※人気ブログランキングに参加しています

【皇室】(9)岩崎弥太郎にしかみえない明治天皇の肖像画

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

こちらからの続きです。

改めてみると、、全国民が神棚に祀って日夜おがんでいた明治天皇の御真影(肖像画)やはり岩崎弥太郎ににてますね。

大室寅之助=明治天皇はこちら。この左の肖像画写真も、別人の体に顔を貼り付けたうえに、背景は絵画という実質コラなんですが、、顔の特徴はとらえていると思います。上の御真影とは似ても似つかないお顔だち。

特徴を出すのに大切なパーツである、耳も違いますしね。

隠し撮りされた明治天皇。横顔からみる、耳の付き方に注目してください。顔の大きさから比較しても長い耳だと思います。尖ってませんし、上位置についていません。

 

日本国民は、日夜、神棚に天皇夫妻の御真影に榊をそなえ、神として拝んでいました。

ようは、孝明天皇と睦仁親王の暗殺後、山口の田布施なる朝鮮部落出身の大室が明治天皇になりすまして以来、日本は天皇制から、天皇教へと変わったといえると思います。そして、敗戦後は、スター化された皇族による天皇劇場へ変わったのでしょう。

天皇教の神として拝む対象の天皇夫妻が、明治天皇夫妻、大正天皇夫妻も、御真影とされるものは美化された肖像画だったりするのは、まあ、理解の範疇にあるのですが、なんでまた、明治天皇の顔が岩崎弥太郎なんでしょうか。

美化した結果できあがった肖像画が、ここまで偶然に似るとは思えないんですが、、、。

耳も同じです。これを明治帝として神としておまがせるのは、ブラックジョークかあるいは確信犯ではないでしょうか。

 

Sponsored Link



 

岩崎家と三菱財閥について書かれています。転載します。

『日本の本当の黒幕』  鬼塚英昭

P183~

大正7(1918)年8月、米騒動が発生した。田中光顕はこの騒動を自分の吉としてとらえ、宝殊荘へ移る。そこで沈黙を守る。その間に山県有朋が杉浦重剛一派に敗北するのをじっと見つめていた。

 

※wiki 杉浦重剛

杉浦 重剛(すぎうら じゅうごう)

安政2年3月3日(1855年4月19日)- 大正13年(1924年2月13日)

明治・大正時代の国粋主義的教育者・思想家。幼名は謙次郎。父は膳所藩の儒者杉浦重文。近江国膳所藩(現・滋賀県大津市)出身。

若き日の昭和天皇、秩父宮雍仁親王、高松宮宣仁親王の3兄弟に帝王学の一環として倫理を進講する。号は梅窓または天台道士。学生時の渾名は紙魚(しみ)。後に『人格高邁の国士』と評される。理学宗の世界観を確立。

以上

 

一方、この米騒動の後、全国各地で賃金増額を要求する労働争議がおこった。大正10(1901)年6月、神戸の三菱で大争議がおこった。この葬争議は全国各地の三菱の工場に飛び火した。三菱にとって明るいニュースが必要だった。ここでも金の問題をまた考えないといけない。杉浦重剛がどうして右翼連合をつくり、反山県有朋の運動を成し得たのかということである。

 

人を動かすのは信念・信条はもちろん大事な要因だが、何よりも金である。

岩崎小弥太はケンブリッジ大学でファビアン社会主義を学んでいる。

 

※wiki 岩崎小弥太

岩崎 小弥太(いわさき こやた、1879年(明治12年)8月3日 – 1945年(昭和20年)12月2日)は、日本の実業家で、三菱財閥の4代目総帥。男爵。

以上

 

労働者の争議も研究している。彼は、反山県有朋のためには、どのようにすればいいか田中光顕に相談したに違いない。山形を最もよく知る男が田中光顕であったからだ。そこで、杉浦重剛に莫大な金を与えるということになった。

その証拠があるのか、という問いに、逆に反問しよう。では、右翼の連中は何も喰わず、反山県の行動ができるのかと。巨額の金がひそかに杉浦重剛のもとへ送られた。彼を信じ行動をともにする同士はその金を受け取り行動に出た。

 

ついに官憲をしのぐほどの反国家組織が出来上がった。それはまた、労働争議のスト破りにも役立った。三菱は危険分子を手なずけることにより、彼らを利用し、国家そのものとなっていくのである。田中光顕はそれらの危険分子たちを支配する王の代理人となるのである。もちろん、王は岩崎小弥太である。

続きます。

 

cat hugging GIF

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

8 件のコメント

  • 更新、お疲れ様です。

    記事内容とは別になるのですが、眞子さまと呼ばれている方が箱根にご旅行とか。

    公開されてる写真がもう、突っ込み所満載です。
    キャリーバッグを引き摺ってる列車前での写真では、左手がババシャツを着ている様に加工(荒すぎ)されていたり、駅看板の前での写真も、今度は右手がババシャツ仕様。

    これは個人的な見解ですが、学習院のお友達にしては貧相な出で立ちで…
    田舎の中学生でも、もっとファッショナブル…
    と、いうか26歳が着る服じゃない様に感じます。
    眞子さまと呼ばれている方の黒リュックも、うーんですが、お友達のピンクリュック、26歳で背負っちゃうの?
    学習院出身の方は存じ上げませんが、上品すぎるとあのような着こなしになるのかなぁ~(棒
    もれなく劇団の方でしょうね。

    今日は雅子さんらの結婚記念日とか。
    相変わらずの猪木ストール、由莉の視線はカメラの横の人。
    頑張って書いた作文は「暖かい家庭をつくりたい」。
    国母として国民をひっくるめて「家庭」と例えているのなら3公務サボリ位でチャラにして差し上げますが、恐らく100%でナル・マサ・アイの「家庭」のことなのでしょうね。

    • ありがとうございます。
      転載させていただきました。
      しかし、偽眞子、酷いですね。太っているというより、たるんでいますね。
      お腹周りのたるみかたをみると、26歳ではないのがバレバレです。
      美智子の代は、いちおうは皇族はスターでしたが、次の代は、「ああなってはいけない」軽蔑する対象として、被差別民的な存在になると思います。

  • 眞子さま箱根旅行、秋篠宮御夫妻ハワイ訪問、皇太子夫婦銀婚式と映像が頻繁に出てきますね。眞子さまご姉弟は学習院から他大学に進学すればご学友が寸断できてなりすましには都合がよいだろうな、と想像しました。

    • 長期、留学すれば、すり替えは簡単ですね。
      愛子さんも、いずれは英国長期留学させるでしょうし、帰って来たら、完全に別人になっているでしょう。

  • 先日の、NHK「歴史秘話ヒストリア」で、
    岩崎弥太郎と坂本龍馬が取り上げられていました。
    「西郷どん」の視聴率を上げる為、幕末をいろいろと取り上げてますね。
    紀州沖で船が沈没。土佐商会の岩崎弥太郎と、海援隊の坂本龍馬で、航海法の国際法条項と、噓八百の積荷(銃や火薬など)目録とで、紀州藩から賠償金をせしめたエピソードを放映してました。
    このエピソードを、「上手いことやったなぁ」的に纏める感覚が、、もう、ちょっとついて行けませんけど。
    主人と、「これじゃあ、言いがかりをつけて当たり屋商売するヤ○ザと一緒じゃん。」と話してました。

    幕末に、パリで幕府使節団や薩摩留学生と接触し、
    通商条約を結び、貿易や機械設備投資でひと山当てようとしてた、ベルギーのモンブラン伯爵と言う山師がいましたが、
    (経歴定かでなく、五代友厚ら薩摩留学生を食事接待で懐柔、パリの娼婦宿にも案内して接待するなど、言動がエレガントでなく、子孫のいなかった伯爵を背乗りしたユダヤ人と思われ‥‥。)、そんな海外山師達と肌合いの合う方が、
    明治以後蓄財と地位を得たのかな、と思います。

    それと、少しラシャメンを調べてましたら、横浜の女衒が手配して、江戸から結構(女郎でない)美人素人女性をスカウトして長逗留外人さんの妾・現地妻としてあてがってました。
    生母のわからない養子や、家系図がわからない明治以後の蓄財者は、ラシャメンさんが産んだ子供も居たかもですね。
    あのシーボルトも、上記のモンブラン伯爵と組んで、日本との貿易商社を立ち上げようとしていたそうです。
    偉人では勿論無くて、単なる商売根性の卑しい人品だったかもです。

    このモンブラン伯爵には、斎藤健二郎と言う日本人が通訳その他として仕えていたそうですが(モンブラン伯爵が日本から黙って連れて行ったとも、密航者とも、説あり。)、
    彼も出自に噓八百が多く、学があまり無かった為、最終的に通訳は外されましたが、、それとわからず重用されていた時に、幕府使節団、薩摩のパリ万博使節団、両方にコウモリのごとく相手方の情報を漏らしてたので、薩摩の怒りを買い、
    薩摩藩で取り立てるから‥と、日本に連れて帰り、
    薩摩領内に入ってからサクッと海上で始末されたようです。
    薩摩は、日本の皇帝としてパリ万博に申請してました。
    このエピソードから、島津氏は本気で皇帝になりたかったのかもしれません。

    江戸城下に入った官軍が、主のいない大名屋敷を軍の駐屯地として幾つか利用していた際、土足で畳などに上がった為、建物の痛み様がひどかったとの事。
    日本人じゃない人も混じってたのかな‥‥?

    大名屋敷ついでに。
    旧朝香宮邸は、高松松平家の下屋敷があった場所を、
    明治天皇からご下賜されたそうです。

    • いつも興味深いコメントありがとうございます。
      >薩摩は、日本の皇帝としてパリ万博に申請してました。
      パリ万博は、幕府、薩摩藩のほかに、佐賀藩も参加してますね。
      佐賀、、鍋島家、、なんなんでしょうね、この家は。
      薩摩の島津家が皇帝になろうとしていたかも、という点には賛成です。
      とくに斉興は、硫黄島にあった「八咫鏡」を手に入れて、こっちが本物と思い込んでましたから。

      wiki 斉興は京都御所(当時)にある八咫鏡は本物ではなく、本物は安徳天皇によって硫黄島に持ち出され、「直看秘法」の実践者である自分が得ることになったと確信し、上山城(現在の城山)に宮を造営して安置したという
      島津家は、本物と信じている八咫鏡を手にいれた自分たちに正当性があり、将軍ではなく、天皇になろうとしていた可能性もありますね。

  • でれでれ草様の記事からかなり離れた事の羅列で申し訳ありません。
    北白川宮成久王(パリで自動車事故死)のWikipediaから、
    アルベール・カーン(フランスの銀行家・実業家、ユダヤ人で家畜問屋の次男から、アフリカの金鉱:ダイヤモンド鉱への投機でひと山当てた方。)Wikipediaに繋がり、
    そこから、シャルル・ド・モンブラン伯爵(お雇い外国人)のWikipediaへ。
    そこの参考文献にある、
    【「ベルギー貴族モンブラン伯と日本人」(宮永孝、2000年、法政大学 社会志林vol47, No.2 CiNiiに全文収録)】
    に詳しいです。

    しかし、北白川宮家当主の短命ぶりは、
    東武皇帝と持ち上げられていた時に、いろいろと都合の悪い事を見聞されたのか、
    本来のお血筋であった為の粛清なのか‥‥。
    何かヘンですね。
    成久王は、4月1日に自動車事故で薨去された。
    東久邇宮稔彦王は、ロンドンに用件があると言って、
    同行されなかった。
    後から、成久王の運転が危ないから、自分(東久邇宮稔彦王)は遠慮したと証言してますが、
    同じく宮家当主、皇族軍人としては、もっと運転を控えるよう切に訴えるべきだった‥‥と後悔している、、
    なんて雰囲気はありません。
    これもヘンですね。。

    • >本来のお血筋であった為の粛清なのか‥‥。
      これかもしれませんね。
      台湾に上陸しマラリアでなくなった皇族もいますし、
      原爆が投下されるのを知っていたエライ軍人さんは、投下される前日に広島を離れていますが、旧宮家の軍人さんは、広島で被爆しなくなっています。
      最後の言葉は、「おまえは大丈夫か」で、部下にたいしての気遣いが最後の言葉になりました。
      側近のかたは、責任を感じ、その場で切腹したとか、、、。
      近衛さんとこの長男さんは、シベリアに抑留されましたし、、、、
      旧宮家を滅ぼすために頑張っているふうにしか見えません。
      テイメイは、旧宮家が離脱したとき、これでクズどもがいなくなった、せいせいした、との給わったそうですが、、、、、
      莫大な国家資産をスイスに隠し、旧宮家も追い出せたし、マスこみの洗脳により現人神になり、、、
      敗戦によって利を得たのは、昭和天皇でしょうね。
      無条件に尊敬してましたが、許せない人になってきました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。