※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

饗宴の儀⑧海外の王族2

Sponsored Link

※饗宴の儀⑦からの続きです。

ブルネイ

ブルネイ王 自国のサッシュ。大勲位菊花大綬章の副章。

王太子 自国のサッシュ

ブルネイの王様、大勲位菊花章頸飾を贈与されてますね。

 

ブルネイの王様

 

王子様のペットは虎

中東の王族らしきお金持ちのインスタなんかでは、ライオンとか虎とか、大型猫科を普通にペットにしているご様子が投稿されますね。

いいなあ。

 
 

Sponsored Link




 
 

カンボジア

ノロドム・シハモニ国王  サッシュなし、勲章なし、

ノロドム アルンラスミー サッシュなし

ノロドム アルンラスミー(クメール語:នរោត្តមអរុណរស្មី; 1955年10月2日生まれ)

※英語版をグーグル翻訳にかけました。

ノロドムシアヌーク国王の父娘であり、ノロドムモニーニートシアヌーク女王の継娘であるカンボジア王室の政治家および外交官。

彼女の誕生の母は、ラオスのビエンチャンで生まれたラオスの女性マム・マニヴァン・パニボンです。

1949年にシアヌーク王と結婚しました。彼女は1955年10月2日にプノンペンで生まれました。カンボジアのペン、そしてケップ州のマーター・デイと呼ばれるローマ・カトリック寄宿学校の中等学校に通っていました。彼女はクメール語、ラオス語、タイ語、フランス語、英語に堪能です。

彼女は2008年のカンボジア議会選挙のフンシンペック候補に選ばれ[1]、2005年から2018年にかけてマレーシアのカンボジア大使になり、その後ノロドムシハモニ国王によって上院に指名されました。[2]

同伴された女性は、異母妹なのかな。サッシュらしきものをかけているように見えますが、

ノロドム アルンラスミー

この中には、紫色のものがなさげです。

カンボジアのサッシュをもっているはずなんですが、、あれれ?

※続きます。

 

Sponsored Link
Sponsored Link