※閲覧不能の場合はこちらへ

※公式Twitter

※拙ブログの画像を使用して制作した動画が、youtubeで公開されていますが、まったく管理人とは無関係です。皇室政治関係の動画は、作成も公開も行っておりません。


人が消え、プログラムだけが動いている世界②

小室圭と婚約した眞子様はニセモノ





公開されている写真から、大正天皇ご夫妻には影武者らしき存在が確認できる。影武者制度は、皇統をまもるため有事の時に備えるための制度だったと思われるが、戦後、代理人である影武者たちの暴走が止まらない。
①勝手に活動を行いそれを公務として報道している、➁勝手に影武者が婚約会見を行い皇族の配偶者を決めた、③偽物が愛子さまになりすまして女性天皇になろうとしている。
公開映像、画像などオープンソースを中心に検証しています。


影武者制度、タブーなど、皇室記事一覧はこちら

Sponsored Link

Sponsored Link

教皇不在のバチカン

こちらからの続きです

2013年2月13日、前教皇が退位を発表した数時間後にサン・ピエトロ大聖堂に落雷

 

反カトリックが教皇の座を占拠した

p@OdNezu

「フランスのラサレットに出現した聖母マリアは”ローマは信仰を失いアンチ・キリストの玉座と化すでしょう”と警告した。教会が信仰を失ったのではなく、教皇の座を占拠した特定セクトがカトリック信仰とは真逆の新世界秩序を推奨しているのが現状だ。もはや黙認は許されない。」(ヴィガノ大司教)

Sponsored Link




 

教皇はどうした?

日本国旗 ドイツ国旗 JK Trump Supporter Japanアメリカ国旗@TTrumpSJapan

5月1日

坐骨神経痛でイタリア国旗年末のミサ欠席でからローマ法皇がいないワケでしょ

今5月だけど何処に居るの?

最新版動画を見せて

エバンジェリカ信仰者達

以上

 

右はオンラインのミサですが、別人が勤めていて顔は合成ソフトで貼り付けかな、と思いませんか。

 

臨界点にきたフランス

19世紀のパリ

花の都パリの博覧会 このころがピークだったのかな

※https://www.wikiwand.comより

 

※19世紀のパリ

 

 

21世紀のパリ

 

路上で暮らすアフリカ系の難民さんたち、

 

 

頻繁におこる暴動

 

パリの荒廃。令和になって、日本が北朝鮮化が進んでいるのと同じ理由。

ユダヤのゲットー出身のロス茶がフランスの天下を取ったら、支配者に合わせてフランスがユダヤのゲットー化したという話。

 

まさに、ジョージ・オーウェルの『1984年』の世界

コロナの特許が以前に申請されたことを暴露したフルチヤン教授⇒精神病院に送還⇒再逮捕⇒目下消息不明

p@OdNezu

「みなさん、ジャン=ベルナール・フルチヤン教授が死の危険に曝されています。フランス政府は教授の抹殺を決意しました。教授はコロナが天然sars-covウィルスをベースにフランスで製造された後武漢に持ち込まれ、フランスのパスツール研究所職員達が流出させたものであることを突き止めたからです。」

 

p@OdNezu

昨年12月に精神病院に送還されたジャン=ベルナール・フルチヤン教授が昨日フランス、カンタール県で再逮捕され、目下消息不明だそうです。フルチヤン教授は新型コロナウィルスの特許が遙か以前に申請されていたことを暴露していました。

https://gloria.tv/post/RJNm3sf2QAmW4GnTGtRQagEC2

以上

 

フランス・退役軍人が、軍事クーデターが起きると警告。

藤原直哉@naoyafujiwara
·
4月29日

フランスの元将軍20人、高官100人、1千人以上の兵士、マクロン大統領に対してイスラム主義で国が崩壊するのを止めなければ軍事クーデターが起きると警告。

国防相は捜査を命令

 

フランスの元将軍たちがマクロン大統領に宛てた手紙

機械翻訳

大統領。政府関係者の皆様。国会議員の皆さん。

今は重大な時であり、フランスは危機に瀕しており、いくつかの致命的な危険が彼女を脅かしています。

http://DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

引退してもフランスの兵士であり続ける我々は、現在の状況下では、美しい国の運命に無関心ではいられない。

私たちの三色旗は単なる布切れではなく、肌の色や信条にかかわらず、フランスに仕え、フランスのために命を捧げた人々の、時代を超えた伝統を象徴しています。

これらの旗には、金色の文字で「Honneur et Patrie」と書かれています。さて、今日の私たちの名誉は、私たちの国に影響を与えている崩壊を糾弾することにあります。

– ある種の反レイシズムを通じた衰退の目的はただ1つ、この国にコミュニティ間の倦怠感、さらには憎しみを生み出すことだ。

今日、人種主義、土着主義、脱植民地主義の理論を語る人がいますが、これらの言葉を通して、これらの憎悪に満ちた狂信的な支持者が望んでいるのは人種戦争です。彼らは、私たちの国、その伝統、文化を軽蔑し、その過去と歴史を引き裂くことで、国が消滅するのを望んでいます。

このようにして、彼らは像を使って、何世紀も前の言葉を分析することによって、かつての軍人や市民の栄光を攻撃するのである。

– これは、イスラム主義と郊外の大群によって、国家の多くの部分が切り離され、憲法に反する教義に従う領土へと変えられていく崩壊である。しかし、すべてのフランス人は、その信仰の有無にかかわらず、フランスのどこにいてもくつろぐことができます。

– 黄色いベストを着て絶望を表現するフランス人の前で、権力者が秩序の力を代理店やスケープゴートとして利用するデモでは、憎しみが友愛よりも優先されるからです。

その一方で、潜入したフード付きの人物が企業を襲撃し、同じように秩序を守る勢力を脅かしています。しかし、後者は、支配者であるあなた方から与えられた、時には矛盾した指示を適用しているに過ぎません。

危険は増大し、暴力は日に日に増大しています。

教師が学校の外で斬首される日が来るとは、10年前に誰が予測しただろうか。今、私たち国家の奉仕者は、軍事的地位が要求するように、常に自分の肌を試す準備をしてきましたが、このような行動を受動的に見ているわけにはいきません。

従って、我が国を率いる者は、これらの危険性を根絶するために必要な勇気を早急に見出さなければなりません。そのためには、すでに存在する法律を弱点なく適用すればよいことが多い。

私たちと同じように、大多数の市民が、あなた方の揺らぎや罪悪感のある沈黙にうんざりしていることを忘れないでください。

ベルギーの霊長類であるメルシエ枢機卿が言ったように、「慎重さがどこにでもあるとき、勇気はどこにもない。

“時間を無駄にせず、国の安全を考慮した政策を支持する準備ができていることを知ってください」と述べています。

一方で、もし何もしなければ、社会の中で甘さは否応なく広がり続け、最終的には爆発を引き起こし、文明的価値を守り、国の領土にいる同胞を守るために、

危険な任務に積極的な同志たちが介入することになるでしょう。

もう先延ばしにしている場合ではありません。さもなければ、明日にも内戦が勃発し、この混沌とした状況に終止符が打たれ、あなたが責任を負うことになる死者は数千人にも及ぶでしょう。

※転載以上

 

アメリカ・カリフォルニアも臨界点に到達しそう

カリフォルニア州・安全な刑務所にするために暴力的な囚人を釈放

カリフォルニア州は、「より安全な刑務所」を作るために、暴力犯罪で有罪判決を受けた少なくとも63,000人の囚人を釈放する予定です。釈放される予定の人々のうち、2万人近くが終身刑(MSN)に服している

・・・・・世紀末救世主伝説の始まりである

※続きます

 

Sponsored Link

Sponsored Link

ニセモノが天皇に即位?