※人気ブログランキングに参加しています

【皇室】100年目の結願と150年ぶりのブルームーン&スーパームーン

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」

コメント欄より

お久しぶりです。
今回一月三十一日の月食がブルームーンとスーパムーンが重なった非常に珍しい現象で
大よそ150年ぶりのものらしいです。
150年前と聞いてピンときたのが1867年の大政奉還
幕府から維新政府に政権が移譲されました。
天変地異や災害の他にも大きな政権交代、もしくは皇室に何かがおこるのかもしれません。

以上

 

ありがとうございました。皇室も日本も本来の日本人に奉還してほしいですね。

2018年1月31日 皆既月食+月が赤銅色に見える「ブラッドムーン」+満月が大きく見える「スーパームーン」+満月が1カ月に2回見られる「ブルームーン」、が観測されました。

※画像はこちらから

以上

 

最近、「眞子様」の「婚約者」の小室圭の母親のスキャンダルがでてますね。

借金とか男性関係とか、、、でもそうした情報をだしてくるのは、小室母子の、もっと深い深層にある暗部、「背乗り」「偽物」「国籍」「創価」などの真相に行かせないために、関心と追及を浅い部分で止めておくためではないかな、と思っていたのですが、あるいは、創価・雅子・小室チームの裏であろう、北朝鮮のなにかが揺らいでいるのかもしれませんね。

 

しかしながら、今上さんの譲位にともなうナルの即位、眞子様の結婚、、、まったく、もりあがりませんね。

今のヒラメ顔の眞子さんが偽物だと、ジリジリ拡散する反面、

多くの日本人はサイレントクレーマーで、騒がずに「醜いものから目をそらす」風があるようで、無関心、無視、という状況になってきています。シラ~~~とした冷た~い空気が痛いです。こうした、空気は存外だったのではないでしょうか。

Sponsored Link




 

朝鮮の100年の結願

日韓併合100年目の朝鮮系政権「民主党政権」誕生

過去にも書かせていただきましたが、、

・1910年日韓併合。

・2009年9月 民主党政権の樹立

ほぼ1910年より100年後です。

オカルト的にみると、偶然とは思えません。

必ず日本を征服するという、朝鮮側の100年の「恨」の満願日だったのではないでしょうか。

朝鮮半島では、儒教の影響が強そうですが、いざ、病気や災禍に遭遇すると、呪術に頼る傾向があり、これが本当の「国教、信仰」といえそうです。

半島では、今でも呪術が普通に行われています。最近では、浅田真央、イチローなどの選手に、普通に、真剣に、呪詛をうっていたそうですね。

真央ちゃんもイチロー選手も、守護が強いですからご無事ですが。

コメント欄にご指摘いただきましたが、彼らは、「楽して儲けて暮らしていく形を作るために、全力で頑張る」傾向があるようです。

そのエネルギーを創造に向ければいいと思うのですが、方向がずれているように思います。

日切祈願なんかでは、7日、14日、21日、など7のつく日で連続祈願をしますね。

長いと30日とか100日、1000日、、御祈願の回数や人数や日数と、発揮する霊力が比例するといわれています。

安保法案のおりには、安倍ちゃんを呪い殺す呪殺会のお披露目もされていました。真言っぽい装束を着てましたが、中身は朝鮮系キリスト教と断言できます。朝鮮系キリスト教教団に関して、似たケースを知っているからです。自分たちの朝鮮の土着的の法ではなく、真言を使うみたいです。

しかしながら、半島にも半島由来の呪術があり、なかには、日韓併合後、宗主国である日本を妬み狂うがごときだった方たちがいても不思議はありません。

日韓併合のあと、中国からも周辺国からも馬鹿にされてきたアジア最下層の朝鮮民族が、世界でも第一等の大日本帝国の臣民となり、戸籍のなかった9割の奴隷階級の民も平等に戸籍を与えられ、義務教育を受け、出自にかかわりなく、優秀ならば政治、官僚、軍、などの分野でどんどん出世し素直に順応した方も多かったんですね。

一方では、かつてはモンゴル帝国に寄生して蚕食して滅ぼしたように、日本と取って代わるように、内部に食いつき食いつぶし逆転するように、陰謀策謀を謀りながらも、並行して100年で満願になるような呪詛をうってた人もいたとおもいます。どんな民族にも負の部分があると思います。無駄に執念と持続性と体力がある方たちですから、呪術を売っていたとしても数世代にわたる、大規模なものでしょう。

しかし、呪詛には、法則があります。

「呪詛を見破り」「呪詛の打ち返し」

を行った場合、呪詛する側の満願日をもって、呪い返しの効果が出始め、呪詛側の自滅が始まるのです。

「民主党政権」朝鮮の傀儡政権の樹立は、たしかに、満願成就といえたと思います。

しかし、その時点から自滅が始まり、1000日をもって解散、今にいたります。

もう、政権はとれないでしょう。日本の「空気」は親韓から嫌韓へ、そして、「あってもなくてもいい、どうでもいい国」になりました。

呪詛をすると、卑近な願望が実現するが、願望が実現した時点で自己破壊が始まる、というのが呪詛の本質に思われます。

卑近な願望が実現することで、将来がなくなったのです。偽真子さんと、創価・小室との婚約や、徳仁の即位など、皇室も同じことが起こると思います。

 

1000日の天下・アンブーリンと民主党

話は少しそれますが、英国王をトップにいだく英国国教会の設立は、決して英国民の高度な宗教的な理想や理念から始まったものではなく、16世紀、当時の英国王であったヘンリー八世が、「王妃と離婚し、若い女官と再婚したいから」という極めて人間的な都合から始まりました。この辺りが英国らしいなと思います。

16世紀の英国王ヘンリー八世は、女官のアン・ブーリンに夢中になり、ハプスブルク家から輿入れしてきた名門のキャサリン王妃と離婚し、彼女と結婚したがっていました。ヘンリー八世は跡取りの王子がほしかったのですが、キャサリン妃にはメアリー王女しかいませんでした。若い妻なら、王子を生んでくれると期待してたところもあります。

女子でも王位を継承はできるのですが、キャサリン妃が巨大なハプスブルク家から来た、ということが危惧の一つだったのかもしれません。

ハプスブルク家のある意味グローバリズムにちかい帝国観を考えると、いずれは、メアリーが女王になった後、近親婚を繰り返しながら、結婚を通じて領土を広げていくハプスブルクの世界観に添い、いずれはメアリーも英国も、ハプスブルク帝国に呑まれたとしたら、英国は、帝国の一地方になってしまいます。

英国は英国であり、英国でありたい、というのは、昨今のEU離脱の根幹にある、島国の気質が生んだナショナリズムと関係があるんじゃないでしょうか。

ヘンリー王は、愛人のアン・ブーリンが妊娠の兆候を見せると、ヘンリー王は生まれてくるのは王子だと決めつけて喜びました。生まれてくる王子が、王位継承権が得られるように、離婚を急ごうとします。が、ハプスブルクという巨大な帝国皇帝の一員であるキャサリン妃が不利になるような離婚は、バチカンは認可しません。

「だったら、自分らの教会作るわ」ということで作ったのが英国国教会で、今も真面目に続いています。

 

当時の外交官の報告では、ヘンリー王が夢中になったアン・ブーリンについて、「美人でもなく、グラマーでもない、なぜ、この女性に王が夢中になるのかわからない」と報告されていたほど王の寵愛を不思議がられていました。アンは、傾国の危機をもたらしましたが、美人ではなかったようです。

直接関係ないのですが、アン・ブーリンは、秀吉とおなじく多指症だったみたいですね。奇形があり、美人でもなく、肉感的でもない、身分は格下の英国貴族、しかし、ヘンリー八世はアンに夢中でした。

そして、ヘンリー八世がバチカンとたもとを分かち、英国国教会を作ってキャサリン妃と離婚し、そして女官のアンと結婚します。

王妃を追い出し、女官から王妃になったアン・ブーリンは、得意絶頂でしたが、月満ちてうんだ子供は期待にはずれて王女。

のちのバージンクイーンとなるエリザベス1世でしたが、ヘンリー王は、巨大な犠牲を払ったのに、王子ではなったことで裏切られたと思ったようです。何が何でも王子が欲しかったヘンリー王は、興ざめしてしまいます。

そして、ヘンリー王は、新たにジェーン・シーモアという美人に関心をもちはじめました。つづいてアンは妊娠するも死産。ついに、王から見放されてしまいます。王は、かつては夢中になった自分の妻を、ロンドン塔へ監禁したのち、不義密通の容疑を冤罪を着せて断頭台におくりました。

アンは、民主党と同じく、1000日しか天下をとることができませんでした。この1000日というのがミソだと思います。もしかして、アンは王妃になるために、魔術をつかったのかもしれません。

 

3重に偽物の徳仁親王

話を現代の皇室に戻しますが、今の偽物のナルの即位は、

①明治天皇が、じつは幕末に、睦仁親王と孝明天皇を暗殺し、睦仁親王とすり替わって「天皇」になったが、山口の朝鮮部落民の大室であること。その後も、托卵と貰い子で繋いでいる状態で、明治以降の皇統は偽物の皇統であること。

大正天皇(左)と実父といわれている大隈重信(右)

※「鬼塚史観と皇室の問題」

 

②徳仁自身が、明仁天皇の実子でない可能性が高い。

※「徳仁皇太子の皇位継承の資格 托卵の疑惑」

 

➂さらに、正田美智子が生んだ徳仁親王と、今の徳仁とは別人であること。

同じ時期に複数の徳仁がいた浩宮徳仁。

そして、今は、指が違う、全くの別人。

※「徳仁皇太子の影武者」

 

徳仁は、皇族として、皇位継承者として、三重の意味で偽物といえそうです。

さらに、北朝鮮系で創価の池田代作の落胤であろうといわれている雅子を皇后にし、その娘の愛子さんを天皇にするため、今後は、愛子立太子の飛ばし記事を出してくるでしょう。

 

ちなみに、創価学会設立は1930年。

100年後が2030年、2001年生まれの「愛子さん」が29歳になるころです。この年に、愛子即位を狙っているのかもしれません。

 

2016年8月に「天皇が生前退位=譲位する」と飛ばし記事で埋め尽くし、結局実現化してしまいましたが、最初報道されていた譲位の予定は平成30年・1919年の年末でした。

年始は行事がうまっているので無理、ということで、2019年05月01日から年号も天皇も変わるとなりましたが、

このポスター、

そして、2017年12月の愛子さんお誕生日映像の鶴=創価のシンボル、をみても、

朝鮮系・創価の天下取りの計画もしくは、呪術の満願は、おそらくは、平成30年に設定していたのではないでしょうか。

 

70年目の法則

2018年は北朝鮮設立の70年目

ちなみに、雅子と創価がゆかり深い北朝鮮は、1948年9月9日に北朝鮮が設立されています。

エドガーケイシーの予言の一つに「共産国家の寿命は70年」があります。全ての国に適合するかどうかは不明ですが、すくなくともソ連はほぼ70年で倒壊しました。

今年、2018年=平成30年が建国70周年目になったはず。期待に応えてくれるでしょうか。

北朝鮮がガラガラポンになると、創価・雅子・愛子&影子のチームも連動すると思いますが、、、、。

愛子さんとダブルの影子。

なぜか、金正男の長男に酷似している影子。金正男には同じ年頃の娘が日本にいるといわれていました。

平昌五輪終了後、トランプが北朝鮮を攻撃するのではないかといわれていますが、藤田女史の「雅子さんは皇太子妃になれるが皇后にはなれない」という予言が気になります。

 

新天皇が退位する2019年が中華人民共和国設立70年目

wiki

中華人民共和国

中国大陸において国民党を破った中国共産党により、1949年10月1日に北京市にて建国された。同国は、22省級行政区、5自治区、北京市・天津市・上海市・重慶市の4直轄市、大部分が自治的な香港・マカオの2特別行政区によって構成される。

 

もしかしたら、今年、北朝鮮で何かがおこり、それに連動して、藤田女史の予言どおり「雅子は皇太子妃になるが皇后になれない」事情がでてくるのかもしれませんね。

その場合は、偽物の黒髪の秋篠宮が即位し、偽物の低身長の紀子さんが皇后になりますが、この二人が、どうも、朝鮮というより中国人臭いんですね。そして、ご公務がローマ法王との会談、南米、中米、などカトリックと関係ある国ばかりなので、黒髪の秋篠宮チームは、中国系であり、かつ、バチカンと関係がある風があります。

 

追記 コメント欄より

先日怖ろしい動画を発見いたしました。
中国大使館と宮邸が地下で繋がっている、というのです。
秋篠宮の警備がほぼないに等しい状態なのは、去年話題になりましたけど。
秋篠宮ご一家まるごと、すり替えることほど簡単なことはないかと。

以上

 

エドガー・ケイシーの、「共産国家の寿命は70年説」。

即位の予定日の、2019年05月01日、実はこの年、中国人民共和国の建国70年目の年でもあります。

 

即位、100日目、1000日目

即位100日目は、8月8日ごろでしょうか。

8月8日といえば、2016年08月08日に、丁度、「象徴としてのお勤めについての天皇陛下のお言葉」が報道された日でもあります。

読者様にご指摘いただきましたが、明仁さんの顔が大きい、手がきれいすぎる、代理人に明仁さんの顔を貼り付けているのでは?という疑惑のある映像でした。

一言も、「退位したい」と述べていないにもかかわらず、マスコミは、生前退位のお気持ちあり、として報道を廃寂した形で埋め尽くし、安倍ちゃんが特別国会で通して実現に至りました。実質的な、クーデターでしたね。

そして、新しい元号になって1000日後が、だいたい2021年1月下旬となります。

 

1000日天下

ニセ徳仁と北朝鮮系の雅子が即位するなら、朝鮮+創価の崩壊がはじまり、何らかの形でニセ者の黒髪の文仁さんが代わりに即位すれば、中国+バチカンが、ガラガラポンになるのかな、と。

いずれにせよ、新しい天皇が即位した後、1000日目くらいで、ニセ田布施皇統、皇室コンパニオンチームが崩壊するのではないかと期待しています。

 

食いしん坊すぎる子が一人いる

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

11 件のコメント

  • ありがとうございます。
    実は以前より、幕末の天皇成り代わり説は知っていたのですが中々自分の中で認められなくて
    投稿できずにいたのをでれでれ様が果敢にも切り出してくれました。
    古来月食日食は不吉なものであり、天皇自身は言うに及ばず御所も妖光に当たらぬように簾筵で防御
    したという竹田氏のコラム、彼の言うことを全て鵜呑みにするわけではありませんが、どこかのコラムで北米インディアンにも同じような言い伝えがあり、日食を見るため渡米した方がこの蝕
    の中で何かが死に何かが生まれる、蝕が終わるまで暖かい家の中で過ごし絶対外には出ないようにと
    いわれたそうです。彼は日食は見れなかったがこの体験で何かを見たと後述しています。
    何かが生まれ何かが死ぬ・・人間が立ち入ってはならない神の領域
    私は今回は敢えて観察せずにおきました。
    もしもそれが単なる人の死ではなく皇統の死であり、別の(本来の)皇統の誕生(回帰)とするなら只ただ畏れ多く自分ごときが覗き見てはならないと思ったからです。
    まこと畏れを知らず欲望のまま呪術を行う輩に天誅が下り皇室も日本も本来の日本人に奉還してほしいと願います。

    • >実は以前より、幕末の天皇成り代わり説は知っていたのですが中々自分の中で認められなくて
      管理人も同じでした。
      でも、眞子さんの婚約で、明治帝のすり替わりは本当だとわかりましたね。
      壮大な墓穴を掘ったのだと思います。今後、じりじりと、鬼塚史観が広まるでしょう。

  • 女性週刊誌は「股子アゲアゲ」「東宮擁護」の記事が多く、パヨクばかりだと思っていましたが。コムロ母の借金問題を取り上げた、新潮と文春には、右派の方がいたようですね。少し安心。ですが、@niftyニュースが、1月27日23:30に、コムロ母の借金問題をはじめ、結婚妨害の動きは、背後に安倍政権や極右勢力の政治的思惑があると、安倍ちゃんのせいにするような記事を書いています。やはり、極右側は「ニセモノ」「すり替え」に気づいており、眞子さまの婚約は解消して、嫌でも本物を出さざるを得ない状態にしようとしているのでしょうね。ところで、この@niftyの記事を書かせたのは誰だろう?

    • あるいは、小室と偽真子で女性宮家の当主夫妻に、、という朝鮮創価のプランが座礁しつつあるのかもしれませんね。
      あまりに国民の反応が冷たすぎるので。
      とりあえず、女性宮家は抑えようとして、スキャンダルを出し、婚約破棄して、仕切り治すのかもしれませんね。
      本物の眞子さまは行方がわかりませんし、ヒラメ顔の偽真子さんは、眞子様として、ブラジルにいくらしいし、、、。
      なんで南米なのかと不思議ですね。やはり、バチカンでしょうか、

  • 皇居の地下通路は、様々なところで取り上げられてますね。
    もしかすると、こんな豪華なシェルターを備えていたりして。。
    https://gamp-ameblo-jp.cdn.ampproject.org/c/s/gamp.ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12072718172.html?usqp=mq331AQECAEYAQ%3D%3D

    私の知識では、湿気の多い防空壕的なモノや、非常用の狭いシェルターしか知りませんでしたが、
    造ろうと思えば造れるのですね。
    ここまで居住性をもたせなくても、通路であれば、縦横無尽に造設出来そうです。

    皇居の地下30メートルに太田道灌が築城した城跡が有るそうです。
    つまり、家康は江戸城を築城するのに、30メートルの盛り土或いは何かの構造物を入れていた様です。
    https://inumimi.papy.co.jp/inmm/sc/kiji/1-1000425-84/

    また、こんな記事も。。
    大正14年に、皇居の櫓下から謎の16体の遺体発掘があったようです。
    http://www.asahi.com/special/kotoba/archive2015/mukashino/2013080100001.html
    築城の秘密もあるかもしれませんが、
    なんと言いますか、改めて不浄の場所を宮城にしていたのですね。
    (戦前は“皇居”とは言わず、明治政府の政令で“宮城”が正しい呼び名との事。)

    とにかく、7階建てビルに相当する地下構造物を建設可能なのだと言う事にびっくりしてます。。

    そんなに、地下構造物って造られてるの?の疑問から、
    ちょっと見つけた“筑波学園都市の謎”ブログです。
    http://www.isobesatoshi.com/old/tsukuba/main.html
    (古いブログの様ですが。)
    私は東京以外の東日本に行った事が無いので実際的のつくば市を知りませんが、
    この中に興味深い記事がありました。
    (関東地方の方はご存知なのかもですが。)
    第六の謎の中に、地下都市(施設)の記述がありました。
    http://www.isobesatoshi.com/old/tsukuba/nazo6.html

    大学に関する法律は、旧帝大・公立大・私立大とかに分かれているのでは無く、
    「筑波大学」と、「それ以外の大学」に法律は分かれているらしいですね。
    何だか、かなり秘密の施設が有りそうです。

    ただ、ヨソのブログコメントに、筑波学園都市駅前のイオンが閉店したそうです。
    人口は増えているのに。
    ○日ネットワークで、ミサイルの標的のひとつに上がっている情報でも入ったのかな? と言うコメントでした。
    (大丈夫??)

    先日のフィンテック(電子通貨決済)関連から、
    スペインの、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%90%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%A4%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E9%8A%80%E8%A1%8C
    と言う銀行がなんとなく引っかかっています。
    スペインのバスク地方に本店があり、
    南米に強い銀行です。
    検索しても何も関連付けた記事は無いのですが、
    ここ10数年の皇室の南米訪問の多さと、なんとなくリンクしてないかって気がしてます。
    バスク地方も確か、古い人種、イルミ的な古い貴族がいた(いる?)記事を、、探せませんが、かつて読んだ記憶があります。

    いつも、何となくなコメントばかりで、、申し訳ありません。

    • ありがとうございます。
      興味深いことばかりです。
      皇居の地下に都市、抜け道、あるいは、シェルターがあっても可笑しくないということですね。
      鬼塚氏の著書で、テイメイ皇太后が、戦争末期に、原爆がおちても大丈夫なシェルターを作れと命じたそうで、それが不可能なので、「絶対に空襲に会わない土地である軽井沢(堤康次郎が開発した土地)」に疎開した、という内容だったと思います。
      ようは、天皇家は原爆がおとされるのを事前にしっていた、しかし、落とす場所まではまだ不明だったという内容なのですが、原爆には耐えきれないだろうと見て、テイメイは、パニックになったのかもしれませんね。
      56億つくった御所、なにかありそうですね。建築のおりに、土台に爆弾か何かを埋め込んでいても不思議はなさそうです。

      筑波は、大本の予言では、理想社会の首都みたいな年になるとかで、遷都はここかな、と思ってましたが、
      >スペインの、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行
      コインチェックの事件があって、そして、偽真子さんが、ブラジル訪問しますね。
      点をつないでいくと、度肝をぬく星座を作れそうです。

  • アラモード様のリンク先の詳しい記事ほどではありませんが、十数年前に深夜テレビで東京に知られていない地下の実態という内容の放送をしていたのを見たことがあります。
    地上3~5階にあたる地下設備の映像もやってました。幾つもあるそうです。そして、地下鉄の地図でなぜ皇居の地下だけ地下鉄が通らないのか、なぜでしょうねぇ、というのが番組の〆でした。
    当時、私はそりゃ地下鉄大事故や大火災が起こったら皇族の方々が大変だからでしょう、と思っていました。
    その後、仕事でアメリカのF○○関係者の方とご一緒する機会がありまして、世間話で皇室皇族の話になった時にその番組の内容(皇居の下に地下鉄線路がない)を軽く言ったら、お相手が急に真顔になり、あることをボソッと教えてくれました。衝撃的過ぎて暫く鬱っぽくなってしまいましたよ。
    その内容をネット検索したところ、約1名がそれらしきリークをしていましたね。今は検索していないので分かりませんが。
    関連性のあるようなことで、やはり筑波というのがキーワードにありました。
    私はずっとカリスマサイキッカー昭和帝が仕掛けたものだと思い込んでいましたが、平成の偽皇族発覚どころか、千代田遊廓の女郎テイメイの件やらなにやらで、やはり皇室はバチカンの力が動いているのかなぁと思いますね。
    そこに朝鮮+ソーカが嗅ぎ付けて。以下、でれでれ様と同じ意見です。

    • >ころか、千代田遊廓の女郎テイメイの件やらなにやらで、やはり皇室はバチカンの力が動いているのかなぁと思いますね。そこに朝鮮+ソーカが嗅ぎ付けて。以下、でれでれ様と同じ意見です。
      孝明天皇暗殺、睦人親王の暗殺し、朝鮮部落民・大室とすり替わり、、、。あれだけ周到にやってのけましたからね。
      管理人は、どこかの藩でリハーサルがあったと思ってます。
      バチカンの内部も微妙な感じですね。バチカンも、なにものかに乗っ取られ背乗りされているようにみえます。あくまで印象ですが。
      宮内庁や皇室内部で、カトリック系と、朝鮮創価系の、死闘が展開しているのかもしれませんね。

  • 何だか変と腑に落ちなかった眞子様と小室さんの件。
    そして今回の小室さんの母親の醜聞。
    皇室の高貴な方が、何故こんなにお粗末な家庭の息子と婚約をしたのかと思い、ゲンナリします。
    後には引けないところまできているし、困ったことだと落胆しつつ、そもそも切っ掛けとなったのは、NHKの先行報道じゃないか(怒)と。
    慎重に扱われるべきニュースを軽々しくマスコミ主導で流されたからー。

    先日たまたま、立花孝志さんのYouTubeを見たのですが、NHKは、海老沢会長が去られた後、電通の思うままに操られているという話でした。
    NHKの職員の方々が皆反日というわけではなく、トップ層に従うしかないということでした。
    真偽のほどはわかりませんが、この話からいくと、ということは、先行報道は電通の意向や指示ということかもしれない…と繋がり…

    しかし、酷い婚約なので、女性宮家は無理っぽい見通しも期待できますね。

    良し悪しは神のみぞ知るという感じですね。

    • >しかし、酷い婚約なので、女性宮家は無理っぽい見通しも期待できますね。
      女性宮家の当主と配偶殿下になるつもりだったんでしょうが、ここまで白けきるとは予想外だったでしょうね。
      小室母のスキャンダル⇒婚約破棄⇒悲劇の眞子様おかわいそう⇒皇室存続のために眞子さま派女性宮家の当主を目指す、、、とか、変更する可能性もありますが、、、、
      散々、醜態をさらしてくれましたので、実現はしないでしょうね。
      ヒラメ顔の偽真子さんの邪悪さが隠せません。気持ち悪いです。

  • 記事に関係無くてすみません。
    何故、バスク地方に引っかかったのか、思い出しました。

    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/バスク地方#%E6%AD%B4%E5%8F%B2
    (近世バスク地方の説明より、参照。)

    『多くのバスク人聖職者が新世界で布教活動を行っており、イエズス会の創始者であるイグナチオ・デ・ロヨラとフランシスコ・ザビエルもやはりバスク人だった[49]。』

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。