※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


不正選挙ではないのか?(下)

Sponsored Link
影武者制度、タブーなど 皇室記事一覧はこちら

不正選挙ではないのか?(上)からの続きです。

「新世界秩序」の兵隊たちの呼びかけ「選挙にいこう」

気になってたのは、小泉今日子などの、「イルミ=新世界秩序」の兵隊たちが、盛んに「選挙にいこう」と呼びかけていたこと。

小泉今日子の過去のツイート

https://twitter.com/NikoNe_san_2525/status/1264796500032253953?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1264796500032253953%7Ctwgr%5E&ref_url=http%3A%2F%2Fhiromihiromi.sakura.ne.jp%2F01%2F%3Fp%3D60405

 

 

こういう人たちは、上からの指令がなければ、こんなことしないでしょう。

察するに、期日前投票で小池が不利だったので、当日の投票数を上げ、当日の集計を操作して、あの数字を作ったのではないのかな。

昔、田母神さんが出馬したとき、これをやられましたね。

集計をするおばちゃんが、田母神さんの票をまとめて束にした後、別の候補の名前が書かれた票を表にして輪ゴムで止め、田母神さんの票を丸ごと、別の候補の票にしているところが動画に残っています。この方が、なんちゃら学会の人だったのかどうかは知れませんが、普通に考えて、犯罪者であり、工作員でしょう。

Sponsored Link




先の都議選挙では、現役の自民の議員さんの二倍の票を集めて、新人の都民ファーストの女性議員が当選とか、ありえないことが起こりました。結局、やりすぎるので、不正がばれるわけです。

今回も、先の都議選のときのように、やりすぎたんじゃないのかな。数字がおかしすぎ。

投開票日当日の、ほかの候補者の票が、田母神さんの票を盗んだやり方か、それに近い方法で、丸ごと小池に入ったのなら、この数字に納得がいくわ。

投票率が上がれば上がるほど、小池の票が増える仕掛けがあったとしか考えられないのよね。

ちなみに、管理人の東京在住の知人によると、「自分を含めて、自分の周りで、小池百合子に投票した人はいない」らしい。

 

「新世界秩序」の兵隊

話は少しそれますが、さかんに「緊急事態宣言を出せ」と叫び、「〇〇万人が死ぬ」と根拠のない分析をしていたこの2人も、小泉今日子と同様、兵隊だったんでしょうね。よくわかりました。

右の先生は、ノーベル賞を受賞となってますが、実はデーターを不正しているので、いつでも賞を取り上げられる立場にある、というツイッターを見たことがあります。

冷静に考えてみて、細胞の研究家なのに、なんで、細菌の専門家としてふるまっているのかも謎です。

 

ともに乗り越え、新しい世界を創りましょう(西本智実)

リレーメッセージでつながっている人たち(為末大・・・西本智実・・・Yoshiki)は、「新世界秩序」の仲間でしょう。

イルミナート(イルミナティ?)、新しい世界を創りましょう(新世界秩序?)

わかりやすいなあ。

 

 

プレジデントオンライン

プレジデントの編集長は、ユリコちゃんの元秘書だそうな。根拠として、作家の黒木亮さんがそう記事に書いていたそうな。

投票締め切りが20時、その直後当確報道、締め切りから1時間半後の、21時30分にUPされたこの原稿は、あらかじめ用意してたんだろうなあ。論点のすり替えが巧みです。

https://president.jp/articles/-/36834

 

しかし、ユリコちゃんの屍オーラがすごい。

人それぞれが持っている美しさが、業火によって蒸発した感じ。これで、一番映りのいいユリコちゃんなんだろうなあ。土井たか子が、怨霊になった感があるわ。

加齢の為というより、無理な整形をしているからでしょうか、下瞼が顎に向かってたれ落ち、三白眼になりますね。ちょっと怖い。

 

#不正選挙

ユリコちゃんの当確の報道の後、即、ツイッター上では、#不正選挙 がトレンド入り。

中身は、「不正選挙というほうが、おかしい」、「陰謀論ww」、「出口調査が圧倒的だったんでしょ」、「受け入れろよ」、など、小池圧勝の結果をフォローし、疑問にもつ側を揶揄し嘲笑するものばかり。

結果に疑問を持つツイートに、コメントを入れまくってます。数がすごい。異常です。ランサーズみたいなスタッフが、当確の報道にそなえて、大量にスタンバイしてたんですね。

ということは、やはり、、、。

この調子じゃ、トランプ再選も危ない。

やばいなあ。

反グローバル派のFBI、警察、軍隊さん、頑張って。

 

ユリコちゃんの第二期のミッション

エジプトの諜報機関のドン・ハーテムの死後、「パパ」を、ソロスに乗り換えたであろうユリコちゃん。

ユリコちゃんは、コロナ、五輪、財政、など困難が待っているという記事が多いけど、本人は、都民や東京がどうなろうと、関係ないと思ってると思う。なぜなら、ユリコちゃんのミッションは、都民のための都政をすることではないから。

  • ユリコちゃんが、大切なのは、自己充足、自己満足、自己実現、自己表現、すべて自分のためになることだけ。
  • 欲しいのは、金、名誉、権威、自分だけが目立つこと、あとはどうでもいい、他人もどうなってもいい、味方がどうなってもいい、国がどうなってもいい、党がどうなってもいい。
  • どんな卑怯な手を使ってもいいから勝つ。登り切ったら、敵を潰せる。金も世論もどうにでもなる。嘘も不正も関係ない。とにかく勝てばいい。

石井氏の本を読むと、ユリコちゃんのそうした性格がよくわかります。

今回、都知事選と並行して都議の補選挙があったそうだけど、都民ファーストの候補の応援にはいかなかったらしい。自分が作った党なんてどうでもいい。自分が作った党も、党員も、議員も、次のための踏み台にしか考えてないユリコちゃん。

ユリコちゃんの「パパ」のソロスからの指令は、東京都を経済破綻させ、デフォルトさせることじゃないのかな。そして、都民にワクチンを打たせること。新世界秩序、でしょ。それがユリコちゃんのミッションじゃないのかな。

ユリコちゃんは、何百万人が不幸になり貧困に落ちても、どうでもいいのよね。生活保護受給者が4割増えても、どこ吹く風のユリコちゃん。弱者に対する冷酷無比さ、残酷な性格も、石井氏の著書で明らかになっています。

都知事2期もまた、企業やさまざまなところから、金だの権利だのを引き出し、むさぼり続けるのでしょう。それが、生きながらにして、畜生道に落ちているユリコちゃんの本能だから。

ユリコちゃん、とりあえず再選したけど、石井氏の「女帝 小池百合子」は、今後も売れ続けるでしょうし、続編「都政と選挙」編も出るかもしれないし、黒木氏も本を出すと思われ。

そして、ユリコちゃんが、不正と悪のシンボルとなり、都民、国民共通の敵となる、「逆」小池劇場の始まりになるのかも。

 

本日もアマビエさま

国を腐らせる疫病のような連中が、ああなりますように♡

旭川のアマビエさま

※こちらから

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

無料キャンペーン中

 

関連記事と広告