※人気ブログランキングに参加しています

【皇室】正田富美の美容院、美智子の美容院

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

正田富美の謎

謎の多い美智子の母

正田美智子の母・正田富美。謎の多い方ですね。

伏見氏の検証など合わせてをまとめると、、、

・皮膚の白さと170センチちかい身長の高さ(1948年の日本女性の平均身長は152センチ、男性は160センチ)、顔立ちからみて白人とアジア人のハーフではないのか。

・実子であろう、長男、次男、次女がいずれも西洋人なみの長身。英国人に血が入ると長身になるらしい。

・大陸夫人、上海夫人といわれていたが、富美は、上海にいた日本人ではなく、中国人、あるいは、中国朝鮮族ではないのか。

・正田家の家族写真を見るに土足で生活していたようだ。上海租界の生活スタイルではないか。

・正田家での食事会は、いつも中国料理だったらしい。

・皇室にたいして敬意なるものがみじんもない。「いいたいことを言わせてもらいました。あちらがよく辛抱されたと思うくらい」。

・幼い正田美智子の耳にピアス、学生時代の正田美智子の耳にもピアス。この時代、耳に穴が開いていたのは中国系か、あるいはパンパンとよばれる進駐軍を相手にした女性だけ。

ピアスホールがありますね(左)

女学生がピアス、

・女性は16歳で婚姻可能だった時代、15歳の正田美智子を竹山パーティーなるエリートのための婚活パーティーに参加させていた。良家とは思えない。

・正田美智子の特技は英会話、ダンス、テニス。西洋人あいての妓生ならこれでもいいとおもうが、日本の良家の未婚の子女がたしなむはずの、茶道、華道、料理、などの花嫁修業は一切させていない。教育方針が水商売臭く、日本の家庭のものとはかけ離れている。

・あれだけの美人なのに、富美の若いころの写真がでてこない。富美の女学生時代の写真もでてこない。若いころは金髪に染めたりして、上海で舞台女優、あるいは高級コールガールなどをしてたのではないか。

・富美の言動を見るに、日本人らしいことろがない。

などなど、、、

続・美智子様の真実⑧@(前)正田富美とミッチーズ

 

Sponsored Link




上海と佐賀と正田富美

そしてこちら、『上海に生きた日本人』という本があります。

上海支店長だったという富美の父の情報を得られるかと思って期待して読んだのですが、この中には副島の名前は出てこなかったですね。

皇太子妃、皇后となった美智子の母と祖父母が、上海に駐在していたことがあるとなると、そのことについて触れているんじゃないかと思うのですが、日本人租界の世話役などをみても副島姓の方は見当たりませんでした。

伏見氏のブログで、伏見氏の読者様から、正田富美が佐賀の副島家に「戸籍を売ってほしい」と談判にきたというリークがありましたね。

すくなくとも、富美とその両親は、佐賀の士族の副島家とは関係ない人のようです。

無題 Name 名無し 16/12/26(月)23:02 ID:O/IoBGSU No.1860659 

写真の公開は宮中三殿をお参りしてからという、皇室のしきたりがあったそうでこれは守らねばならない信仰の話ではないの?

そうしたら、牧野女官長のお怒りももっともだよ
ミテ子は、風邪をひくと叱られたとか本質を隠してこの話をわざと矮小化している

… 無題 Name 名無し 16/12/26(月)23:09 ID:UfQf.ZDQ No.1860665  

悠仁様ご誕生にあわせて宮中三殿を改築し参拝させなかった基地外女。この女の強い意志を感じる。

以上

 

しっかり、霊写真が写ってますね。ああ、怖い。

心霊写真らしきものは、こちらでまとめています。

 

無題 Name 名無し 16/08/13(土)00:56 ID:YFe7T21U No.1724462  

>ナルちゃんは小さいころ「うちのままをいじめるな」と女官の前に仁王立ちになったそうですね。
牧野女官長に散々いじめられたって週刊誌で宣伝していましたね。
この女官長が良子さまや高松宮妃秩父宮妃にすぐにちくるって書いてありましたね。

… 悪役は、皇族.華族!…by.上海母娘 Name 名無し 16/08/13(土)01:59 ID:mQtzS5DY No.1724548  

河原敏明の本でしたか…三婆(香淳皇后、喜久子様、勢津子様)と牧野女官長がいつも集まって、若く、美しく、人気者の美智子さまの悪口を言っていた…と書いていました。

ストラッグル富美に「牧野さんをどう思うか?」と河原が尋ねたら、心の広い富美さんは、「あちらも、私の実家と同じ《佐賀の葉隠れ》(士族)ですから。」と、庇ったとか….。

聖女の母娘でいらっしゃいます。(吐き気)…

無題 Name 名無し 16/08/13(土)02:08 ID:CXYEG2IA No.1724551  

わらっちゃうわね、佐賀藩藩主のお嬢様つかまえて「同じ」とはね。

自称士族の実はなんだかよくわからない佐賀のエタ部落の小娘がw

以上

 

旧主の姫を「あちら」よばわりしていますね。本物の佐賀藩士の士族では無さげですし、言動が日本人の常識とかけ離れています。

やはり、小泉家のように、勝手に士族の姓を名乗ったのでしょう。

 

富美の行きつけの美容室

富美は、与儀美容室に通っていたみたいですね。

与儀美容室さんは、ホテルオークラに入る前は、王長徳さんという中国オーナーのビルに入っていたようです。

王さんのビル内に美容室があったころ、富美が定連として通っていました。皇室ご用達になったのはその縁でしょうか。

富美は上海夫人といわれていましたが、ビルのオーナーの王長徳さんは、上海から日本にやってきた方です。

富美が髪を結っている間、美智子は、ビルのオーナーの王さんの応接間で時間をつぶしていたそうな。普通の御客とは違うあつかいだったのかもしれませんね。

中国人のオーナーとは、中国語で会話できるので、気安かったのかなとおもいますし、美容院がいわゆる仲間であり、中国系工作員どおし連絡する場であったのかもしれず、、、。

闇市の帝王 七尾和晃

第五章 封印された「戦後」P208~

ところで、虎ノ門のホテル・オークラにテナントを構えている与儀美容室も戦後の一時期、王の黄色合同会館に店を構えていた。

与儀美容室は現在も、皇室ご用達として日本でも有数の格調高い美容室である。王は回想する。

「与儀八重子さんは沖縄の出身で、そこで銀座で沖縄料理屋を3件も経営していた宮城あきこさんの紹介でうちに入ってきたの。昭和27年から33年くらいかな。ワンフロアを月に35万円くらいでかしていました。髪を結わう女の人の椅子が10くらいあったんじゃないですか。

結婚する前の正田美智子さんのお母さんもきてましたよ。で、美智子さんは待っている間、私の部屋であそんでおったわけ。三階の社長室は応接間がでかいから、そこに座ったり、本を読んだり、雑誌を読んだり。

その美容室には秩父宮勢津子さんもきていて、そうしたら勢津子妃が『あの子を皇后(※原文ママ)にするから』って言って、そんな話がでて1年か2年くらいしたら、本当に婚約しちゃったの。

だから、美容室にもこれなくなったわけよ。皇后(※原文ママ)になるものだから、護衛が付いたっているから」

 

婚約が発表されたのは1958年11月27日だった。

この与儀美容室を語るときの王は、なによりもそれがわが身の誇りであるかのように懐かしんでみせた。

2006年、王はあるとき、ホテル・オークラの与儀美容室まで出向いたことがあった。

「娘さんたちとはなしたら、母親から聞いたことがあるといって、昔、私のところに入っていたのを覚えていましたよ」

転載以上

 

「そうしたら勢津子妃が『あの子を皇后(※原文ママ)にするから』って言って、そんな話がでて1年か2年くらいしたら、本当に婚約しちゃったの」

ここ、気になりますね。正田美智子の入内には勢津子妃をはじめ旧華族は反対してましたね。

外人である中国のかたの記憶から引っ張ってきたものですがから、語彙や意味が実際は微妙に違っていたかもしれませんが。

 

皇太子ご成婚までの時系列

1958年

08月19日 明仁皇太子と正田美智子が軽井沢のテニスコートで「出会う」

1959年

11月17日 ニューズウイークが皇太子妃決定の配信「テニスコートの恋」

11月24日 宮内庁公電をもって館林=正田家に通知

11月27日 皇室会議

1960年

2月6日 国会 昭和34年内閣委員会議事録より

「国会も何ら御結婚について知らされておりません。」

1959年

4月10日 明仁皇太子ご成婚

1960年

2月23日 第一男子浩宮徳仁親王

 

宮内庁から、皇室会議より先に正田家に決定の通知を出してますね。

つまり、明仁皇太子が私的に結婚した貴賤婚だったということです。なので、美智子は明仁さんの妻という扱いで、妃としてみとめられていませんでした。

ベルギー王葬儀のおりのテロップ 明仁天皇の妻ショーダ・ミチコ

話を美容室に戻しますが、、、

皇室ご用達美容室

与儀美容室:ttp://www.yogi.co.jp/concept/index.html

 ようこそ与儀美容室へ。

「その人本来の美を引き出し、その日の元気と生きる勇気を与えるのが美容の真髄です。」
これは創業者与儀八重子が最も大切にした言葉です。
1948年、銀座に開業してから60余年
多くの賓客の皆様に支えられながら、ここホテルオークラ東京の開業と共に道を歩んで参りました。
変わらぬ理念は、「私たちは美の職人である」という言葉。
一見華やかな世界ではありますが、ずっと変わらない美しさのスタンダードを追求し、
伝統と先進を見据えながら、大切に守ってきた本物の技術こそ、他に比類なきものと考えています。
それは表情として見えてくる美しさはもちろん、
お客様のお人柄や内面からくる美しさも引き出すことにつながっていく。
それが私たちの願いでもあり、自信でもあります。
何代も大切に受け継がれてきたもの、そして多くの賓客の方々を大切に、
これからも守っていくべき美のスタイルがここにはあります

 

皇室ご用達の与儀美容室。

敷居が高そうですが、価格表を見ると、場所も格式も高いのに意外に安いんですね。

今でも、佳子様、眞子様がお出ましになるといご用達の美容室ですが、、、。

しかし、ここで違和感がでてきますね。

・美智子は複数いた。

・紀子さまも今は偽物。

・眞子さまは2度、偽物とすり替わった。

・佳子様も怪しい。

このことに気が付いていないはずないと思うんですが、、、、。

ナルちゃんのご成婚式のおりの雅子の髪を結わえたのも、ここの美容室だそうでで、雅子とは、面識がなかったので、報道されていた雅子の写真をあつめて研究した、そうです。

ちなみに、ご成婚後も、子供や夫を連れて正田美智子が頻繁に通ったとされるのが、聖イグナチオ教会でした。三笠の宮信子(旧姓麻生)さんもミサに通っているというリークをコメント欄にいただきました。

美智子も信子さんも、ともにバリバリのクリスチャンの家系であると同時に代々、敵国工作員の家系です。

※詳細はこちらから

こうした「お仲間」どうしの連絡場が、聖イグナチオ教会だったのかなと思う節がありますが、闇市の帝王といわれた王氏のビルに入っていた美容室など、ほかにも、不思議なスポットがあちこち探せば見つかりそうです。

 

2人の正田美智子

オカメとヤンキー・2人の正田美智子

なんどもご紹介させていただいてますが、御成婚前の正田美智子は、少なくとも2人いるんですけどね。

・富士額で顔幅が平たく広い、小鼻の張りがめだつ「オカメ顔ミッチー」。

 

こちらは、「ヤンキーミッチー」。額の生え際がまばらで面長、顔のパーツが中心によっています。

ともに、耳にピアスをしています。

正田家の長女として育ったのが、目つきの悪い生え際のまばらなヤンキーのほうで、何らかの理由で(例えばあまりにヤンキーミッチーが下品すぎて皇太子妃は無理という判断がされたとか、、)、オカメ顔が正田美智子としてテニスコートに送られ、謀略どおり、ご成婚したのだと思われます。

明仁さんからのプロポーズを受ける前に、聖心女学院世界大会のために渡欧した美智子もオカメ顔のほうでしょう。

無題 Name 名無し 17/03/29(水)18:57 ID:EtXAUIfk No.1950988  

一人旅のはずなのに・・・ だれが写真をとってくれたの?

ポーズつけて明後日向いて・・・プロがとってみたいねw…

無題 Name 名無し 17/03/29(水)19:22 ID:WPytAxZo No.1951006  

すげーな。この当時、外国に行ける金持ちのお嬢様 恋に悩む乙女ドラマ仕立てで国民は熱狂したんだね。
華子さまはフィーバー起きないように五輪の騒ぎの間御成婚。

… 無題 Name 名無し 17/03/29(水)19:26 ID:E24hWAek No.1951014  

ミテコさんの人生はドラマみたいですもんね。

長男の嫁とりさえうまくいっていれば、私らネット民だって一生だまされてたかもしれない。

以上

 

ご成婚前の美智子のご用達の美容室

東京・川島美容室

そして、もう一つ美容室があります。東京にある川島美容室。

※こちらから転載させていただいてます

以上

 

記事を抜粋すると、、、、

・東京芝白金台町・川島美容室、開業して24年目。

・従業員は4人、住居の2階にちょっと手を加えた、古めかしい建物。

・ご婚約発表の前日、川嶋美容院へ来店された正田美智子さん。後ろが川島さん。

・聖心女学院に在住のころから熱心に通っていた。

・正田さんのお母さんも、月に2~3回通ってくる。

・下のお嬢さんは最近お客さんになった。

白金の川島美容室で髪を結ってもらっている正田美智子は、絶壁の頭部と耳からみて、おそらくはご成婚したオカメ顔ミッチ―ではないでしょうか。

川島美容室に通ていたのが、オカメ顔で、与儀美容室に通っていたのが、ヤンキーのほうのミッチーだったのかなと。

オカメ顔が皇太子の妻になることに内定したので、正田富美や次女も通うようになったのかな、と。

愛子さんのダブルたちは、学習院の行事にその姿がみられるので、複数いるダブルたちは学習院の同級生でしょう。

ともに、聖心女学院の写真がのこっているので、オカメ顔とヤンキーミッチーは、愛子さんと影子たちのように、おなじ学校の同級生だったかもしれません。

まとめしだい、UPしていきます。

 

くるりんこ

 

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

11 件のコメント

  • でれでれ草さま

    更新お疲れ様です。
    上海租界というと、桐島洋子が租界育ちでしたね。
    昔彼女のエッセイで読んだ覚えがあります。
    父親が上海で新聞社をやっていて、当時の上海の財界人のたまり場で桐島サロンと呼ばれていたと読んだ記憶があるのですが彼女の著書だったのかな? 
    wikiも昔見たときよりあっさりと編集されているように思います。
    当時のことを知っている人の情報も都合のいいように編集されているのではないかと思います。

    近頃小室下げの記事が増えてきましたね。個人的には本物の秋篠宮家を引きずり出そうと仕掛けたものの、偽者で婚約内定会見もしたものの
    全く反応がなく後に引けなくなったということならいいな、と思っています。
    眞子さまがブラジルご訪問、というのも気になりますね。ブラジルはおせんべい屋さんの勢力が強いところではなかったでしょうか。
    トランジットする空港も、航空会社も心配です。ダイアナ妃の逆パターンという昨年のダヤンさんの話が頭をよぎります。

    与儀美容室が皇室御用達と先日どこかの番組でやっていましたね。
    皇太子ご成婚のパレードで、強風が吹いても御髪が乱れないよう
    セットの仕方を何日も研究したとか。
    眞子様、佳子様、愛子様も小さいころからお見えになっているとか…。
    私にはわかりませんが、皇族の方が髪をお切りになるときは
    そういう専門の方がお屋敷までお見えになるのかと思っていました。
    刃物がありとても無防備な状態ですよね。髪は神につながりますし、
    それを切るというのも縁起の良い話とはいえませんから、
    御所やお屋敷に入れるにはよろしくないのかもしれませんが・・・。

    外遊されるときはヘアメイクとして与儀美容室から
    専属の方が付いていて行かれるのでしょうか。
    強風にさらされるパレードでも乱れない御髪の結い方ができるなら
    早朝空港に着いたばかりの内親王の前髪がぷらんぷらんするようなセットの仕方はプロとして許せない仕事ぶりなんじゃないでしょうか?
    と番組を見たときに思ったのですが、きっと与儀美容室に通っている方の眞子様ではなかったのでしょうね。
    そうかチーム、中国チーム、バチカンチーム・・・
    と偽物が何種類かあるとすると、中国チームが与儀美容室派でしょうか。
    おかめ顔のミッチーが通っていたという美容室が川島というのも
    漢字がちがうとはいえ、何だか紀子様のご実家を思い起こさせます。

    いつも長々とまとまりのないコメントですみません。

    • 雅子さんのご成婚のときのゆい方と、本物の眞子さんが南米を訪問した時の髪のゆい方がにているので、与儀美容室の方がスタイリストとして同行されたのかもしれませんね。
      ご用達になってから長そうですから、結構いろんな「事実」を知っているんじゃないでしょうか。公安がマークするべきスポットですよね。
      管理人も、皇族が髪を切るときなどは、美容院が参内するものだとおもっていましたから、驚きました。
      場所がいい場所にあるし、格式が高い割には安いんですね。これが不思議です。

  • 卯月様と同じく、私も「川島」で、紀子様のご実家を思い出しました。
    奇縁があったりして・・・
    先日のオリンピック選手団の式の時の(ニセ)紀子様、腕がずいぶんと太くて首もなんだか太い方でしたね。
    コムロは、ニセ眞子様と納采の儀はしそうな気がします。
    7月訪問先がブラジル、また南米ですか・・・引っかかりました。
    で、またヨーロッパ経由でしょうか。

    友人たちにチャンスがあると皇室の偽者の話をしているのですが、アイコさん以外はなかなか信じてもらえません。
    先日は「影武者って安倍さんにもいるの?」と質問されました。
    「なんだか、安倍さんの髪が増えたし、太ったし違う人?って思った」とのこと。
    「声はどう?}と聞いたら、それはわからないが、見た感じが変わった、とのこと。
    うーむ・・です。

    • 安倍2号、いるんでしょうか。
      トランプさんも、CG臭い映像が流れましたし、キンペーちゃんも怪しい。プーチンさんは、長いこと偽物がやってるし、、、安倍ちゃんにも用意されていても不思議はないのが怖い世界です。
      安倍一強になって強権をえたら、工作員とすり替え、、、というのは、止めてほしいです。

  • でれでれ草さま

    何度も失礼します。
    川島、上海からの連想ですが川島芳子が、
    戦前上海で諜報活動していましたね。
    川島芳子自身は川島家に養女に入っただけですし、
    たまたま苗字が同じだけなんだと思いますが、
    こんなに歴史に関係のある人の姓が
    鈴木や佐藤など圧倒的に多い姓ではなく、
    少なくはないがそこまで多くないものばかり飛び交うのも
    偶然なのかなあ?という気がします。
    話を戻しますが、当時川島芳子がダンスホールで
    孫文の息子と接触していたのは有名な話だと思います。
    若かりし頃のミテコが外国人とダンスしている写真がよく出回っていますが、社交界や国際的な情報を得るにはダンスは欠かせない素養だったのでしょう。チークダンスなら耳元で内密の話もしやすいでしょうし、小さなメモやマイクロチップを手渡すのも疑われずにできますよね。スパイ活動をさせるとしたら持ってこいだったんでしょう。

    いくら上流の方々と接点を持ちたいとしても、日本人の感覚では未成年の良家の子女をそんな集まりに行かせるはずはないです。習い事もお茶、お花、習字が当たり前の時代に、正田家では英会話、ピアノ、ダンス、テニス・・・と欧米の上流階級では当たり前の素養ですね。
    上海夫人は母親というより、スパイ養成所の先生のようです。
    またまた長々と失礼しました。

    • >上海夫人は母親というより、スパイ養成所の先生のようです。
      スパイだったと思います。やっぱり。
      毎日のように、正田美智子と正田富美は、正田家と東宮御所との間のホットラインで会話をしていたらしいですね。
      富美は、上海にいたころからの、カトリックかあるいはアメリカの工作員で、戦後はGHQ、CIAを背景に複数いる正田美智子達を管理してたんでしょうね。

  • でれでれ様。お久しぶりです。昨年の眞子様婚約会見以降
    皇室に嫌気がさして、画像掲示板等から遠ざかっていましたが
    最近大手週刊誌等の「小室下げスキャンダル記事」が
    こぞって掲載されています。どういう風の吹き回し?

    小室はあまりにも使えないので「用なし」になったのでしょうか?ポンコツの東○妃の目くらましですかね?
    これを良い機会に一気に破談にしてもらいたいです。
    あの小室鬼畜親子の顔と名前を聞くだけでゾッとします。
    とんでもない邪気のオーラしか感じません。

    で、眞子さま又、海外公務ですか・・・・?
    「最後の海外公務」って確か昨年のハンガリーの時にも
    同じ事マスゴミは言ってませんでしたか?
    いい加減印象操作を止めて欲しいものです。

    小室は金をまったく持っていませんから納采の儀は無理です。
    あれ以上、借金を重ねてまでする気でしょうか。
    そういえばOW田氏のスイス軟禁は事実のようです。
    よくまあ~Ms子さんの皇后即位のために帰国したなんて
    嘘を報道しましたね。呆れますよ。遅くなりましたが
    今年も宜しくお願い致します。m(__)m

    • なんとなくですが、
      小室母スキャンダル⇒眞子様、小室大ピンチ⇒秋篠宮家大騒動⇒眞子様、小室話し合う(今ここ)
      ⇒婚約破棄、⇒悲劇の眞子様、皇室のために生きる御覚悟⇒眞子様、ブラジル訪問⇒眞子様やっぱりすばらしい⇒眞子様を女性宮家の当主に、、
      こんな感じでゴールポストをうごかしたかもしれませんね。
      正直、ヒラメというかカエルみたいな顔の偽真子には、うんざりです。
      眞子、カコ、愛子、と、3人の朝鮮系であろう偽物とすり替わった内親王を皇室追い出せるなら、1億払ってもいいんじゃないかとおもってましたが、、、。
      半島特有のブーメランに期待したいです。

  • 王長徳、台湾ではなく大陸人だったのですね。
    彼ら、日本でのウケを敏感に感じ取って
    「台湾華僑」「上海華僑」とか出自を巧みに
    ぼかしますね。それを真似てるのが在日朝鮮人ですね。
    高嶋弟が離婚した美元とか、関東連合の川名(川奈)を
    思い出しました。

    「天安門事件のあとの訪中で、ミティコがすりかわったのに、
    日本人は知らないでもてはやしてるざまーみろ」という
    書き込みがネット初期にあったという噂を最近ぽつぽつ
    2ちゃんねるなどで見ますが、ご成婚の頃から、
    いや戦前の富美子の頃から大陸人脈にあれこれ把握されてたなら
    すり替えも難しくはなかったのかもですね。
    訪中の時に、むこうが明仁天皇に「金印」を授けようとして
    意味の重大さに気づいた宮内庁職員が阻止したという
    エピソードもまことしやかに皇室板では頻出ですが、
    人間すりかえからの目そらしネタだったのかもと疑い始めています。
    金印授与を回避させるような、そんな有能な職員がいたら、
    ミティコが真っ先に首にするか、消しそうですよね。

    • >天安門事件のあとの訪中で、ミティコがすりかわったのに、日本人は知らないでもてはやしてるざまーみろ」という書き込みがネット初期にあったという噂を最近ぽつぽつ2ちゃんねるなどで見ますが、ご成婚の頃から、いや戦前の富美子の頃から大陸人脈にあれこれ把握されてたならすり替えも難しくはなかったのかもですね。
      美智子をはじめ偽皇族たちの背景が、アメリカCIAから中国共産党へかわったのは、そのころでしょうかね。
      すり替えられる前の美智子も偽物ですから、どっちもどっちなのですが。
      しかし、明治以降の皇室はおかしいですね。現人神という思想、天皇夫妻の写真を神棚に飾って拝むとか、日本の神道ではないですからね。
      キリストは、人であり神であり、、、という三一体の思想にちかいのかもしれません。
      明治神道は、あの当時のウリスト教だったのかも。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。