※人気ブログランキングに参加しています

【皇室】昭和天皇の錬金術と正田富美とのつながり

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

ぶっちゃけた話、開国以後の日本がかかわった戦争のたびに、利をえてきたのがニセ皇統の天皇家だったようです。

 

明治・大正・昭和の三代で完遂した易姓革命

・戦争や国民に災禍があるたびに、天皇家は天皇名義の口座に、日清戦争の賠償金など天文学的な賠償金を振り込ませては資産を増やし続けた。

・敗戦のどさくさに紛れて、莫大な資産を隠した。

・敗戦後、裕仁天皇の代ではGHQの力を借りて、正統な皇統である北朝宮家を皇室から追い払い、完全に易姓革命を成し遂げました。

貞明皇后「これでクズども(旧宮家)がいなくなった。せいせいした」

 

以前見た写真で、昭和天皇と近衛(だったと思います)との会談の写真があり、足を汲みふんぞり返っていた近衛の態度がえらく悪かったのが印象に残っていました。

今思えば、

・明治天皇の正体が睦仁親王とすり替わった朝鮮部落の田布施出身の偽物であったこと

・大正天皇の実父が大隈重信であることも、

左:大正天皇、右:大隈重信

・裕仁天皇の真の出自が、南朝をかたっているが偽皇統の、さらに托卵子であり、二重に偽物だったということが周囲にバレバレだった

ということがわかります。

日本一の名家の公卿としては、礼を尽くすのがアホ臭かったのでしょう。

 

敗戦によって利を得た天皇

・戦争がおこったため、自分の出自と秘密を知る軍人たちを戦地に追い払うことができた

・敗戦後は、近衛をはじめ出自を知る人たちは自殺したり、華族制度の廃止の末に没落したため「真実を指摘する声」を封じることができた

・そして何よりも、戦後、GHQの力を借りて本物の皇統である北朝宮家を放逐したこと

笑いが止まらなかったかもしれません。

明治から3代にして易姓革命は完遂したことになります。

 

Sponsored Link



 

天皇の錬金術 戦争災禍のたびに増える隠し資産

戦争により、たくさんの国民の命が犠牲になり、国土は焦土となり、植民地を失い、戦後も飢餓状態が続いていました。

奇跡の復興を成し遂げましたが、復興したのは、もともと優秀な民族だったからであり、偉大な天皇のおかげ、ではないと思います。

むしろちゃんとした、皇統の末裔が天皇となっていれば、あれだけの災禍には発展しなかったでしょう。植民地を手放す運命にあったかもしれませんが、その場合でも、最小限に抑えながら、次代時代に合わせて脱皮しながら発展していったと思います。

明治、昭和と、偉大な大帝のもと国が発展したのではなく、偉大なのは日本国民、日本民族であり、天皇は関係ないばかりではなく、国と国民を裏切りつづけ、国際金融同盟に通じながら、栄えてきた国を何度も破たんさせた災禍をもたらした存在だった可能性もあります。

 

『日本の本当の黒幕』鬼塚英昭

アメリカは公式には日本の石油の輸出を禁止した。しかし、アメリカ国籍の船、または日本国籍の船によるものが禁止されただけであった。あの太平洋戦争中も密ルートでアメリカの石油、重要な原料(タングステン、四塩化エチル等)が日本に送られた。

これが戦争の本当の姿なのだ。昭和天皇はこのからくりを知っていたが、近衛首相や木戸幸一内大臣に秘密にしていた。

あの国際赤十字のシステムは、戦傷者をすくうためではない。国際金融同盟の連中が、商売(=戦争)をスムーズに長きにわたって続けるために作られたものである。太平洋の委任統治諸島でひそかに石油や重要物資が日本の赤十字の船に写される。この船は攻撃できないという国際条約ができているので、安心して石油や重要物資を日本は購入できた。

 

では、あの大戦中、その莫大な支払代金はどうしたのか、という問題が出てくる。この代金の主なものは、アジア支配の途中で略奪した、金、銀、プラチナなどの貴金属である。その一部は日本に持ち帰り(赤十字のマークを付けた船で)、マルフクという金貨に鋳造する。これを現地に送り、食料など必要物資の現地での購入に充てる。残りの金塊や宝石類は、スイスの国際決済銀行(BIS)に送る。ここで貴金属をドルまたはスイス・フランにし、迂回経路で必要物資の支払いにあてる。のこったドルやスイスフランは、国際決済銀行か、同一系統のスイス国立銀行の秘密口座に入っていく。

かくて、戦争が長引けば長引くほどに天皇一族と、秘密裏に天皇一族を支えた財閥の資産は天文学的に増えていった。

近衛文麿首相は幾度も天皇に戦争の中止を訴えた。天皇一族は日清戦争、日露戦争を通じて、多額の賠償金を得て、その一部をスイスの銀行に入れることで逆に彼らから弱みを握られた。

ルーズベルトは借金漬けで弱みを握られていた。チャーチルしかり、スターリンは過去の悪行のほぼ全データを握られ、彼ら国際資本家たちを”ご主人様”と呼んでいた。フルシチョフ元首相の『フルシチョフ回想録』にそのことが克明に描かれている。明治、大正と続く皇室のスキャンダルを彼らはすべて記録してた。スイスの秘密口座もスキャンダルの種になりえた。

ここに、近衛首相の忠告を無視して太平洋戦争に突入しなけらばならなかった日本の悲劇の源がある。

この国際決済銀行を舞台にして、戦争は続けられたのである。日本銀行と横浜正金銀行の大株主は天皇だった。天皇派、2人の役員(それ以外に事務局員たちも)をこの国際決済技巧の『国際金融同盟』に書かれている。

以上

 

この国際決済銀行を舞台にして、戦争は続けられたのである。日本銀行と横浜正金銀行の大株主は天皇だった。天皇派、2人の役員(それ以外に事務局員たちも)をこの国際決済銀行の『国際金融同盟』に書かれている。

正田美智子の両親の仲人をしたといわれているのが、横浜正金銀行の頭取だったはずです。

株式会社横浜正金銀行

この銀行は頭取に怪しい人が多い

 

二代目頭取 白洲退蔵、

白洲次郎の祖父

こちらののっぺりした東アジアの顔から、「鼻高さん」の息子や、外人にしか見えない孫が生まれたのが不思議。

12代目頭取 児玉謙次

正田栄三郎と正田富美夫妻の仲人

高等商業学校附属外国語学校(のちの東京外国語学校)を経て、1892年高等商業学校(一橋大学の前身)卒。
会計検査院に勤務し、1893年横浜正金銀行(のちの東京銀行)入行。1922年同頭取。 大蔵省顧問、中支那振興株式会社総裁、貴族院議員などを歴任。1945年終戦連絡事務局総裁。1946年5月14日、貴族院議員を辞職した。(wikiより)

 

コメント欄より

Hiromiさま、貴重な考察をありがとうございます。 横浜正金銀行ですか。 白州父さんより数十年後ですが、12代目頭取の児玉謙次が児玉誉士夫の児玉機関の人で(上海に行ってた人です) 冨美と正田家の仲人をした人です。 このあたりの人脈は密に繋がっているのですね。 肌寒くなってきます。 猫に癒されます。

(以上)

 

wikiには、児玉氏の出身地が書いてませんねー。出自がばれるから消したのかな。どこなんでしょ。

正田富美は謎の人物で、明らかに工作員であり、容姿や言動をみるに日本人ではなかったですね。戸籍があったかどうかも不明な人でした。

【皇室】正田富美の美容院、美智子の美容院

 

代々江戸時代から醤油製造をしていたこと、敷地に白山信仰のあとがあること、所在地、などから、正田家が被差別民であったことは事実です。

※正田の検証はこちらが詳しいです

もちろん、今は江戸時代の階級からは解放されており、被差別部落出資であることは無意味なことです。

しかしながら、身分のやかましかった時代に、周囲から反対があったにもかかわらず、昭和天皇は「皇太子が気に入っていれば」という理由で、正田美智子の皇太子妃を認めてました。

正田の出自は問題にならないとしても、犯罪性の高さ、異教徒であることなどからみて、まともな時代ならお妃どころか女官にすらなれない身分だった正田美智子を受け入れざるを得ない事情があったのかもしれません。

また、昭和天皇の末弟の三笠宮も、三男の妃に中国人クエーカー教徒であったであろう貞明皇后=朱貞明の親族である鳥取久子を選んでいます。久子は美人とも言えず、若いとも言えず、婚約者が他にもいた男性との交際歴もあったであろう女性で、赤い長老といわれた三笠宮が、これも、「断れない筋」からの依頼だったからではないでしょうか。

なんとなくですが、天皇家の上にたち、指示する「何か」があるような気がします。

 

軽井沢の怪

話はそれますが、軽井沢は堤康次郎が開拓した土地でした。

明仁皇太子が、正田美智子と「出会った」のは軽井沢のテニスコートであり、それ以後、明仁一家のブランドを取り入れて軽井沢のブランドが確立しました。

軽井沢は、戦中、京都と同じく、軽井沢は絶対に空爆に会わない土地として日本の最上の支配者には知れていたらしく、戦争末期に「原爆でも絶えられるシェルターをつくれ」との無理難題を言うテイメイを、天皇は軽井沢に疎開させることを考えます。

このテイメイの発言によって、原爆が落とされることを、天皇たちは知っていたことになるのですが、こちらは、後日触れたいと思います。

 

正田美智子(複数いますが)は、堤康次郎の落胤、そして落胤に似た女性のチームと思われますが、

美智子様の影武者⑤堤家と皇室

 

昭和天皇は、被差別民だった正田家や、堤・富美の、朝鮮系工作員たちとは、明仁皇太子妃候補云々以前からの、切るに切れないつながりがあったんでしょうね。

主に結婚は同種で引き合います。

テイメイ、美智子、雅子、と、皇太子妃となる女性の出自が、ことごとく、いかがわしいというのがね、、、。

極めつけは、小室圭。これで、眞子さまも秋篠宮家も偽物だとばれてしまいました。

小室のようないかがわしい男と、筆頭宮家の長女が釣り合うということは?

という疑問から、大室からはじまった皇統が偽物だということ、小室圭と同じ似たような出自からきたこと、といった巨大な嘘が、小室をきっかけにバレはじめました。

 

正直、国民を思い、国民とともに生き、慈悲深くて清貧で海外からの評判もたかく世界中から尊敬されている「神のごとき天皇家」のフィクションにはうんざりです。

多少俗物的でもいいので、本物の旧宮家の中から適性のある方を皇位に戻すべきです。

 

海のトモダチに会いに行く犬

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link

お願い

コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※メールアドレス欄は無記入でもコメントができる設定になっております。

16 件のコメント

  • こんばんは、更新有難うございます。

    「日本の支配構造」というグラフを添付したかったのですが、機械音痴で遅れませんトホホ…すみません。皇室全般掲示板で貰ったと思うのですが、政治家政府の系図で出来てます。児玉、岸、巣鴨プリズンA級戦犯釈放組等、山口の田布施グレープ、薩摩の田布施グレープ等が載ってます。維新の支援をした英ロス茶側と米のロック側まで、申し訳ない🙇hitomi様見つけて頂けると有りがたいです。

    hitomi様同意です。本物の旧宮家に戻して貰いたいです。

    • ありがとうございます。
      ちょっと探してみます。
      しかし、ここまで黒いとは思いませんでしたね。
      日本人は何を見ていたのでしょう。実物の皇族では無かったと思います。

  • 管理人様

    ミステリー解体の記事連投、ありがとうございます。

    ………そうした「上」(あえてカギかっこをつけます)の集団にとって、日本国民はカモなんでしょうか、餌なんでしょうか、資源なんでしょうか?

    私の身内には、シベリア抑留経験者(帰国後まもなく亡くなりました)がいます。大陸にいた日本軍軍人達が、終戦後日本に送還されるところを「上」の「口利き」で「労働力」として旧ソ連に差し出され、さらに何年も辛酸をなめさせられ、辛うじて生き残った人達がやっとのことで日本の土を踏むことがかないましたが、家族・親戚も含めて日本は大打撃を受け、ボロボロにされていました。

    旧「植民地」領土からの難民となった方々についても、あまりに痛ましい出来事の数々は枚挙にいとまがありません。

    戦後の背乗りや特定勢力の法を超えた優遇、正規雇用の破壊と並行した社会保障にかけられるべき資金や税金、義援金までからもピンハネした怪しい国外送金、日航機墜落事件やプ●・エン●●ル事件ほかの真相が明らかにされない事件の数々。

    いい加減にしろ、と言いたいです。(怒)

    そしていくらマスコミを使って皇室やその周辺をアイドル(苦笑)か聖人のように持ち上げても、国民の実体験とかけ離れていますからね。「愛の対極は無関心」になっています。

    更に、いくら権力・金力・暴力を行使しても、税金で行かせてもらった留学先で乱交状態(ご本人だけでなく日本国のしかるべき立場にある者としての品位も下げ)、飼い犬の前脚で国民に「お手振り」したり、外国語も日本語も教養も常識も水準に達せず公務で使い物にならなかったり(被災者ほか、対応させられた人にとんでもない嫌がらせやワガママを言うという話も伝えられています)、それで公務をさぼって豪遊の時だけは元気になったり(費用は税金から)、ティアラ(宝冠)の数々をはじめ国有財産である皇室の御物を横流ししたり、患者や障害児に適切な治療を受けさせなかったり、カンボジアに逃げた元暴力団組長との情事映像を流されたりするような、「いくら何でも、これはないわー(絶句)」という不祥事の数々はまかり通りません。批判を当事者・関係者の目や耳に入らないようにすること位しかできないんじゃないでしょうか。

    替え玉、すり替わりもいい加減ばれてるし(しかも劣化がひどい)。

    イル美ちゃん達の目論見は、「あちこちで絞るだけ絞り取ったら、あとは各国民の世論を王室廃止にもっていって、伝統や社会を壊すだけ壊して、さっさと人間牧場へ移行w」というお話ですけど、ここまでポンコツなシナリオと展開で実現すると、本気で思っているんでしょうか?

    歴史家の塩野七生氏が著作内で「国民は、自分達にふさわしい指導者しか持つことができない」という言葉を紹介していましたが、ふさわしくない指導者層や「上」の場合はどうなるんでしょうね?(これ、滅多にお目にかかれない事態。)時代が変わり、様々な枠組みが変化・消滅して、それまでの強制力が崩壊していっている現在、功罪と賠償などの清算後、極刑にならない場合はさっさと「起源の地」「元居た所」にお引き取り願いたいものです。今までの所業から、日本にも日本人にもこれ以上関わらないほうが、お互いのためになるとすら思えてしまいます。

    怒りのあまりかなり過激なことを書いてしまいましたが、こう思うのは私だけではないとも思っています。
    旧宮家だけでなく、見直しや復活の必要な物事が多々あるかもしれません(国民を下に敷いて利用するというものではなく、よく生きられることを前提にする形のもので)。

    • >「愛の対極は無関心」になっています。

      日本人にとっての皇室がこうなりつつありますね。
      偽真子と小室のグロテスクな会見、勝手に退位する天皇、醜い下品な「次期」皇后、、、、
      大室から続いていた芝居がガタガタになりつつあります。
      戦前は田布施・クリスチャン、戦後はCIA・朝鮮系工作員、平成は創価・北朝鮮、次々替わってきましたが、変るたびに劣化してきましたね。
      そろそろ神威を発揮して、ブーメラン炸裂してほしいですね。

  • 全く同感です。

    先ずは旧宮家の復活で正しい血筋のDNA鑑定を徹底して、宮内庁皇室を浄化して正しい血筋の天皇を継承させるのが日本の命運も建て直すことに繋がっていくのだと思います。

    正しい血筋の天皇に戻す事が必要ですね。

    Wikipediaで伏見宮家を検索すると、旧宮家も明治天皇も伏見宮家に繋がっている、DNA鑑定をしっかりして明治天皇が大室寅之助と言う説があるので疑惑の払拭をすれば、国民の信頼を取り戻せるし、もし偽者ならば正しい血筋の旧宮家の中で相応しい方に天皇陛下になって頂きたいですね。

    • DNA検査は簡単ですから、実施するのに問題ないと思いますね。
      皇族の特権や継承は男系による相続ですから、検査はやってほしいですね。

  • いつも勉強させて頂いております。ありがとうございます。
    皇室の化けの皮が剥がれるまでは、明治神宮、武蔵野御陵、皇居がお散歩コースでした。でも、国民を馬鹿にし続ける偽皇族とわかった今、もう行きません。
    靖国神社は2回しか参拝していませんので、これからは頻繁に靖国神社に足を運びます。
    大室らが皇室を乗っ取った以前よりも前に、そういう状況から正統に戻ったそうですが、お時間がある時に、まとめて頂けますと嬉しいです。
    でれでれ草様の記事はとても分かりやすく、共感できますので。宜しくお願い致します。

    皇室画像掲示板は、未だに洗脳されてる保守がいることに驚きました。先日のことです。
    明らかに工作員ではなく、保守でした。まるで、パチンコ依存症と変わらない年配者でした。
    そういう洗脳された保守って、早かれ遅かれ背乗りされるんでしょうね。もう今は、戦隊ものの善と悪のようにハッキリとわかる中、美智子も雅子も以下工作員らは正体を隠そうともしていません。
    それでも反日の思うままになっているのは解っていると開き直っていた保守、こういう柔軟性のない年配者が伏見様やでれでれ草様の読者様にいないことを、願います。

    • 応援ありがとうございます。

      >美智子も雅子も以下工作員らは正体を隠そうともしていません

      最近は偽装することすらしなくなってきましたね。
      舐めきっているんでしょう。
      神威発動し、神風をピンポイントに起こして元の艦隊を沈めたように、沈めていただきたいです。

  • 管理人様

    日々お忙しい中、数々の疑念をブログにて発信してくださりありがとうございます。
    いつも驚きながらも妙に納得してしまいます。

    戦争によって偽天皇家が資産を増やし、邪魔な日本民族を消していたと…。
    私は高校生の時に、特攻隊の方々の遺書をみて大変驚いたのです。
    現代の平均的な我々の何十倍も優秀であろう文面、丁寧な文字。写真でみるお顔も優秀な上に人格者でもあるのだろうと感じました。
    日本の将来を考えたら言い方は悪いですが、もう少し頭や育ちの悪い年長者を特攻に使うのではないかと、昔から疑問に思っていました。

    今回の記事で「あぁ、優秀な若者がいすぎると困るから減らしておきたかったのかな」と感じました。きっと戦後、天皇家の邪魔になるはず。
    やり方はずっとずっと乗っ取られてから同じなのですね。
    ですが、私の様なアンポンタンな人間でも手軽に自ら情報や学習ができる時代になりました。
    眞子さまご婚約でも国民が大反対し相手の何が不服なのかとの声がダイレクトに伝わる時代になってますね。
    日本人が賢さを取り戻せば無敵な気がします。
    元の皇統に戻すべき事も多くの国民が気づき伝えていかなければなりませんね。

    • >今回の記事で「あぁ、優秀な若者がいすぎると困るから減らしておきたかったのかな」と感じました。きっと戦後、天皇家の邪魔になるはず。

      真央ちゃんだけではなく、政治家も実業家も、結局日本のために頑張る人は評価されない仕組みになっていますね。
      評価されないどころか、小渕首相や中川議員のように、消されてしまうケースがもあります。
      だんだん、国民がそれに気が付いているのが救いです。

  • 先の大戦が、本当に天皇の私腹を肥やすために行われたのなら、日本の将来のためにと散って行った多くの英霊たちが浮ばれません。
    彼らこそ本物の日本人ではなかったでしょうか。
    なんと酷い事でしょうか。
    これが本当なら許せません。

    • >日本の将来のためにと散って行った多くの英霊たちが浮ばれません。彼らこそ本物の日本人ではなかったでしょうか。

      国を支えてきた柱は、偽りの天皇皇族ではなく、心から国のためにとおもって散っていかれた英霊たちこそ、国をささえる神の柱だったと思います。

  • でれでれ様、こんにちは。
    昭和天皇は信じていたかったです。うちの祖父は非常に尊敬しておりましたし、、。
    しかしながら、最近の偽皇族や小室の酷さ陳腐さ、小和田スイス拘束でバレた天皇家の隠し財産、、。日本国民を殺したり搾取したりまた日本郵船や商船三井等と組んで売春ビジネスで儲けた話も何かで読み、この人たちってただの守銭奴一族で善良で誠実な日本国民をダシにして寄生している吸血鬼みたいな存在だったのか、悪魔みたいな一族を現人神等と拝まされ、日本国民のお人好し優しさ加減には愕然とします。
    高齢の方は覚醒は難しいでしょうが、若い人ほど古い刷り込みからは自由です。
    京都御所におわした皇統にお帰り頂き、日本の繁栄と平安を祈る元の姿に戻したいです。

    • >昭和天皇は信じていたかったです。うちの祖父は非常に尊敬しておりましたし、、。

      管理人も信じていたかったです。
      悪いのは、戦後皇室に乗り込み破壊した美智子や雅子だったと思いたいのですが、現実は苛酷ですね。
      江戸時代のほうが、人間の住む文明社会として、発達した社会だったと思います。

  • derederegusa さま

    23日は、トーグーナルさんの誕生日会見と、トーグーヒと愛子ナイシンノーデンカの動画(無音の)が出されました。

    トーグーナルさんの服装、昨年と同じに見えます。もしかしてバーチャル?かもしれないと疑ってます。

    愛子ナイシンノーデンカは、ガタイのよいよく似ているニセモノだし。

    トーグーヒマタコさんは、少し痩せたみたいに見えますね。
    生活習慣病の心配をしてもよいお歳ですわねー!

    「皇太子 誕生日 画像」で検索してみると、毎年似たような画像ばかりで、つまりませんわ。
    たぶん、印象操作するためなのでしょうね。品のない三人だこと。

    最近、コータイシあげあげの記事が目立ってきたように思います。
    即位の礼が近づいてくるからでしょうが…気分が悪くなります。

    寄せ集め(?)でも、秋篠宮家の一家お揃いの画像は、昭和天皇の時代の雰囲気を踏襲なさっていると思いますね。

    本物にお帰りいただきたいです。

    そして、一日も早く、正統な皇統に繋がる男系男子の御方に、皇族復帰をしていただきたいと思います。

    祭祀こそ祭祀王のやるべきこと。
    発表されたコータイシの文書は、空疎でした。

    公務ともいえない鑑賞にうつつを抜かしているトーグーとトーグーヒには、天誅が降る…そんな予感がします。

    • >公務ともいえない鑑賞にうつつを抜かしているトーグーとトーグーヒには、天誅が降る…そんな予感がします。

      皇統は偽皇統だわ、徳仁の実父は一般人だわ、さらに今は徳仁の偽物だわで、3重に偽物ですからね。
      天がどうさばくのか、興味津々です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。