※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

皇太子夫妻、大分県訪問

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

2018年10月20日大分県訪問

スピーチの顔は、祭祀担当だった徳仁1号に似てはいるんですが、、、

首が「アレ?」とおもうくらい細かったり、不自然に長かったりします。

眞子様の手話、のように、皇族のスピーチは、事前にバーチャルで作っている可能性がありますね。実際に観客が会場で見ている顔と、報道される顔が違う可能性がありますね。

 

 

Sponsored Link



 

 

雅子ですが、、、

今の雅子

歯並びが違うんですが、、

ご成婚した雅子2号

吸血鬼のように、八重歯がとがって突出しています。

 

愛子さんを生んだ雅子4号=3号

愛子さんを生んだ前後でチェンジしたようです。

 

雅子3号=4号が消えて、でてきたのが、冬瓜形の頭蓋骨のスラムのオーラの雅子。

歯並びに関しては一番マシな人だったと思います。

ご成婚した人とは別人でしょう。

 

今の雅子7号

3号に似せてはいるんですが、最近の雅子の顔が「食い倒れの人形っぽくて」嘘くさいんですね。

 

これが、無修正じゃないかと思うんですね。本体というか、今の雅子の土台になっている人は、意外に若いんじゃないかなと。

人中がながく顎が短い人ですね。

いちおう公務らしいことが続いてますが、マスコミは「皇后になるための自覚がうまれた」と書き立ててますが、、

しかし、美智子もナルも雅子も愛子さんも、本体が死んでいるのに、皇族が屋号化し、偽物が皇族をやってます。

うまく取り繕っているふうにみえますが、ダブルであっても、オリジナルの死人の命数に添うため、ダブルの寿命が短かったり、罹病しやすいのかもしれませんね。妙に、サイクルが、はやいのが気になります。

 

国の運は、トップの命運に添う

仮に偽物であっても、オリジナルの命数に添うことは、伏見氏によってヒラリー落選の件で立証済み。

そして、国の運は、トップの命運に添いますが、、

徳仁

・徳仁の母親の美智子の実妹が、新潟水俣の公害企業主に嫁いでいること、

・GHQ=CIAのエージェントらしいこと、

・母方とされる正田家が旧被差別民であったこと、

・正田家がまるごとカトリックであること

雅子

・雅子の父が外務省の経費を横領した犯罪者であり、旧ソ連のKGBのエージェントとして記録が残っていること、

・母方祖父が、水俣病を広げた責任者であり、ヤクザをつかって被害者様たちを弾圧し、写真家のユージン・スミスと妻子に暴行した、負のカルマを持つ穢れた家であること。

・父方が、北朝鮮からの密入国者の可能性が高いこと

・家系調査が入ったら、即、解放同盟からクレームをだしたこと。母方の親族であるタレントが、旧同和系である可能性が高いこと

・小和田家がまるごと創価学会員であること

・学歴詐称(実質中卒)

徳仁、雅子も、これ以下はないという物件。

国のトップの運に、国運は添いますが、徳仁と雅子の共通する、

環境汚染、犯罪、異教徒、外人工作員、旧被差別民という社会に怨念をもっている家系、

偽物であるということを除いても、これが、次代の日本の国運に影響すると思うと、気が重いですね。

廃太子、もしくは、正式な薨御の公表など、ウルトラCがおこりますように。

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link