※人気ブログランキングに参加しています

美智子様の影武者⑥-1@6人の美智子様 1号から3号

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

唐突ですが、今の皇后さまは、明仁皇太子とご成婚した正田美智子とは別人のようです。

チーム・ミッチーズの面々

ほかにもいるかもしれませんが、今のところ6名の正田美智子が確認できるかと思います。間違っていたら訂正します。

番外編 女官ミッチー6号?

ミッチーズの面々に似ている方です。明仁天皇とのかかわりがどうであれ、ミッチー6号とよばせていただいています。

ほかにも、パートタイム的に勤めている人がいる可能性がありますネ。

ほんとに、だれ?このひと?

大掛かりな組織が運営しているのでしょうね。

では、ミッチーズを一人一人見てみたいと思います。

 

Sponsored Link



 

テンプル・ミッチー1号

正田栄三郎と正田富美との間に生まれた長女。

テンプルちゃんとよばれたらしいのですが、中耳炎を患ったことがあることがわかっています。昔は命取りになる病でしたから、このとき亡くなったのではないのでしょうか。

後日記述しますが、富美の愛人だった西武グループの創立者・堤康次郎の落胤であるミッチー2号を引き取り、美智子として育てた可能性があります。時期的には、東京の学校へ転校したころが怪しいです。

ミッチーズの女性たちは、堤康次郎氏とその兄弟に似ており、100人は落胤がいたといわれる堤康次郎の落胤である可能性があり、おそらくは異母姉妹、同父母姉妹で鼻以下と思われます。堤家と正田家の関係も、堤家が天皇家にいかに暗い影を落としていたかも、後日記述させていただきます。

 

ご成婚・ミッチー2号

明仁皇太子にテニスコートで見初められ皇太子妃になった美智子様ですね。

しかし、ご成婚前後から複数の美智子様がいたらしく、あきらかに別人とおもわれる女性が、美智子様、として報道されています。

極端な猫背、O脚でした。

ヒールのある靴を履いても明仁さんよりかなり小柄ですね。

 

第二子流産

第二子ご懐妊後、胎児がブドウ状に奇形化して掻把の手術をおこない、その後長期静養に入ります。そして、半年後、国民の前に現れた美智子様は別人でした。

これは、また聞きなのですが、ある時期、美智子様と無二の親友だった方にところに毎晩、電話がかかってきたそうです。明仁皇太子は「美智子が自殺するといけないから」対応を頼んでいたとか。

時期的に見て、この時だと思います。

自殺をほのめかすことを言っていたらしく、おそらくは、実行したのではないでしょうか。

ここで、皇太子妃の自殺、もしくは病死が発表されれば、明仁皇太子は新しい妃を迎えることになったでしょう。美智子妃の下賤さに懲りた皇室は旧華族の令嬢を添えたに違いありません。

皇室を乗っ取り支配することをたくらんでいたミッチーズのスポンサーたちは、それをふせぐため、ミッチー2号の死を秘匿して偽物の影武者を美智子と偽って堂々と復活させたのではないでしょうか。

 

美女・小耳ミッチー3号

1963年、長期ご静養のあとに現れた美智子様。

美智子様は、半年間の御静養のあと心痛からか面変わりをなさいました、ということになっていますが、冷静に比較するとあまりの変容ぶりに困惑するばかりです。

ヒールのある靴を履いても明仁皇太子よりかなり低かった美智子様は、御静養が終わったとたん、身長が明仁皇太子より高くなりました。ゆうに20センチ弱伸びたことになります。

小顔になり頭身が変わり、さらには猫背がなおり、足がまっすぐに長く伸びました。

何故でしょう。

下の二つの写真はご成婚直後くらいの時期ですがミッチーはそれぞれ別人ですね。

左のカラーの美智子様の右にいる女性と、右の白黒の画像の美智子様の背後にいる女性は同一の方と思われます。

比べてみるとカラーの左側の写真の縦横の比率に変化している風はありません。

左右の写真の女性を基準に、美智子様の身長を比べると別人のようです。

 

耳も丸い大きい耳が、小さな「く」の字型の耳になり、さらに顔の上部へ移動しました。面妖なことです。

右:ご成婚・ミッチー2号、  左:小耳ミッチー3号

丸顔のお多福顔が、、、、

すらりとした美女に変身

浅丘ルリ子のような小顔の細面の美女になりました。

折れ曲がった「く」の字の耳。そして、豊かな縮れ毛が特徴です。

 

ご成婚当時からダブルをしてたみたいですね。御公務にも普通に出てた形跡があります。

唇の太さが上下同じです。朝鮮系に多い特徴と聞いています。ミッチー3号は、こうしてみると韓流スターにように見えます。

すらりとして、姿勢もただしく足も背骨も曲がってません。

御静養前は、酷い猫背だったのに、、

ファッションリーダーとしての美智子様、お美しい美智子様のイメージは、この3号によってつくられたようです。明仁夫妻は皇族というより芸能人化しましたね。

脚が長くまっすぐですね。

美人だったのですが、早老体質だったようです。白人か大陸の血が濃かったのかもしれません。

1970年マレーシア

昭和の後期から姿を消しました。消息不明です。

 

消えた皇室財産

歴代の皇后が受け継いできたダイアモンドの三連のネックレス。

平成即位以降1連になっています。何故、歴代の皇后が受けついできたはずの、三連のダイアモンドのネックレスが平成以後、1連になったのか?

平成以後、ミッチー3号の姿が見えません。

もしかしたら、退職金がわりにチームミッチーでわけたのかも??

ティアラなし、サッシュなしの、奇妙な装いの美智子。

頸椎が、、腰が、、といいながら、テニスをし、ジョギングをする美智子。

晩餐会でも、ダイアモンドギラギラのバックルのベルトに、ダイアモンドのネックレスはしている美智子。

不思議な美智子。

 

2017年 追記

そして、ついに、ダイアモンドのネックレスもなくなりました。

ティアラなし、サッシュなしの平民の装いの美智子。

丁度、ミッチーズが、明仁さんとにたりよったりの身長の人たちから、あきらかに明仁さんより長身で若い美智子たちに入れ替わった時期でもあります。

もしかして、ミッチーズは、引退するときに、皇室が代々うけついできた皇室財産をもっていくのかもしれませんねって、泥棒ですからそれ。捕まえましょうよ。

続きます。

 

極めて関係ない画像

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。