第二次世界大戦再び「旧大日本帝国vsアメリカ」

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ




公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。

①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


※影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧

※最近の皇室記事一覧

ご署名のお願い「健康保険証の交付義務の規定」の削除を反対

「旧大日本帝国vsアメリカ」再び

※こちらからの続きです

安倍氏暗殺後、東アジアはシラフになりました。それまでは、日中韓それぞれが反目しあうように誘導されていた結果、反日、反中、嫌韓がごちゃごちゃになってそれぞれの国の外交に影響を与えていました。

しかし、安倍氏暗殺後、安倍氏と統一教会との関係、統一教会とCIAの関係が広く認知されるにしたがって、「台湾」や、「慰安婦」などの問題とは、人為的に作られた劇場であり、アメリカが戦争ビジネスに利用しようとしていたことが認知されたからです。「ウクライナの次はうちらやったんや」と、東アジアは正気になりました。

その後、台湾の総統も、中国のキンペーちゃんも、「協調が大事や」という声明を出してます。韓国大統領も、「通貨スワップ再開」もさることながら、「有事における自衛隊の半島派遣してもらおう」と発言しており、これは、「もう一回大日本帝国になりたいんや」に匹敵する発言でもあります。

 

キンペーちゃんは、日中戦争ではなく日米戦争に備えている

人民服を着ることが多くなったキンペーちゃん。毛沢東の理想に回帰することを選択しました。

キンペーちゃんは、ウクライナ戦争前のロシアと同じく、米国債を売り払いドル売り金を買い続けています。

食糧の輸出を制限し、ワクチソで人民を間引いて食糧問題を解決しようとしています。実際、コロナ後、4億人が亡くなったそうです。ずいぶん前から、中国は人口の増大とともに、食料資源の輸出国から輸入国へ転換しました。今後、自足できるまで、まだまだ、理由をつけては間引いていくと思われ。

そして、政敵の江沢民派の本拠地の一つ上海などの大都市に対して、ロックダウンと称して城塞攻めを執拗に行いました。検査結果などどうでもなるPCRを使い陽性者を収容所に収監し、都市封鎖を行いました。

共産党大会では、胡錦涛をはじめとする改革派を党や政府の中枢から追放しました。

あらゆる次元から、改革派=江沢民派を梱包材のプチプチをプチプチつぶすようにプチプチつぶしています。パンデミックを理由に収容所をこしらえ、そこに万単位の人を収容していますが、収容されている人は果たして病人なのでしょうか。CIAやMI6の拠点を潰し、エージェントもプチプチプチプチと、梱包材のプチプチを潰すようにして、排除したのではあるまいか。

そして、外交のトップに、日本語ペラペラの王毅元駐日大使を置きました。

王毅元駐日大使は、政府の要人のお嬢さんに見初められて出世した方で、二番手の外語学校卒。この学校の卒業生は、ツアーのコンダクターがやっとという学校で、本来なら外交官はありえないそうです。しかし閨閥と人間社会における遊泳能力で日本大使になった人です。

どこの国もたいがいそうですが、大使のヒエラルキーのトップはイギリス大使、アメリカ大使です。そのなかで、年齢制限などの慣例を破ってまでも、王毅さんを外交トップに任命しました。異例の人事と言えます。

さらに日中で防衛ホットラインを設置し、偽旗作戦や、一部の軍人の暴走によるパールハーバーを封じました。

どうみても、キンペーちゃんは、日中戦争ではく、米中戦争を想定してると思うヨ。

そして日本はどうかというと、、、、

 

キッシー・宏池会もそうなのかな?

いい人オーラのキッシー、そのキッシーは、安倍ちゃんの置き土産の防衛費増大を、何が何でもやるらしい。

では、うちらの国は、いったいどこと戦う気なのかというと・・・・

キッシーの宏池会って、ナンバー2の林芳正外相はもとより、伝統的に親中なんですよね。宏池会は東大卒のエリートで世襲の議員が主力の派閥ですが、日本中枢にいたり政治家家業が長く続くと、アメリカさまの正体というか性根みたいなものがよくわかるわけです。一般国民は親米なんですが、これは広告や報道の影響が大きい。その報道も広告も、電通や読売などのCIAの下部組織によって検閲され操作されての結果です。

しかし、中枢にいる方々は、それとは違う形のアメリカさまが見えるわけです。ナチスドイツに代表されるような優生学的目線で見下し、日本の政治家や官僚をゴミのように扱い殺害してきた、冷酷無比な占領軍としてのアメリカさまです。そういう姿を嫌というほど見てきてるので、世襲や官僚出身の政治家だと、反米とまではいかなくとも嫌米になり、その結果、親中に傾くのは仕方ないですよね。

キッシーのツイッターのトップの画像は、今は替わってますが、外相時代のこの写真を使っていました。平和への思いが伝わってきます。

キッシーは、広島出身の世襲議員で、親族を原爆で亡くしてます。なので、キッシー政権の間は、日本は核を持つことはないでしょう。そのキッシーと宏池会が、何が何でも、防衛費増大にこだわるのは、日中戦争ではなく、日米戦争に備えてるのかな。それなら、腑に落ちるわ。

 

終戦じゃなかった停戦だった

1945年玉音放送「耐えがたきを耐え、忍び難きをしのび・・・・」

日中韓台は、戦前は、旧大日本帝国という枠でまとめられていました。日本は敗戦しましたが、天皇制も維持され、国家も民族も解体してません。ドイツもしかりです。ドイツは東西に分割されましたが、政権が交代しただけで、「ドイツ」は敗戦後も続いてました。

1945年、あれは、終戦ではなかったんですね。停戦だったのね。

で、いつのまにか、第二次世界大戦の続きが再開されてたのね。

アメリカさまがデフォルト寸前になっている今、キッシーと日本中枢は、今度こそ、勝つべきだと思ってるのかもしれない。

 

キンペーちゃん

どうでもいい話ですが、母親が美人であればあるほど、娘は父親に似るといいますが、キンペーちゃんのお嬢さん。キンペーちゃんのママに似てると思いませんか。

キンペーちゃんのお嬢さんの正確な写真は拾いづらいのですが、たぶん、クマのプーさんに似たかわいい顔をしてると思う。

 

ニセモノが天皇に即位?