≪読者様へ≫

※連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


なぜ山のような債務は日本を破滅させないのか?

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

なぜ山のような債務は日本を破滅させないのか?

※2017年9月26日の記事の転載です。

in deep様より転載

2017年9月26日

なぜ山のような債務は日本を破滅させないのか?

「自国通貨で借り入れている安定した政府を持つ先進国は、危機がなければ、非常に高いレベルの借金を上げ続けることができることを私たちは知っている」 – ポール・クルーグマン(経済学者

ポール・クルーグマンのこの引用文は、なぜ日本がますます高まる公共部門の負債によって挫折していないのかという主な理由をうまく一言で説明している。

日本は信用度の高い国であり、ほとんどが自国通貨で借り入れており、債務は自国の市民が主に所有している。金融危機は日本においては、すべて現実よりも認識に関するものだ。

しかし、クルーグマンは強調していないが、ますます重要な問題のひとつは、中央銀行が政府の資金コストを支援し歪める能力である。中央銀行は経済の代理人ではないことを考えると、その入札と債券の買収は、適切な価格水準を発見するのではなく、政府の目標を支援するように設計されている。

過去には、このような積極的な介入派の政策は、戦争や大恐慌などに伴う独特で稀な出来事だったが、政府の準備政策により、この 20年、ますます受け入れられる道具となっている。日本は 20年以上にわたり正面からこのような中央銀行の積極的な介入という状態をリードしており、世界金融危機の後には、世界の他の国々が続いた。

日本に対する「債務による国家の崩壊」の予測のほとんどが一貫して失敗する理由には、基本的に以下の4つの理由がある。

1. 日本は均衡の取れた社会であり、比較的平等な収入と富の分布の構図を持っているため、痛みは均等に分かち合われ、経済的、社会的一貫性が保たれている。

2. 日本は、高齢者や医療従事者に対する国の委任を選択的に増強し調整し、不法に消費税を押し上げることで、それらの信頼性を維持した。これらの措置のいくつかは長期的には非生産的だったが、世界市場をなだめることに成功した。

3. 日本は自国の通貨で借り入れており、日本の国債の保有者の大部分は日本人(88%以上)だ。これにより、外部からの脆弱性が大幅に軽減されている。日銀は、資金供給と資本コストの低下を劇的に、そして積極的に進めてきた。この積極性は、債券利回りを低下させ、金利コミットメントの資金調達に費やされた政府支出の割合を大幅に減少させた世界的な人民元失業率の上昇傾向と一致する。

4. 政府の借入金負担が大幅に増加したにもかかわらず、サービス支出に特化した国の支出の割合は過去 10年間で大幅に減少し、現在総支出の 5%を下回っている。

日本経済は今日、数十年前と比べると、世界に対しての重要性は全体の一部となってきている。 80年代後半には、日本は世界的な輸出品の約 10%を占めていたが、そのシェアは現在 3.8%を下回っている。同時期にドイツのシェアは 80年代の10%〜11%から、現在 8%程度に低下しており、アメリカは 80年代の 12%から 9%に低下し、フランスは 5%から 3%に低下した。

日本の世界における GDP のシェアでも同じことが起きている。

日本の成長率は大幅に押し下げられたが、日本全体の総需要と国民一人当たりの収入はそのまま維持されている。

日本は、土地のインフレがない(ほとんどの場合、実際にはデフレ)という衝撃的な経験から浮上し、財政刺激策と民間部門の弾力的な生産性によって資金供給が堅調に推移している。中央銀行は、財政赤字の資金調達に必要な額よりも多くの証券を取得することによって、国の債務を効果的に相殺している場となっている。

世界では、労働投入にますます関連性がなくなり、ロボット工学、自動化、人工知能、社会資本がますます重要な役割を果たしている中、人口統計の悪影響(日本の人口が減っていること)に関する伝統的な議論を前にしても、日本はもはや壊滅も崩壊もしないだろう。

また、日本に移民を大量に増加させることを賞賛する従来の議論については、それはこの問題と無関係であるだけでなく、理論的および実践的な根拠に欠けている可能性が高いことを示唆している。

日本が今後、大規模な移民を受け入れる可能性は非常に低い。それは、高い技能の労働者もそうではない労働者にも当てはまる。

そしてまた、日本人自身が外国の領域で働き生活することを好むことも基本的にはない。

しかし同時に、日本での人員の(外国人への)置換のペースは、他国よりもはるかに堅調なペースで加速している。たとえば、病院の看護師や、レストランの従業員やコンビニエンスストアの店員などにおいて外国人を積極的に採用している。

日本が持つ独自の性質は、持続可能なレベルの民間部門の生産性に変換され、それは所得と富の不平等を含んでもいる。

今日の日本は、1980年代後半から 1990年代初頭にかけて、より不平等化しているが、それでも世界で最も平等主義的な社会のひとつだ。

日本はまだ最も根本的な政策を受け入れようとはしていないが、借金負担を完全に貨幣化することにおいて、はるかに進んでおり、他のほとんどの国とは異なり、ますます加速している金融化のペース(または新しい債務主義世代の追加)を必要としない。

今の日本の目的は、人口の増加を目指して社会を損なわずに成長させることよりも、一人当たりの収入を維持することだ。日本がこの目標を達成できるかどうかは、日系企業と生産性向上を維持する経済全体に大きく依存している。

今後 10年間で、世界の主要国はさらに「人口の減少と、従来の資本収益率の低下」が今よりはるかに顕著になるだろう。

日本という国はその進化の最前線にいる。

続きはこちらから