≪読者様へ≫

※当ブログは、既得権益に対して、ロックンロールな記事を書いてますので、過去に潰されたhatenaブログのときのように、ブログがアポーンさせられる可能性もあります。お手数ですが、連絡用ブログとツイッターのブックマークをお願いします。

※連絡用ブログ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


ネオリベのひろゆきは、「職業差別」を始めた

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧


Sponsored Link

Sponsored Link

ひろゆきは「職業差別」を始める

※転載します。

【ひろゆき「舞妓文化」を否定、「規制緩和」を主張する愚】

前から怪しいとは思っていましたがとうとう「馬脚」を現しましたね(爆)

ひろゆき「10代の子どもたちが学校にも行かないで飲み屋で大人と酒を飲む技術を上げていくってのは、あまりよろしくないと思うんですよね」・・10代の子が学校にも行かない?義務教育を立派に修了した子が「芸術専攻私塾」で教育を受ける権利を否定するわけ?憲法の「職業選択の自由」を否定するのか

【ひろゆきは「職業差別」をしている(怒)】

舞妓が御座敷で客にお酌をするのは踊りや芸事を披露した後の「接客業」としての「極めて限定的な一側面」に過ぎない。お前の祖国の「官製風俗妓生産業」と一緒にするな(怒)

【ひろゆきは未だに「日本文化」をマスターできていない(笑)】

「未成年が決めてるのが正しいってのは微妙なところなんですよ。要は16歳の子が“舞妓になりたい”って本気で言ってたとしても未成年の意思って周りの状況とか、親の状況によって結構流されてしまう」・・ひろゆきの「日本文化に無知無関心

ひりゆきの「愚論」は日本の国技「大相撲の否定」に繋がる】

昭和の大横綱、北の湖は13歳で相撲部屋に入門。中学校の校長は本人の資質に期待していたので「合法的」に卒業させた。平成の大横綱、貴乃花も小学生で入門。ひろゆきは「義務教育終了後」10代の青少年が職業に就く権利を否定している。

【挙句に「置屋」を廃止して「株式会社私立舞妓学園」を規制緩和で導入しようとしている】

ひろゆき「舞妓文化はもうちょっと緩くしてもいいと思いますけどね」と、語っていた」・・・読者の皆さん、「王城の地京都」の皆さんこれは決して「軽い発言」では有りません。

以上

 

ゴールポストを平気で動かすタイプの扇動者だよね

ひろゆき「10代の子どもたちが学校にも行かないで・・・・」「未成年が決めてるのが正しいってのは微妙なところなんですよ。要は16歳の子が“舞妓になりたい”って本気で言ってたとしても未成年の意思って周りの状況とか、親の状況によって結構流されてしまう」

学校に行かないことを選択した不登校の義務教育の子もいるし、義務教育を終了後、いろいろな職業について働いている子もいる。その中には、飲食店や接客業やシフトが夜間の仕事もあるだろうに・・・・・・。

そもそも、ひろゆきさんってさ、子役や10代の芸能人のことは、どう思ってるの?

語ってほしいねえ。