※人気ブログランキングに参加しています

日本のセレブの正体➄|不思議な家族(5)宗教画的家族写真

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

コメント欄より

でれでれ草様、こんばんは。記事の更新有難うございます。

皆様のコメントで記憶が閃き、忘れないうちにと書かせていただいてたら、ちょっと携帯の調子がおかしくて、コメントがうまくかけませんので、ポイントだけ、書かせて下さい。

・樹木希林さんの最初の結婚相手は、俳優の岸田森さん(故人)でした。

・岸田森さんのWikipediaより、岸田森さんは 海城高校卒業。

・週刊文春9月20日の記事より、悠仁様の中学進学候補に、御茶ノ水、筑波大附属、学習院に続き、男子校の 海城中学・高校、創立時は女学校で、最近(1990年代だったかな)共学になった 渋谷学園中学・高校=通称「渋渋」、が上がってました。

・玄兎君とちょっと顔の崩れた(失礼!)映像のニセ悠仁様、、輪郭と言うか、アゴのラインが岸田森さんに似てる気がします。親兄弟、祖父祖母よりも、祖母の前夫に似てます。

・海城中学・高校は、旧佐賀藩士が創立、雅子さんの曾祖父・江頭安太朗中将も関わっていた、戦前は旧海軍系の学校。

・渋谷学園には、英国の子弟の為のブリティッシュ・スクールなるものが隣接されているとの事。

ここまで

ありがとうございました。

 

Sponsored Link



 

管理人は、本木氏の次男さんもさることながら、会見にでてきた守谷慧氏に似ていると思いました。

左:森田氏、右:守谷氏

血縁関係とかではないと思います(たぶん)。顔のデザインや雰囲気が似ているなあ、と。

会見にでてきた守谷氏は、梨園の方にも似てるとご指摘を戴いてました。イケメンの型の一つであり、よくある顔だちなのかもしれませんが、真相はどうであれ、高円宮家と樹木希林さんとの関係もふかそうですね。

 

コメント欄より 一部抜粋

骨折で試写会に行けなかった樹木は「このたび 高円宮久子妃殿下並びに同絢子女王殿下のご臨席を賜りまして ひたすらありがたく 頭(こうべ)を低(た)れるばかりです」という直筆メッセージを病床で書いていた。

なぜわざわざ久子さまの名前を入れたのだろうとまだ樹木さんが存命の時に思いました。

寝たきりなんだから行けなくてすみませんとだけ伝えておけば済んだはずです。それに絢子さまは来てなかったので、先にこれはマスコミに出して欲しいということで書いていたのでしょう。

もしこの子に偽悠仁様をやらせるのなら、もう後々のことまで納得済みで今後ともどうぞよろしくということでメッセージを出したのではないか?

以上

ありがとうございました。

 

宗教画的家族写真

例の内田家の家族写真ですが、人物を無理やり切り貼りし、調整し、修正しながら一つの絵を無理やり作っていますね。

大量の写真をスタジオで撮って、よさげなものを公開しているというより、あらかじめ構図がきまっていて、それに人物をむりやりはめ込んでいる感じがします。そこまで無理をしてまでも、作り上げたい「絵」ってなんでしょうね。

単に、カメラマンやデザイナーの趣味なのかもしれませんが、一部の家族写真は、キリスト教の宗教画を参考にしているのかな、、とか思ってしまいました。

アーティストのコンサートで、あたたかも、アーティストが天から降臨した救世主であるかのうような演出や、ライトを駆使した舞台芸術をみるに、うまいこと宗教画を参考にしてカリスマ性を演出しているなあ、と思うことがあります。洗脳目的のための広告としての絵画、といえば大げさかもしれませんが、こうした、手法が確立しているのが、西洋の宗教画ですね。

救世主を抱くブルーの衣装の母マリアと、救世主を見つめる三賢人、

絵画のお約束で、マリアの衣装はブルーと決まっているそうです。

 

次男さんを抱くブルーのスーツの父親の本木氏と、次男さんを見つめる母、兄、敬礼する姉の三人。

次男さんに視線が集中しているこの写真、絵画的ですね。奥さんから次男さんに向うラインを形成するために、わざわざ奥さんの身長を伸ばしています。

この家族写真の次男さんを抱く本木氏、聖母マリアの様なブルーの色のスーツを着てますね。長女さんのドレスが、宗教画によくみられるような、ドレスの襞をつくっています。もしかしたら、長女さんの腰から下は、描いているのかもしれませんね。

次男さんに対する疑惑がドンピシャなら、救世主に値するのが次男さんであり、次男さんを中心としたこのご家族が、「聖家族」だといいたのかな?処女で救世主を受胎したマリア。本木氏の場合は、、、よくわかりません。

そうだとしても、イルミの救世主なんですが、、。

ただの想像ですけど。

 

sea drag GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

12 件のコメント

  • でれでれ様、興味深く読ませて頂きました。

    内田ファミリー写真、長男さんの椅子に軽くお尻を持たせた腰掛け方、長女さんの不自然な足の組み方に、最近納采の儀で公開された絢子様と守谷ダブルのレストラン写真を思い出しました。皇族の写真というより芸能人ぽく違和感を感じました。
    また、ミテコとナルも聖母マリアと幼子イエスの聖母子像を連想させる(少なくともミテコの脳内では、、。)設定だったかと記憶しております。
    これらの演出をしている背後の勢力って何なんでしょうか?私に言わせれば頭が良いのか悪いのかわかりません。悪い意味で西洋の事を解っていない西洋被れと思います。
    しかし、偽悠仁様を色々用意しているとすれば気持ち悪い限りで、内田ファミリーの写真を見て具合が悪くなりそうだとコメントされていた方の気持ちがわかります。

    樹木希林さんは、以前NHKのファミリーヒストリーという番組で確か自分の先祖は徳川方の武家であると言われていたように記憶していますが、願望かもしれませんが大嘘でしょうね。孫さんの名前も伽羅とか玄兎とか妙に和な感じで胡散臭さを感じます。変な西洋被れのミテコの皿帽子と同じ類いのものでしょうね。
    守谷さんと絢子様もプンプン匂いますが、なんちゃってフランス訪問のナルといい早く化けの皮がはがれないかな?と期待しています。

  • でれでれ草様。更新有難うございます。
    また、コメントから、岸田森さんのお写真を上げて下さり有難うございます。 
    気付きませんでした!
    岸田森さんと守屋さん、、ホント似てますね。
    報道時、発表年齢よりも老けて見えてましたから、
    もしかするともしかして‥‥、故人の血筋、
    と想像したくなりますね。

    聖家族のご考察も、、写真を見れば見るほど
    「なるほど‥ 」と感心します。
    次男君、普通はこのくらいの年齢でしたらお母さんにべったりなんではないかと思いますが、
    お父様の本木雅弘氏と一緒が多いですね。。
    奥様の也哉子さんとは関係が希薄そう、、と言うか、
    本当に玄兎君を産んだのかな‥‥と思うくらい、
    この玄兎君に視線が集まる写真の也哉子さんの眼差しに、
    母親感が見えません。。

    本木雅弘氏はいつ選ばれたのか?
    と、記憶をたどると、周防まさゆき監督、
    漫画家:岡野玲子氏原作の
    映画「ファンシー・ダンス」主演あたりがスタートかと。
    この今どき若者が寺を継ぐ為の坊さん修行映画では、
    出演者が実際剃髪され話題になりました。
    その後が同じく周防監督の「シコふんじゃった」でしたね。

    話がそれてすみませんが、ふと思って、
    「芸能人の人数は?」と検索かけましたら、
    だいたい25,000人くらいだそうです。
    私が住む人間関係の濃い田舎町と同じくらいでした。
    現在は、平成の大合併で 市 になってますが、
    その前は 郡 でした。 でも、会社や学校の父兄会や、
    婦人会や公民館や病院や農協活動や選挙応援等々、、
    どこの誰が同級生とか、親戚とか、あの人はあの会社社長の2号さんとか、あの人は3人子供いるけれど3人とも父親が違って、しかもシングルマザーで産んでいるとか、、
    濃いい(!)情報に触れます。

    気になる検索をしていて、何故こうも芋づる式に関連性があったりするのか、自分の思い込みだったり、或いは検索情報からAIが判断して、私が望む結果になる検索結果しか出て来ないのかなぁ‥‥と思ってました。
    しかし、芸能人が25000人くらいで、しかも狭く閉ざされ、
    人の出入りを監視しやすい “島”
    或いは “中世の城壁の中” のような社会なら、
    (プロダクションを通しますから。)
    血縁・地縁が濃く出て来るのは当たり前ですね。

    話を元に戻しまして、本木雅弘氏の選ばれたスタートと思われる映画「ファンシー・ダンス」ですが、
    原作者:岡野玲子氏のデビュー漫画から知っている身としては、、岡野玲子氏のデビューの仕方が不思議でした。
    当時の漫画オタクの方ならご存じかもしれませんが、
    新書館の「グレープフルーツ」、小学館の「プチフラワー」に作品が掲載されてましたけれど、扱いが明らかに違ってました。 確かデビュー作には扉絵に「超大型新人現る!」みたいな謳い文句も載ってたような。ページ数も多かったし。
    少女漫画ではあまり無い事でした。
    岡野玲子氏も選ばれた方、かな。
    手塚治虫の息子さんの手塚真さんとの電撃(と私は思いました。)結婚され、その後もお相撲さんの漫画だったり、
    夢枕獏氏の陰陽師シリーズなどヒット作も、、彼女の実力が確かなんだとは思います。
    でも、ご主人と音楽活動もされてまして、そのCDジャケットが
    もろにイルミ的でも、、芸術家夫婦だから意図的かもしれないし‥‥と、考えたり。
    「ファンシー・ダンス」の前はポルノ映画しか撮ってなかった周防監督も、「シコふんじゃった」の後、「シャル・ウィ・ダンス」で草刈民代さんとご結婚出来たし。
    (結婚されて結構長い間映画を作りませんでしたね。
    収入はどうしてたんでしょう。。)

    関係無い事を長々と書いてすみません。
    彼らのWikipediaを見ても怪しい記述なんてのはなかった(CDジャケットくらいで)のですが、
    岡野玲子氏、手塚真氏、周防監督の師匠の井筒和幸監督、
    椎名林檎さん、辻仁成さん、園子温監督、、、他にもですが、
    好きな映画に、アメリカのサム・ペキンパー監督やその作品を上げているんですね。
    サム・ペキンパー監督は、「ワイルドバンチ」
    ダスティン・ホフマン主演の「わらの犬」
    スティーブ・マックイーン主演の「ゲッタウェイ」
    「コンボイ」 などの作品が有名です。
    なかでも一番名前が上がってるのは「わらの犬」です。
    ちょっと名前が変わっている「わらの犬」の題名は、
    中国の老子から来ているそうです。
    Wikipediaより、
    『タイトルは「天地不仁、以万物為芻狗」という『道徳経』の言葉に由来する。
    天地にとって万物は芻狗(祭儀に用いるわらの犬)のようなものでしかないという意味である。』

    また、Wikipediaの老子道徳経より参照。
    『老子の根幹の思想である無為自然とは、自然との融合を目指すという意味は持たず、「あるがままに暮らすべきだ」との思想。一部の偏った解釈ではこれは政治思想であり、以下に述べるように、

    「人民は無知のまま生かしておくのが最も幸せである」
    とする思想との解釈もある。

     不尚賢 使民不爭
    (賢者を尊びさえしなければ、民を争いあわせることもない。)
     不貴難得之貨 使民不爲盗
    (得がたい財貨に価値を与えなければ、民に盗みをさせることもない。)
     不見可欲 使心不亂
    (欲しくなるかもしれない物も、見なければ心は乱れない。)
     是以聖人之治
    (だから聖人の政治の下では、)
     虚其心 實其腹
    (民は、空虚な意識しかなくとも腹は満腹で、)
     弱其志 強其骨
    (心は弱くとも骨肉は頑強である。)
     常使民無知無欲
    (常に民には何も知らせず、そして何も欲させるな。)
     使夫知者不敢爲也
    (知識人は、政治に活用するのではなく、何もさせるな。)
     爲無爲 則無不治
    (『何もしないこと』をすれば、必ず天は治まる。)
    (道徳経3章) 』

    調べてる最中に飛ばし読みしてたので、誰が書いてたか忘れましたが、中国思想は早いうちに英訳やドイツ語訳とかされてたそうです。
    サム・ペキンパー監督が何故老子を知ってたのかはわかりませんが、
    書いてる内容は、こうやって読むとイルミ的ですね。。
    華僑が多いチャイナタウンとかも、宗教は道教が多いんじゃなかったかしら。
    どういうつながりかはわかりませんが、
    「サム・ペキンパー監督の作品が好き」
    とか、
    映画「わらの犬」が好きとか影響を受けたとか、、と言うプロフィールは、何かの約束事があるのかな‥‥なんて。

    映画好きの方の「わらの犬」評と、それらへのオマージュ。
    http://www.aboutman7.com/entry/2015/10/23/114323
    ここに、園子温監督の「冷たい熱帯魚」のポスターは
    「わらの犬」へのオマージュである、、とあります。

    サム・ペキンパー監督→わらの犬→老子道徳経→イルミ的「人民は無知のまま生かしておくのが最も幸せである」
    の世界観。

    本木雅弘氏次男君が救世主なら

    是以聖人之治
    (だから聖人の政治の下では、)
     虚其心 實其腹
    (民は、空虚な意識しかなくとも腹は満腹で、)
     弱其志 強其骨
    (心は弱くとも骨肉は頑強である。)
     常使民無知無欲
    (常に民には何も知らせず、そして何も欲させるな。)

    ‥‥‥‥‥‥。
    本木雅弘氏初主演の映画、
    「ファンシー・ダンス」のサントラジャケットを
    原作者の岡野玲子氏がデザインされてますが、
    彼女の漫画のお坊さんの顔がズラリと並ぶそのデザインは、少し離れて眺めると、まるで龍か蛇、爬虫類のウロコのデザインっぽいです。

    聖母マリアは処女受胎。 性交経験の無い女性に体外受精で妊娠出産させても、処女受胎になるのでしょうか。
    本木雅弘氏は勿論男ですから妊娠出産は出来ませんけれど、
    卵でしたら、オスでも卵をふ化させる事はできます。
    どこかで完全試験管ベビーが成功して、
    親鳥的にふ化させたのかしら。
    家族写真や、樹木希林さん出棺時の写真を見ると、
    まるで本木雅弘さんが産んだ子供のように(母親不在)見えるんですが。。。

    ついでに、、
    椎名林檎さんのPVには、陰陽師や荒俣宏氏の帝都物語へのオマージュと思えるものがありまふ。
    映画:陰陽師、主演の野村萬斎氏は、東京オリンピック開会式の演出を担当されました。
    チョイ役でしたけれど、、
    何故選ばれたのかわからない今井絵理子さんは
    国会議員になりました。
    辻仁成さんの現在のバンド活動「ZAMZA」は、
    なんとなく、「むざむざ」とか「無残」に言葉の音が通じる感じです。

    25000人の狭い芸能界、、文化人いれてももう1万人くらいでしょうか。

    その中の1割くらいは確実に何か使命を帯びてますね。

  • おはようございます。
    レスチですみませんが、ちょこっと。
    福岡世界社会科学フォーラムに出ているコータイシフーフ(マタコどた出)・・マタコ、淡いミントグリーンの洋服。コータイシのネクタイは光の加減でグレーにも見えますが、やはり同じ色合い。
    ついにこのニセたちにも「シノワズリ」が登場しました。
    やはり、何か変わりましたね。
    ちなみにマサコごビョーキ設定・怠けて出て来なかった頃、がさつでも不作法でも大食いでもいいから、豪快に大笑いしてガッツポーズでもしそうな元気もりもりの皇太子妃だったらいいのに的なことをその昔、大昔に掲示板だの2chに書かれていた記憶がありますけど、その設定というか流れで演出している印象ですね。
    もう手遅れだっていうのにさ、です。

    聖母マリアの色と家族写真の青・・なるほど、そういうことかも・・とうなずいています。

    思い出したのですが、綾瀬はるかさんが在日疑惑で、しかし広島の農家で違うだろう的な噂がありました。(今もある?)
    基本的に農家は在日の方はいないって事なんでしょうけど、お嫁さんに在日の方が、って事はあります。農家はとりあえずはうちに来てくれるだけでよい的な風潮がありましたし、今もあります。近隣の市では中国人の嫁を主として農家に斡旋する事務所が市街地にあります。
     だから、本木氏の埼玉のご実家15代続く(フツーにはいわない)農家、お母様が在日の方かもです。で、芸能界繋がり、そちらの人脈繋がり・・・なら納得です。

  • 長いコメントの後に、またまたすみません。
    全く関係無さそうな周防正行監督は、
    格闘技、相撲関係で
    ・百瀬博教(ももせひろみち) と親しかったらしい
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E7%80%AC%E5%8D%9A%E6%95%99

    百瀬博教は、新右翼の野村秋介と親しかったらしい。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E6%9D%91%E7%A7%8B%E4%BB%8B

    野村秋介のWikipediaの逸話より、
    大東塾長の影山政治が出てきます。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B1%E5%B1%B1%E6%AD%A3%E6%B2%BB

    ここまで、関係無さそうな数珠つなぎをしたのは、

    へたれのジョージ様、9月16日のコメントより、
    『吉川英治記念館も赤塚不二夫記念館も何故か東京都青梅市にあります。皇族の着物を展示してある記念館?も、青梅市にあったような』

    の、青梅市に、
    影山政治氏の大東塾農場があるとの記述から、
    この辺りが繋がるのではないかしら‥‥
    と言う妄想でした。

  • 聖母子像なら母親が抱いているのが普通なのに父親がいつも子供を抱いている。
    隣りには足をむき出しにしてわざとらしく敬礼のポーズをする娘。
    これを見たイルミちゃんか秘密組織だと意味が解るのかもしれないですね。
    イルミ的には反キリスト主義なので逆さ十字と同じく、娘はマグダラのマリアでふしだらな女、この子はその娘の子ということはないでしょうか?儀式があったとかそれ故にイルミ的には聖なる子として特別な役目を担ったのかもしれません。本木氏の妻が一番遠くでクールな表情で写っているのが気になります。母親って幼児のそばに自然といると思うのですが。
     

  • 樹木希林さんのウィキを見ると、薬剤師志望だったが、大学受験前にスキーで骨折して断念だそうです。ふつう、受験前は風邪やらインフルエンザにならないように細心の注意をはらうと思いますが、スキーですか。余裕のよっちゃんですね。薬剤師志望や大学への願書提出は自由ですからね。薬学部に受かりそうな成績だったのかなあ。聖なる男児の祖母に相応しくなるように、なんか話を盛っているような感じがします。内田祐也さんは、昔、選挙に立候補しましたが、記憶が曖昧で間違っていたらごめんなさい。確か複数回にわたって泡沫枠で立候補してたような。都知事選挙の内田候補の情報はネットで拾えるけど、それ以外の選挙の内田候補者情報がネットに無いんですよね。都知事選挙は比較的多く得票したから「伝説」としてネットに残して、それ以外の選挙は余りに泡沫だったので、聖なる男児の祖父として恥ずかしいからネットから消したのかしら。モックンは不思議なほど年をとらないですね。十数年前からほとんど変わってないです。奥さんが十代のころ出会っていて年の差もけっこうありますが、田舎のヤンキーじゃあるまいし出来婚でもないし、まだ10代の女性にプロポーズしますかね。ふつうは最低でも二十歳越えるまでは待つのが一般的だと思うんですけど。急いだり焦る必要もないし、サカリがついてたとも思えない。上から決められた相手と決められた時期にスッと結婚したように見えます。

  • アラモード様

    辻仁成氏のバンド名「ZAMZA」は、フランツ・カフカの小説「変身」の主人公の名前、グレゴール・ザムザが由来とのことです。
    主人公がある朝目覚めると、巨大な毒虫に変身していた…という有名な短編ですが、作者のカフカがユダヤ人だというのは知りませんでした。

    • しいたけ様。
      教えて下さり有難うございます。
      カフカの「変身」の主人公からでしたか。。
      知らなかったとは言え、間違った思い込みでした。
      (辻仁成さんへの疑問はありますが、)
      でれでれ草様、皆様、大変失礼致しました。

  • でれでれ様、初めてコメントを書かせて頂きます。
    岸田さんの青い方の写真、ねむの木のナル氏に似ているという赤で囲った方に似ている感じました。
    でも、守屋さんにも似ていますね。

    芸能界などの表舞台に立たれている方は皆さん何等かの事情をお持ちの方なのですね。
    血筋、権力、など。
    昔は、この人は何で売れているのだろう?と思う方に対して、芸能事務所の営業的な戦略か何かがあるのか・・・と軽く思っていたのですが、そのようなお気楽な話では無いですね。
    突然ニュースに取り上げられたり、亡くなられたり、引退されたり・・・があった時には、裏では役割の交代などの何か動きが発生したというところなのでしょうか、なんて思ってしまいました。

  • しばらく覗いてなかった In Deep 様にこんなこと記事が。
    ご存知だろうと思いますが、貼っておきます。

    https://indeep.jp/japanese-scientists-made-human-egg-cells-from-human-blood/

    もう既に赤ちゃん工場が出来つつあるのかもしれません。

    SF小説作家、フレデリック・ブラウンの短編
    『ジェイシー Jaycee』に、
     「単性生殖児が5000万人を占めるようになった‥‥、 (処女受胎から)世界中にイエス・キリストが生まれ」て来る。  
    現実が追いついて来ましたね。
    現在、ベイビーは成長中、、かもしれません。

  • でれでれ草さま

    内田ファミリーの、特に長女さんが次男さんに向かって敬礼している風の写真。
    東方の三博士をテーマにしたキリスト教絵画にしか見えなくなってきました。
    キリストの誕生を占星術で知って、わざわざやって来てイエスを祝福するという。
    三博士の出身地は、以前ネット検索したところでは、パルティア(ペルシアあたり)の出身であったとか。この辺りはゾロアスター教なんですよね。
    ユダヤ教徒でないグループの祝福を受ける構図の絵画が多く書かれてきたことの意味を
    少し調べてみたいと思います。

    それは置いておくとして、以前も書かせていただいた気がしますが、鳩宰相の夫人が以前、
    東方の三博士の映画を撮りたいと意欲的だったことを思い出します。
    日本人には馴染みのない主題なので違和感がありました。
    トム・クルーズを出演させたい意向であったことなど、当時の週刊誌でも話題になっていました。
    日本で救世主が生まれた、または今度の救世主設定の人物は日本人であるという
    お知らせ映画だったのかも知れません。

  • モッくん、ホント老けませんよね。不思議。
    そして最近気になるのが…
    「ゆうちょ」の「投信」のバナー。
    モッくんが「ゆうちゃん」って。時期が時期だけになんだかザワザワします。私の深読みし過ぎなのか、ヤツらの戦線布告なのか。

    バチカンの世界司教会議に中国から2人の司教が参加…いろいろ繋がるのか、スパイ?なのか、気になります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。