※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


皇室|天皇の相談役に風岡氏、五百旗頭真氏

Sponsored Link
影武者制度、タブーなど 皇室記事一覧はこちら

ナルちゃんの相談役に風岡氏、

ナルちゃん。日本の皇太子が、海外公務に行き、特定の宗教団体の大会にご出席とかは、普通はありえないし。でも参加したということは、ナルちゃんは、学会員になっているってことなのよね。

でれでれ草|眞子様と小室圭の婚約②|雅子様,創価学会 | 皇室ブログ ...

妻の影響で創価に入会したのだから、朝鮮帰化人、創価学会員を優先するという人事は、ナルちゃん夫妻の出自や信仰に沿ったものなんでしょうけどね。

神通の祭祀王で、日本の天皇としては、問題でしょう。

 

「陛下」の相談役に五百旗頭真氏

本日もお越しいただきありがとうございます。

門田隆将

@KadotaRyusho

陛下の相談役となった五百旗頭真氏に産経抄が異論を呈した。

「拉致を取り上げるのは日本外交として恥ずかしい。あんな小さな問題を」「(靖国が)どれほどアジア外交を麻痺させ、建設的な対外関係を悪化させたか」「性別にこだわって廃絶の危険を冒すのではなく」等々の発言には、確かに疑問が浮かぶ。

スポンサードリンク




「陛下」の相談役として、雅子と同じ、創価学会の風岡さんが、新しく就任するそうです。

https://www.sankei.com/life/news/200617/lif2006170004-n1.html

天皇陛下の相談役を務める「宮内庁参与」について、渡辺允(まこと)元侍従長(84)ら現在の4人が退き、風岡典之元同庁長官(73)ら3人が新たに就任することが17日、関係者への取材で分かった。近く正式に発表する。陛下が昨年5月に即位されたことに伴い、陛下と年齢が近い参与の必要性が指摘されていた。

 

 

愛子天皇派=朝鮮系、創価学会の輪

天皇の参与

元宮内庁長官「のーぱんしゃぶしゃぶ」羽毛田氏

 

五百旗頭真

「拉致を取り上げるのは日本外交として恥ずかしい。あんな小さな問題を」

「(靖国が)どれほどアジア外交を麻痺させ、建設的な対外関係を悪化させたか」

「性別にこだわって廃絶の危険を冒すのではなく」

辻本や、旧社会党の土井委員長などの赤い連中と同じことをのたまう。

辻本清美

「北朝鮮拉致被害者が帰ってこないのは当然!北朝鮮には補償を何もしていないのに『9人、10人返せ!』ばかり言ってもフェアじゃない」

「最近、私よく浩宮さんと会って話をする機会があるんだ」

小林よしのり

小林よしのりは、愛子天皇実現派、この時の宮内庁長官は、創価の風岡だったと思われ。

 

風岡次官と北側大臣(公明=創価)が、風岡次官の宮内庁次長就任が内定したと言って、「 歓声を上げ抱き合っており 」

キャリア官僚からの内部告発

平成20年3月30日投稿

宮内庁次長に就任時、霞が関の一心あるキャリア官僚からの匿名で内部告発記事。

風岡典之宮内庁次長と公明党・創価学会

( 平成20年03月30日 )

投稿者: 霞が関勤務者
論壇編集部様

私はある中央官庁の課長の職にある者ですが、最近国土交通省勤務の友人から由々しきことを聞きました。

本来ならば陛下に直接申し上げたいくらいですが、是非とも論談関係者に知っておいていただきたいと思う次第です。

それは、羽毛田長官ともども 「 のーぱんしゃぶしゃぶ官僚 」 として有名な風岡典之宮内庁次長と坂根東宮侍従に関することです。

これは友人の目撃談ですが、風岡次長が国土交通省の事務次官であったとき、友人がたまたま当時の北側大臣 ( 現公明党幹事長 ) に説明することがあり大臣室に行ったところ、何と風岡次官と北側大臣が風岡次官の宮内庁次長就任が内定したと言って、「 歓声を上げ抱き合っており 」、驚いたそうです。 異様な光景ではないでしょうか。

風岡次長については、かつて週刊現代が隠れ創価学会員と報じたことがありますが、この目撃談は、風岡次長の疑惑に関する重要な傍証ではないでしょうか。

また、坂根東宮侍従は、建設省61年入省で、今まで若い年次で旧建設省から東宮侍従に出向した者は皆無であったのに、前例を破って東宮侍従に就任した人物ですが、風岡次長と以前から非常に親しいそうですから、やはり隠れ創価学会員であるか少なくとも風岡の意を受けた東宮工作員である可能性が大です。

また、風岡 ( 旧建設省出身 ) の宮内庁次長就任は、旧自治省、旧厚生省又は旧警察庁出身者に限るという慣例を破るものでしたが、この人事は、当時の北側大臣との喜びようから見て、創価学会の対皇室戦略 ( 侵略作戦 ) ではないでしょうか。

なお、風岡については、明治以降に半島から佐渡ヶ島にやってきた朝鮮人の血筋で、そのために統一教会とも関係があるという噂も聞きます。 また、羽毛田長官は同和出身と言われております。

陛下、皇太子殿下に近侍する要職にこのような胡散臭い連中がいるのは由々しきことです。 それもNo.1、No.2なのですから。

そのような品性劣悪な 「 のーぱんしゃぶしゃぶ 」 長官が恐れ多くも皇太子殿下を叱り飛ばし、風岡と2人で女系天皇を実現しようと企んでいるのです。 皇室はまさに危機に瀕しています。 保守本流の人たちが立ち上がるべきです。

なお、身の安全上匿名にすることをお許し願いたいと思います。 内容に嘘偽りはございません。 一度、警察の公安関係者が出自をはじめとして徹底した身辺調査をすることを望みます。

以上

 

 

立皇嗣の礼の日取りが内々に決まったのかな

偽眞子、偽佳子の公務ロケの報道や、偽眞子のニュース(「11月に結婚宣言か?」)がちらほらUPされ始めました。

自称眞子様。だれこれ?

 

 

佳子様首が長いような気が?いつものコラかな?

 

「結婚宣言」もなにも、宮内庁の長官が、しかるべき大安吉日に正式会見をもって公表し、大安吉日にご婚約が内定したお二人が並んで会見するのが普通です。

小室なんて、いきなり芸能人のような囲み取材でしたからね。

戦後の「正田美智子に皇太子妃内定」からはじまり、「皇太子妃に小和田雅子に内定」、「明仁天皇生前退位」、「眞子様と小室系の婚約」まで、外国勢力と宮内庁内の工作員が結託して、フェイクニュースを飛ばし続け、事実化しつづけてきました。

テニスコートに送られ、ご成婚した女性は、正田家で育った美智子ではないし、徳仁親王の場合も、眞子様の場合も、会見にでてきた皇族とその婚約者が偽物ってのが笑えません。

※美智子様の影武者

・美智子様の影武者|最初から一覧

・美智子様の真実|最初から一覧

※徳仁親王の影武者

・皇太子の影武者|最初から一覧

※眞子様のご婚約の謎

・眞子様の謎の婚約|最初から一覧

 

皇族の公務先は風水で決められてるし、婚約発表をふくめ、ご成婚の日も、大安吉日に発表したり、催行されるのが普通。

しかし、小室と眞子様のご婚約の一報の日は、眞子様の月空亡で、赤口の日、ありえないんですけどね。

管理人は占いに関しては素人ですが、月空亡や九星の関係からみて、立皇嗣の礼は、旧暦の9月に決まっていると想像。前回の記事で、立皇嗣の礼は、8月じゃないかと書かせていただきましたが、訂正します。紀子妃殿下は8月は坎宮、四柱推命的には10月11月が月空亡だそうですので、旧暦9月に一票を。

 

旧暦9月は、9月7日~10月7日、

大安は、

9月10日

9月16日(水)

9月20日(連休)

9月26日(土)

10月2日(金)

 

立皇嗣の礼も、眞子様のご婚約解消の会見も、ちゃっちゃと、済ませてほしい。

 

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?

無料キャンペーン中

 

関連記事と広告