※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


皇室|「立皇嗣の儀」着々と進む

Sponsored Link

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③朝鮮系と思われる女工作員が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら

「立皇嗣の儀」簡素化されるものの前例踏襲で着々と進む

12日|毎日|立皇嗣の礼も前例踏襲 三つの儀式、今回も実施 政府式典委会合

https://mainichi.jp/articles/20191212/k00/00m/040/190000c

政府は12日、首相官邸で皇位継承に関する式典委員会(委員長・安倍晋三首相)の第8回会合を開いた。

秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣となられることを国内外に宣言する来春の「立皇嗣の礼」について、天皇陛下が皇太子となられた平成当時の「立太子の礼」を基本的に踏襲することを確認した。

首相は「平成度の立太子の礼をもとにしっかりと準備を進める」と語った。

・一連の儀式は憲法が定める国事行為として行う。

・「立皇嗣宣明の儀」を皇居・宮殿の「松の間」で実施。

・配偶者が参列するのは三権の長に限るなどし、参列者数は約320人となる見込み。(前回は約240人が参列)。

・天皇、皇后両陛下が宣明の儀を終えた秋篠宮さまに初めてお会いになる「朝見の儀」は前例を踏襲。

・内外の賓客らを招く祝宴「宮中饗宴(きょうえん)の儀」は4月21日午後に計2回、立食形式で。

・前回は2日間で合計3回の着席形式だったが、皇族の負担軽減と簡素化の観点から回数を減らす。

【堀和彦】

 
Sponsored Link




 
え、立食なの?世界第二位の経済大国で、世界最古の王朝の跡取りのお披露目なのに。

お金の使い方、何とかしたらどうかな。

即位の礼の食事もひどかったし、テーブルセッティングもひどかったし、皇族が外交で着ているものもひどい場合が多い。

平成以後の皇室は、だらしなく普段散財する癖に、「ここぞ」というときに、お金を惜しんで、国民と国に恥をかかせるんですよね。

まずは、皇族の複数制度、影武者制度を廃止して経費を削減し、明仁さん夫妻や、ナルちゃん一家の、意味のない改築や意味のない旅行やご鑑賞、ご静養、複数いる美智子の着道楽を抑制したらどうかな。年間数十億の経費が浮くはず。

「赤い毎日」が、この記事とこの写真を出してきたのが気になるわ。

元赤坂の赤坂東邸での会見のお写真ですが、このお部屋を使うときって、ナルちゃんの婚約会見(東宮仮御所と当時は表記)、眞子様と小室の会見、など、怪しい会見が多かったんですね。

眞子さまの会見

偽眞子さんが、ドアを開けている職員らしき方や、記者の方と比べて極端に小さいなあ、と。枠で囲った女性とほぼ同じ位置か、やや手前にいるはずなんですが、、、。なので例の会見は半分CGかな、、とか推測してます。

ナルちゃんの会見

ヤフオクの出品された商品に映り込んだ部屋の内装が、この部屋に似ているんですよね。

会見のお部屋(1)

会見のお部屋(2)

会見のお部屋(3)

会見のお部屋(4)

改元後の訪欧前の秋篠宮ご夫妻の会見、秋篠宮様の単独のお誕生日会見、に使ってますが、宮内庁さん、このお部屋、本当に赤坂東邸ですよね?この人、本当に親王ですよね?

話を戻しますが、

「私」の部分の、お出かけ、静養、ご鑑賞、改築、旅行、普段の衣食住にかかわるご生活、などは極力控えていただき、国民に負担をかけない。

「公」の式典、外交、儀礼、などは、どーんとお金を使って派手に行い、国民に恥をかかせない、

これが理想というか、ノーマルな王朝だと思いますが、なぜ、うちらの国の皇室は、逆転しているのだろう。

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

関連記事と広告