してもだれも応募がなく、同和の方々を無理やり集めて送り込んだといわれています。北海道のアイヌ弾圧も苛酷でしたが、被差別民だった方々が、いきなり支配層になると、こうなるケースが多いようです。

日本社会の破壊に喜びを感じている竹中は同和であり、小泉は朝鮮部落出身のヤクザの家系です。

砂糖も中毒性があり、ソフトドラッグといわれている商品です。後年、アヘンで財を成したサッスーンたちと合流するのは、必然だったのかもしれません。

 

「時の将軍・徳川家斉の正室の茂姫(広大院)も島津重豪の娘」

増上寺の改築に伴い、埋葬されている歴代将軍やその妻妾の遺骨が検証された本を読んだことがあります。

そのなかに、茂姫の頭蓋骨もあったのですが、頭蓋骨からみるに目が大きいんですね。頭蓋骨からみるに白人とのハーフのような顔立ちだったと思われます。

和宮の頭蓋骨もありましたが、日本の貴族にありがちな顔の幅が細く、西洋人なみに鼻根が高く盛り上がり、鼻筋が通った顔立ちで、島津貴子さんににた顔立ちという印象でした。

島津家、薩摩など九州の方には、縄文人的な要素が強く、顔立ちのはっきりしたかたが多いとは聞いていましたが、案外、茂姫が白人のクオーターか、ハーフだった可能性もあるかもしれませんね。あくまで可能性です。

 

しかし、当時の天皇や大名は、限られた人間に囲まれて暮らす習慣があり、限られた人しか会うことができず、重臣、家臣が拝謁するときも、はるか後方に下がって平伏し、決して君主の顔をみることはできない存在でした。

すり替え、なりすましは、限られた側近さえ押さえれば、簡単だったと思います。

いったん、玉座、藩主の座につけば、それをかぎつけた家臣がいても、「不敬罪に値する罪」をつくりあげ、書付ひとつで家臣の命を奪い家をつぶすこともできました。

九州から実験的に長期間をかけてプレ維新が行われた可能性はありますね。

 

つるつるつるつる

sliding a day GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

9 件のコメント

  • 恐ろしい推理ですが真理を突いてると思います。
    そんなに昔から仕掛けられていたんですね。
    本当に日本国民にとっても長い闘いになりそうです。
    私は東北出身なんですが、普通の教科書で教える正史では北海道と同様あまり良い感じに書かれてませんよね。
    介護の仕事などでお年寄りの話を聞くと学校で教える歴史とはちょっと違う印象がして
    もしかしたら昔から東北や北海道は虐げられて来たというか、あまり中央から良い扱いを受けなかったから
    警戒して自分の家に代々伝わる歴史を隠して守って来たんじゃないかなと。
    それと同時にこういった田舎から傑物が出るのが中央としては面白くなくて
    大昔のアテルイとか蝦夷などと、わざと汚らしいとか蛮族とかいう印象にしたようにも思えます。
    うろ覚えですが、榎本武揚も政府だか貴族だか、
    とにかく高官がだらしない、情けない、みたいな発言してませんでしたっけ?
    (でもこの人は途中から政府側に寝返ったようにも見えるので、裏で何かあったのかしら?)
    昔の人達は中央のやり方が表面上は上手いこと言ってるけど、実は嘘とか裏切るという事を知っていたので
    抵抗して自分達の土地を守って、それで現在に至っても仲が悪いというか、しこりが解消してない気がします。
    原発も九州や関西ではなく、東北で起きましたよね。まるで、ここならいいだろ、とでも言うように。
    ブラジルに移民した人達も、新天地では良い生活ができるなどとぼざいた政府にだまされて
    奴隷のような扱いを受け物凄く辛い思いをしたのですよね…。
    どの国の歴史でも、いつも犠牲になるのは安く使える農民が定番ですが
    食べ物を作っている第一次産業が元気でなければ国は衰退します。
    食物がなければ思考能力が低下し、先の事は考えられなくなって
    目先の事だけで精一杯で危険な奴等にいいように使われてしまいます。命も繋がりません。
    極端ですが農民が普通にファラーリとか高級車に乗ってるようにならなければダメだと思います。
    都会のサラリーマンは現代の農奴制と気づいていながらも生活のために止められないので哀れですね。

    • 日本国民が、真に開放される日が来ると信じています。
      まずは、国体が正され無ければならないと思いますが、、、

  • 高円宮絢子さんの御婚約ニュースとは離れてますので、
    こちらにコメントさせていただきました。

    https://news-goo-ne-jp.cdn.ampproject.org/c/s/news.goo.ne.jp/amp/article/minaminippon/region/minaminippon-20180707211020.html?usqp=mq331AQGCAEoATgB
    ローカル記事なので、消えるかもしれませんので、
    下にコピーを貼っておきます。
    7月6日の記事です。
    【 島津家にゆかりのある愛媛県西伊予市の龍澤寺(りゅうたくじ)の龍楽(りゅうがく)念仏保存会が5日、薩摩川内市の玉龍山福昌禅寺で念仏踊りを奉納した。「丸に十の字」の家紋が入った装束に竹皮のかさをかぶった17人は、太鼓やかねを打ち鳴らし念仏を唱えた。
     曹洞(そうとう)宗の龍澤寺は、室町時代中期、島津家7代当主の元久の長男・仲翁守邦(ちゅうおうしゅほう)禅師が荒廃していた寺を再興し開山したとされ、現在も瓦などに家紋が使われている。】

    愛媛県と、薩摩・島津家に縁があってました。
    当時、島津家では二つの家系で家督争いしていたのに、
    大事な長男を仏門に??

    龍澤寺Wikipedia
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BE%8D%E6%BE%A4%E5%AF%BA

    詳しいブログ記事①
    https://makild.exblog.jp/14863922/
    詳しいブログ記事②
    http://2103center.blog112.fc2.com/blog-entry-918.html

    申し訳ないけれど、島津氏って、何だか現実家が多いイメージがあって、荒れ寺の再興に、しかも縁の無い四国の山奥に、長男を仏門に入れて??
    当時の寺領を見ると、結構お金もかかった再興のようです。
    山城の代わりになったかもですが、それにしても山奥過ぎる気がします。

    ここからは妄想です。

    私の父は、お世話になった方との繋がりで、
    天理教に入った為、(お寺や神社とはお付き合いが無かった訳ではないけれど)自分だけの後学では抜け落ちた知識があります。
    セオリツヒメもそうです。
    私はネットで初めて知りました。
    どうも、奥伊予は、瀬織津姫信仰がきちんと残っていた土地らしいのです。
    それが関係あるのか無いのか、
    他の目的なのか、、。

    詳しいブログ記事① の方の前後の記事から、
    天河神社にある瀬織津姫の曼荼羅画がありました。
    躰はひとつ、首から上が3匹の蛇になってます。
    微感餅様も詳しくコメントされてましたが、
    四国は空海と縁が深く、、空海のもたらした密教は、
    インドのダーキニーが関連し、
    (それは、古くはシュメール文化にも通じる?)
    何だか、本当に「失われたアーク」が四国に‥‥
    の都市伝説も全くのウソではないのかも、、です。

    歴史のリセットが何回かされていたのでは、
    と言う方も多くなりました。
    5、6世紀、日本書紀成立時に、大幅なリセットがあったかも説は結構あちこちで散見します。
    実は、明治維新後も大幅なリセットだったかもと言う事も、
    こちらをはじめ、あちこちで見るようになりました。。

    現実的な島津氏が何故四国に。。。

    隼人族や島津氏ってめげませんよね。
    何回も何回も出兵して。
    大小、結構あります。
    宇佐神宮の近くでは、7世紀頃、隼人と新羅が結託してヤマト政権を攻めようと上陸して死闘を繰り広げた場所もあります。

    いつも隙あらば日本国の支配者は我なり!と。
    何か一子相伝で、伝わってるのでしょうか。
    世界を治める秘密みたいな、「失われたアーク」が。

    薩摩は勘合貿易も行ってましたから、朝鮮も明ともお付き合い深く、
    朝鮮出兵で勇猛で名を上げたのも、現地情報に詳しかったのでしょう。
    朝鮮から陶工他を連れて帰り、集落を作ったのに、
    自分達と混血はさせなかった。
    そんな迷惑なもの、子孫を残さないようにするか、
    斬って捨ててしまいそうな島津氏が、
    江戸末期まで残していた。
    ワザと純粋培養してたとも言えるのでは。

    妄想として、、もともと、何か信仰対象が違っていたとか。。
    或いは、予言めいたものを手にしたのか。
    身内に予言者がいたりして。。

    不思議な符号の数々。
    長大な物語なんでしょうか。
    後の世の日本版「ホメロス」?

    フワフワしたコメントですみません。
    ここ数十年とか百年くらいの、影の資本家に操られた間違い、、、と思っていたら、
    真面目に、数百年単位で種を蒔いているのかもしれない‥‥と、思った時のゾワゾワ感が止まらず、書かせていただきました。

    何だかヘンな荷物を持って来た(苦笑)と思われたら、
    無視されて下さいませ。
    私自身もまだよくわかってないですので。
    ちょっとびっくりしただけです。

    • すごい!
      島津と愛媛がつながりましたね。
      >宇佐神宮の近くでは、7世紀頃、隼人と新羅が結託してヤマト政権を攻めようと上陸して死闘を繰り広げた場所もあります。
      北朝鮮・ロシアを背景にしたオウムの決起を彷彿させますね。
      オウムの麻原は熊本の出身だったはず。
      九州は、中央への非難勢力としての運命みたいなものがあるのかもしれません。

  • https://makild.exblog.jp/17373028/

    お暇な時に。。
    上記の中で、ドキッととした文章です。

    【弁財天は、瀬織津姫。 稲荷大明神の本来の姿は瀬織津姫です。
    四国には、狐の伝説や昔話がほとんどないといわれます。
    それは、狐は悪さをするからと、空海が四国から追い出したといいます。
    そして、一説には、四国に鉄の橋がついた時、狐がもどってくるだろうとも言われたといいます。
    鉄の橋とは、瀬戸大橋、しまなみ大橋、明石大橋のことなのでしょうか。
    三つの橋が四国にかかり、いよいよ狐(瀬織津姫)がこの四国にもどってきたのでしょうか。】

    そう言えば、瀬戸大橋を造る時の根拠が薄かったような。。
    地元の反対運動もかなりあったと思います。

    しまなみ海道大橋も、、かけたお金への効果はあるのか?とか。

    多分、地元で助かった方もいるとは思いますけれど。
    過疎化した町や島もあり。。

    何かの呪詛?だったんでしょうか。
    悪さをするキツネが戻る為に。

    夜分、妄想爆発で失礼致しました。

    • 空海の予言だったとおもうのですが、
      四国に鉄の橋がついた時に、新しい時代がはじまるとかなんとかあったと思います。
      いますぐに思い出せませんが。
      キツネ、、もとは神様の眷属だったのが、調子の乗って独立した一群がいて、悪さをしていると聞いてますが、いろいろ繋いでいくと一つの絵がかけそうですね。

  • でれでれ草様、お忙しい中ご返信有難うございます。

    オカルトと承知で、貼りますね。
    http://blog.livedoor.jp/omtakebe/archives/2015-08-17.html
    一番目のブログ記事から、 『倶利伽羅龍王』
    二番目のブログ記事の2ページ目から、
    【 「劔山大権現」と「龍光寺」と書かれているようだ。
    「瑜伽大権現」に「劔山大権現」それに「狐」。この謎掛けは僕にはまるで分らない。 】

    四国は山がちで大きな川もあります。
    龍によくあたりますね。。
    川=水神=龍 かもしれませんが、龍澤寺、
    曹洞宗で「龍」ねぇ‥‥。

    今回の水害があった西伊予市肘川の奥にあるようなので、
    暴れ川、龍でもわかりますが、

    本当は蛇信仰の様な気もします。。

    私は、オカルトは好きではないのですが。。。

  • 蛇と、四国と、秋篠氏と秋篠宮。
    昨日の「つれづれ」と連動してますが、
    あまり度々のコメントになりますので、、、
    こちらにすみません。

    改めて、『秋篠寺』
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E7%AF%A0%E5%AF%BA
    より、
    密教時代と思われる秘仏、大元帥明王参照。
    【 木造大元帥明王立像 – 鎌倉時代。本堂西側の大元堂に安置。大元帥明王の彫像として稀有の作。6本の手をもち、体じゅうに蛇が巻き付いた忿怒像で、秋篠寺が真言密教寺院であった時代の作である。秘仏で、5月5日の護摩法要と6月6日の結縁開扉の時に開扉されるが、一般の拝観が可能なのは6月6日のみである。 】

    大元帥明王があるのは、醍醐寺と東寺。
    真言密教ですけど、、
    やはり『蛇』信仰かなと。。
    醍醐寺は、高野山とは別に、真言宗醍醐寺派となってます。
    醍醐寺派、、ここから真如苑が派生してます。
    でも、大元帥明王、何故手は6本いるのかな。
    鎮護国家とは、相手方への究極の呪詛でもありますよね。
    古代宗教の香りがします。

    伎芸天は、芸能の神。
    日本ではここしか無いとの事。
    唐渡来の神。

    単に思い出の地とか、好きだから、でつけた宮名では無いですよね。

    えーっ‥‥、でもそんなに溯っていいのかな??

    因みに、土師氏から名前ロンダリングした
    もう一つのグループ、大江氏は、
    後の毛利氏だそうです。

    • すみません!
      コメント流し込む読みしてたら、
      大元帥明王の公開日は 6月6日! (;゚д゚)
      あれれっ(‥;)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。