※人気ブログランキングに参加しています

バーチャル皇太子30|謎と陰謀のリヨンへ(前)

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

フランスを訪問中の偽徳仁が、あの「リヨン」を訪問したそうな。

皇太子さま フランス訪問、日本の子どもらの補習校を視察

https://news.myjcom.jp/video/story/3467747.html

フランスを公式訪問中の皇太子さまが、現地の日本人の子どもらが学ぶ補習校を視察されました。

現地時間8日午前、皇太子さまは、リヨン近郊にある補習校を訪問されました。この補習校では週に一度、国語の授業が行われていて、この日は小学生から中学生の子どもたちによる詩の朗読や作文の発表会などが行われました。

皇太子さまは、子どもたちの一生懸命な姿に盛んに拍手を送り、「とても良かったですね」と優しく声をかけられていました。また帰り際、4歳の女の子が皇太子さまにプリンスなのに王冠がないことを指摘すると、皇太子さまが「持ってくれば良かったね」と笑顔で応じられる場面がありました。

このあと、皇太子さまはリヨン市長主催の昼食会に出席されました。(08日22:55)

以上

 

Sponsored Link


受け口に作ってますが、輪郭線がぶれてます。耳の形はキープしてますが耳が大きすぎ。

 

顔、頭に白い縁取りが、、

 

首とシャツの境界線、スーツに白い輪郭がくっきり

 

この鼻はないわ。頑張っているけど嘘くさすぎ。輪郭がふちどりされているし。

 

何かにつけ、ボケるんですよね。

 

ペイントでしょうか。

生徒さんたちが実際に見ている顔や姿と、報道にのってくるナルちゃんの形とは違うと思うんですね。

 

国際社会、欧州などの王族のネットワークから、ガン無視されていたナルちゃんたち。

相手にしてくれたのは、小さなトンガ王国くらいで、ほかは完全に無視されていたナルちゃんたち。

たまに、日本を訪問する王族がいても、たいてい来日する王族が偽物だったりして、、、、

※詳細はこちら 皇室外交

 

そのナルちゃんが、フランスを訪問。

フランスといえば、フランス系のロス茶さんがいるところ。しかも訪問先が「リヨン」。

偽皇統の「皇太子徳仁」は、ご成婚したミッチー2号のGHQの流れを汲む米国系工作員のナルヒトが2017年の新年に全滅、その後は、フランス系ロス茶さんの中国人ナルへ変わったんでしょうか。

ワイナリーを訪問してますが、読者様のご指摘にあったように、ワイナリーには地下室があります。

イタリアルネッサンスの名家のメディチ家から、フランス王家にとついだ王妃カトリーヌは、黒ミサをさかんにおこなっていましたが、古い名家や城には、そういう場所が残っていそうですね。

フランスに行った偽ナルちゃん、イルミちゃんの儀式に参加し、忠誠を誓うんでしょうか。

あるいは、荷物持ち出し持ち込みフリーの皇室特権を利用した、ただの「運び屋」なのかも。

※世界の闇と真実「NPOリヨン」

 

背景の虹がきれいですね

後編へ続きます

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。