※閲覧不能の場合は、移転前の「gooブログ・でれでれ草」へ https://blog.goo.ne.jp/derederegusa

「天皇陛下が初のお田植え」のナルちゃん

Sponsored Link

本日もお越しいただきありがとうございます。

なるちゃんのお田植え

天皇陛下が初のお田植え 上皇さまから受け継いだ苗

天皇陛下が即位後、初めて田植えをされました。 20日午後、天皇陛下は長袖シャツにズボン姿で長靴を履き、皇居内の水田でもち米の「マンゲツモチ」の苗20株を慎重な手つきで植えられました。その後、うるち米の「ニホンマサリ」の苗も植えられたということです。

以上

 

 

Sponsored Link



 

御田植のナルちゃん

もしかして、オムツしてる??オリジナルの、尿漏れしておむつをしていた徳仁1号でしょうか。あるいは、ナルちゃんの命式を受け継いでいるので、同じような病気になったダブルでしょうか。顔のパーツが、中央に寄り気味に見えます。

ナルちゃん、泌尿器系の疾患を持っている感満載でした。徳仁1号の顔のパーツは中央に寄っている、という風ではありませんでした。

2017年新年の行事を最後に見なくなりました。

 

5月1日のナルちゃん

午前と午後では、雅子もそうですが、身長が違いましたね。

シークレットブーツで、身長を調整してましたが。

靴の踵で調整してますが、午後のナルちゃんのほうが身長が低そうです。

 

ナルちゃんのおむつ

午前のナルちゃんが、おむつっぽい?

 

尿漏れしていた徳仁1号と、御田植のナルちゃん

アングルの関係で微妙にずれがあるんですが、腕の長さで合わせるようにしてます。

シークレットブーツを履いている可能性がある徳仁1号(左)、御田植の長靴のオムツっぽいナルちゃん(右)

アングルが違うので、ずれはあるのですが、、、、御田植のなるちゃん、午後の人ではなさそう。

ならべてみましょ。

 

お田植のナルちゃんの耳と頭蓋骨

受け口でないナルちゃん。

受け口のナルちゃん。

受け口っぽいナルちゃん。未修正だと思うんですね。しかし、顔色が悪い。

 

この、カツラをかぶっている人は、本物の愛子さんのお父さんでしょうね。頭蓋骨の形とか、よく似ています。この冬瓜系の頭蓋骨の雅子は、歯並びがマシな人ですね。徳仁1号だと思うんですね。

「園遊会 尿漏れ でれでれ草」の画像検索結果

園遊会で尿漏れしたナルちゃん

「園遊会 尿漏れ でれでれ草」の画像検索結果

色白の園遊会のナルちゃん、と、爽やかな土色の顔色の御田植のナルちゃん。鼻の形が微妙ですが、やつれ方が半端ないですが、耳は整形できるのですが、後頭部の形を見るに、同じ人にみえますが、修整カナ。

 

追記

こちら側の顔が、くずれてきます。

 

この人かな。即位を宣言した人。耳の位置が高いです。耳の位置の低い徳仁1号ではなさそう。

 

そして、何だろう、このナルちゃんは。頭蓋骨が、めちゃ長い。フランスに行った人に似ている。

 

この耳の付き方は、いったいなんだ。首の後ろに生えているかのよう。そして、この切って貼り付けたかのような顔。

 

御田植のナルちゃん

オリジナルにせよ、ダブルにせよ、なるちゃん、調子悪そう。サマになってませんね。身体をかばいながら、っていう感じ。病気を持っていそうです。

https://www.jiji.com/jc/p?id=20190520175542-0031505005

即位後初の田植えをされる天皇陛下=20日午後、皇居・生物学研究所脇の水田(宮内庁提供)【時事通信社】

 

仮に、このナルちゃんの土台の人が、親王扱いされてきたナルちゃんズの、最後の生き残りの徳仁1号だったとして、剣璽の儀や、御田植なんかの親王しかできない行事には、極力、本物あつかいされていた徳仁1号がでるのかな。でも、オリジナルが崩御したらどうするんでしょ。このあたりのケジメは、宮内庁はきっちりつけてくるのでしょうか。

もし、中の人も、ダブルであるなら、おむつをしているところを見ると、ナルちゃんの命数を引き継いだため、同じ病にかかったのかな。

 

愛子皇太子を急ぐ理由

即位の儀、大嘗祭までもちますかね、このナルちゃん。

やたら、次は愛子さんでいこう、女性宮家、女性天皇、愛子天皇キャンペーンが、苛烈になってきました。もしかしたら、ナルちゃんの体調が危機的な状態なのかもしれませんね。

美智子は、ご成婚したミッチ―2号が、おそらくは自殺した後、美人長身ミッチ―3号に変り、その後、平成の長耳ミッチーズに至ってますね。

※美智子様の影武者

大正天皇も2人確認できますね。

佐賀県の「田布施」出身の大隈に似た顔の天皇。脳病の天皇の代理を務めていたであろう、聡明な大正天皇。

山口県の「田布施」出身の大室に似たの天皇。明治天皇の実子であろう、脳病の大正天皇。

身長も違いますし、別人でしょう。

こうした、天皇の代理をつかったダブル制度は、維新以前からあったのかもしれませんが、それが今も継承され続けているようです。各皇族にそれぞれ、ダブルがいるのが確認できます。

大正天皇は、ある時期から、突然、一方的に天皇は脳病キャンペーンをはられて引退させられ、「崩御」しました。

想像ですが、オリジナルの脳病の天皇が崩御したため、聡明な大正天皇は、ある時期から毒を盛られて、しゃべれなくさせられ、強制的に引退させられたのではないか、と、想像してます。引退するよう勧告されたのでしょうが、大隈顔の大正天皇は、聡明だったため、拒んだ可能性があります。

明仁さんと美智子の場合は、あきらかに、ご成婚したカップルと、即位したカップルと、退位したカップルは違うのですが、美智子入内の背景にあるのが、日本を実質的に占領し支配しているとされる、アメリカグローバル派=CIA=アメリカのイルミ王のロックさん、だったから、例外的に可能だったのかな、、と。

でも、そのアメリカグローバル派=CIA=アメリカのイルミ王のロックさんも、トランプさんと大統領選を争ったヒラリーが落選したのをみると、斜陽になってきているようです。

だからこそ、CG疑惑のある「天皇のお言葉」の報道の後、特別法案をつかっての明仁さん退位、5月1日のイルミナティの創立記念日に創価朝鮮派のナルちゃん即位という、創価&朝鮮系イルミちゃん派のクーデターが通ったんじゃないでしょうか。

生前退位の発端となった「天皇のおことば」の映像が流れた後、美智子は「驚いた」とされてますから、退位は、予想外だったのだと思います。

 

仮に、剣璽の儀や、御田植、など、天皇しかできない行事にでてきているナルちゃんの土台の人が、オリジナルだったとして、オリジナルが亡くなったら、ダブルも引退するんでしょうか。宮内庁は、このあたりのケジメはつけてくれるのでしょうか。

あるいは、美智子のように、屋号化して「徳仁」をチームで、続けるのでしょうか。

天皇の運は、国運に影響するので、大いに気になります。

 

Sponsored Link
Sponsored Link