≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


デトックス|シェディング、フルボ酸は酸化グラフェンの解毒剤

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

酸化グラフェンの解毒剤

※デトックスに繋がりそうな情報を転載させていただきますが、リンク元の情報を確認の上、自己責任でお願いします。

シェディングとは

「コロナワクチン接種者から何らかの病原物質が出ていて周囲の人がその悪影響を受ける」現象のこと。

 

ワクチン接種者から出ている病理物質は放射能?

ナカムラクリニック様より転載

https://note.com/nakamuraclinic/n/n282f196dafbf

デルガド博士
「グラフェンには増幅作用があって、非電離放射線を電離放射線に近い状態にします。だからこそ、ガイガーカウンターで計測できるわけです。意味が分かりますか?(中略)ガイガーカウンターが反応するということは、接種者の体内から電離放射線が出ていると解釈するより他ありません。

実際、ワクチン接種者に生じる息苦しさなどのコロナ様症状は、急性放射線症候群(acute irradiation syndrome)とよく似ています

※一部転載

 

 

フルボ酸

フルボ酸は酸化グラフェンの解毒剤

ナカムラクリニック様より転載

https://note.com/nakamuraclinic/n/nac51de1447e2

※一部抜粋

今回はフルボ酸について紹介しよう。以下、フルボ酸に混じってフミン酸という言葉も出てくるが、ざっくり、フミン酸はフルボ酸と同じと考えてもらってもいい。化学的な性質として、フミン酸はpH2以上で水溶性になりフルボ酸はどんなpHでも水溶性を示すとか、そういう細かい違いはあるけれども、本質ではない。どちらも、ミミズが住んでるような豊かな土壌の成分、という認識でいい。

フルボ酸が酸化グラフェンの毒性を緩和するという主旨の論文は数多い。

植物を使った実験で、グラフェンには植物毒性があることが確認されている。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24857237/

一部転載

 

実験

ナカムラクリニック様より転載

https://note.com/nakamuraclinic/n/nac51de1447e2

※一部抜粋

前回、フルボ酸が妊孕性を高める可能性について触れた。これについて、たとえばこういう実験がある。

https://inis.iaea.org/search/search.aspx?orig_q=RN:37045650

ネズミに2種類の用量のフミン酸(150mg or 300mg/kg)を与える。妊娠1日目から13日目までの毎日投与し、フミン酸の最終投与から1時間後に放射線(2.5Gy)を照射する。

すると、150mg/kgのフミン酸を投与した群では、胎児の数や胎盤重量が増加し、胎児の計測値も増加していた。これはフミン酸の放射線防御効果を示すものである。一方、高用量(300 mg/kg)投与群では、放射線に対する保護作用が見られなかった。

過ぎたるは及ばざるがごとしで、フルボ酸は飲み過ぎると効果を失う、ということだ。しかし現実的には、過剰摂取の心配はほとんどない。

 

 

シェディング対策として、効果を感じたのはフルボ酸です

ナカムラクリニックさまより転載

https://note.com/nakamuraclinic/n/n282f196dafbf

30代女性

「看護師をしています。職場でワクチンを打ってないのは、私だけです。婦人科病棟に勤務していて、コロナワクチンを希望する患者に接種することもあります。

それで実際に経験したのですが、接種から2週間以内くらいの人のそばにいると、私、ものすごく気分が悪くなります。3分くらいそばにいると、まず肩が張ってきます。頭が痛くなって、夕方には下痢と吐き気、めまいが出てきます

シェディング。明らかにありますよ。勘違いっていうレベルではありません。

ひどいときは、顔にヘルペスが出てきます。もともとヘルペス持ちではあります。でもいつもは年に1、2回出る程度でしたが、最近はその頻度が普通じゃありません。打った直後の人に会うたびに、必ずと言っていいほど症状が出ます。顔の痛みだけでなく、体の表面がぴりぴりする感覚もあります。

(中略)

シェディング対策として、効果を感じたのはフルボ酸です。飲むと飲まないとでは、シェディングによる体調不良の具合が全然違ってきます。ここでいただいたフルボ酸がきれたので、でも予約もとれなかったので、自分でシラジットを買いました。シラジットでもけっこう代用できました。やはりミネラル、大事ですね」

※一部転載

 

シェディングがきつい人、出ない人

ナカムラクリニックさまより転載

https://note.com/nakamuraclinic/n/n282f196dafbf

30代女性

電車通勤ですが、女性専用車両のほうがシェディングがきついことに気づきました。明らかに、女性専用車両に乗ってるほうがしんどいんです。なぜかは分かりません。女性のほうがワクチンの副反応の発生率が高いですが、そのことと関係しているかもしれません。

 

ナカムラクリニックさまより転載

https://note.com/nakamuraclinic/n/nd445b7e5d94b

50代男性

「鍼灸と整体の仕事をしています。自分の体のメンテナンスには日々気を付けていて、人並み以上に健康なつもりです。ところが今年の6月7月頃から、施術後に体調がおかしくなることが増えてきました。『気のせい』というレベルではありません。ひどいときには3、4日寝込んだこともあります。

中略

不思議なんですが、明らかにワクチンを打ったはずなのに、まったくシェディングしていない人がいます。プラセボバイアルを引いたラッキーな人だった可能性もありますが、話を聞いてみると、接種後の副反応はしっかり出ていることもあって、どうもプラセボではない。しかし、それにもかかわらず、シェディングしない。不思議です。あくまで私の印象ですが、お酒を飲む人、タバコを吸う人、30歳代以下の若者では、シェディングの影響を感じないことが多いです。

 

転載以上

 

ほとんどギャグ「酸化グラフィン をマスクに塗布しコロナウイルスを分解」

 

キャスター「マスクや、フィルターなど、抗菌製品の応用が期待されます」

抗菌作用の商品はもしかして、酸化グラフィンかもしれませんね。

※デトックスに繋がりそうな情報を転載させていただきますが、リンク元の情報を確認の上、自己責任でお願いします。

 

≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。