≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


スガーは御用聞きに戻ったのだった

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

スガーは御用聞きに戻ったのだった

中国が天下を取れない理由・・・盗作する相手がいなくなった

本日もお越しいただきありがとうございます。面白いなと思ったので転載します。中国人の本音を話しています。

【拡散希望】【1分】中国の学者がまだ調子に乗って本当の話をしてしまった!中国がなぜ世界の最前線までこれたのか?その本当の理由はこの学者が教えてくれる!本当すぎて、字幕をつけるしかないと思って….

 

Sponsored Link




文字おこし

改革開放以降、外人に(中国に)入ってもらうと同時に、技術、車、資金、経験、知恵も一緒に持ってきてもらった。

中国人は外人をコピーすることができない。でも、中国政府は国民に起業してもらうように勧めることができる。

国民が外人と一緒になってどうするかというと、

合弁⇒勉強⇒独立、合弁⇒勉強⇒独立、合弁⇒勉強⇒独立、合弁⇒勉強⇒独立

一瞬で40年たって、我々が勉強できた後、自分でできるようになった。

立ち止まってみると、工場、設備、技術、特許、製品、市場、ブランドは全部我々のもので、外人が全員帰ってしまった。

だから我々の楊外相と王外相が米国と会談の時に、強い態度を取ることができるんだ。

「お前らは俺とこんな話をする資格がない(楊外相の発言のマネ)」

40年間を振り返ってみると、我々がやってきたことを二文字でいうと、それは「盗作」だ!盗作に頼って、一気に世界最前線まで行った!

我々は、野蛮に盗作したり、コピーしてきた

知的財産権、特許なんて知るか!

とりあえず入手することが最優先!

しかし、急に振り返ってみると、2つのことが起きてしまった。

1.アメリカが気が付いた!盗作させてもらえなくなった

2・我々も気が付いた、我々は盗作にたよって、すでに世界最前線まできた

これ以上盗作しようとしても、盗作できる設計図が無いんだ

じゃ、設計図や特許は何処から入手すればいいか、とかんがえると、自分で研究開発するしかないんだ

それで政府はすぐに新しい政策を打ち出した。

もちろん、その話をはっきりしすぎてもダメなので、昔の「発展こそが王道」のスローガンをやめて、「イノベーションこそが最大の生産力」に変えた

政府は5年、10年前から、このスローガンを打ち出していた。

我々が本当の状況を知らなかっただけだ

以上

 

盗作が出来なくなった今、盗作で成り上がった国が、自力で開発できるでしょうか?

出来ないと思います。

自力で開発できる国(台湾や日本)を、のみこめば、話は別ですが。

で、毎日のように、尖閣をうかがい、台湾や沖縄を侵攻する意図を隠そうともしません。

 

世界から孤立する日本

スガー政権になったため、日本の中枢は、新自由主義者達(中国派のDS=ロックフェラー系)に占領されてしまいました。中国様に逆らうなどもってのほか。これが、スガー政権の信条です。官房長官はにやにやしながら、はぐらかすだけ。

中国への配慮のせいで、対中制裁も共同声明からも、G7で唯一ハブられた日本

欧米各国、足並みそろえ中国人権問題に圧力…制裁加わらない日本に米は「判断を尊重」

【ワシントン=蒔田一彦、ロンドン=緒方賢一】米政府は22日、中国新疆ウイグル自治区の少数民族に対する人権弾圧に関わったとして、自治区の高官ら2人を制裁対象に指定した。米国内の資産を凍結し、米国人との取引を禁止する。欧州連合(EU)のほか、英国、カナダも22日に対中制裁を発表し、人権問題を巡り欧米各国が足並みをそろえて中国に圧力を強める姿勢を鮮明にした。

 

中国に呑まれる日本

日本45大学、中国国防七大学と交流協定 先端技術流出の恐れ(大紀元)

https://www.epochtimes.jp/p/2020/12/65348.html

 

爆買いされる不動産

三木慎一郎@S10408978

東京都港区タワマン。港区女子が中国人民になる日も近い。

京都の貴船や市内が、中国人に買われているそうです。

いったん不動産を取得すると、帰化もしやすい。その後、親戚を呼び寄せ生活保護を受けるのを狙ってるらしい。

 

アホ野党「審議拒否=春休みに入る」

考えを伝えるのは有権者ではなく自民党

bellbelo99@bellbelo99

立憲民主党の安住国対委員長は菅内閣に対する内閣不信任決議案の提出に関して、長期自民党政権に我々の考え方を伝える重要な方法だと発言です。考えを伝えるのは有権者ではなく自民党だというのはどうした物かと。

以上

 

国会内の権力闘争にしか頭にない立憲民主党。国民のことは全く度外視しているのがすごいね。種子法も、労働法も、ほとんど関心が無かった。すくなくとも、サクラやモリトモ追及ほどの熱意をもってなかった。とにかく、自民に喧嘩を売り、取って代わることしか頭にない。

国民目線で追及しているのは、与野党の中で日本共産党だけ。日本共産党が、まともな、保守政権に見えるという異常さ。

 

せっかく政権交代のチャンスがあるのに、春休みを取るらしい。

毎年毎年、理由をつけては、超大型連休を取り続ける野党。17連休を満喫したものの、さすがに顰蹙を買い、親に言われて渋々国会に出てきた議員もいましたね。

蓮舫「今台湾にいます!!」

蓮舫1号はどうしたのだろう。グアンタナモかな、あるいは死亡したのかな。

 

その野党が、春休みに入るらしい。

野党、国会審議拒否方針 春休みへ

3/24 13:34
https://this.kiji.is/747275247156985856?c=642615283276121185

 

記事によると…

・政府は24日、今国会に提出した法案のうち新たに10本程度に字句などのミスが見つかったと与野党に報告した。

・これを受け、立憲民主など野党3党の国対委員長は25日以降の国会審議に応じない方針を確認した。

・今国会では産業競争力強化法改正案や銀行法改正案の条文に誤りが見つかったほか、デジタル改革関連法案の添付資料に計45カ所のミスが判明している。

野党が、官僚を過労死寸前までに追いつめているので、ミスが連発したらしい。

春休みに続き、今年もゴールデンウイークにあわせて、審議拒否すると思われ。

 

スガー、安倍ちゃんとミーティング

連日の野党の追及にこたえられず、石地蔵になったスガー。総理になって一番最初にあいさつに行ったのが竹中平蔵だったことで、正体がばれたスガー。安倍ちゃんとは真逆の方向へ舵を切ったスガー。そのスガーが訪米にあたり、安倍ちゃんと半年ぶりにミーティングしたらしい。

菅首相、安倍前首相から初訪米前に助言受ける? 面会は半年ぶり

https://mainichi.jp/articles/20210329/k00/00m/010/308000c

毎日新聞の「首相日々」によると、首相が安倍氏と面会するのは、2020年10月1日以来、約半年ぶり。【佐野格、川口峻】

 

スガーは、元の御用聞きに戻ったらしい

・スガー「来月には訪米するので、8年間にわたり政権を担われた安倍前首相とお会いして、いろいろな内政、外交について意見交換した。非常に有意義だった」

・会談で主要議題となる中国に関しても意見を交わした。

・会談は45分ほど。訪れた先が、衆院議員会館の安倍晋三前首相の事務所。

・衆院解散・総選挙の話題が出たかとの問いには答えなかった。

第一次安倍政権が倒れた後、中川昭一さん、麻生太郎坊ちゃん、安倍ちゃん、甘利明さん、スガーで、「安倍ちゃんをもう一度首相に」という趣旨のグループNASAの会を形成しました。

メンバーは、スガー以外は世襲なんですね。スガーだけ異質です。

スガーは御用聞きをしながらのし上がりましたが、頂点に立ってしまった今、御用聞きをする相手がいないんですね。立ち位置としては、盗作する相手がいなくなった中国と似ています。やはり、スガーは中国系なんでしょ。

この会では、世襲貴族みたいな存在の議員たちの御用聞きをしてたと思われ。なので、安倍ちゃんや麻生さんも、スガーに対して油断したのかな。

 

そして今、行き詰ったスガーは、このころの世襲議員の腰ぎんちゃく、御用聞きに戻ったらしい。

 

「日米首脳会談で成果を得るべく準備を進めていることなどを説明」

訪米日程は、8~10日で、めっちゃ強行軍。北米なんて遠いのに、時差もあるのに、参勤交代は常例とはいえ、しんどそう。

今の支持率駄々下がりが逆転できるような結果を出すのは、無理だと思うよ。バイデン政権も実態があるようでない政権だから。

ものすごい強行スケジュールなとこみると、最小限の儀礼と、日米首脳会談だけで終わるのかな。茂木大臣も同伴しないらしいって、前代未聞。バイデンさん一派が、ホワイトハウスに入れないのに、どうするんだろう。

スガー一行は、いきなり、グリーンスクリーンのスタジオに連れていかれそう。

バーチャルにちかい会談になりそうで、これはこれで楽しみではある。

 

加藤官房長官の発言からみる、安倍ちゃん復帰

加藤官房長官「男系継承が古来例外なく維持されてきた重みを踏まえながら、慎重かつ丁寧に検討を行う必要がある」

3月16日 旧宮家の皇籍復帰が焦点 政府、皇位継承議論を始動へ

https://www.sankei.com/politics/news/210316/plt2103160052-n1.html

加藤官房長官は、統一教会の分派(女性限定の組織らしい)の会費を、政治資金から払ってたことが赤旗でスクープされた人です。おそらく、実家も婿入り先も帰化人の家系で、奥さんが統一教会系の会員なんでしょう。安倍ちゃんも、田布施の人だし、統一教会と近い家系ですから、何か深いつながりがあるんでしょうね。

それでも、スガー政権の官房長官になったらスガーの色に染まりました。加藤オバQ官房長官は、首相に合わせてコロコロスタンスを変える人、というより、上からの指示に素直に絶対倶服従する人で、根っからの官僚なんでしょうね。

そのオバQ官房長官が、安倍ちゃん政権のころとまったく同じこと言いだしてるのね。

自民内で、安倍ちゃん復帰が確定してるんだと思う。

 

病的に空気が読めない人の話題

メーガンさんが、2024年米国大統領選に出馬??

ほんまかいな、という、デイリーメールの記事。

 

メーガン夫人は、米国大統領選挙への出馬を検討

高橋 佑幸@日々是学習/データサイエンティスト@yukou_takahashi

·
3月14日

1) デイリーメール紙によると、メーガン妃は、米国大統領選挙への出馬を検討しているという。

英国労働党の職員の話によると、メーガン妃は既に大統領選へ向けた資金集めの計画の一環で、米民主党のお偉いさんと人脈構築を進めているとのことである。

2) 一連の報道が本当であれば、ここ最近、米国リベラルメディアが力を合わせてメーガン妃をバックアップし、英国王室を人種差別の話題で非難するキャンペーンを張り始めた動きと動機・タイミングともに符号する。

メーガン妃の名声確立のため、英国王室をターゲットにするのだろうか。

以上

 

仮に、王族にとってご法度である政治的関与の極致とも言える、立候補の噂が本当なら、メーガンさんの夫さんと御子さんたちは、王位継承権はく奪する理由になりますね。もともと、ダイアナさんと愛人のヒューイットさんとの間の托卵子のハリーさんには、王位継承権なんてないんですね。

じきを見て、DNA鑑定をして、王位継承を遠慮させるつもりだったと思うのですね。

仮に、MI6が、不適切な系統を王位継承から外すために、メーガンさんとハリーさんを誘導してるのなら、神業だと思う。

なんか、そんな気がしてきた。