※人気ブログランキングに参加しています

続・美智子さまの真実⑱@番外編・工作員の訓練をうけたであろうオンナたち

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

ウェンディ・デン

メディア王マードックの元妻のウェンディ・デンさん。

元夫のマードック氏にたいするパイ投げを阻止するときの、いかにも訓練を受けた所作から、目的をもって訓練を受けた人民解放軍の工作員といわれてますね。

もともと中国のバレーボールの選手だったのですが、人民解放軍にスカウトされアメリカへ留学。中国人学生にしては贅沢な暮らしをしていたそうです。その費用は国が出していたとか。

英国首相だったブレアと関係を持ち→メディア王マードックと結婚、離婚→今はプーチン大統領と乗り換えて工作員を頑張っているみたいです。

トランプの娘イヴァンカさんとは親友だそうな。

 

辣腕の工作員と言えますが、、、

 

Sponsored Link




 

しかし、正田美智子に化けて皇后になりすましているオンナどもにくらべれば、まだ器が小さいと言えますね。

ミッチーズ、正田美智子

①~⑥まで全て別人です。関連記事 美智子さまの影武者

・正田美智子に化けた複数の女どもの工作員チーム、ミッチーズ

・人民解放軍の立場に添い、人民解放軍と同じ立ち位置に立ち続けるミッチーズ。

中国が天安門事件いらい世界からブッチされてピンチとなったら、天皇を連れて訪中。その後、中国へのブッチが解け、中国は共産党へのストレスを日本に向けるべく反日教育が強化されたのよね。

 

・正田美智子に化けた複数の女どもの工作員チーム、ミッチーズ

・人民解放軍の立場に添い、人民解放軍と同じ立ち位置に立ち続けるミッチーズ。

中国が天安門事件いらい世界からブッチされてピンチとなったら、天皇を連れて訪中。その後、中国へのブッチが解け、中国は共産党へのストレスを日本に向けるべく反日教育が強化されたのよね・反中国連盟ともいうべきメコン諸国の首脳陣には会わないミッチーズ。中国を非難し軍事緊張があるフィリピンの大統領来日時の晩餐会は、地味なサラダみたいな盛花、ティアラなし、美智子は法事のようなグレイのドレスで、「気に入らない」をアピール。

・天皇を連れまわし、諸外国に言っては「謝罪と反省」のスピーチをさせ日本毀損行為をつづけては巨額賠償の道を開いているミッチーズ。

・2016年8月、「天皇のお言葉」の日にあわせてかしらないけど、中国船団が何度も日本領海に押しかけてきたけど、これ、人民解放軍のサポートなんでしょミッチーズ。

・日本の皇后に化けて、秋篠宮家に産児制限を強制して皇統断絶の危機を招いた美智子。皇室の権威と特権を使って日本破壊工作をつづけるミッチーズ。

・歴代の皇后が受け継いでいるはずの、ダイアモンドの3連のネックレスが1連に、ティアラはここ数年行方不明、故宮妃の宝飾品も同時に行方不明、、、、スイスのバーゼルには不自然に足を運び秘密口座でもつくっているであろうミッチーズ、その後、小和田恒が真似をしたところを見ると、皇室財産の横領に成功したと思われるミッチーズ。朝鮮馬賊ミッチーズ。

・立ち振る舞いや趣味の全てが朝鮮に帰一する美智子。

 

・正田美智子に化けた、朝鮮族中国人工作員の美智子たち、ミッチーズ。

・2017年ベトナムにはオール・ミッチーズで訪問したとおもわれるミッチーズ。

・ばれ始めたので秘密口座をつくったか、あるいは皇室財産の移動をさせたかしたのではと言われているミッチーズ。

・逃亡の準備をしているのかもしれない美智子達、ミッチーズ。

・逮捕されりゃ、吊るされるのは確実ミッチーズ。

 

コメント欄より

歯の件、取り上げてくださりありがとうございます。

最近は画像も動画も加工修正だらけで検証が大変ですが、過去の写真からは色々見えてくることがありますね。 コメ欄を拝見して思い出したんですが、1975年ひめゆりの塔の火炎瓶事件。

狙って撮っているようなカメラアングル、自作自演じゃない?とどこかで読んだ記憶があります。

 

wiki

ひめゆりの塔事件(ひめゆりのとうじけん)は、1975年7月17日に沖縄県糸満市で発生した、日本の新左翼系過激派による皇太子明仁親王(当時)および同妃美智子に対する2つのゲリラ事件の総称である。
皇室としての第二次世界大戦後初の沖縄県訪問に際し、皇太子および同妃に、新左翼党派・沖縄解放同盟準備会(沖解同(準))と共産主義者同盟(西田戦旗派)の各メンバー2人が、潜伏していた洞窟(ひめゆりの壕)や白銀病院から火炎瓶やガラス瓶、スパナ、石を投げつけたテロ事件。皇太子および同妃や関係者に大きな怪我はなかった。

1992年国民体育大会開会式は、右手を陛下の前に差し出しただけで守れるか? 本気で守るなら陛下の前に出て全身で庇うだろうというようなことを書かれている方がいて、なるほどと思いました。慈愛の美智子さまというすり込みがあればこそ、どんなポーズでも素晴らしく見えてしまうんでしょうね。

 

 

成婚パレードで投石があった時は、美智子さんまっさきに犯人の行動に気がつかれた感じですが、今上を庇うのではなく、石が飛んできたのか仰向けになられていますね。

この人は訓練されてない?演出ではない投石だったから本気で驚いた?

それとも、これこそ訓練された工作員の素早いよけ身の動き?

慈愛の美智子さまというポーズを忘れて今上を庇ってないけど、まだその路線でいくと決めてなかった? 何もかも勘ぐって見てしまいます。

以前、動画で見たんですが今回うまく見つけられず。 こちらに少しだけ写っています。12秒くらいのところから。

ところで、正男氏長男の動画が報道されていますね。

 

www.youtube.com

※金影子に似てますうww(管理人)

マスコミの長男上げが気持ち悪いです。

オランダ大使が支援とか。いざとなればミッチーズもオランダに逃げたりして?

(以上)

 

オランダ王室との「親しい関係」は有名ですね。

プーチン大統領から安倍ちゃんにおくられた「皇室ゆかりの刀」は、本来、皇太子が代々うけついでいるはずの「壺きりの御刀」ではなかったのかという声も多い。

プーチンはオランダで買い付けたそうな。

小和田恒の赴任先がオランダだけど、皇室財産の持ち出しに、オランダ王家が関与し協力していることはあり得ると思う。

王族は、荷物検査ノーチェックで持ち出し持ち込みが可能ですからね。

いろいろと黒いカルトな噂の多いオランダ王室。

反日ぶりの確かさとエゲツない国民性から、ネット民から白い朝鮮人と揶揄されているオランダ。美智子や東宮夫妻、小和田一族とは相性があうんでしょ。

 

コメント欄より

いつも拝見させてもらってます。

今回のベトナムにこだわった不自然さ、それを見抜くHiromi様の観察&洞察力、本当に恐れ入ります。 こういうことが明るみになっていくに従い、安倍総理にももっと活躍していただきたいという気持ちでいっぱいになります。

ラピスラズリ様の国体の出来事は、昔テレビの美智子様アゲアゲ番組でやってましたね。不審者が天皇皇后の観覧席に向かって走ってきて何か投げた?あれですね。

しかし、一般の観客席(グラウンド)から、天皇皇后の場所までは相当な距離があったと記憶してます。当然、観覧席は建物の二階くらいの高さもあり、物を投げたって届きっこないような距離でした。それなのに、ミテコは庇ってましたね。

 

あの頃の私は美智子様命でしたが、ちょっと白々しく映った印象がありました。絶対安全な位置に居ながら、庇ったりして。 今思えば、あれもミテコの演出だったのかも。 「とっさに天皇を身を挺して庇う素晴らしい美智子様」のためだったかも。

しかし、その頃の私は「ううん、そんなことない、やっぱり美智子様はすごい」と、無理やり自分をだましてました。 思い出しました。やはり違和感を感じた自分は正しかったです。 スレ違い、失礼しました。

 

コメント欄より

いつも目からうろこの記事の連続で息もつけません。

runrunさんの指摘で思い出しました。

山形国体だったかな? 何かが飛んできた時に冷静沈着にとっさに陛下の前に手を差し出して陛下を護ろうとしたという美談がありませんでしたっけ?

今違う視点からみるとあの時とっさに正体が図らずも出てしまったのかも。普通よほど肝の座っているいる女性でもあのリアクションは取れないでしょう。

訓練された人間なら当たり前の反応だったでしょう。 美智子サンって一体何者なの?

(以上)

 

有難うございました。

やはり訓練をうけた工作意なんでしょうね。

 

温泉ラブ

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

新着エントリー

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

1 個のコメント

  • 管理人様、こんにちは。

    この連休で、武蔵陵墓地まで行って参りました。
    凛とした気、恐らく、史上最高のパワースポットかもしれません。
    私は、大正天皇陵・貞明皇后陵・昭和天皇陵・香淳皇后陵の順でお参りし、香淳皇后様のところでは、長めの黙祷を捧げてきました。

    ところで、

    大正帝の左側に今上陛下のお墓を造っているんですが、今上帝と美智子様は御一緒に入られるのだそうと、毎週、この場所に来られるご年配の方に伺いました。
    その方に依ると、先帝・皇后様墓所の構造は、一旦閉めたら二度と開かない構造らしく、同時に亡くならない限り、暫く封印は出来ないけど、どうするつもりなんだろうって仰っていたのを聞いた時、なんとなく、溜飲が下がったような気がしましたが、本当なんでしょうか。

    もし本当だとすれば、マスコミは、「一緒に墓に入る新時代の皇室」とか甘い言葉で、皇后ではないからお墓も造って貰えない事を誤魔化すのでしょうが、工作員と判っているのに面倒まで看るとは思えなくもなく、案外、同時に亡くなる、または、崩御後、間を置かず亡くなるのも有りなのかもと思ってしまいました。

    カトリックの美智子さん、陛下と同じお墓に入るのなら、お墓の前に鳥居が建つことになりますが、どんな気持ちなんでしょうか・・(笑)

    恐らく、一緒に入るということにして、別の場所にカトリック様式で埋葬するのが濃厚ですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。