※人気ブログランキングに参加しています

【皇室】戦後あらわれた19人の偽天皇と大室天皇

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

鬼塚英明氏は、「幕末、孝明天皇と睦仁親王を暗殺し、明治天皇になり替わったのが大室寅之助である」という明治維新の真相と正体を検証されていましたが、その大室の正体と出自について、

大室寅之助が南朝の末裔であるという説があるが、確たる証拠は私の調べた限りではなに一つない。

むしろ、北朝鮮系の被差別部落民ではないのか、と思っている。


「日本のいちばん醜い日」鬼塚英明

 

管理人も、大室をはじめとする田布施部落系の人たち、それに協力した薩長などの大久保や西郷などの下級武士(実際は被差別民)、維新のプランを立てた英国に本拠地があったであろう勢力もふくめ、明治維新というクーデターに参加し企画し実行した中に日本人はいなかったと思います。

 

Sponsored Link




 

日本人と非日本人

基本的に「日本人」にあって「朝鮮人、中国人」にないものは、「恥」と「穢れ」の観念だと思います。

もちろん、人格や思考は、育った環境が大きく影響しますし、住んでいる地域や国、階級などにより、個人差があると思います。

わざわざ言葉にしなくても機能しているほど、「恥」「穢れ」の思想は、日本人の一部になっています。そういう国は日本だけではないでしょうか。

言葉にしないので、外人にはわからないですね。

大室寅之助=明治天皇とタブセ部落系が、日本人ではないとわかる一番大きな理由としては、東京に遷都したこと。

しかも、徳川家の江戸城を「皇居」としたことですね。

江戸城は大きいから、便利だから、という理由もあるでしょうが、天皇が格下の家臣の「おさがり」「お古」をつかうことは普通は絶対にありません。それは「恥」になります。死者を多く出し、敗者の怨恨で「穢れ」た土地をわざわざ選ぶのも変ですね。日本人にあるはずの「穢れ」に通じる「祟り」にたいして恐れがないことがわかります。

 

天皇のお妃がご懐妊し、実家で出産するときも、新しく生まれた親王、内親王の産湯でつかう水は、だれも使ったことがない新しく掘った井戸から汲んだ、最初の水でなければならず、そのためわざわざ井戸をほるのが決まりでした。

仮に「遷都」し、天皇の「御所」を作るとなると、そこは、平安京や平城京のように、真新しい土地でなければならないはずで、ここに結界をはり、風水や遁甲をとりながら建築するのが「常識」だと思います。天皇の住まいは神殿でもあるからです。

その間、「仮御所」として一時的にどこか別の場所に一時的に住まうにせよ、「穢れ」の薄く、社会階級に属さない寺院仏閣が選ばれるのが普通じゃないでしょうか。

とくに、合戦戦闘などで「穢れ」敗者の怨恨が染みついている江戸城に、なぜ、躊躇することなく入ったのか。

そして、明治天皇が千代田遊郭なる遊興施設を作り、天皇が、家臣である西郷などの志士たちとともに「遊ぶ」とういのも変ですね。位の低い人間たちと同じ場所に立ち、同じ女性をまわし合い、、、本物の帝王なら「恥」と考えるでしょう。

また、江戸城ではなく、一時は大阪城が「皇居」の候補として真剣に協議されたこともありました。

大阪城なんてのは、昔から栄えた都会でもあり、京都にも大阪湾にもちかく都会として栄えた便利な土地でしたが、徳川家から派遣されてくる徳川の部下の居住地であり、江戸城よりさらに格がさがります。過去には豊臣家の滅亡の件もあり、その前は、過激な宗教団体の本拠地でもあり、この信徒は信長に大量虐殺されています。

こうした土地、城を「御所」として考慮していることで、「穢れ」の認識の欠落がわかります。

 

大室・田布施は南朝なのか

鬼塚氏の検証の一つに、大室やタブセ部落の人々が南朝かどうか、という件について、

・平家の残党が、被差別になったケースはある。その場合は漁業を営んでいる。

・田布施部落も、大室にもその痕跡がない。

などから、違うだろうと結論付けています。

管理人も、鬼塚氏と同じく、明治天皇=大室を含めた田布施部落の人々は、南朝の末どころか日本人ですらなかったと思います。

おそらくは、朝鮮系部落民の集落の住民が、聞きかじりした南北朝の講談などを耳にして、

「南朝の末だったらいいなあ」「南朝の末なのではないのか」「南朝の末かもしれない」「南朝の末だ」

と、いつものように、檀君神話からはじまる4000年の歴史、慰安婦、軍艦島などの妄想歴史と同じく、朝鮮的飛躍をしながら、妄想から「史実」へ飛躍させたのだと思いますね。

・田布施に戸籍のある安倍ちゃんのお父さんがなくなり火葬にしたあと、のこった骨の骨格が朝鮮人特有のものだった。

・岸信介、佐藤兄弟は、典型的な白人とアジア人の混血の顔といわれている。

田布施は、もともとの朝鮮部落に、朝鮮妓生と西洋人の混血が合流したのだと思います。

 

コメント欄より

全く関係なくてすみません。
羽毛田長官のお写真を眺めてましたら、
誰かに似ているなぁ‥‥と思い、、
「そうだ、相撲の魁皇関に似ている」、
四股名にも“皇”の字が入っているし、、で
何となくの検索結果です。

魁皇関の“皇”は、出身地の福岡県直方市が、南北朝時代
後醍醐天皇の尊良(たかよしorたかなが)親王を迎えた事から、
この地がかつて“皇方(のおがた)”と呼ばれていた事から
四股名に使ったそうです。

(ここまで)

 

気になるのは、「南朝の末」を受け入れたとされる土地、「南朝の末」が住み着いたとされる土地、「南朝の末」と称する人たちが、朝鮮とかかわりの深い土地だったり、朝鮮系とおもわれる人が多いなのが気になりますね。南北朝の舞台は近畿が中心だったと思うのですが、広大な中国地方を飛び越えて、いきなり遠く離れた本州の西の果ての山口県や、さらにとおく鹿児島などに伝承がのこっていたり、天皇を称する人がすんでいるのは不思議です。

 

熊沢・長浜・大室・・・・・・「ニセ天皇」かく語りき(『新潮45』2005年10月号)

http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/664.html

※熊沢天皇 顔が蒋介石に似てますね。皇統の顔ではなさそう。

『三浦天皇こと三浦芳聖(1904~1971)は「南朝第5代」大宝天皇の直系を称していた(ちなみに三浦天皇の系図には分家として熊沢家も出てくる)。
彼は昭和32年『皇居遷都提唱理由書』を衆議院・参議院の全議員に送りつけて以来、宮内庁をはじめとする関係各方面やマスコミに遷都の必要性を訴え続けた。
その根拠となるのは、彼が南朝秘伝に基づいて創始したという「神風串呂(しんぷうかんろ)」だ。

特定の人物や家系にゆかりの場所を直線で結び、その間にある地名を読み解くことでその人物や家系の未来や隠された過去を探る、という早い話が占いである。

三浦によると、京都(旧皇居)と東京(現皇居)の間の神風串呂には皇位を否定したり、物欲を刺激したりする因縁の地名がならんでおり、それが敗戦の原因ともなった。したがって皇室と日本民族のためには遷都こそ憲法改正以上の急務だというのだ。

また、三浦は孝明天皇まで北朝系だった皇室が明治天皇で南朝系に移ったことを神風串呂で知ったという(これは後の大室天皇の主張に通じる)。

以上

 

戦後、自分こそは正当な天皇である、とGHQに名乗りでた人物が19人いたそうです。

もちろん、この中には、北朝宮家、皇別摂家の方はいません。公卿や天皇に近い血筋の女性と婚姻していた元大名もいません。

ずっと地方にすみつづけ、皇統譜に名前がない人たちです。

その多くが、南朝の末を名乗り、皇位継承権があると主張していたのが不思議です。

 

http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/664.html

昭和20年代~30年代初め、「ニセ天皇」は雨後の筍の如く現れ、マスコミを賑わわせた。保阪正康著『天皇が十九人いた』(角川文庫、2001)にはこの時期の「ニセ天皇」19人の表が掲載されているが、その内訳は次の通りだ。
南朝系・・・・・・13人
安徳天皇の末裔・・・・・・3人
高倉天皇の末裔・・・・・・1人
順徳天皇の末裔・・・・・・1人
霊元天皇の末裔・・・・・・1人
大室天皇など、その表に入っていない「ニセ天皇」もいるが、これだけでも南朝系の圧倒的人気がうかがえる。

 

大室天皇in山口県

山口県に大室天皇を名乗る人物がおり、例の大室寅之助の兄の子孫らしいのですが。

熊沢・長浜・大室・・・・・・「ニセ天皇」かく語りき(『新潮45』2005年10月号)

http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/664.html

『新潮45』2005年10月号から、
「総力特集 明治・大正・昭和 皇室10大事件簿」のうちの一部より引用(引用ページp.56~p.60)

-引用開始-
総力特集 明治・大正・昭和 皇室10大事件簿
熊沢・長浜・大室・・・・・・「ニセ天皇」かく語りき
少なくとも20人以上はいた「自称天皇」たち。彼らはいったい何者だったのか。その主張には幾許かの正当性があったのか。

 

ある「拝謁」

平成元年(1989)11月7日、私は静岡県在住の南朝史研究家に同行して、山口県のとある駅に降り立った。目的地は地元の有名人の家だ。私たちはハイヤーに乗ると、さっそく目的地を告げた。「大室近祐さんのお宅までお願いします」しかし、運転手は首を傾げるばかりだ。その時、私は気づいた。

「すみません、大室天皇の家まで――」かくしてハイヤーは走り出した。
大室天皇の存在が、一部の歴史研究者の間に噂されるようになったのは1980年代初め頃である。いわゆる「ニセ天皇」としてはごく新しいデビュー(?)といえよう。

大室家は南朝の末裔という。大室天皇こと大室近祐(1904~1996)によると、慶応3年(1867)に北朝系の孝明天皇の皇子・睦仁親王が近祐の祖父の兄にあたる大室寅之祐とすりかえられたという。それは長州藩と岩倉具視ら公卿の画策によるものであった。
それが本当なら、明治天皇とは大室寅之祐に他ならず、近祐は明治天皇の弟の孫ということになる。

ハイヤーを下りて、表札を確かめ、玄関に立つ。庭先には「史跡 大室遺跡(弥生時代)」という表示杭が立っていた。
家族の方の取次ぎがあり、やがてがっちりとした体格の老人が私たちを出迎えに現れた。「明治天皇のことですか。まあ、こっちに来てください」
家の離れに建てられたプレハブの倉庫、その中には大量の巻紙が積み上げられていた。

大室天皇はその巻紙の一つを抜くと代の上に広げ、私たちに指し示した。紙面に踊るは「瀬戸内海―エジプトの神セト」「聖母マリア」「十字架の地」といった書き込みだ。彼は上機嫌で語った。
その内容は、大室遺跡は宇宙の中心、あらゆる宗教の発祥地であり、大室家はそれを守る家である、といったものである。いつまでたっても、南朝なり、明治維新の裏面なり、のことは出てこない。

 そこで明治天皇すりかえ説のことに水を向けようとしても、大室天皇曰く、明治天皇がこの家で生まれたことなど、宇宙全体からすれば、ささいなことにすぎないから、というわけで、またも新たな巻紙を広げ、大室家は世界の中枢、といった内容の話を始める。

大室天皇の語り口からは、その純朴さと熱意とが伝わってはきたが、とても歴史の参考にはなりそうもない。
私たちが赴いた頃には、大室天皇「伝承」は、その原形を留めぬまでに大きく成長していたようである。
大室天皇ご逝去の際、膨大な御親筆の巻紙などの遺品はご家族により処分されたという。だが、インターネットの普及とともに明治天皇すりかえ説はウェブ上に広まった。さらにここ数年、大室天皇親族を自称する人物が2ちゃんねる上で天皇宣言をくりかえしており、いまや大室天皇は、ネットの世界でもっとも有名な「ニセ天皇」となっている。

以上

 

こうした「山口の大室天皇」のようなわかりやすい偽物を表に出すことで、知られたくない大室寅之助の史実を煙に巻いているのかもしれませんが。

おもうに、大室天皇を称する方の真実は、大室寅之助の兄の子孫という部分だけではないでしょうか。

そのほかの、充実した偽遺跡づくり「マリア」「十字架の地」「宇宙の中心」など、「慰安婦像」をはじめ、ウリナラファンタジーに通じるものがありそうです。

妄想を史実現実だと周囲に思わせるために、必死でつくられるアリバイ。

慰安婦像の少女はもともとは、米軍の車両にひき殺された中学生のものでした。椅子が二つあり、片方が空席なのは予算の関係で一体しか作れたかったからです。

 

これが、慰安婦像としてつかわれてアイコンになり、拡散されて韓国の国教の一つになりました。

 

話はすこしそれますが、先日、街中で、街宣右翼の街宣カーが走ってました。

ああした街宣右翼の更生員は、朝鮮系の方が多いと聞いています。ネット右翼を車に乗せたような感じの主張を大音声で叫びながら、韓国の文大統領のことを、「ムーン大統領」と発音していました。日本の報道では「文=ムン」と表記し、そう発音します。「ムーン」と正確に発音していたところをみると、生粋の朝鮮の方だったようです。

車のセンスも酷いですね。たいてい街宣車に菊の紋がデザインとしてかかれていますが、日本人の感覚ではありません。

たいてい、街宣右翼は車の上に立ちなにか演説しますが、その場合、車体にかかれた菊の紋が平民の土足の下に位置することになります。反日組織ならわかりますが、右翼を称している場合は不敬になるでしょう。そうなることを想定できる想像力がないというのも非日本的です。

それに、車は追突などの事故の可能性もあり、いずれは廃車になる消耗品です。菊の紋も一緒に消耗され破棄されることになります。車体は傷がつきやすく雨風にさらされて「菊の紋」が「穢れ」ます。なので、普通は車体に描くなどはありえません。

一見、日本人右翼に化けてはいるものの、「ああ、日本人でないんだな」と、見る人が見ればわかるわけです。

日本人に成り済ましている人たちは、こうした言葉にしないけど、みんな知っている共通認識のの中の「穢れ」「恥」が、欠けているのですぐにばれますね。

 

話を偽天皇にもどしますが、日本も歴史が長いし、天皇も120人余いますから、本物の天皇家の落胤とその子孫は結構いると思いますね。普通に、家系図に残っている場合もあるでしょう。

そうした社会的に皇統として認知されないけれど、実際の天皇の子孫の家の方は、敗戦時にどさくさにまぎれて名乗り出し、「皇位継承権を要求」し、「皇籍に復帰させろ」と主張するなどしませんけどね。日本人なら、本物の子孫なら恥ずかしくてできないでしょ。せいぜい、家系の伝承を子孫に伝えるところで、とどめておきますけどね。

戦後、名乗りでた19人の偽天皇はみな非日本人であり、かつ偽物だとおもいます。

 

皇室系の記事を書き始めようと思いますが、そのまえに、伏見砲が炸裂した「保守砲ドカドカ・余命三年時事日記編」を移しきってしまおうと思います。

2016年03月から長く続いたネット間の抗争なので、結構な量になるので数日かかりますが、お楽しみに。

今読みかえすと、余命派も、キャラがたっていて笑えます。

なつかしいなあ。

 

ぎゅっ

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

15 件のコメント

  • 終戦後に偽天皇が名乗り出た件、興味深いです。
    生前、終戦前後の朝鮮を調べていた家人曰く、戦争中に一つか二つしかなかった朝鮮独立運動組織ですが終戦直後に突如として朝鮮独立政府が二十以上できたとのこと。
    行動パターンが似ているな、と思います。

    • 確かにその通りですね。
      われもわれもと、行列にならんでしまう傾向があるのかもしれませんね。
      リッパートさんの事件を見ても、その場の感情とノリで行動をきめているところがあると思います。

  • こんにちは。

    朝鮮人と中国人の「恥」「穢れ」への考察、大変的を射た答えだと思います。
    今回の記事を読んで、ふと思い出しました。
    昨日まで無名だった人が一夜明けて超有名になると、突然見知らぬ多くの親戚が名乗り出る話とか、場所と金額を開示して大金の落し主を探すと、必ず名乗り出るたくさんの自称・持主・・・。

    奴らは働かずに食うことが人生の目的なんじゃないかと思います。
    その為には一生懸命に頭を使うんだろうな、と。
    日本人は、働くのが好きな民族なんで、ムダに頭を使うヒマがあったら働こうとしますけどね。

    早いとこあんな連中と断行したいですが、無理ならせめて韓国とだけでも絶交したいと熱望してます。

    • >奴らは働かずに食うことが人生の目的なんじゃないかと思います。
      >その為には一生懸命に頭を使うんだろうな、と。
      >日本人は、働くのが好きな民族なんで、ムダに頭を使うヒマがあったら働こうとしますけどね。
      中韓、在日のかた全員にはあてはまりませんが、まさに、その通りだと思います。
      これ、詐欺などの犯罪者の特徴なんですけどね。
      困ったことです。

  • おはようございます。

    小室哲哉の不倫報道、K コムロの梯子外しの合図だと思いました。
    そして、ジャニーズ事務所から「King&Prince」が今春デビューとの発表。これも何かの符号でしょうか?
    芸能界には若い頃から全く興味がなく疎い私ですが、この手のニュースは特定層に向けての連絡手段だと認識していますので注視しています。

    また、安倍首相の「新しい元号は、国民の生活に深く根ざすものとしたい」発言も気になります。

    • >小室哲哉の不倫報道、K コムロの梯子外しの合図だと思いました。
      >そして、ジャニーズ事務所から「King&Prince」が今春デビュー
      >この手のニュースは特定層に向けての連絡手段だと認識しています
      同感です。
      パーフェクトヒューマン、おんな城主、、、NHKもグルで何かをしていますね。
      民主党政権後自爆したように、自爆するだろうと思いますが、、。
      安倍ちゃん一択しかない状況なのですが、最近、種子法が廃止されたり、移民を受けれるというし、教科書から士農工商が消えるとか、聖徳太子も消そうとしているとか、、、加えて田布施に戸籍があるのが気になります。
      内外に敵を作って、圧倒的な一強の政治家を容認させ、その強権をもとに、日本の歴史を消し去り、朝鮮に背乗りさせるつもりなのかと不安になります。
      裏切らないでほしいです。

  • でれでれ草さま

    19人の天皇・・・。何と言っていいやら、
    今読んだだけでも脱力感が・・・という感じですが、
    あちらの方にはそういうのは理解できないのでしょうね。

    余命一派とのこと、すでに懐かしいですね。
    強烈なキャラが多かったですね。
    そういえば青林堂からカミカゼじゃあの氏が本を出しました。
    すでに発売済みかと思ったら今日なんですね。
    アマゾンでチェックするとベストセラーとなってますが、
    余命本と同じからくりなのではないかと思っています。
    じゃあの本の目次の最後の方に
    「売国アラカルト」という標題がありました。
    余命はアラカルトという言葉が好きなのか、
    ブログ内でもよく標題に使っていたと思うのですが、
    余命以外でそんな使い方を見たことがなかったので、
    やっぱりお仲間かなと再確認した次第です。

    • >そういえば青林堂からカミカゼじゃあの氏が本を出しました。すでに発売済みかと思ったら今日なんですね。
      青林堂、怪しいですね。
      BB=イザーもランキングを操作中ですね。
      出版する気なんでしょう。
      中杉某というブロガーも青林堂から出しています。作者のプロフィールとブログの文体の幼稚さとのギャップが凄いブログですね。
      わかりやすい出版社です。

      >アマゾンでチェックするとベストセラーとなってますが、余命本と同じからくりなのではないかと思っています。じゃあの本の目次の最後の方に「売国アラカルト」という標題がありました。

      じゃあの氏は余命のコテハンでしたからね。
      余命ウオッチャーの方によると、結局余命は、在特会の某支部と青林堂の合作?という推測もされていたとおもいます。
      そのメンバーなんでしょうね。
      わかりやすいです。青林堂。さすがに公安の監視下にある出版社です。

  • >現政権下での水道事業民営化や種子法廃止の話も気になるのですが。日本の舵取りは、どういう方向に切られているのでしょうか…。
    正直、最近不安になってきました。
    国内は在日、国外は中韓と敵を作り出した結果、国民の承認のもと安倍ちゃん自民一強となりましたが、種子法を廃ししたり、移民を受けれるといったり、、、、
    抑止力の無い状態で、何をしようとしているのか。
    岸さんは、不平等だった日米安保条約を日本のために改正しました。
    麻生などのようなナチュラルな国賊だけではなく、いろんなエージェントがいるのだと思いますが、安倍ちゃんはどうなのか、ちょっと心配です。

  • 今晩は。
    明治天皇替え玉説を知らない頃から、明治天皇が江戸城に入ったことには違和感を感じて来ました。正当な孝明天皇の血筋なら京都御所が筋でしょう。
    敢えて江戸城というところが、新政権が徳川を征服したことを国民へアピールする意図だったのでしょうかね。とんだ分取り乗っ取り政権、しかも裏に外国勢力イルミちゃん?とは、、。
    まだ大半の国民が皇室の異常に気付いていない、みんな日常に追われ皇室には無関心、私はネット情報を読んでいるので最近内廷共も偽秋家もますますかすんでオーラが無く、存在していることになっていながら実体が無いような、不思議な感じがします。一人も本物が居なくなってしまっているのに複数の偽者皇族達は相変わらず報道されてあたかも居るように演じている、大多数の国民を騙している皇室というこの装置は日本人にとって一体何なのでしょう?
    皇室の清浄化を祈りながらも一向に事態が変わらないもどかしさ虚しさ。平昌五輪に北朝鮮が絡みだし何だか怪しげになって来ている、一体何を目論んでいるのやら。偽皇族の皆様の同胞なんでしょう?嫌な予感がする今日この頃です。

    • >明治天皇替え玉説を知らない頃から、明治天皇が江戸城に入ったことには違和感を感じて来ました。正当な孝明天皇の血筋なら京都御所が筋でしょう。

      1000年の間、日本の祭祀王が住まい、祈りこんでいた聖域であり神殿である京都御所の意味をわかってなかったところで、アウトですね。
      今の天皇も美智子の意向もあってのことでしょうが、東京で即位式をやりました。
      これで正体がばれましたね。

  • 日本史が大好きな高校生です。
    受験のため教科書の言うことを信じてここまでやってきたので、この記事を読んでかなり衝撃を受けています。なぜか今日ふと、中学の歴史の授業で先生が「自分が天皇だと名乗り出た人がいるんだよ」と言っていたのを思い出し調べてみたところ大学に入ってから存分に調べてみたくなるような話に出会ってしまいました。
    最近は部落についても興味を持っているのですが、維新後の皇室の話ともあわせて、信頼できる歴史学者を教えていただけると嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。