※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


つれづれ|的中した80年代の陰謀論本(後)

Sponsored Link
影武者制度、タブーなど 皇室記事一覧はこちら

※(前)からの続きです。

1986年に書かれた本なんですが、的中率が高いんですね。その一部を、取り上げます。

「これからの10年 ユダヤ・プロトコール超裏読み術」

あなたに起こるショッキングな現実

矢島釣次(著)

青春出版社(1986年)

 

これから(1986年)10年何が起こるのだろう

「これからの10年 ユダヤ・プロトコール超裏読み術」

これから10年何が起こるのだろう

P6~

・かつてない外国資本の進出で一流企業があぶない

・突然会社の名前が変わる、超大型買収乗っ取り時代。

・永久就職は昔の事。全く変わる会社システム

・古い人間はどんどん取り残され子供全く変わってしまう

・お金の価値が激変、いまの中流意識なんか吹き飛ぶ

・1989年食料パニックが!

最後の食料パニック以外は、その通りになってますね。

 

今(1986年)巨大資本に狙われている日本企業

「これからの10年 ユダヤ・プロトコール超裏読み術」

P212~

第一のシオンプロトコール

 人間と称する残忍な獣を現在まで抑え、つないできたのは、そもそも何だったのだろう。

 人類社会を形成した原子のころには、荒々しい暴力に服したし、その後には法律に従うようになった。だが、この法律にしたところで、しょせん仮面をかぶった暴力にほかならないではないか。こうした自然の法則から推して、正義は力であるといってよいだろう。

 

それが、一目瞭然の形で現れるのが、アメリカ資本によるTOBとみなければならない。

今後、3年以内に日本のビジネス社会に”TOBの猛威”が吹き荒れることは間違いないだろう。TOBとは資本的強者が資本的弱者を力づくで吸収することだ。

(中略)

いま狙われている日本企業はどこか

では、米国資本がTOBによって狙っている企業とは、具体的にどんなところなのか?

昨年(昭和60年)1月訪米した中曽根総理に対して、レーガン大統領は日本企業が開発した最先端技術の対米供与を要求してきた。

その具体的技術を保有する企業名はペンタゴン(米国防省)が発表した「日本企業が保有している先端技術の対米供与に関する報告書」に示されている。

それによれば、対象となる日本企業は8社、要求している技術は38項目となっている。

こうした、日本の民間技術をペンタゴンが軍事技術として使わせろと要求しているのである。

ペンタゴンが必要としている技術は”見えない政府”と呼ばれる米国産業界に君臨し、世界政治をも影から動かしているエステブリッシュメントにとっても、必要な技術であることは疑いない。

たしかに、その後、ガタガタになった企業ばっかり。

「イルミネイト」に関する素朴な疑問

➀「イルミネイト」の創立者はもとより、今も昔も霊能者が多くいるとおもわれるのだけど、将来、インターネットとSNSが現れ、「影の政府」の計画と予定を、露見させ拡散させるという未来を予言し予測できたのだろうか。代々、どう、伝わっているのだろうか。

②元メンバーだった女性の証言どおり、仮に「イルミネイト」が、悪魔崇拝をしている場合、悪魔は「偽りの神」である以上、まず自分の配下を裏切るということを承知の上で信仰し、奉仕しているのだろうか。理想のために犠牲になるという尊い覚悟の上で信仰しているのだろうか。

③「イルミネイト」の目的である理想社会というのは、社会保障も、コンビニも、スマホもない、youtubeもない、アドビもない、そんな時代のころに作られたものであり計画。そのころは、人間らしい、文化的な生活と人生を送れるのは、ごく一部の支配層だけだったという時代でした。しかし、その支配層の生活スタイルは、今となっては煩瑣で快適とは言えないものが多いと思う。

旧時代の理想社会へのプログラムを、代々受け継いでいる子孫の方って、今もなお「結成された時代の理想社会の実現」に関して情熱を持ってるのだろうか。

例えば、ジョン・レノンから煩悩を漂白したような風采のロス茶の御曹司。我自らペットボトルで筏を作り、川だか海峡かどこかを横断した、とかいうニュースを読むと脱力するわ。やる気あるんか、あんた、という感じ。

ああいう人たちって、代々進めている計画をやめると、先祖代々の大罪を責められて世界人類からタコ殴りになるから中止はできない。でも、贅沢な暮らしと身の安全が保障されたら、「理想社会」とかどうでもいいわ、と思ってるんじゃないのかな。

③「イルミネイト」を、世界人類が人類共通の敵として認識することにより、世界人類が団結し、その先に「理想社会」ができるのかも、という予想を立てた人はいないのだろうか。それが悪魔信仰における「偽りの報酬」になるのではないかと疑う意見はでなかったのだろうか。

④「理想社会」が成功したらしたで、それはすなわち世界の「総北朝鮮化」ということは理解しているのだろうか。神権政治をしき絶対的な権力で、人民を支配下に置く。大衆はマイクロチップを埋め込み、家畜として管理。

いちおうは先史時代の群れのボスのように食料と異性を独占できるが、大衆の創造も自由も家畜のように抑圧されれば、北朝鮮のように文明文化は先史時代に退化するのは必至。ああいう薄汚い未開な世界に「偉大なる将軍様」として「神」として君臨するのが「選び抜かれたエリートが理想とする社会」であり、夢なのだろうか。

⑤賢人のあつまりである「イルミネイト」の方々は、盛者必衰の理をご存じなのだろうか。旧支配層をギロチンに送ったが、時代が変われば、今度は自分たちがその対象になる、という考えは浮かばないのだろうか。

⑥今生の罪が来世の不幸災厄になるという因果応報のカルマの法則や、輪廻転生という「自然科学」の知識は、インストールされていないのだろうか。されているなら、何千年、何万年ものあいだ地獄で阿鼻叫喚の霊界生活を送り、転生しても来世はしんどい環境になるというのを覚悟したうえでの活動なのだろうか。

また聞きではあるのだけど、某霊能者の鑑定によると、ウリスト教団の教祖の地獄の刑期は80年代の時点で2万年だったそうな。亡くなったのは21世紀だからもっと加算されるはず。

⑦たしかにチベットの秘儀を使えば、輪廻転生先は指定でいきるかもしれないが、人間の御霊は分魂制度(御霊本体が、荒魂、和魂、奇魂、幸魂の四魂で1つであり、それぞれ分割できる。さらには、15歳の御霊、30歳の御霊、と特定の年代の分魂の分離がが可能)になっており、御霊の一部は秘儀によって望み通りの家系や環境に転生できても、ほかの分魂は因果応報の法則通りにしたがって、前世の行いに応じた環境にいくことになるが、それは、覚悟の上なのだろうか。

日本人として、解せないことばかりなんですよね。

一度、きいてみたいものである。

だれか、インタビューして本にしてくれないかな。

 

「イルミネイト」の下僕であるゴーンさんとその嫁

第4のシオンプロトコール

経済生活で優越をうるための激しい闘争と市場でのたえざる投機は、人情酷薄な社会を現出するだろう。そして高尚な政治や、宗教に対して嫌気がさし、金儲けに対する執念だけが、唯一の生きがいになる。彼らは金でえらえる物質的快楽を求め、金を偶像視してしまうだろう。

第5のシオンプロトコール

腐敗が隅々まで広がった世界。巧妙なごまかしや、詐欺に近い方法でしか富を得られない社会。賄賂がはびこり、モラルはかろうじて法律の制裁によってだけ保たれ、心から守られない社会。国際主義が祖国愛と信仰を殺してしまった社会。

シオンプロトコールに呑まれてしまたのは、大衆ではなく、ゴーンさんをはじめとする「イルミネイト」さんたちなのかもネ。

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

無料キャンペーン中

 

関連記事と広告