※人気ブログランキングに参加しています

美智子様の影武者⑨ ミッチー牧場 群馬という魔境

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

1号のテンプルちゃんはどうかしりませんが、2号から7号までミッチーズは日本人ではなさそうですね。

少なくとも日本の社会や風習とは断絶した環境でそだった風があります。

ミッチー2号と、ミッチー4号は日本語が下手です。3号は声紋がのこる映像が、今のことろ探せないのでわかりません。

ご成婚のおりの記者会見でも、2号は上手く話せていません。

4号も、前もって提出された質問にしか答えませんし、イントネーションやその内容もどこか変なことろがあります。

決められた答えを記憶する能力はあるとおもいますが、即興で長いセンテンスの会話ができないと思われます。

スピーチや記者会見でも、何度も遂行された原稿を記憶する能力はあるみたいですが、やはり、どこか変です。どこか、朝鮮族中国人である余命三年時事日記の管理人のかく文体に似ている気がします。

ミッチーズはみな、マナーや行動、言動をみても、全て日本人、もしくは日本の国で育った方ではなさげですね。

・言葉にしないけど、日本人ならみんな知っていること、

・言葉にしないし戒律にしないけど日本人ならみんなやらないこと、

というのが、この方は理解してません。

日本人ならしないこと、を平気でしてしまうので、ばれてしまいます。これは、小和田の連中や、雅子にも言えることですが。

壊滅的なファッションセンスは中国・朝鮮のものでしょう。ダサいとかいう問題をこえて、文化力がなさすぎます。

ミッチーズには共通して、事大主義で、言動、行動、人治国家に育った方が身に着ける言動や思想が見え隠れします。

おもうのですが、正田美智子は「大陸夫人」富美の下で育ったとはいえ、日本の正田家で育ちましたが、正田美智子にかわってご成婚したミッチ―2号をはじめ、ほかのミッチーズたちは、日本以外の国、おそらくは、共産国家で育ち訓練を受けた工作員ではないでしょうか。

とくに、4号、7号などの足運びなどをみても、隙がありません。

 

Sponsored Link




 

館林とミッチーズ

 

ミッチー4号が2008年、お忍びで館林に御成りになっています。

堤義明氏の執行猶予中ですね。正田家とおなじく群馬の同和地域の住民だった福田首相の時です。群馬は、福田の地盤でもあります。

※お借りしています

ttp://blogs.yahoo.co.jp/cruze7351smk/54694825.html

2008年4月7日

天皇皇后・群馬の館林にお忍びで御成り

4月7日、私の故郷・館林市に天皇皇后両陛下がお立ち寄りになられました。
名家・正田邸のある館林市は、美智子様ゆかりの地としても知られ、今回は近隣の町でのご公務の後、美智子様の強いご希望で非公務としてお立ち寄りになられました。
少し前に実家へ帰った時、父から『お忍びで両陛下が来る』と聞き、皇室が大好きな私としては居ても立ってもいられず、本来なら稼ぎ時である週末の添乗を断ってまで再び帰省し、そのフィーバーぶりを体感して参りました!
“お忍び”と聞いたはずの来訪情報は、回覧板で通過ルートと予定時刻、さらに“お見送りポイント”として明記されてあっという間に知れ渡り、当日の市役所付近の沿道は、ちょっとビックリするくらいの人・ひと・ヒトでした。
県警の方から分刻みでの情報がマメに入り、待ち時間も苦にならない小雨の中、1時間前から1番前で待っていた私の目の前を、白バイ・先導車と続いて両陛下はいつもの微笑みでゆっくりと通り過ぎ、感激・感動も束の間、すぐさま今度は“お帰り道”=反対車線に移動して、再び一番前でお見送り。
時速15km程のスピードなので、両陛下の表情はもちろん、お車の豪華な内装までしっかりと拝見する事が出来ました。
美智子様が、特別な思いを寄せて下さっている館林市。そんな街が故郷だなんて、なんだかとっても誇らしい。

(ここまで)

この主婦さんのブログは、上記の記事を最後に更新が止まってます。
どうしたのでしょ。
2~3年前までは、雅子や小和田のことを書くと、脅迫の電話がかかってきたそうです。

小和田は、今も昔も、水俣で大量虐殺を行い、さらには被害者様たちを弾圧したヤクザであることは、今も昔も同じということです。

ミッチーに話を戻しますが、、

足を運ぶと、部落民だった正田家のルーツに注目がいくのにもかかわらず、御成りになってます。やはり、ミッチーたちは、ここで育ったのでしょう。あるいは、だれかを見舞ったのでしょうか。

美智子による出版社への脅迫、職員の不審死、、、

ミッチーズが組織だった工作員だとしたら、納得のいくことが多いです。

ミッチ―牧場を当初は群馬の館林につくり、のちに、大陸に人民解放軍が運営する養成所があったのでは、と、想像をたくましくしてしまいます。

ミッチーズが共通して堤康次郎の娘たちであるのは確実そうですが、では、堤康次郎、および堤家とは何だったのか、という疑問の答えが、昨今の余命の事情とミッチー4号が連動していることから、想像できるように思いますね。

 

総会屋の脅迫「堤家は朝鮮から来たというのは本当か」

2代目の堤義明を総会屋が脅迫した内容の一つが、堤家は朝鮮から来た、ということだったらしいのですが、、、、でも、単に朝鮮半島から来た、ということは、別に脅迫の材料としてはゆるいんですよね。

戦前は朝鮮半島は日本の領土でしたから、半島の方も日本人でした。選挙権もありましたし、政界財界軍部で多くの半島出身の方が出世しましたね。

戦後も、朝鮮系で出世した方は多いです。

極真会館、SS製薬、ソフトバンク、ユニクロ、ロッテ、ほかにも探せばいくらでも朝鮮系の創立者がいるはずです。別に西武グループの創立者の一族が昔半島にいた、ということは脅迫の材料としてはゆるいのかなとおもいますけどね。

密航ではなくて、一族あげて工作員だったことを脅迫されてたのではないのかしら。

あくまで想像ですけど。

 

群馬には魔境があるようです。

正田家(自称群馬の豪商)
正田貞一郎 – Wikipedia

群馬県館林はにおいて「米文」の名で米問屋を営み、明治に入って醤油醸造に従事した。

正田家は代々「米文」の暖簾もとに米問屋を家業とし、上州館林および近郊きっての富商であった。「米文」の名声は江戸はいうまでもなく大阪方面まで聞こえていた。

弘化のころには名主の職にあり、名字帯刀を許されていた。

 

別の視点からの正田家の検証。

http://jfcoach.blog49.fc2.com/blog-entry-194.html

下記の部落問題・人権事典ー群馬県のサイトによると、正田家の祖先が仕えた新田家のあった場所は部落であったとあります。

http://www.blhrri.org/jiten/index.php?%A1%F6%B7%B2%C7%CF%B8%A9

上原善広というノンフィクション記者が「実話ナックルズ」という雑誌で下記のように指摘したように、部落出身である可能性は高いと思います。

雑誌『実話ナックルズ』にて『JDT 日本の路地を歩く』という連載を執筆しており、2004年7月号に発表した「群馬県T部落」で群馬県の未指定地区を取り上げ、「ここから女性が一人、皇族に嫁いでいる」「ここは女性が皇族へ嫁いだため、行政から同和地区指定されなかった。 指定を受けると部落とわかってしまうからである」「皇族は過去の身分上、最高位にいる。その彼らが過去の身分上最底辺の部落民と結婚するなどということは、身分社会の崩壊を意味している」と書いた。

(ここまで)

 

「wiki 正田家は代々「米文」の暖簾もとに米問屋を家業とし、上州館林および近郊きっての富商であった。「米文」の名声は江戸はいうまでもなく大阪方面まで聞こえていた。」

【笑激】部落民であることをひたすら隠そうとする正田家の家系図、転載フリー – 伏見顕正の政経塾

正田家は、醤油製造をしてたそうですが、明治以前で醤油製造にかかわっていた方は、部落のかただったみたいです。製造方法によっては、動物の内臓を使う場合もあり、動物の解体にかかわっていた部落の方との連携がないと難しかったのでしょう。

米問屋で利益を出してたいのに、なんで、格下の醤油業にもどるのか意味不明です。

※詳細はこちらから

 

福田 赳夫首相(群馬県出身)

福田赳夫 – Wikipedia

福田家は江戸時代は名主を務めた地元の名門であった。

(略)

1977年(昭和52年)

同年に起きたダッカ日航機ハイジャック事件では「人命は地球より重い」として犯人側の人質解放の条件を飲み、身代金の支払いおよび、諜報的措置として6人の刑事被告人や囚人の引き渡しを行ったことで、テロリスト脅迫に屈したと国際的な批判を浴びることとなった。

この後北朝鮮よる拉致が急増した。

(略)

1978年(昭和53年)10月23日、鄧小平副総理を日本に迎え、「日中平和友好条約」に調印。

 

福田康夫(群馬県)

1976年1月に会社を退社し、衆議院議員秘書となり、1977年12月から1年間、父・赳夫の内閣総理大臣秘書を務める。

事務担当秘書官には、保田博、棚橋祐治、小和田恒らがいた。このことで、議員になる前より外務省にパイプができた。

秘書官として、日中平和友好条約へ向けた中国、アメリカとの舞台裏交渉に関与した。1990年2月に第39回衆議院議員選挙で、群馬4区から出馬して当選。

(以上)

「福田家は江戸時代は名主を務めた地元の名門であった」

そして妻は旧華族とか書いてる文章もあるそうですが、実際は下宿した下宿屋の娘さんだったとか。

ナチュラルに、福田家も同和地域にあった家だったそうです。

 

小和田恒(新潟出身・福田の秘書)

1932年(昭和7年)、新潟県新発田市に生まれた。小和田毅夫、静夫妻の次男で、八人兄弟の四番目にあたる。本籍地は新潟県村上市。

(略)

外務省官房長だった1988年に創価学会からの要請に応じて、池田大作名誉会長らの外国訪問旅行に便宜供与を図ったとして、国会で追及されている。

評論家の渡辺昇一は、中曽根内閣の時に小和田が「日本の外交は、東京裁判を背負っているハンディキャップ外交である」と答弁したことを、「国賊と言ってもいいでしょう」と強い調子で非難している。

(ここまで)

 

しかしながら、福田に「雅子ちゃんを皇太子妃にするよ」といわれて推された小和田恒の娘の小和田雅子こそは、国籍ロンタリング、学歴ロンタリング、家系ロンタリングの見本となる人のようですね。

雅子・家系ロンタリング

嫁ぐ前の一家団欒の居間の机におかれた北朝鮮の花。

愛子さんを生んだら、韓国人が大喜び。像を立ててくれたのよ。

家系は3代先から遡れず、さらには金吉なる人物は、14歳のときの子どもということになり意味不明だとか。

小和田雅子が提出した家系図があまりにめちゃくちゃで、家系図ではなく宣伝広告だと言い切った方もいます。

 

※詳細はこちらから

雅子様②家系(1)部落解放同盟との関係

雅子様②@家系(2)母方・江頭家は高祖父、父方・小和田家は曾祖父までしか遡れない

雅子様②@家系(3)小和田雅子の家系のトリック

 

雅子様の学歴ロンタリング

【雅子の経歴】
http://ameblo.jp/9023410651/entry-11502029224.html

①田園双葉の入試に2回落ちて、3回目にお情けで編入。
②田園双葉時代の成績は頑張っても専修大がやっと。
③アメリカの公立高校では最低レベルのESLクラスから出られず。
④当時ハーバードで客員教授していた父のコネで女子部のラドクリフに入学。

卒業後、ラドクリフがハーバート大に吸収されたため、勝手にハーバート大卒業と詐称している雅子。
⑤卒業論文も父のコネで普通の学生には不可能な経済界の大物達へのインタビュー。
それでも優良可の良にあたる評価がやっと。
普通の会話が続けられずパーティーでは壁の花。
⑥東大への学士入学は簡単なものでしかもここでも父が当時教授をしていた。授業にはほとんど出席せず1単位も取れずに中退。

⑦父のいる外務省へ。 当時外交官は2世が多く、父がもうすぐ外務次官という娘を、どんなに出来が悪くても落とすことはなかった。
⑧外務省時代は内規違反をしてマイカー通勤しVIP専用駐車場に駐車。
⑨通勤手当をもらっていたので返却することに。しかも連日遅刻。
⑩仕事が出来ないため大切な仕事は任されなかったが、頼まれると失敗して泣く。それなのに傲慢な態度だった。 出来る仕事はコピー取りしかなく、「コピー番長」とよばれ笑われていた。
⑪しょっちゅう化粧直しに席を立ち、なかなか戻らなかった。
⑫職場でも父を「お父様」と呼んでいた。
⑬オックスフォードに国費留学するが、同期の中で唯一学位が取れず帰国。

(ここまで)

 

学歴や家柄がすべてだとは思いませんが、ご成婚前から壊れていた方だったようです。

※詳細はこちらから

皇太子妃雅子@雅子様の問題と病気

 

小和田家とよど号犯人との関係

よど号ハイジャック犯(新潟出身)

小和田家とは隣どおしの関係。

よど号ハイジャック事件の後から、北朝鮮による日本人拉致が頻繁に起こるのね。

よその国の人間が勝手に乗り込んできて、市民をさらっていく。

でも、政府は現在まで、やる気なさげで、スルーを続けるのよ。

加害者側は、恐喝、ゆすり、麻薬密売と人身売買しか能のない、世界貧困国家で、人権弾圧国家。

日本は、世界第二位、アジア随一の経済大国。

横田さん「政府は弱みを握られているのではないでしょうか」

なんの弱みなのかな。

よど号ハイジャック犯と、首相がグルになってて、キックバックをもらってたとか、、自民議員で山分けしたとか、、、、??。

そういえば、金丸という爺さんの金庫からは、北朝鮮の金塊がでてきたのよね。

いっぱい、貰い物があったみたいね。

いろいろ調べ物をしていると、日本を支配しているのは自民党だけど、自民党を支配しているのは北朝鮮という、みたくない現実にいきつくのね。

 

福田「雅子ちゃんを、皇太子妃にするよ」

まだ、雅子さんが、おてんばなお子様だったころ、福田がそういったらしいの。

小和田優美子さんは、雅子さんの会見では、「福」という字をあしらった帯でいどんだとこみると、関係はふかかったみたいね。

雅子さんの、母方の江頭家。家系調査が入ると、なぜか、部落解放団体からクレームがくるらしいのね。福田家も名家とWIKIには書かせているけど、実際は部落地区の出身で偽装してるのね。

 

 

雅子さんの母親の実家の江頭家、ここの本家の人がタレントをしているけど、自分は部落だとカミングアウトしていたらしいわ。

でも、福田、江頭、堤、などの家の方々の行動規範や考え方をみるに、純粋な日本人の部落ではないと思う。

日本人ならわかっていること、絶対にしないことを平気でしてしまうのね。信仰や思想をもっても変わらないものが日本人にはあるのだけど、それがないのよね。この人たち。

戦前あるいは戦後、日本の部落に入り込み部落の家に婿入りしたか、あるいは一家皆殺しにして背乗りしたかだと思う。

そう考えると、福田、江頭、堤のそれぞれの行動や考え方が理解できるの。

福田の場合、思想や信仰に影響されてというより、最初から北朝鮮の工作員という立ち位置にあるもの。

美智子さまと、福田さん、小和田さんつながりは、たまたま、皇室で嫁姑になった、という以前から始まっているのかな。

ミッチ―と雅子さんは、隠されたところでつながっている「お仲間」なのかしら。ミッチ―は、雅子さんを、無条件でかばい続けるのかしら。

 

群馬にある魔境

今、日本に出回っている覚せい剤は北朝鮮が作っているそうです。

オウム真理教のサティアンではサリンではなく覚せい剤を作っていたといわれています。オウム真理教の教祖の松本被告が実は朝鮮系だったことは有名ですね。

おそらく、北系のかただったのではないでしょうか。

最近、元プロ野球選手の清原さんが覚せい剤の使用で逮捕されました。清原さんは群馬に覚せい剤を買いに足を何度も運んでいるそうです。

群馬と北朝鮮とはつながりがあるんでしょうね。

話をミッチーズにもどすけど、大掛かりな妓生とも工作員ともつかない女性を育成する場所があったのではないのかしら。ミッチーズはここで育ち、ここから補給されつづけたのではないのかしら。

小泉もそうだったように、福田、小和田、正田、江頭、堤などは、やはり、北朝鮮系なのではないのでしょうか。

 

真正のお妃候補

明仁皇太子妃候補NO1だった方

北白川肇子さま

 

久邇晃子さま

徳仁親王妃候補NO1だった、というより内定していた方。

着物も準備して、あとは発表だけという段階で海外のマスコミが「雅子決定」をリークし、勝手に婚約発表をしてしまったので、破棄されてしまいました。

東大の医学部に入学、精神科医になったという本物の才媛。

なぜ、この方たちでなかったのか(怒)

 

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。