※人気ブログランキングに参加しています

皇室外交|皇太子のフランス訪問➃ラフすぎる晩餐会

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

ベルサイユ宮殿にて大統領主催の晩餐会

晩餐会といいながら、儀仗兵が仰々しすぎる反面、大統領とナルちゃんの身なりとオーラが、あまりに日常過ぎませんか、

パリ近郊のベルサイユ宮殿で、マクロン大統領の出迎えを受ける皇太子さま=2018年9月12日午後6時33分、嶋田達也撮影

https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180913000578.html

フランス訪問中の皇太子さまは12日夜(日本時間13日未明)、パリ郊外のベルサイユ宮殿でマクロン大統領夫妻主催の晩餐(ばんさん)会に出席した。大統領がスピーチで西日本豪雨や北海道の地震に触れ、「フランスは喜びも悲しみも常に日本の方々と共にしている」と語ると、皇太子さまは「親愛と連帯の情に大変心を打たれました」と応じた

 

Sponsored Link



 

ナルちゃんの栄典wikiより

フランスからのものはないんですね。というか、勲章をつけるつけない云々という前に、本当に、皇太子を迎えるフランス大統領の晩餐会にふさわしいものだったのでしょうか、、、。

テーブルの花もふくめて、妙に、ショボイ気がします。気のせいでしょうか。

文化大国、欧州のソフトパワーの家元であるフランスの大統領晩餐会。それにしては、テーブルの花がショボい気がしますが、、。

空きビンに適当に積んできた花をいけたかのようなアレンジ。こういうアレンジがはやってるんでしょうか。料理は、どんなものが出たんだろう。

「君主のいない国の国家元首」と「君主や王族」の組み合わせの晩餐会では、サッシュをつけない事が多いんですが、迎えるのが皇太子であっても、それなりに、接待する側に対して格式が問われると思うんですけど。

 

オランド大統領をむかえての晩餐会

それぞれの夫人は、サッシュもティアラもしてないんですが、国家元首を迎えての晩餐会だと違ってくるんでしょうかね。

 

アメリカ訪問時の晩餐会

ホワイトタイというんでしょうか。一番格式の高い服装だったと思います。

オバマ大統領来日。ネクタイは黒ですが、明仁さんは偽物ですが、それでも、国家元首同士の晩餐会らしいものになっています。

 

こちらが、大統領主催の晩餐会。周囲の人たちの表情から見て、歓迎されてない感がありありと伝わってきて、違和感ありまくりなんですが、こんなものでしょうか。

 

2014年06月 スイス、夕食会

テーブルにはガーベラ2本、関心ないわ、といわんばかりの女性政治家。このときの待遇もたいがいでしたが、、

秋篠宮夫妻を迎えての昼食会 チリ

しかし今後、宮中晩さん会にて、ナルちゃんがサッシュしてくるかどうか、注目したいと思います。

 

コメント欄より

でれでれ様、お久しぶりです。

ごめんなさい、私この少女の発言「カツラだ!」って意味だと思いました…(笑)

皇太子さま「王冠、持ってくれば良かったね」園児に笑顔

http://news.livedoor.com/article/detail/15277948/

皇太子さまは7日、政府専用機でフランス南東部のリヨンに到着した。

日仏友好160周年を記念した訪問。8日はリヨン近郊で、日本国籍を持つ現地の子どもが通う「リヨン補習授業校」を訪れ、子どもたちと交流した。

補習校には幼稚園児から中学生までの120人が在籍。

視察を終えて学校を出る際、見送りに出たバイウ江美里ちゃん(4)が「頭が違う」と指摘。

周囲の先生らが「王冠がないからでは」と言うと、皇太子さまは「ああ、持ってくれば良かったね」と笑顔で返し、和やかな雰囲気に包まれた。(リヨン=中田絢子)

転載以上

 

それはさておき、皇室ウォッチ歴が長くないので、こういうケース普通にあったら申し訳ないのですが

このご時世にこのような形で一般人(しかも子供)が実名報道されるって、どういうことなんでしょうか…。

犯罪者だって未成年の場合は実名報道されないのに。報道されるのは被害者か、相手が子役など既に名前を出してる場合のみだと思ってました。

例えば被災地に天皇皇后両陛下が訪問、とかのニュースの際に子供でも普通に実名報道されてたらすみません。

以上

 

ありがとうございました。

実名報道は、少女とそのご家族に対する警告かもしれませんね。

やはり、相当、ヤバいことを、少女は言ってしまったのだと思います。

これが、フランスに行った偽ナルの素顔カナ、、、と。

事前に、ナルの写真を見ていると、純真な子供は、「違う」といってしまうほど、未修整のナルは、別人なんでしょう。

コメント欄でもご指摘いただいてますが、今回ナルを迎えるフランス人が、妙に服装がラフすぎ、対応が粗末すぎ、そして、迷惑そうなのが気になります。

ナルちゃん、イルミの帝王・ロス茶さんの地元でこれですから、即位できないんじゃないでしょうか。

 

悪気があってのことではない

◆人気ブログランキングに参加しています


人気ブログランキング
Sponsored Link
Sponsored Link

お願い

※コメント欄にいただいたコメントは、記事に転載させていただくこともありますので、ご了承ください。非公開、転載不可の場合はあらかじめ、その旨お伝えください。

※諸事情により、メールアドレスのご記入をお願いすることにしました。ご了承ください。

4 件のコメント

  • 私も、ベルサイユ宮殿での晩さん会、
    単なるビジネススーツではラフだと
    思いました。

    王族なしの晩さん会ではあっても、
    ブラックタイ(ディナージャケット:タキシード)に
    するべきだったと思いました。

    日仏友好160周年で、パリではいろいろな
    日本文化のイベントや展覧会が行われていますg、
    この場合は、秋篠宮殿下、又は高円宮妃殿下でも
    良かったのではないでしょうか。

  • 今度のフランス公務でのあつかいがあまりにひどくて、ナルちゃん、即位できないんじゃないかと思ってしまいますね。
    もう、水面下では廃退しか薨去の公表がきまってるのかも、と期待してます。

  • マスコミの記事の内容と、実際のナルちゃんの待遇に差がありすぎるのが、痛いですね。
    ファシズムってこういうものなのかもしれませんね。

  • 初めまして。
    フランスに住んでいます。
    私自身は今回の訪問のことはテレビ等のメディアでは一切見かけませんでした。
    日本人のfacebookやブログで見た程度で
    相当小さい扱いなのかなと思うのと同時に不思議だったのが、
    全て事後に知りました。
    今ジャポニズムのイベントが盛んなので、
    イルミネーションとか香取慎吾さんが来るとか
    色々事前に分かるのに…
    皇族だから扱い違うんですかね?
    もしくは直前まで決まってなかったから?

    あと、ヴェルサイユのお料理を担当したのはジョエルロブショングループ、しかもトップシェフ(MOFという、国が認めた最高クラス)が行きました。
    何が振る舞われたかは分からないですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です