※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

眞子様と小室圭の婚約①|なぜ小室圭なのか

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

眞子さまと小室圭との婚約の一報より、眞子さまと小室の婚約の謎読者様と一緒になって検証し続け、「眞子さまと小室圭」の記事が、200近いに膨らみました。

その間、ブログを潰され、イザー一派との抗争があり、今のレンタルサーバーに移転したりと、トラブルもありましたが、その結果、さまざまな疑惑が生じてきました。

眞子さまのご婚約時系列

 

2017年5月 婚約報道

宮内庁や政府の発表をすっとばして、「眞子さまご婚約」は、いきなり、日本のマスコミの一報から始まりました。

しかも、芸能人の囲み取材の様な形でしたね。

飛ばし記事の様な、眞子さまコムロ婚約報道がつづき、それに、宮内庁の発表が後ろをついてきているような状態が、今も続いています。

なかなか、秋篠宮家から、婚約をみとめる内容のコメントは出ませんでした。

予定

7月8日 婚約内定会見

3月4日 納采の儀

11月4日 結婚の儀

 

 

2017年7月8日 婚約内定記者会見予定(7月7日中止発表)

予定されていた婚約会見の日は、創価学会の白蓮の日でした。今までの皇族の婚約は、発表も会見も大安吉日ときまっていたのに、眞子さまの場合はまったくちがっていました。王子、王子、とマスコミが呼んでいましたが、創価の王子だったのかもしれません。

「小室圭 創価学会 でれでれ草」の画像検索結果

 

2017年9月3日 婚約内定記者会見

この会見も謎が多い会見でした。ネットで指摘されていたのは

・場所は宮内庁なのか、もしかして創価学会の会館ではないのか

・小室圭の口の周りに、食べかすが付いている。相当長い時間をかけたロケではなかったのか。

・コムロのネクタイの結び目が、会見の当日、車内の「今から会見にむかう小室さん」とは違う。

・眞子さまもまた、車内の「今から会見にむかう眞子さま」と、会見している眞子さまとイヤリングが違う。

・会見が終了した時、記者団から「おめでとうございました」という変な日本語で締めくくられた。日本人でないキャストによる、ロケだったのではないか。

など、

 

2018年2月6日 2020年に結婚延期発表

その後、コムロはアメリカへ留学、と報道されましたが、これも怪しそうです。

 

Sponsored Link



 

 

小室圭の疑惑

1 小室圭の学歴詐称疑惑(ICUに在籍した形跡がない)、IUCではないのか

・ICUではなく、IUCではないのか。しかし、IUCは日本語を学ぶ専門学校のようなもので、設定と大きくズレがある。

・英語が話せるのかどうか、いまだに不明。バイリンガルが売りのひとつなのに、流ちょうに話している映像を流さないのはなぜか。

・大学院に通いながら、法律事務所に勤務という設定だが、日本の司法試験の前日、「おでかけ」しているアリバイがあり、日本の司法試験をうけたのかどうか、不明。

・小室圭は、出社ロケをしたものの、事務所のビルが開く時間をしらなかったことから、実際に勤務しているかどうか怪しい。

 

2 職歴詐称疑惑(メガバンクに就職した形跡がない)、

スーツのボタンを全部占めている。第一ボタンをはずしてネクタイを締めている。まともな、お辞儀ができない。など、就職どころか、就活した形跡がない。

日本人かどうかも不明であり、かつ、帰化人、外国人であっても、日本で育っていない可能性がたかい。

さらに、メガバンクは、母子家庭は採用しない。そして、同僚、上司のコメントもでてこず、姿を見せない。

 

3 家系国籍捏造疑惑、

そして、母親のカヨが、当初、韓国風の名前を思わせる「圭与」と報道されていたことから、国籍は韓国ではないかという疑惑。

 

4 婚約会見に出てきた小室圭は、海の王子の小室圭とは別人の可能性がたかいこと。

つまり、IUCに入学したどうかも不明。

 

5 さらに、婚約騒動以後の眞子さまは、偽物とすり替わった可能性があること。

 

6 そもそも小室圭は眞子様と交際していたのかが不明

交際していた形跡がない。ツーショットで写真一枚でてこない。デートの写真、誕生日のプレゼント、メールのやり取り、などが、いっさい公開されていない。

ただ、週刊誌報道だけが「熱愛」「交際」等、連呼しているだけ。

それらしい証拠として拡散しているのが、怪しげな電車でデートの写真だけ。しかも、この写真は加工だらけであり、ユニクロのワンピースを着た女性は、売れないタレント佐藤睦の可能性が高い。

このご婚約騒動は、本物の眞子様や秋篠宮家、宮内庁の意志や計画とは関係のないところで、勝手にマスコミと結託して、事実化した結婚詐欺の可能性が高いこと。

つまるところ、このご婚約テロと呼ばれている婚約は、創価学会のカリスマ会長・池田大作と何らかの血縁関係のある小室圭を、眞子様と結婚させ、女性宮家の配偶にするための陰謀ではないのか、早い話が、クーデターに相当する陰謀である可能性があること、など。

あれは、長い長い夏でした。200近く膨れ上がった記事を、まとめてみたいと思います。

 

Sponsored Link
Sponsored Link