※人気ブログランキングに参加しています

皇室外交|皇太子徳仁|フランス訪問➂フランス大統領主催晩さん会、今後はたしてサッシュは許されるのか

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

辻仁成さん、皇太子さま歓迎の仏大統領主催晩餐会に出席…招待状をインスタで公開

https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180912-OHT1T50205.html

作家の辻仁成さん(58)が現地時間12日、フランスを公式訪問中の皇太子さまを歓迎する同国マクロン大統領主催の晩餐会に出席する。自身のインスタグラムとツイッターに招待状写真を投稿した。

 現在、パリ在住の辻さんは「マクロン大統領からベルサイユ宮殿晩餐会の招待状が届く。今夜、皇太子殿下を歓迎する晩餐会がベルサイユ宮殿で行われます」とツイートした。

以上

 

大統領主催の晩さん会、やるんですね。

ナルちゃんが、今後、サッシュをしてくるかどうかが、注目ですね。

これで、リヨンで誰かに会って、皇太子の待遇を許してもらったのか、認定してもらったのか、どうかがわかりますね。

トップクラスのダブルたちに認可を与える人間が、どこにいるのかもわかります。

注目です。

 

Sponsored Link



 

ナルちゃんは、ずいぶん前からサッシュを許されていません。職員扱いなんだと思います。

2015年 トンガ王の戴冠式、ナルちゃんは頸飾あり、でも、サッシュなし

 

雅子は、トンガからおくられたサッシュをつけてましたが、、

いつもの衣装ストーカーで大顰蹙

他国の王族への嫌がらせは、美智子公認ですからね。

 

トンガ王国のサッシュ、男性用もちゃんとあるみたい

https://en.wikipedia.org/wiki/Sash

 

ナルちゃん、サッシュなし。

トンガ王の戴冠式。

体育館みたいなホールでのつつましい戴冠式。

英国連邦なのに、英国本国や、そのほかの連邦に属する国から、国家元首クラスの参加者はなし。

中国からは軍人が何人か参加したくらい。

皇太子夫妻は、その程度の重さということですね。

 

2016年 ベルギー王来日の晩餐会でもサッシュなし

 

※皇室外交

サッシュに関するルール??

①相手の国からもらったサッシュをしている=本物、仮にダブルであっても、いちおうは本物と認定されている(スペイン王妃)

②相手の国からもらっているはずなのに、自分の国のサッシュをしている=公認されているダブル(明仁天皇、スペイン王)

③相手の国からもらっているはずなのに、サッシュなし=職員扱い(美智子)

だと思うんですね。

 

美智子もサッシュなし、ティアラなしの一般人の装い

何年も前から、ティアラなし、サッシュなしの平民姿で晩餐会にやってくる美智子。

ギラギラしたバックルに、ネックレス、どちらも相当重いはず。頸椎が、、腰が、、だからティアラもサッシュも無理、という言い訳はできないはず。

テニスもジョギングもできるのに、、

2017年 生前退位が決まったあと、香淳皇后の命日にテニス。

 

2018年、ピアノも弾けます。足腰元気です。

代々、皇后が、受け継いできたはずの宝飾品はどうしたんでしょう。

 

話をナルちゃんに戻しますが、、、晩餐会の映像があがるのが楽しみです。

どんな待遇でむかえられるんでしょ。

 

ぼりぼりぼりぼり

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

6 件のコメント

  • ローマ法王が、来年訪日の意向を発表しましたね。表向きは長崎の世界遺産指定関連にかこつけて、真の目的はやはり、偽者ナルの即位=皇室、ひいては日本乗っ取り完了を「祝福」する魂胆なのでしょうか。法王自ら乗り込んで来るということは、よほど重要な闇の儀式でも行う必要があるとか?不吉な想像ばかり浮かんでしまいますが、この来日が、バチカン勢力の自爆のきっかけにならないかと願いたくもあります。偽皇族もろともドボンして欲しいです!

    • 2014年に安倍ちゃんが法皇に、日本を訪問するよう頼んだそうですが、訪問するとしている来年、元号が変わるんですね。
      ナルちゃんのフランスでの待遇の軽さ、一方では、秋篠宮夫妻がバチカンを訪問した過去があります。
      内々に、バチカン派だとおもわれる秋篠宮夫妻の即位が決定したのかもしれませんね。

  • >ローマ法王「来年訪日したい」 実現すれば1981年以来 被爆地での祈りに期待

     ローマ法王フランシスコは12日、バチカンで宮崎市の一般社団法人「天正遣欧使節顕彰会」の関係者と面会し「来年、訪日したい。実現することを願いましょう」と述べた。法王はこれまでも訪日の意向を示していたが時期に言及したのは初めて。実現すれば、1981年2月の故ヨハネ・パウロ2世以来の法王訪日。
    安倍晋三首相が2014年にバチカンで法王と会談し、来日を招請。日本政府などは法王に被爆地の広島・長崎で被爆者のために祈りをささげるとともに、東日本大震災の被災地でも被災者を激励してもらうよう期待している。
    広島県知事や広島市長、長崎市長らも法王の一般謁見に参列し、被爆地訪問を要請してきた。法王は今年1月、原爆投下後の長崎で撮影された「焼き場に立つ少年」の写真をカードに印刷し配布。6月には大阪大司教区の大司教だった前田万葉氏が日本人としては6人目の枢機卿に就任、訪日に向けた下地づくりではないかとの観測も上がっていた。(共同)

    38年前(昭和56)ローマ法王は2月、マザーテレサ初来日は4月。
    次々でした。

    表向きの理由はともかくとして、このニセナル即位を祝いに来るんでしょうか?
    それとも、お金をいただきにおいでになるのか?
    5月前なら、お金とミテコの慰労?
    何かあると思うのですが・・・

    • 今になって訪問というのがきになりますね。
      今の偽秋篠宮夫妻は、バチカンを訪問しているところを見ると、バチカン系だと思うんですが、、、
      ナルのフランスでの待遇が軽すぎるのが気になります。
      次代は、文仁さんでいく、という何かの合意があったのかも、、、あくまで想像です。

  • ヘリの具合で、西日本豪雨訪問が延びたようです。それにしても80代だと思えないこの色つや。
    https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20180913/0002327.html
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20180913/4020001341.html

    パリ在住の芥川賞作家 辻仁成さんが(中山美穂元夫)、マクロン大統領の招待でベルサイユ宮殿でのナル歓迎晩餐会出席の様子をインスタにいくつかアップしています。節度あり、貴顕の写メなど見られませんが、雰囲気がわかります。
    https://www.instagram.com/p/BnnWf87lPhe/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1clag6yybod9a

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。